≫ EDIT

ドント・ブリーズ

 『ドント・ブリーズ』
  DON'T BREATHE

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  フェデ・アルバレス
 【出演】
  ジェーン・レヴィ
  ディラン・ミネット
  ダニエル・ゾヴァット
  スティーヴン・ラング

【イントロダクション】 
ロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。だが彼は、目は見えないが、どんな“音”も聞き逃さない超人的な聴覚をもつ老人であり、そして想像を絶する異常者だった…。

【感想】
サム・ライミ製作、フェデ・アルバレス監督のリメイク版『死霊のはらわた』コンビによる、スリラー映画。ホラー王道の1軒家という限られた空間だけでおりなす、グロさではなく、緊張感(スリル)あふれる作品に仕上げてきているさすがといえる新感覚のホラー。ヒロイン役には、これまたリメイク版『死霊のはらわた』でミアを演じたジェーン・レヴィ主演。

一攫千金と思い盗みに入った家は、盲目の老人一人で住む家。楽勝と思われた仕事は、一転し地獄となる。盲目だからこそ研ぎ澄まされた聴覚、嗅覚。息をするだけで居場所が分かってしまう緊張感。歩くことですら扉を開けることですらすべてが音を立てず慎重にしないと老人に見つかってしまう、そして靴の匂いですら。部屋の隅々まで知り尽くした老人と完全に立場逆転。
ドント・ブリーズ2

5感の中で失うことは致命的と思われる視覚を見事にまでカバーしてしまった聴覚を中心に描いたのは、さすがです。逃げる最中完全に暗闇になってしまうシーンは、今まで視覚を頼りに生きてきた強盗のロッキーとマニーにとっては絶望としか言えない恐怖な瞬間であったでしょう。
ドント・ブリーズ1

ただ、視覚がなかったばっかりに、詰めの甘さが合ったりと、そういうところもちゃんと物語として入れ込んでおり、何が起こるかわからない展開となっている。

と、ここまで聞くと一方的に老人強盗に入られて可哀そうじゃんってなるのですが、これまた老人側も異常者であったから、あーっという間にドタバタ劇。なんとその家には監禁された女性が居たのです。その理由は老人が可哀そうではありつつ、憎悪が愛情へと変わっていた瞬間も見え、何とも言えない気持ちになります。(冷静に考えると、色々踏んだり蹴ったりな老人の人生なんだなこれが)

やーっと一軒家から逃げ切ったと安心した時の、あのワンちゃんの忠実っぷりが感心しますが、そのせいでまた振出に戻った時のロッキーの絶望感は計り知れないものでしょう。そして、あの精液注射・・・(いやー、毛が入ったりで気持ち悪い)
ドント・ブリーズ3

最後はホラー映画独特な終わり方をしたかと思えば、やはり続編決定だそうで。
是非、次回はもっと老人に活躍してもらいたいなと思いつつ、1作目を超えるのは難しそうだなとも予想させる作品でした。

【満足度】


ドント・ブリーズ【Blu-ray】 [ ジェーン・レヴィ ]

価格:2,560円
(2017/9/16 23:47時点)
感想(1件)



【予告】

| サイコ、スリラー | 11:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スケア・キャンペーン

 『スケア・キャンペーン』
  SCARE CAMPAIGN

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  オーストラリア
 【監督】
  コリン・ケアンズ
  キャメロン・ケアンズ
 【出演】
  ミーガン・ワーナー
  イアン・メドウズ
  オリビア・デヨング
  ジョシュ・クォン・タート
  パトリック・ハーヴィー

【イントロダクション】 
「ドッキリ番組の撮影に本物の殺人鬼が現れたら…」という捻りの効いたストーリーが展開する新感覚ホラー。動画投稿サイトに押され停滞気味のTV番組「スケア・キャンペーン」。かつての栄光を取り戻すため、廃墟の病院でドッキリ撮影が行われるが…。

【感想】
良くも悪くも、普通のホラーです。
ドッキリ番組が本当になったというストーリーとしては面白く、2転3転と意表をつくような展開なのですが、なんだか先が読めるし想像ができる。想像できなかったにしろ、何かあるなが分かってしまうドッキリという題材なので、へーそうなの。。。で終わってしまいがち。なんとも残念な展開ではありました。ここまで来たら、もう1転いやもう2転ほどしつこくどんでん返し見せてくれたら良かったのに。

でも、映画時間が80分と短いため、ダレた感じはなくテンポよく進み、退屈はしない。もう少し殺され方を工夫すればもっと面白かったと思うのですが。なんだかちょっぴり笑える部分もあったりで観ていて楽しくもあり、そういった意味でも良くも悪くもな、やっぱり普通なホラー。
スケア・キャンペーン2

問題のラストです。ヒロインのカメラ目線で終わるなんともスッキリしない微妙な終わり方。続編に続くとも読めず、どんでん返しって感じではないし(すでに読め読めなので)、どういう意図があったカメラ目線でしょうか?観ている側の想像に任せますって程の終わり方でもないし、中途半端感が否めない。

と、色々において普通、普通と言ってきましたが、1つだけ普通でないところ!
こんなB級丸出しの映画なんですが、ヒロインのミーガン・ワーナーがなんとも美人さんです。この映画で初めて知ったのですが、オーストラリアのTVドラマなんかの女優さんだそうで。ちょっと、今後期待したい女優さんですね。大作映画のヒロインなんかも務まりそうな感じであります。
スケア・キャンペーン1

あとは、やはり世界で最も美しい顔2016の64位に選ばれた、オリビア・デヨングがヤラセ幽霊役で出演。なのですが、登場してからずーっと、ずっとなんだか引っかかるキャラで、そこがまたネタバレ感(先読め感)が出てしまった要因なのかと。
スケア・キャンペーン3

続編だすかなー?ちょっとヒットしちゃったからなー。出そうだなー。
カルト集団が何ぞやが明かされてないしな。
ということで、続編作るに1票。(作られても観ないかも)

【満足度】


スケア・キャンペーン [ ミーガン・ワーナー ]

価格:3,508円
(2017/9/11 00:00時点)
感想(0件)



【予告】

| サイコ、スリラー | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドクターズ・ハイ

『ドクターズ・ハイ』
 PATHOLOGY

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】マーク・ショーラーマン
【出演】マイロ・ヴィンティミリア
    マイケル・ウェストン


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
医学部を首席で卒業し、インターンとして病理学研究センターに赴任したテッド。やがて彼はそこで出会った仲間と、自ら殺人を犯し死因を当て合う“ゲーム”を始めるが、グループ内の人間関係がもつれ…。

【感想】
医者の卵たちが、自分たちの快楽のゲームのために、人間を殺し、お互いの殺し方を当てていくという、こりゃまた極悪な趣味の映画でございました。死体どっさりの解剖どっさりの、グログロな展開の映画ですし、エロシーンなんかも織り交ぜて、なかなかのぶっ飛び度合な映画でした。
ドクターズハイ2

将来も約束され、腕もたつデッド。なんでそんな悪友にはまってくのーっと言わんばかりに、見事にゲームの世界にいざなわれ・・・。1人目の殺したら最後、もう罪悪感もなく、悪の世界に突入です。

人間を人間と思わない、こやつらは、自分を選ばれた人間と言わんばかりに、非情にも罪なき人間をゲームのために殺していきます。また殺し方の極悪非道っぷりは、胸糞が悪くなります。もぅ、死体横でパーティー状態ですからね。
ドクターズハイ1

こっちが、仕事中の死体解体シーンですが、もうこんな奴らに、解剖される人がかわいそうになってきます・・・
ドクターズハイ3

もちろん、エリート君のテッドが、このまま悪い道にいるわけにもいかず、美人彼女が来てから、一転「俺抜ける~」って、いまさら都合いいだろってな具合で、やはり争い勃発で、ここからは殺し合いにエスカレート。彼女を見事に殺されてしまったテッド君ですが、彼女の死因はというゲームの続きのような面白い展開になりました。(しかし、何も罪もない彼女かわいそうだ…。)

ラストは、生きたままお返し手術で、ジ・エンド。
ドクターズハイ4

う~ん、ラストはサスペンスっぽくてよかったんですが、やっぱりモラルのかけらもない彼らの行動にはちょっと白けてしまう映画でした。しかし、死体解剖の仕事ってよくできましょね。ほら、きれいな死体ばかりじゃないでしょ?そういった仕事についている人にご苦労様ですと言いたくなる映画でもありました(爆)

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT