≫ EDIT

スプリット

 『スプリット』
  SPLIT

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  M.ナイト・シャマラン
 【出演】
  ジェームズ・マカヴォイ
  アニヤ・テイラー=ジョイ
  ベティ・バックリー
  ジェシカ・スーラ
  ヘイリー・ルー・リチャードソン

【イントロダクション】 
3人の女子高生が見知らぬ男に誘拐される。彼女たちは密室に監禁されるが、誘拐犯は23もの人格を持つ多重人格者だった。そして24番目の人格が誕生すると、3人をさらなる恐怖が襲う。

【感想】
M.ナイト・シャマラン監督完全復活とまで言われている作品で興行的成功をおさめた。ある意味監督らしい雰囲気、空気感な作品に仕上がっており、成功共に批判的評価も多い作品である。(批判が多いのもなんともシャマラン監督らしい)

23人の多重人格を持つ男。そんな男に監禁された女子高生3人というシチュエーション。次々と現れる性別も年齢も違う人格を持つ犯人に翻弄される彼女たち。
スプリット1

様々に出てくる人格のうち、子供の人格の時を狙い、少しづつ部屋から抜け出そうとたくらむ彼女たちだが、なかなかうまくいかない。この異なる人格を見極めながら、味方になりそう(逃げれそう)な人格を特定していく、展開がなかなか面白く見ごたえがある。完全に抜け出せないのではなく、出てくる人格によっては何とかなりそうという希望も見え隠れする。

が、そんな中で他の人格から恐れられている24番目の人格が登場するのだ。
これは人ではなくまさしく名前の通り獣。壁や天井を這い、鉄柵を力で曲げるという、余りにも突拍子無く出てきた悪魔といえる人格はもう唖然。正直、もう少し人間味を持たせてほしかった。ここまでやると現実離れしすぎて、一気に別なジャンルの映画(カルト的な)に思えてしまう。
スプリット3

この映画の見どころはまさしく、ジェームズ・マカヴォイの演技でしょう。時に神経質な男になったり、優しい女性になったり、子供になったり、最後にはビーストになったりと、ものすごく大変な役柄だったのではないか。見事にそれを演じ切り、顔の表情まで完璧。ジェームズ・マカヴォイをこの役に抜擢した理由として、『フィルス』の何でもありな刑事を演じた姿が、シャマラン監督の目に留まったようです。X-MENシリーズといい、今後注目の俳優です。
スプリット2

ヒロインのアニヤ・テイラー=ジョイにも注目。彼女一見めちゃくちゃ美人って感じではない。少し目も離れているし。が、彼女は不思議と演技を見ていると、いつのまにか惹かれてしまう魅力があるのだ。魔女をテーマにした『ウィッチ』も好評を得ており、新たなホラーヒロイン誕生の予感も。
スプリット4

さて、この映画あるシャマラン監督作品に関連があるので触れないといけない。
個人的にも最初映画を見た時に、ラストシーンになぜか、ブルース・ウィリスが意味ありげに出てくるため、不思議に思っていたのだが、なんとこの映画、シャマラン監督の『アンブレイカブル』につながっていく。

ブルース・ウィリスは、『アンブレイカブル』のデイヴィッド・ダンなのです。ケヴィン母子が登場しその母親が虐待していたのがまさしくケヴィン。ケヴィンが子供の頃父親が乗って出かけたアムトラックは『アンブレイカブル』で事故にあったもの。いやー、シャマラン監督これは分かりませんよ・・・。

そして本作の続編も決まっており、ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・マカヴォイ、アニャ・テイラー=ジョイの4名が出演が決まっている。そうです、『アンブレイカブル』の俳優と『スプリット』の俳優の競演です。さてどんな映画を見せてくれるのか非常に楽しみである。

【満足度】


スプリット ブルーレイ DVDセット【Blu-ray】 [ ジェームズ・マカヴォイ ]

価格:4,309円
(2017/11/12 10:13時点)
感想(0件)



【予告】

| サイコ、スリラー | 10:21 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

パージ

 『パージ』
  THE PURGE

 【製作年度】
  2013年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ジェームズ・デモナコ
 【出演】
  イーサン・ホーク
  レナ・ヘディ
  アデレイド・ケイン
  マックス・バークホルダー
  リース・ウェイクフィールド
  エドウィン・ホッジ

【イントロダクション】 
年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が許されるという政策が施行される中、決死のサバイバルを繰り広げる一家の姿を追い掛けていく。

【感想】 ネタバレ
年に1度12時間限定で、あらゆる犯罪が法的に許されるアメリカ社会。その期間中は、警察も消防署も医療もすべてストップ。しかしながら、そのおかげで、犯罪率、失業率共に1%という、とんでもない世界観を描いた作品は、問題作としても賛否両論となった映画。

製作はマイケル・ベイ&ジェイソン・ブラムのコンビで、何気に俳優陣は豪勢。主役はイーサン・ホークにその妻にレナ・ヘディで、ご近所さんにはクリス・マルケイなんかも出演し、こういうジャンルの映画には珍しいほど。2015年に世界で最も美しい顔にも選ばれた、アデレード・ケインの制服姿も観れるのも貴重!
パージ4

正直、こんな社会があったら恐ろしすぎる。
1年にたった12時間といえども、人間の狂気の沙汰を発揮できるとなると、大混乱は避けれないのだが、合法だからたまったもんじゃない。弱者が殺され、金持ちが完ぺきな防御壁を作り生き残る社会。こんなことがあってよいのか!?

作品は、お金持ちに防御システムを売って大金持ちとなったサンディン一家のパージでの悲劇を扱う。パージ自体に納得していない息子の チャーリーが無差別に殺されかけようとしている黒人の男を家にかくまった瞬間から、一家の悲劇が始まる。

何気に、この息子にはイライラです。なんぼパージに反対といえども、家族を危険にさらしまくり、なぜか黒人を救うことに必死。それに影響受けてか、最終的には一家全員黒人を守ることを決める。でも、これがおかしい・・・。1人の黒人を守るため、たくさんの襲ってきた人を殺しまくるという始末。。

ご近所さんの恨みも意味不明。サンディン一家が売った防御システムが無いと自分の家を守れないだろうに、逆恨みもいいとこだ。最終的に、近所に助けられ裏切られ、黒人に助けられと何が何やらわからない。助け合い合戦で結局のところサンディン一家が一番正しいといわんばかりの終わり方になるのだ。

作品でまた恐ろしいのがパージャー側の殺戮を楽しむお金持ちのイカレた若者集団。全員が無表情の仮面をかぶり異様な雰囲気で怖いのである。といっても、結局はボンボンの若者といった感じで、次から次へと一家に襲い掛かるのだが逆襲に合い、無残に殺されていく。彼らは、自らの命と引き換えに殺しをゲームのように楽しんでいるだけ。なんとも不可解な集団である。
パージ1

もう一つこの作品の特徴としては、不気味なキューピー人形の移動式カメラを使い、息子がその映像越しに暗い部屋の中を観察して回るシーンが多々有効に扱われている。黒人を案内したり、娘が泣きながらカメラに話したり、外の映像を映したりと、ローアングルながらもリアルに描き鑑賞者の緊張感を上げてくれる効果がある。さすがにこういった技術を使うのは上手いなと感心する。
パージ3

映画のパージ政策は、実際はありえないといえるかもしれない。
だが、お金持ちが優遇され、弱者が痛い目にあい、黒人が虐げられ、誰でも銃で殺しあえる。こういった世界観だけ聞くと、今のアメリカの問題を物語っているといえるだろう。そういった意味でも、単なる娯楽ホラー映画と言えない、問題提起した作品となったのえはないでしょうか。上映時間も90分強とサクッと見えて面白い映画でしたが、各地の暴力シーンを見させられ非常に考えることも多い映画であった。

【満足度】


パージ【Blu-ray】 [ イーサン・ホーク ]

価格:1,500円
(2017/11/5 22:08時点)
感想(0件)



【予告】

| サバイバルパニック | 22:25 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

新感染 ファイナル・エクスプレス

 『新感染 ファイナル・エクスプレス』
  Train to Busan

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  韓国
 【監督】
  ヨン・サンホ
 【出演】
  コン・ユ
  キム・スアン
  チョン・ユミ
  マ・ドンソク
  チェ・ウシク

【イントロダクション】 
感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが高速鉄道の車両内にまん延する中、乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げる。

【感想】
上映終わりそうとのことで、飛び込みでようやく見てきた韓国発のゾンビ映画。
時速300kmで走る列車の中でゾンビに遭遇という、なんとも面白いシチュエーションがこの作品が成功に至る結果になったでしょう。横長という場所で大量にゾンビに襲われる、でもって密室という絶望的な場所。
新感染 ファイナル・エクスプレス1

本作の見どころは2つではないだろうか。
1つは、単純に素早い(スピードも感染力も)ゾンビとの闘い、2つは様々な人間の愛という形のドラマ。

まず、1つ目のゾンビに関しては、『28日後...』を思い出させるスピード、常に素早いゾンビに襲われているという緊迫感。あまりに早すぎて、狭い電車内の中ではあふれんばかりな状態に(汗)
新感染 ファイナル・エクスプレス2

そんな中、暗闇になるとゾンビたちは音にしか反応できなくなるという特徴があるのだが、その特徴が電車というシチュエーションに見事に合っていた。トンネルという暗闇で、その短時間だけゾンビたちは無力になる。その隙を狙って別車両に移動するという緊迫するシーンも見せてくれました。

次に、2つ目人間の愛というドラマ。
親子の愛、夫婦の愛、恋人の愛、友情の愛、姉妹の愛。ゾンビ映画でどれだけの愛を見せるんだと思わず突っ込みたくなるくらい見せます。ちょっぴりやりすぎ感あるのだが、最終的には涙すら流せる程の感動が見られます。まさかゾンビ映画見ていて、映画館内に涙をすする声が至る所から聞こえる日が来るなんて思いもよらなかった。

愛は力になります。男三人それぞれゾンビと戦い車両を移動するのだが、これがありえないほど強い!見事に噛まれない!
新感染 ファイナル・エクスプレス3

対するは、やはりゾンビ映画では定番となった、怖いのは人間の方だという悪役キャラも出ます。またそれが、ゾンビ映画史上1番といっていいほど、ひどい悪具合。完全に自己主義なおじさんが登場し、最後の最後まで自分勝手で犠牲者を出していく。いやー、こいつは人間のクズです。終始腹立ちましたが、やはり人間の悪役居てこそのゾンビ映画の素晴らしさという感じでしょう。

さて、一体無事に生き残り電車お降りることができるのは誰なのか!?
新感染 ファイナル・エクスプレス4

新たな韓国映画の力を見せてもらえました。面白かった。
しかしながら、邦題がひどくないか?新感染(新幹線)はダジャレじゃないか。普通ならだれも見ないようなタイトルなのに、作品の力でここまで人気が出たのは見事。実際に映画館は、老若男女来ており、上映終わりかけのホラーと思えない人数でした。

【満足度】


【予告】

| ゾンビ | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT