≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FOUND ファウンド

 『FOUND ファウンド』
  FOUND

 【製作年度】
  2012年
 【製作国】
  カナダ
 【監督】
  スコット・シャーマー
 【出演】
  ギャビン・ブラウン
  イーサン・フィルベック
  フィリス・マンロー
  ルーイー・ローレス
  アレックス・コギン
  シェーン・ビーズリー

【イントロダクション】 
学校ではいじめられ、不仲な両親の下で暮らす少年・マーティの楽しみは、家族の秘密を覗き見すること。ある日、兄がクローゼットに生首を隠していることを知り…。

【感想】
世界各国で40もの賞を獲得し、50部門ノミネートされた映画。が、決して普通に観れる作品ではない。グロさもしかりなのだが、闇があまりにも激しい作品で、単純なホラー映画好きでは耐えれない、だいぶマニアな領域のホラーなのでした。

常に11歳の少年マーティ目線の作品。ホラーが好きで内気でいじめられっ子。両親とは特段うまくいっていないわけではなさそうだが、やはりこの両親にも問題有りなのだ。両親から厄介者扱いされている兄。両親は兄に対しての愛はマーティに比べかなり薄いのだろう。

そんな中、マーティは子供の好奇心で家族の秘密を探る。父母はどこにでもあるような秘密だが、ただ兄は異なった・・・。クローゼットに生首が・・・。

が、マーティは恐れることなく、生首を好奇心で何度も覗くのだ。まるで生首に引き付けられ楽しんでいるかのように。何か兄に通じるものがあるのではと言わんばかりに兄の部屋の物にも興味を示す。いじめっこを遠巻きに兄に殺させたとしか思えない話ぶりもそうだ。ついに、マーティはいじめっこをも暴力で撃退し、強い存在と変身していくのだ。まるで兄に洗脳されたかのように。
ファウンド1

兄は弟を絶対に傷つけない。両親の愛を受けられず、兄にとっては唯一の心のよりどころで守るものだったのかもしれない。自分の秘密を知られたと分かった時もマーティには寛大だ。たあ、最終的に見せた弟への歪んた愛情は、どういう感情であったのか、私には分かりかねるものがあった。
ファウンド2

「史上最も美しいラスト」などのうたい文句の映画だが、どこがだ!って叫びたくなるほど、残酷で気持ち悪くトラウマになるラストだ。ホラー好きのマーティが、自分の人生がホラーになってしまったと言わせるほど(いやそんなこと言っている場合って突っ込みたくなるが) 兄の本当の狂気を見たマーティは、心許した自分をどれほど後悔したのだろうか。

今までにありそうでなかった、一般家庭に潜む恐怖を描いた作品で、新感覚のホラー(ヒューマンドラマ)でした。賛否両論な本作ですが、私個人としては、可もなく不可もなく。。。面白くなくはなかったです。意味も見失うこともなかったですし。ただ、衝撃の内容という割には映画終わった後は案外冷静。もっと心にえぐく印象を残してくれるのかと思いきや、そうでもない。こういう衝撃的な作品に慣れてきたのだろうかと思ったが、マーティ主体で描きラストも冷静に語る彼の姿があまりにも自然な気がした為だろう。

でも映画中に出てくる、『HEADLESS』という映画を割と長々と見させられるが、こちらはかなり気持ち悪いグロとイカレ具合でこっちの方が印象残ってしまった・・・。おっぱいちょん切りかぶりつき、目ん玉えぐり食らう(白い液体が口からプシュ)、極めつけは生首でマスターベーション。兄に影響を与えた映画ということでしょうが、ここまで見せなくても・・・。
ファウンド3

【満足度】


FOUND ファウンド [ ギャビン・ブラウン ]



【予告】
スポンサーサイト

| ヒューマンドラマ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライフ

 『ライフ』
  LIFE

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ダニエル・エスピノーサ
 【出演】
  ジェイク・ギレンホール
  レベッカ・ファーガソン
  ライアン・レイノルズ
  真田広之
  アリヨン・バカレ
  オルガ・ディホヴィチナヤ

【イントロダクション】 
世界各国からISSに集った6人の宇宙飛行士が、地球外生命体の細胞を極秘調査することに。細胞は次第に進化と成長を遂げて高い知能を持つようになり、6人を翻弄し始める。

【感想】
宇宙船の中で地球外生命体に襲われるという、いわゆるストーリー的にはありきたりな展開。本作は火星からの生物。いまさら同類な映画を作る必要があるのか?っと思うのだが、やはりエイリアン物はみんな見たいんだなと思う。もちろん観終わって感想は、やはり『エイリアン』に追いつくわけがない。ま、でもなかなか飽きずには楽しめたが素直な気持ち。

まず、その理由は、やはり未知の生物の成長だろう。最初かわいらしいクリオネみたいな造形だが、人間を食らうことにより急激に変化していく。が、いつまでたってもウニウニした感じだけ。最終形?もちょっと顔らしきものが出てきますが、気持ち悪さはなくむしろ愛嬌があるほどだが、新種エイリアン感は感じた。
ライブ1
ライブ2

ただ、こういった所でも、『エイリアン』に出てくる地球外生命体の造形はおぞましく、素晴らしかったとこの映画を見て逆に感心してしまった。

人間関係の描写も中途半端な気がした。それぞれ人生の背景があるのだろうが、簡略化しているため、仲間が死んでいっても感情が移入できないところは残念。真田演じる日本人ショウの奥さんが出産するシーンがあったが、やっぱり中途半端にしか描かれていないため、ショウが死んでも悲しさも何も浮かばないので、あんまり出産シーンが意味を成さない。

そんな中、宇宙船や宇宙(地球)の映像は見事。CGを駆使しているのだろうが、非常に綺麗で美しい映像。恐ろしい生物に襲われ殺されていく重い展開の中でも、映像によってその重さや怖さは感じられないほど綺麗。無重力感も違和感なくとてもよく描かれている。体から出てくる血フブキもリアルである。

そして、ラストはちょっと読めましたねー。
もう別々に逃げると提案した瞬間から、読めた。ま、こういう映画はハッピーエンドとはならないよね~。

総評としては、目新しさはないもの、エイリアン物としてはちゃっちさもなく楽しめたなっと。ま俳優陣が豪華ですからね。予算たっぷりで作ったエイリアン映画といった感じ。

【満足度】


ライフ【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,966円
(2018/1/20 23:09時点)



【予告】

| SF、エイリアン | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィッチ

 『ウィッチ』
  THE WITCH

 【製作年度】
  2015年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ロバート・エガース
 【出演】
  アニヤ・テイラー=ジョイ
  ケイト・ディッキー
  ハーヴィー・スクリムショウ
  エリー・グレインジャー
  ルーカス・ドーソン
  ラルフ・アイネソン

【イントロダクション】 
1630年のニューイングランド州、ウィリアム一家の赤子が何者かに連れ去られた。森の魔女の仕業だと嘆く家族だったが、ウィリアムは愛娘・トマシンこそ犯人であり魔女なのではないかと疑い始める。

【感想】
サンダンス映画祭の監督賞をはじめ、数々の映画賞を受賞したダークファンタジー作品。

この映画は、終始重苦しく、薄暗く、そして不快感を感じる。それは映像からも、音声からも、演者たちの不気味な様子からも。この映画には、楽しさや笑いは無縁であるのだ。

村人たちから異端と見なされ追放された一家。(理由は描かれていない)なぜか、不気味な森の近くに一家は住みついたのだ。
直ぐに事件は起こる。長女トマシンが、いないいないばぁをやって目を覆った瞬間赤子が何者かにさらわれたのだ。その後、何かをすりつぶし体にそれを塗りつぶす魔女?の映像が。おそらくするつぶしたものは赤子なんだろう。

この時点では、魔女と一家の戦いなんかを描くのかと思ってしまった次第だが、監督はそんな簡単な発想ではなかった。この後は、終始一家が宗教にとらわれ狂っていく姿が延々と描かれるのである。1つの事件から完全に一家は心が闇に落ち、家族同士ののしり、犯人と決めつけ、醜く破滅していく姿が描かれるのだ。
ウィッチ3

そのタイミングで見事に破滅の一手を繰り出す魔女(?)
長女トマシンの一番の理解者であった、長男ケイレブをターゲットとし彼を滅びの道へと導くのだ。この事件後、一家は完全に破滅に向かっていく。熱烈な信者だが一番おかしかったのかもと思える父、子供たちが次々と犠牲になり悲しみと疑心暗鬼にとらわれ続ける母、人形のように不気味でふざけ声が非常に耳障りな双子。次々とお互いを恨み、悪魔に身を売ったと疑いあい、全員が最悪の結末を迎えるのだ。
ウィッチ4

そして、一番まともで有っただろう、長女トマシン。
母をこの手で殺めてしまった瞬間、彼女の何かが弾けてしまった・・・。
ウィッチ1

ここに、魔女が誕生したのだ・・・。
ラストは、狂ったように笑い宙に浮くトマシン。このラストは、今までに見たこともないような何とも言えない不気味なシーンで有った。観終わった後は、重く暗いどんよりした感情しか思い浮かべれない。そんな映画であった。

さて、映画のヒロイン役であるアニヤ・テイラー=ジョイに関しても少しふれておこう。
彼女は、この映画をかわれナイト・シャマラン監督のスリラー『スプリット』に主演している。その続編にも出演予定だ。さらには、「X-MEN」シリーズのスピンオフに起用されるなど、一躍注目が出た。ロバート・エガース監督は彼女との古典ホラー再タッグを熱望しているとの情報も。

『スプリット』でも書いたが、彼女は最初は綺麗とも何とも思わず少し目が離れた女優さんだなと思うのくらいなのだが、映画を見ていくと不思議と彼女は徐々に魅力を発揮してくるのである。映画の最後には、彼女のファンになってしまうほどの不思議な力がある。まさにミステリー映画のヒロインにふさわしいといえる。今後も注目したい女優さんである。
ウィッチ2

【満足度】


ウィッチ【Blu-ray】 [ アニヤ・テイラー=ジョイ ]

価格:3,888円
(2017/12/17 19:13時点)



【予告】

| カルト、悪霊 | 19:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。