| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エイリアン コヴェナント

 『エイリアン コヴェナント』
  AILIAN COVENANT

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ/イギリス
 【監督】
  リドリー・スコット
 【出演】
  マイケル・ファスベンダー
  キャサリン・ウォーターストン
  ビリー・クラダップ
  ダニー・マクブライド
  デミアン・ビチル

【イントロダクション】 
滅びゆく地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号の乗組員。やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。

【感想】 ネタバレ
リドリー・スコット監督が自身のSF作品『エイリアン』の前日譚を描いた『プロメテウス』の続編。エイリアンシリーズの新三部作ということですが、この3部作『プロメテウス』を数えないようで、そうすると確実にあと2作は作られるということになり、もうスターウォーズ化してきました。本作の時代は、2104年。『エイリアン』の西暦は2122年なので、この時エイリアンシリーズのヒロインのリプリーは12歳ということに。

はい、リドリー・スコットワールド満載でした。
エイリアンシリーズからはもう想像ができないような展開。やりたい放題暴走していないかと思うほどで、エイリアンの起源に関しても何か宗教的な雰囲気も漂わせる。というのも、この作品自体色々な芸術作品のオマージュを入れ込んでおり、例えばポスターはロダンの地獄の門をイメージする作りになっており、種(悪魔!?)の起源を描く作品としてピッタリではないだろうか。
エイリアン コヴェナント0

しかし、エイリアンの起源は仕組まれたものだとは。。。
地球から気が遠くなるほどの惑星で、ひそかに行われていた禁断の実験。なるべくしてなったような、コヴェナント号の乗務員の新たな惑星への到着。彼らは地球に変わる新しい惑星発見だと希望を満ちて降り立ったのだが、一瞬にして希望は絶望へと崩れ落ちていく。

コヴェナントの乗務員はすべてカップル。人類移住計画というミッションなので移住者2000人を送り届ける乗務員達も到着後の人類繁栄を見込まれたのでしょうか。もちろんカップルということなので相方が死んだりしたらもう悲しいやら怒りやら満ち溢れるとおもうのですが、実は案外あっさりした描かれ方でした。もうちょっと悲しみや怒りにとらわれた人間心理的な要素を入れ込んでいれば面白かったのに。

というのも、前置きがものすごく長くて面白くなるまでがちょっと長いため、前半はだれてしまう。なのでもう少し人間心理的な要素を入れれば面白かったのかな。だって今回のヒロインは全然目立ってないんです。リプリーに比べると雲泥の差で、なんだか残念。
エイリアン コヴェナント4

今作は、アンドロイドが最初から最後までカギを握る登場人物となりました。というか、エイリアンシリーズは、アンドロイドと共に描かれてきた作品でした。でも、まさかここまでエイリアンの起源に影響していたとはね・・・。
エイリアン コヴェナント5

さてさて、エイリアンシリーズ一番の見どころといったらやはりエイリアンですよね。
もちろん、おなじみの卵からびゅっと飛び出すシーンもあります。
エイリアン コヴェナント3

でも、今作はついに新種エイリアンが登場する!!!
そのコンセプト画像がこちら。いやー、今までのエイリアンより白くって余計に気持ち悪い。なんでも深海魚のミツクリザメがモデルになっているようです。
エイリアン コヴェナント1

そして、これまでお馴染みのエイリアンの今作の姿。
いや~、やっぱりこの造形芸術的ですね。気持ち悪さと恐ろしさ、それでもってなんかカッコよさが見え隠れする姿。どんどんパワーアップしていきます♪
エイリアン コヴェナント2

もうすでに続編のタイトルも発表されたようです。
原題で、『エイリアン アウェイクニング』だそうで。あと2作であのリプリーのエイリアンにどうつなげていくか、楽しみでありません。

【満足度】


【予告】


【関連記事】
エイリアン

| SF、エイリアン | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イグジステンズ

『イグジステンズ』
 EXISTENZ

【製作年度】1999年
【製作国】カナダ
【監督】デビッド・クローネンバーグ
【出演】ジュード・ロウ/ジェニファー・ジェイソン・リー/イアン・ホルム



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
バーチャルリアリティゲーム・イグジステンズをめぐる、天才的ゲームデザイナーと反ゲーム主義者たちの戦いを描く。

【感想】
次々と奇怪な作品を産み出したデビッド・クローネンバーグ監督作品。あいかわらず、ネチャグチャなグロさと、不条理な世界観、そして全体的に感じるエロさが表に出ています。監督の代表作である、『ビデオドローム』の世界観をゲームの世界で表現したともいわれる作品。作品は、ベルリン国際映画祭にて芸術貢献賞を受賞。

脊髄にバイオポートという穴を開け、両生類の有精卵からできているゲームポッドを使用し生体ケーブルにて脊髄につながる穴に差し込んで、バーチャルなゲームをやるという、なんとも奇抜な世界観がベースとなってます。イグジステンズという新作ゲームの発表会から始まり、現実なのか非現実のゲームの世界なのか混乱してしまう展開。
イグジステンズ1

その独特の新作ゲームの世界観はグチャドロな世界は非常に気持ち悪い。まずこの作品の核となるゲームポッド自体、ゲーム機という概念を飛び越えて肉体的な造形と動き。こんなの普通に考えたら体内に差し込みたくないですが、いとも簡単ににゅるっと刺してしまうのですよね・・・。ゲームポットの解剖などもう気持ち悪いったらありゃしないです。
イグジステンズ2

突然変異生物のスペシャルランチもしかり、その骨から作る銃なんてのもオゲーなシーンでした。
イグジステンズ3

見た目も世界観も、クローネンバーグ監督の世界ぎっしりなのですが、この作品はストーリー自身は非常に分かりやすく、観終わった後でも???は残らないので、とても観やすい作品ではないでしょうか。もっぱら、この作品から作風が変わってきたという世間評もあります。そういった意味でも、監督ファンからも賛否両論なのですが、個人的には監督が描きたかった世界が、分かりやすいので好きな作品ですね。

俳優陣では、警備員テッド・パイクル役のジュード・ロウが非常に適役だった印象があり、彼自身もこの作品で注目を浴びた俳優ですね。妙に整った彼の美しいイケメンぶりが、このヴァーチャルな世界に非常に合っている様な印象を受けました。ゲームデザイナーのアレグラ・ゲラー役は、父親は俳優のヴィック・モロー、母親は女優で脚本家のバーバラ・ターナーというサラブレッド女優のジェニファー・ジェイソン・リー。彼女の独特な演技も妙にセクシーな雰囲気が出てまた作品に合っていたのではないでしょうか。
イグジステンズ4

変態監督の作品を理解するにはもってこいの本作。クローネンバーグの入門とするのには良い作品かもですね。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| SF、エイリアン | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スキャナーズ

『スキャナーズ』
 SCANNERS

【製作年度】1981年
【製作国】アメリカ
【監督】デビッド・クローネンバーグ
【出演】ステファン・ラック/ ジェニファー・オニール/マイケル・アイアンサイド



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
超能力者(スキャナー)を使って警護を行う警備会社に勤めるベイル。科学者によってさらに能力を開発された彼は、裏のスキャナー・レボックの追跡を命じられる。

【感想】 ネタバレ
今年最後のレビューは、クローネンバーグの出世作ともいえる作品といきましょう。相手の神経系統と結合し行動や身体機能をコントロールすることが可能な人間スキャナーが善玉と悪玉に別れて戦う様子を描く。

低予算で仕上げたためその戦いに派手さは無いのだが、特殊メイクは賞賛を受ける。とくに序盤シーンの、頭部破裂という残酷なシーンは驚かされるものがあり、後の映画にも多方面に影響を与えた。日本では、『AKIRA』が人体内部からの破壊という同様な設定を入れているのはあまりにも有名。
スキャナーズ1

中盤~後半でも、派手さは無いですがスキャナー同士の戦いでは、クローネンバーグの片鱗をうかがわせるような血肉ほとばしるシーンは印象的です。単なる超能力と違い、他人の行動や自律神経のコントロールし、感覚を奪い幻影までも見せることができるという設定自体、まさに監督の後の作品にもつながるようです。

ラストのレボックVSベイルのスキャン対決は壮絶でした。ジャケット写真にも使われている、血管ほとばしり白め姿で片や目玉爆発といったすさまじい間接的攻撃スキャンの戦い。結局どちらの勝利なのか?観るものによって変わってくる結末はまたにくい演出でした。
スキャナーズ2
スキャナーズ3

そして、この作品忘れてはならないのが、カナダのジャック・ニコルソンといわれたマイケル・アイアンサイドの狂気あふれる演技でした。いやー、彼の悪役振りが怖いのなんのって!見事でした。

DVDがプレミアついていたこの作品も、これまたレンタルやBlu-Rayで購入できるようになりました。今年は名作ラッシュが続き、なかなか再見できなかった映画が簡単に手に入るようになった良い流れができた年でした。まだまだ観たいのに手に取れない作品があるので、来年も引き続き名作の再販お願いしたいですな。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| SF、エイリアン | 23:26 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT