| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デモンズ

『デモンズ』
 DEMONS

【製作年度】1985年
【製作国】イタリア
【監督】ランベルト・バーバー
【出演】ウルバーノ・バルベリーニ(ジョージ役)
    ナターシャ・オーヴェイ(シェリル役)
    カール・ジニー(ケン役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
大学生のシェレルは地下鉄の駅で気味の悪いマスクをした男から題名の書かれていない映画の試写状を渡された。友人のキャシーと映画館に行った二人は、恐ろしい惨劇にまきこまれてしまう…。

【感想】 ネタバレ
幼少時代のトラウマ映画といえば、アメリカンホラーでは『バタリアン』なのですが、ヨーロピアンホラーはこの『デモンズ』です。昔は、平気でTVで放映していたから今となっては絶対に無くなりましたね・・・。悲しいものです。

そして、ひっさびさに観ましたが、相変わらず名作です!記憶の中では、ゾンビ映画でしたが、悪霊的なお話だったのねと再認識しました。昔怖くて観れなかった映画を、今では心躍らせている自分の腐った成長も再認識 ( ̄□||||!!

イタリアンホラーのメジャー監督であるダリオ・アルジェントが製作・原案・脚本を手がけた作品なので、音楽も彼の色が入っており、クールなロックが興奮させてくれる作りに。もちろん、つじつまがあわない支離滅裂な展開もちゃんと健在。たとえば、2階の奥の部屋は結局何?とか、キャシーだけなぜ背中から悪魔が?とか、ここでなんでヘリコプターやねん!とか ヾ(--;)ぉぃぉぃ

<追記>
ヘリコプターに関しては、監督いわく外の世界もデモンズパニックがすでに充満していることを言いたかったということでした。

ま、そんな支離滅裂な展開はともかく、映画館で上映中のホラー映画と全く同じ状況に陥り劇場内大パニックという神がかり的なアイデアはすばらしいものがあります。スクリーンに映る映像にリンクして、スクリーン裏から飛び出てくるデモンズ。非常に面白い脚本です。

そして、特殊メイクに至っては、今観ても気持ち悪く、改めてCGでは出せないすばらしさを感じますの緑の液体を吹き飛ばしながら、デモンズは目を光らせやってくる!いや~、気味が悪い・・・。

そんなデモンズとの「遊びに来たわ~」、「たのむから帰ってくれ」なシーンはこちら
デモンズ1

俳優陣では、ヒロインのナターシャ・ホーヴェイの美しさが目立ちます。彼女は、唯一のホラー出演となった貴重な映画でも有り。さらには、アルジェントの長女フィオーレがハンナというドイツ人少女の役で登場。彼女は『フェノミナ』でも最初の犠牲者役で出演してますが、なんといっても、本作のもうひとつの魅力は、美しき彼女たちがデモンズ化してなんとも醜い姿に変身してしまうところでしょう!
デモンズ2
デモンズ3

チープなバイクシーンなんかは、『死霊のはらわた』シリーズのアッシュ君を一瞬思い出してしまいまうほどなのですが、チープさ故に真面目に作っている作品のはずが、どこかユーモアを伴っています。この調子で、ラストは全然知らない人が登場し、さらりとヒロイン達を助けていく始末に、言葉を失うほど・・・。でも、ラストでジョージではなくシェレルがデモンズ化する意外な展開で、そのままエンディングで音楽がまたかっこいぃ~♪

やはり、デモンズ名作です!

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


本編(いつ消されるか分かりません!)


【関連記事】
デモンズ2

【レビューの更新履歴】
初投稿:2011年2月28日
再更新:2015年9月11日

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| カルト、悪霊 | 23:39 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フッテージ

『フッテージ』
 SINSTER

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】スコット・デリクソン
【主演】イーサン・ホーク

  かご 



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
一家首吊り殺人事件の現場となった家に越して来た作家のエリソン一家。ある日、彼は屋根裏部屋で映写機と5本の8mmフィルムを発見し…。

【感想】 ネタバレ
結局オカルトなのね・・・。
と、ジャンルを言うだけで、ネタバレになってしまう本作は、『エネミー・ローズ』『地球が静止する日』のスコット・デリクソン監督で、主演をイーサン・ホークに抜擢した作品。
フッテージ2

引っ越してきた屋根裏にあった8mmには、猟奇的殺人と思わせる惨殺される映像が映っているのだが、途中までは殺人鬼ものと思わせるミステリー感漂う雰囲気で進みますが、ところどころで突然になる物音や勝手に動く8mmなど、怪しい雰囲気だなぁっとおもっていたら、案の定幽霊オチに持ってきてしまいました。

幽霊オチにしてしまうと、何でも有りの世界になってしまいます。中盤くらいまでは、せっかくの謎解きミステリー感があり見ごたえある作品だったのですが、幽霊方向に持ってきてしまい、一気にトーンダウン。ネタバレしだしてからは、怖さが逆にだんだん無くなっていき、非常に残念でした。

ただ、8mmに映る映像は異様な雰囲気が有り怖さを十二分に出していますね。映像は古臭く、最初は家族で楽しげにする様子から、一転して何者かに惨殺されるという痛ましいもの。イーサンホーク演ずる、作家のエリソンにより1つ1つ観ていくのですが、観るたびにエスカレートしていく殺人シーンは観るたびにドキドキさせられます。
フッテージ1

だからこそ、シーーってやられても、興ざめするだけなんですが・・・。
フッテージ3

こういう8mm映像を警察にも届けず、本を売るために観続けるエリソンですが、家族にも内緒で殺人現場の家にすみ、どんなに家族が危険にさらされても、売れるために逆切れする始末ですが、よっぽど危機感があったとしてもここまで執念を燃やすということは、彼自身この家に引っ越してくる前から、やはり何かに取り付かれていたのでしょうね。なるべくして選ばれてしまった一家に思えます。

全体的には、面白かったのですし、スナッフフィルムとしても秀逸だったのですが、ラストのあららな展開でマイナスになっているのでもったいない映画ですね。あとは、音で驚かせるのはやめて欲しいな。心臓に悪いです・・・。
フッテージ4

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| カルト、悪霊 | 23:25 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ロード・オブ・セイラム

『ロード・オブ・セイラム』
 THE LORDS OF SALEM

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ロブ・ゾンビ
【主演】シェリ・ムーン・ゾンビ

  かご 



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
1692年、アメリカの片田舎・セイラムで25人の女性が亡くなった“セイラム魔女裁判”を題材に、魔女の呪いが引き起こす恐怖を描く。

【感想】
ロックミュージシャンであるとともに、ホラー映画監督としても活躍する、ロブ・ゾンビ監督の実際にアメリカの片田舎セイラムで行われた魔女裁判をテーマにしたカルト作品。ロブ・ゾンビの妻であるシェリ・ムーン・ゾンビがハイジ役で、魔女たちに死刑判決を下した判事の末裔として主役的に登場。
ロード・オブ・セイラム0

う~~ん、やっぱり彼の作品はどう見ても長編PVを見ているとしか思えず・・・。
個人的に、ロブ・ゾンビの世界観があまり好きではないです。『マーダー・ライド・ショー』も受け入れられなかった。その後『ハロウィン・リメイク』でノーマルのホラー作品になったと思いきや、やはり本作で戻るのね。。。

彼の作品のストーリーは支離滅裂で何でも有り状態。今回も、ラストに進むにつれ、どんどん訳が分からなくなります。訳が分からない映像のまま、ぽんぽん次へ進んでいくので、なんだか観ていてつまらないんです。途中で思わず、眠ってしまいましたよ・・・。

そして、意味不明な演出。。。
ロード・オブ・セイラム1

さらには、意味不明な登場キャラ。。。
ロード・オブ・セイラム2

前半から中盤にかけては、魔女の呪いに悩まされる薬物依存症を克服中のハイジの様子や、ラジオ局に届く不気味なレコードとその音楽というように、なかなか期待できるような展開だったんですがね。後半が雑に終わった感が否めません。

映像に関しても好き嫌いがはっきり分かれますね。彼が描く世界観は非常に独特であり、意味不明だからこその緊張感というものが伝わってきます。セイラムの街やハイジの住むマンションそして部屋など異様な雰囲気で恐ろしさがあります。が、映画にとって深い意味も無い世界観が多いのです。単なる監督の趣味(頭の中)を見せられているというか。

それでもって、いつものグロシーンも非常に控えめであるため、私には楽しめない作品でした。ま、100円レンタルだったので、良かったですがね~(笑)

好みが分かれる作品で、単にホラー好きというだけでも受け入れられないと思いますね。異様な世界観を味わいたい方のみ観る作品でしょうか。私にとっては、監督の嫁さん見せびらかしと、「ほら。俺が考えるこの世界観すごいだろ!?」って聞こえてきそうな自己満足世界に付き合わされたとしか思えません・・・。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| カルト、悪霊 | 22:40 | comments:3 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。