| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジェーン・ドウの解剖

 『ジェーン・ドウの解剖』
  The Autopsy of Jane Doe

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  イギリス
 【監督】
  アンドレ・ウーブレダル
 【出演】
  エミール・ハーシュ
  ブライアン・コックス
  オフィリア・ラビボンド
  オルウェン・ケリー
  マイケル・マケルハットン

【イントロダクション】 
トミーと息子のオースティンは、ある殺人現場の地下に埋められていた美女の検死を行うことに。その正体を暴こうとメスを入れるたび、次々と怪奇現象が起こり…。

【感想】
見ごたえ十分そして古典的の中に新感覚な要素を入れたホラー。
怖さ、グロさ、緊張感、ミステリー、オカルト、そして親子愛と、これだけの要素をたった86分という時間で描き切った見事な作品。時間の割には、内容濃ゆ過ぎて、いい意味で疲弊する。。。

監督は、『トロールハンター』を手がけたノルウェー人監督アンドレ・ウーブレダル。映画の方向性まったく違いますね(笑)

これでもかってくらい、解剖シーンが見させられます。体内に脳にと非常にグロいシーンがずーっと続く。耐性ない人はここで辛いでしょう。が、いやいやグロいだけでない。オルウェン・ケリー演じるジェーン・ドウが神秘的かつ美しく、解剖されていく姿も一種の芸術と思えるほど。
ジェーン・ドウの解剖1

そして彼女は身動き一つせず解剖されるだけなんです。一言も発生せず、瞬きもせず、なすがままに解剖されていく。でも、この何も動かず解剖されていくにつれ、恐怖な異変が次々と起こっていく。
ジェーン・ドウの解剖2

前半の解剖攻めから、後半は霊なのか悪魔なのかもうなんだかわからないままの展開。死体が徘徊してしまうのですが、単純にゾンビみたいなものではなく、なにか日本で描かれる幽霊的な非常に不気味に暗闇から現れるので怖い。さらには、この日の死体安置所には個性的な死体ばかりが置かれていたから、たまったもんじゃない。冒頭で、息子の彼女が死体を見たいってのは後の恐怖への前置きになっていたのですね。あの鈴といい、久しぶりに緊張感で手を握るドキドキ感を体験させてもらいました。
ジェーン・ドウの解剖4

そして、冒頭でも述べましたが、本作、単に恐怖だけではないのがまた面白いところで、親子愛がいたるところに見え隠れします。しかも母を亡くした父と息子という男二人で支えながら戦うのです。単なる怖がらせるだけのホラーとは違いとても応援したくなる良いお役でした。あの親子だからこそ、ある意味ここまでジェーン・ドウと戦えたのではないか、そう思えます。(実際にここまでジェーン・ドウの過去を明かしたのは、彼らだけでしょう) 
ジェーン・ドウの解剖3

でも、その親子愛むなしくラストは・・・

いやー、低予算で作られた映画なのでしょうが、ここまで面白い。
やっぱりホラーはお金かけてなんぼではなく、素晴らしい脚本と撮影技術ですね。

しかし何度も言いますがジェーン・ドウ美しい!(死体の方が美しいと思えるのは私だけ!?)
ジェーン・ドウの解剖5

【満足度】


ジェーン・ドウの解剖【Blu-ray】 [ エミール・ハーシュ ]

価格:3,807円
(2017/10/21 23:55時点)
感想(0件)



【予告】

| カルト、悪霊 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

イット・フォローズ

 『イット・フォローズ』
  IT FOLLOWS

 【製作年度】
  2014年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  デヴィッド・ロバート・ミッチェル
 【出演】
  マイカ・モンロー
  キーア・ギルクリスト
  ダニエル・ゾヴァット
  ジェイク・ウィアリー
  オリヴィア・ルッカルディ
  リリー・セーペ

【イントロダクション】 
ジェイは好意を寄せるヒューから“それ”をうつされ、その日以降、ほかの人には見えないはずのモノが見え始める。捕まると確実に死が待ち受ける“それ”は、時と場所を選ばずに姿を変えて襲って来て…。

【感想】
全米で、たった上映4館から始まり、最終的には1600館まで広がり、数々の映画祭で受賞されたとされるまさに低予算から大ヒットホラー。“それ”がどこまでも追ってくるという新感覚のアイデアが面白い。

“それ”とは・・・
・セックスをすることで人にうつすことができる。
・うつされた者にしか見えない。
・ゆっくりと四六時中何処にいても歩いて近づいてくる。
・現れるたびに姿は変わる。
・うつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
・捕まったら必ず死が待っている。
イット・フォローズ01

中でも、うつした相手が死んだら自分に戻ってくる。という仕様はもう絶望的です。
いつか、必ず戻ってくるんです。

“それ”は淡々と近づいてきます。
ときにはおばあさんになって。
イット・フォローズ02

ときには大男になって。
イット・フォローズ03

ゆっくりなので、確実に逃げ切れます。
遠くに逃げればしばらく安心です。
でも、ゆっくりと着々と追いかけてきます。必ず、絶対に追いついてくるのです。
昼も夜も落ち着けない恐怖。その精神的な恐怖は計り知れないもの。

そして、セックスでうつすことができる。というところがこの映画のキーポイントでもあります。愛している人にうつせない、うつすには知らないどうでもよい他人とセックスをしないといけない・・・。ヒロインと周りの男性とのセックスと恋の心理的なやり取りが、青春ホラーといった様相です。

結局“それ”は何なのでしょう?死が見える形になって襲ってくるのでしょうか?
攻撃もできるというちょっと拍子抜けなやつらです。
でも、倒せないのかな・・・(ほ、ほら後ろついてきてるから!)

最後に余談ですが、音楽が一世代昔のホラー映画っぽくていい感じです。

【満足度】


イット・フォローズ [ マイカ・モンロー ]

価格:3,583円
(2017/10/15 00:56時点)
感想(0件)



【予告】

| カルト、悪霊 | 01:02 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

デモンズ

『デモンズ』
 DEMONS

【製作年度】1985年
【製作国】イタリア
【監督】ランベルト・バーバー
【出演】ウルバーノ・バルベリーニ(ジョージ役)
    ナターシャ・オーヴェイ(シェリル役)
    カール・ジニー(ケン役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
大学生のシェレルは地下鉄の駅で気味の悪いマスクをした男から題名の書かれていない映画の試写状を渡された。友人のキャシーと映画館に行った二人は、恐ろしい惨劇にまきこまれてしまう…。

【感想】 ネタバレ
幼少時代のトラウマ映画といえば、アメリカンホラーでは『バタリアン』なのですが、ヨーロピアンホラーはこの『デモンズ』です。昔は、平気でTVで放映していたから今となっては絶対に無くなりましたね・・・。悲しいものです。

そして、ひっさびさに観ましたが、相変わらず名作です!記憶の中では、ゾンビ映画でしたが、悪霊的なお話だったのねと再認識しました。昔怖くて観れなかった映画を、今では心躍らせている自分の腐った成長も再認識 ( ̄□||||!!

イタリアンホラーのメジャー監督であるダリオ・アルジェントが製作・原案・脚本を手がけた作品なので、音楽も彼の色が入っており、クールなロックが興奮させてくれる作りに。もちろん、つじつまがあわない支離滅裂な展開もちゃんと健在。たとえば、2階の奥の部屋は結局何?とか、キャシーだけなぜ背中から悪魔が?とか、ここでなんでヘリコプターやねん!とか ヾ(--;)ぉぃぉぃ

<追記>
ヘリコプターに関しては、監督いわく外の世界もデモンズパニックがすでに充満していることを言いたかったということでした。

ま、そんな支離滅裂な展開はともかく、映画館で上映中のホラー映画と全く同じ状況に陥り劇場内大パニックという神がかり的なアイデアはすばらしいものがあります。スクリーンに映る映像にリンクして、スクリーン裏から飛び出てくるデモンズ。非常に面白い脚本です。

そして、特殊メイクに至っては、今観ても気持ち悪く、改めてCGでは出せないすばらしさを感じますの緑の液体を吹き飛ばしながら、デモンズは目を光らせやってくる!いや~、気味が悪い・・・。

そんなデモンズとの「遊びに来たわ~」、「たのむから帰ってくれ」なシーンはこちら
デモンズ1

俳優陣では、ヒロインのナターシャ・ホーヴェイの美しさが目立ちます。彼女は、唯一のホラー出演となった貴重な映画でも有り。さらには、アルジェントの長女フィオーレがハンナというドイツ人少女の役で登場。彼女は『フェノミナ』でも最初の犠牲者役で出演してますが、なんといっても、本作のもうひとつの魅力は、美しき彼女たちがデモンズ化してなんとも醜い姿に変身してしまうところでしょう!
デモンズ2
デモンズ3

チープなバイクシーンなんかは、『死霊のはらわた』シリーズのアッシュ君を一瞬思い出してしまいまうほどなのですが、チープさ故に真面目に作っている作品のはずが、どこかユーモアを伴っています。この調子で、ラストは全然知らない人が登場し、さらりとヒロイン達を助けていく始末に、言葉を失うほど・・・。でも、ラストでジョージではなくシェレルがデモンズ化する意外な展開で、そのままエンディングで音楽がまたかっこいぃ~♪

やはり、デモンズ名作です!

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


本編(いつ消されるか分かりません!)


【関連記事】
デモンズ2

【レビューの更新履歴】
初投稿:2011年2月28日
再更新:2015年9月11日

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 23:39 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT