| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北京訪問記

久しぶりの、旅行記の記事になりますね。
先日、出張で訪問したときの北京の様子でございます。
中国は、上海訪問記以来の2回目の記事UPですかね。

まずは、待望の万里の長城に行きました!景色が圧巻!
いやー、こんなに急な登りとは思いませんでした。
北京1

万里で、観光客は誰も乗らなそうなコースターに。
テキトーさに、死ぬかと思ったわ・・・。
北京2

安旅行にするために、万里に行くのに悪い意味で話題の中国鉄道に!
6元で安いのはいいけど、脱線したら土に埋められちゃうからね…。
北京3

もちろん、市内観光も!
天安門!
北京4

『ラストエンペラー』でも有名な故宮にも足を運びました。
いや~、しかし広かった・・・。
北京5

で、芸術区ってところがあって、なぜか『トランスフォーマー』のロボが居ましたよ!
北京6

というように、仕事で忙しくもありつつ、観光も楽しめた出張でございました。

あ、もちろん北京ダックもいただきました!
北京7

おまけでスーパーでみつけた、偽ミッキー。
ちゃんと、ディズニー認証ロゴまで。ま、そのロゴも怪しいですがね…。
しかもドロップと思いきや、中はグミでした(爆)意外とおいしかったし!
北京8

北京は街も綺麗で、地下鉄も危なくない。
観光にも最適な街ですね~。

| 旅行記 | 01:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍馬(管理人)の故郷を訪ねて

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします~!

ということで、2011年1発目の記事は、映画ネタではなく、ふるさと高知の旅行記から始めたいと思います。自分の故郷だけに、ちょっと張り切り気味(笑)

高知といえば、坂本龍馬のふるさと!
2010年は、NHK大河ドラマ『龍馬伝』でブームに火がつき、観光客かなりUPみたいです。
龍馬の記念館やお土産がたくさん増えてました。

龍馬様の銅像です。
高知1

こんなリアル龍馬も!(坂本龍馬記念館にて)
福山龍馬とは別人・・・(汗)
高知2

龍馬の銅像といえば、桂浜にあります。
もちろん『龍馬伝』でもロケ地になってます!
高知3

どうですか!どこまでも続く海!
高知4

龍馬だけではないですよ!
アンパンマンの作者やなせたかしの出身地でもあります。
高知県香美市にある、アンパンマンミュージアム!
うちの娘大はしゃぎ!
高知5

そして、高知で忘れてならないのが日本三大清流の一つ四万十川。
『男はつらいよ』のロケ地としても使われており、寅さんが訪れています。
清流と沈下橋を背景に、観光用の屋形船です。
高知6

四万十川からもう少し南西にいくと、これまた景色が圧巻の足摺岬があります。
高知7

『海が聞こえる』でロケ地にもつかわれた、山内一豊のお城は、高知市内にあります。
高知8

さて、ここからの特集はもちろん食い物!

高知といえば、鰹。鰹といえばたたき。
新鮮で、めちゃくちゃ美味しいです!
悲しいかな、この味は関東では味わえません。
高知9

そして、なんといっても郷土料理の皿鉢料理。
皿鉢料理とは、簡単に言えば大きい器に何でも載せちゃうというもの。
基本は、色んな料理を載せた“組み物”、刺身を乗せた“生”、お寿司を乗せた“すし”の3種類を一組で、宴会などに出されます。
写真は、組み物です。(2011年の我が家の元旦に出たもの!)
デザートも一緒に乗せちゃうんですよ!なんでもありです!
高知10

B級グルメからは、高知県須崎市の鍋焼きラーメンが有名。
『橋本食堂』『まゆみの店』が有名です。(リンククリックで管理人の食べた感想に飛びます)
高知11

最後に、高知の名産ずくし。観光客用ですが見事!
酒盗(カツオの内臓を漬けた物)、どろめ(イワシの稚魚の生)、のれそれ(アナゴとウツボの稚魚の生)、チャンバラ貝、四万十の青さのり、四万十の手長川えび、うつぼの唐揚げ、皮鯨と鯨赤味のお造りとサエズリ(鯨の舌)、鰹のたたき、軍鶏、土佐にぎり(長太郎貝と鰹のたたきのにぎり)です。
高知12
これに、土佐赤牛と土佐ジロー(地鶏)、馬路村のゆず、芋ケンピ(特に塩味)を入れたら、ほぼ高知県の名物コンプリートかも!
あ、1×1忘れてた(高知県人しか分からないデザート♪)


というように、高知は見所、美味しいものたくさんありますので、是非おいでやす~。

| 旅行記 | 16:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ東海岸訪問記

先日UPした、『ミシガン州訪問記』の続きでございやす~。

ミシガンで仕事した後、ニューヨークに向かってデトロイトから車で往復してきました。
その様子を今回はご紹介!

デトロイトから1日でニューヨークは厳しいので、経由地としてピッツバーグに1泊しました!
ピッツバーグと言えば、ジョージ・A・ロメロ御大がほとんどのゾンビ作品を自主制作してきた場所。名前を聞くだけで心躍ります。しかも、と~っても景色が綺麗でも有名。
だけどだけど、観光する時間ナッシング(悲)なので、写真は車の中で苦し紛れに撮ったものばかり・・・。
東海岸1

私の好きなメジャー球場めぐりも・・・。
ピッツバーグ・パイレーツのPNCパークただ素通りなんて、かなしぃ~。
東海岸2

ピッツバーグをテーマにした映画といえば、『ピッツバーグの秘密の夏』や『アイアン・メイズ ピッツバーグの幻想』などがありますでしょうか。

ようやく着いたニューヨークマンハッタン!(以前のニューヨークの記事はこちら
相変わらず、イエローキャブのクラクションと人ごみとで、せわしい街です。
う~ん、どうも好きになれない・・・。
東海岸4

今回は、マンハッタン島とブルックリンをつなぐ2つの橋が綺麗に写真撮れました!
前にも写真UPしましたが、まずはブルックリンブリッジです。
東海岸5
この橋が出てくる映画はたくさんありますね。
『アイ・アム・レジェンド』『クローバーフィールド』、『サタデー・ナイト・フィーバー』、『ファンタスティックフォー』などなど。

そして、お隣の橋のマンハッタンブリッジです。(奥には、ブルックリンブリッジ)
東海岸6

ブルックリン方面にも訪問したのですが、遠めから見た、マンハッタンの景色です。
一番高いビルはもちろん、エンパイア・ステート・ビル。
東海岸7

その夜、ニュージャージーのホテルに宿泊したのですが、珍しいものを食べました。
東海岸3
ん?ただの寿司って!?右下の白いネタ何か分かりますか?
これは、ホワイトツナです!日本語名は、アブラソコムツ。
なんと、日本では食用禁止なんですよ~!脂が消化できないらしくお腹を壊すらしいですが、結構海外では平気で食べられているようです。んで、次の日・・・。
じぇ~んじぇん平気!

帰りは、バッファロー経由で。(以前のバッファローの記事はこちら
ナイヤガラに寄りましたが、珍しい景色が!分かります?虹がダブルです!
東海岸8

最後に、恒例のおみやDVD。いぇ~ぃ。
東海岸9
つか、またホラーだし・・・。
アカデミー作品賞の『ハート・ロッカー』も有ったのに見向きもせず(爆)

これにて、今回の訪問記はおしまい!

| 旅行記 | 01:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT