| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オール・ユー・ニード・イズ・キル

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
 All You Need Is Kill

【製作年度】2014年
【製作国】アメリカ
【監督】ダグ・リーマン
【主演】トム・クルーズエミリー・ブラント

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
謎の侵略者 “ギタイ"の攻撃に、世界は滅亡寸前まで追いつめられていた。ウィリアム・ケイジ少佐は機動スーツで出撃するがすぐに命を落とす。しかし、死んだ瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。

【感想】
映画館鑑賞時だけの、こわくない映画レビューでございます。

日本原作のSFライトノベルが、いきなりハリウッド映画で取り上げられるという、夢物語のような飛躍した作品は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs.スミス』のダグ・リーマン監督で、トム・クルーズ主演というなんとも豪勢な顔ぶれ。ちなみに興行成績はイマイチ伸びずといった感じでしたが、評価は高い。

舞台は、近未来。「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く中、主人公の広報担当官ウィリアム・ケイジ少佐がひょんなことから戦いの場に送り込まれることになり、

戦う→死ぬ→生き返る→戦う→死ぬ→生き返る→・・・

と、同じ日同じ戦いを死んではよみがえり、一歩づつ前進していくという物語。ちょうど、アクションゲームをやるような感覚でしょうか。同じ戦いをコンテニューしては、状況を知りつつ少しづつ先に進んでいくような状況です。

最初は戦いを受け入れられないケイジですが、何十回、何百回とタイムループし同じ戦いを繰り広げていく中で、成長していく。単なる戦いだけでなく、進み方なども何度の何度も変えながら工夫していくのです。同様にタイムループの経験を持つ軍最強の女性兵士リタ・ヴラタスキに出会い、さらに進化していくケイジ。しかし、海岸での戦いをクリアすることができない。。。
オール・ユー・ニード・イズ・キル1

非常に面白い設定です。毎回毎回同じ戦いで始まるのですが、同じシーンはほとんどなしなので、全く飽きることなく見れます。この死んでもよみがえるという法則を理解し、利用する様子が面白い。リタに鍛えられるケイジですが、毎度毎度次のステップのために、殺されます。殺されるのを嫌がるケイジ、無理やり殺すリタ。なかなか愉快な構図です。

何度も繰り広げられる、海岸の戦いを最終的にどうやってクリアするのかが、非常に興味を持ってみることができる作品でしょう。アクションも大迫力で、侵略者『ギタイ』の姿もなんともいえない奇妙な形で大迫力。映画館で観るような作品ではないでしょうかね。
オール・ユー・ニード・イズ・キル2

いやー、人生もやりなおせればいいんですがね・・・(汗)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| こわくない映画 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』
 Kick-Ass 2

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ジェフ・ワドロワ
【主演】クロエ・グレース・モレッツ

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
デイヴは、ストライプス大佐との出会いでヒーロー軍団、”ジャスティス・フォーエバー”を結成。一方、マザー・ファッカー率いる悪党軍団が現れ世は大混乱。だがミンディは普通の女の子として生きようとしていた。悪を食い止めるために立ち上がるキック・アス!ヒット・ガールは再び戦場へと戻ってくるのか!?

【感想】  ネタバレ
劇場で見たとき限定のこわくない映画レビューでございます。

はい、観てきました、ヒット・ガール。完全にクロエちゃんみたさもありますが、前作が面白かったので期待!でも、今回はちょっと子供だましというか、私にはイマイチでした。(子供だましといっても、R15+ですが)ありきたりなヒーロー物というか、目新しさも感じられず、アクションシーン含め前作には劣りますかね。

クロエちゃん演ずるヒット・ガールがヒーローを捨て普通の女の子の生活に戻るため悪戦苦闘する様子が描かれます。調度、彼女自身の年齢でこの作品キャラは!?っという状況と重なりますね。ま、当然最終的にはヒット・ガールの道を選ぶのですが、物語の展開上、ヒット・ガールのアクションシーンが少なかったのが残念なひとつ。
キック・アス ジャスティス・フォーエバー4

ということで、中盤戦はヒット・ガール抜きの戦いになるのですが、本作は団体戦とでもいいましょうか!元ギャングの活動家スターズ・アンド・ストライク大佐とともに「ジャスティス・フォーエヴァー」を結成した善の軍団。
キック・アス ジャスティス・フォーエバー1

相反するは、打倒キック・アスを誓うレッド・ミストがマザー・ファッカーと名を改め、悪の軍団という様相です。
キック・アス ジャスティス・フォーエバー2

ま、善の軍団といっても素人集団、金の力を用いたプロの悪の集団といった形なので、最終的にはコテンパンにやられてしまい、ここでヒット・ガール復活というありきたりな構成です。アクションシーンは十二分に楽しめましたが、ちょっとストーリー的に面白みにかけたかな?っという点が残念でした。子供だましな大人のヒーロー映画といった感じ。

でもスターズ・アンド・ストライク大佐演じるは、ジム・キャリーという配役がなかなか面白かった!こんなごっつい役もやるんですね。彼本来の面白さもありなかなかのものでした。死んでしまうのがとても惜しいキャラです。
キック・アス ジャスティス・フォーエバー5

そして、もちろんクロエちゃん。あいかわらずかわええわ~。
キック・アス ジャスティス・フォーエバー3

ということで、結局クロエあってこその映画でした。彼女が出ていなかったら普通のB級的な映画かも!?

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| こわくない映画 | 22:15 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンゴ 繋がれざる者

『ジャンゴ 繋がれざる者』
 DJANGO

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】クエンティン・タランティーノ
【出演】ジェイミー・フォックス/レオナルド・ディカプリオ/クリストフ・ヴァルツ/ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
解放奴隷のジャンゴがドイツ系賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツと共に、サディスティックでフランスかぶれの農場主カルヴィン・キャンディに立ち向かい、奪われた妻のブルームヒルダを救おうとする。

【感想】 
第85回アカデミー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、クリストフ・ワルツが助演男優賞と脚本賞を受賞。西部劇映画にかつての黒人奴隷問題を明確かつ大胆に描いた作品。「二ガー」という差別用語が多発し、歴史として証拠が無い奴隷達を戦わせ見世物にしたシーンに様々な論争が起こった作品でもある。

正直、180分は長かった。もちろんつまらない訳ではないのですが、ちょっとだらけました。ストーリーは単純なので、下手すれば90分でも描ける作品ではないか?西部劇好きにはたまらない仕上がりかもしれないが、銃撃戦こそ多少グロ目に描きタランティーノらしさはありますが、個人的には期待した仕上がりではない。

おそらく黒人主役の西部劇は今まで無かったのだろう。ジャンゴは奴隷から自由の身へなり、売られていった妻を取り戻すため、早腕のガンマンとしてよみがえる。もちろんその姿に最初は違和感を覚えるのだが、不思議なことにしぶいガンマンに見えてくるのですね。
ジャンゴ1

ディカプリオが悪役として登場するのでも話題になってますが、なかなかの迫力の演技でさすがといったところでしょうか。割れたグラスの破片が手に刺さり血だらけになるシーンなんてのは本当の血とか。痛みに熱がこもったのか、このシーンはかなり熱がこもっていました。といっても、最後はあっけなーでした。
ジャンゴ2

長い長い前置きがあって銃撃戦。タランティーノ節ともいっていいような血しぶき飛び散り頭は吹っ飛ぶ!ここにきてようやくか~という見所でした。

うーん、レンタルでよかったかも…。
あ、何度もいいますが面白くないわけじゃないんですよ!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| こわくない映画 | 22:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。