| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ザ・セル

『ザ・セル』
 THE CELL

【製作年度】2000年
【製作国】アメリカ
【監督】ターセム・シン
【出演】ジェニファー・ロペス(キャサリン・ディーン役)
    ヴィンス・ヴォーン(ピーター・ノヴァク役)
    ヴィンセント・ドノフリオ(カール・スターガー役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
心理学者キャサリンは、脳に障害を持つ患者の精神世界に入り込む最先端の治療法を試みていた。一方、若い女性を残虐に殺す連続異常殺人犯を追っていたFBIは、昏睡状態の犯人スターガーの身柄を確保した。キャサリンは、犯人の潜在意識に入り込むが…。

【感想】 ネタバレ
注目は、猟奇犯人の《脳内世界》に入り込むという展開。美しくも不気味な世界でもあるのです。しかし、入りこむ脳内は異常殺人犯、悪の世界の異常で不気味で気持ち悪い世界と対照的な2つの世界観が混じりあうことで、強烈な印象を残してくれます。映画の内容もさながら、この世界観そして、映像美が非常に印象深いヴィジュアル系のサイコサスペンス作品です。

犯人の異常なまでの、性癖は少しひいてしまうほど。ガラス張りの独房(セル)=水槽にて、誘拐してきた女性を溺死させ、その女性を漂白させて寝転ばせて、自分はその死体の上に宙づりになって、昇天するという、もう誰が思いついたんだろうというほどの、異常っぷり。(もしろん、幼少時代のトラウマからきた性癖なのですが)
ザ・セル01

そんな犯人の《脳内世界》に入り込むわけですから、とんでもない世界になっています。目まぐるしく変わるその奇抜な映像はとてもじゃないですが、ついていくことができません。全体的に、グロめなシーンも多いのも、犯人の特徴を精神世界で表しているようです。
ザ・セル04

ヴィジュアル面が目立つ作品ですが、やはりサイコサスペンス要素としては、少し物足りなさは感じます。ありきたりな展開となっていますので、サスペンス要素としては少し役不足でしょう。世界観が見事な分、少し残念です。実際、この作品は映像美のみで話題になっている作品でしょう。

主演は、この映画で初主演となったジェニファー・ロペス。犯人の世界に入り苦悩し、狂気な犯人と幼少時代の素直な犯人と出会い、なんとか事件を解決させるため危険を冒し、精神世界から抜け出すことすら困難な状況。その彼女が、いったこの困難な犯人にどう接し、どうやって事件を解決していくかが見どころでしょう。
ザ・セル03

そして、彼女の七変化の衣装とメイク、さらには大きなお尻(笑)にも大注目!
ザ・セル02

監督のターセムも、この作品が初監督。初作品とは思えないほど、印象を強烈に残してくれる作品すが、元々ミュージック・ビデオを撮っていたらしく、その才能がもろに影響しているのでしょうね。彼の作品は、芸術性たかいことよりモダンアート美術館の永久コレクションの一部にもなっているほどです。

グロシーンも虐待シーンもありですが、映像美を観るに価値ある芸術的作品。
ただし、理解は難しい!

【満足度】


【関連動画】
Trailer


【レビューの更新履歴】
初投稿:2010年9月4日
再更新:2015年6月13日

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| サイコ、スリラー | 10:10 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ゴーン・ガール

『ゴーン・ガール』
 Gone Girl

【製作年度】2014年
【製作国】アメリカ
【監督】デビッド・フィンチャー
【出演】ベン・アフレック/ ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる。

【感想】 ネタバレ
デビッド・フィンチャー監督による、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。妻エイミーの謎の失踪をめぐり、夫ニックがマスコミまで巻き込んだドタバタ劇が主体の物語。

話が進むにつれ、常に考えさせられるストーリーでした。結婚とは?という問題をテーマに、夫婦の世間体の姿と裏の真実の姿両面が描かれ、間逆の心理を知らされることにより人間の弱さや怖さが伝わってきます。そして、マスコミというメディアに振り回される人々、今現在の社会そのままで、マスコミの言葉を真に受けてしまう恐ろしさ。出ている情報が真実ではないのだと。
ゴーン・ガール1

エイミーの失踪の原因は?事件なのか?事故なのか? 前半~中盤までは夫ニックがその真相を追いながらも、妻が残したヒントを頼りに苦悩していくのですが、後半からは真実がどんどんあらわになっていきます。その真実が悲しくも恐ろしき内容。妻エイミーの真の正体には驚かされるばかりです。
ゴーン・ガール2

男の立場、女の立場、夫婦の立場それぞれです。結局は元は他人どうしだから、理想と現実が合わない。そこをうまく絡み合わせた脚本は秀逸でした。

ラストは、もちろん監督が監督ですから、なんだか心が納得できずざわついたまま終わってしまうのです。最後の夫婦(特にニック)が選択した結果の心理状態はどういったものだったでしょうか?やはり、富と名誉(賞賛)には勝てないんでしょうか?良い夫、良い妻を演じることを選択した二人、今後夫婦がどうなっていくかが気になってしょうがないのでした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サイコ、スリラー | 15:37 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

人肉レストラン

『人肉レストラン』
 OMNIVORES

【製作年度】2013年
【製作国】スペイン
【監督】オスカル・ロホ
【主演】マリオ・デ・ラ・ロサ

  かご



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
料理評論家のマルコスは、世界の珍味の会食でエバという女性に出会う。後日、エバは人食いを行っているレストランの招待状を持ってマルコスの下を訪れ…。

【感想】
邦題がちょっと野蛮な感じで引きますし、ふれこみも『ホステル』『ムカデ人間』などを取り出してますが、意外と真面目に、そして映像が綺麗に作られており、グロシーンもほぼなし、題材の割には好印象でした。ちなみに、原題は“雑食レストラン”です。(ま、人肉のタイトルの方が、マニア心はくすぐるのは分かりますがね。。。)

冒頭が一番衝撃でした。死んだ母を食べる少年。食べ後の母の残酷な姿に、この先どうなるのかっと心配となります。が、以降はオエーな想像ができるシーンはたくさん出てきますが、直接な描写はあまりなく、最初で最後のグロどころでした。
人肉レストラン1

物語は至って簡単。料理評論家のマルコスが本を書くために、いろいろな秘密な食事会に参加しているうちに、ついに人肉を食べる会へ参加する。マルコスはあくまでも記事をかくためなのだが・・・。
人肉レストラン3

肉は新鮮が一番、はいということは死体の肉ではなく、おいしそうな?人間を誘拐しては殺し料理にするのです。食事前のおいしい部位のオークション。金持ちで若い男を従える、ばあさんが落札。展示される数々の肉には、殺された人間の顔がおかれ、なんともいえない、光景です。
人肉レストラン2

さて、どう話を終わらすのかと思いましたが、まさかのすっきりしたラストです。こういう映画ってなんだかモヤモヤするものが残るのですが、あるいみスカッともします。ただし、謎多きシェフが残り、なにやら続編も可能な終わらせ方です。

タイトル敬遠多いでしょうが、しっかり作られた映画ですし、尺が短くさらっと終わりまで飽きることなく観れました。案外めっけものの映画かもしれません。

現実世界のどこかでは、こういうのってあるのかな・・・(ありえそうですね)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サイコ、スリラー | 23:56 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。