| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

22年目の告白-私が殺人犯です-

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  日本
 【監督】
  入江悠
 【出演】
  藤原竜也
  伊藤英明
  夏帆
  仲村トオル
  野村周平

【イントロダクション】 
5人が殺害され、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。事件から22年後、犯人の曾根崎が突然名乗り出る。告白本を出版し、マスコミを連れて被害者遺族に謝罪、警察を挑発する曾根崎に人々は熱狂するが…。

【感想】
韓国映画『殺人の告白』のリメイクとなりますが、ラストの展開も異なるし、藤原竜也、伊藤英明の熱演が、また全然違った映画と思わせるような出来栄え。ネタバレ禁止な映画ですが、原作の面白さ部分はそのままでいい意味で、変えてきた部分も面白い。

相変わらずの藤原竜也の熱演っぷりがこの映画でも見えます。
22年目の告白1

この作品では、クールかつ秘めた熱い思いがあるキャラかつイケメンという設定ですが、イケメンは韓国版に軍配といえども、22年ぶりに犯人として出てきた、小憎らしさ憎たらしさは断トツで藤原竜也に軍配が上がります。
22年目の告白3

もう、被害者の方々が可哀そうで可哀そうで。それぞれの被害者がそれぞれ苦しんできた22年間。それを踏みにじるように、思い出させるように出てきて一躍スターになった犯人。もうどんだけ被害者を苦しめるんだと。。夏帆演ずる少女が犯人の本の顔を刃物でえぐるシーンは非常に観ていて辛い。
22年目の告白2

と、前半の展開と後半の展開は一気に変わります。
まさしく、犯人の真実は!?がテーマ。この先書いてネタバレしまうと、観るときの面白さ半減ですので書きませんが、後半は韓国版と変えてきてますが、ちょっと強引かつ割と読めてしまう展開ではありますが、それはそれで案外面白かった。日本版の方が結構陰湿で根深い悪だし。

時効というのがテーマな映画でしたが、殺人時効廃止制度が制定された時期をうまく利用したところは見事でした。被害者側の遺族の気持ちもうまく利用したストーリー、よくできています。

【満足度】


22年目の告白ー私が殺人犯ですー【Blu-ray】 [ 藤原竜也 ]

価格:3,231円
(2017/10/1 23:12時点)
感想(0件)



【予告】

| サスペンス、ミステリー | 23:57 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ドクターズ・ハイ

『ドクターズ・ハイ』
 PATHOLOGY

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】マーク・ショーラーマン
【出演】マイロ・ヴィンティミリア
    マイケル・ウェストン


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
医学部を首席で卒業し、インターンとして病理学研究センターに赴任したテッド。やがて彼はそこで出会った仲間と、自ら殺人を犯し死因を当て合う“ゲーム”を始めるが、グループ内の人間関係がもつれ…。

【感想】
医者の卵たちが、自分たちの快楽のゲームのために、人間を殺し、お互いの殺し方を当てていくという、こりゃまた極悪な趣味の映画でございました。死体どっさりの解剖どっさりの、グログロな展開の映画ですし、エロシーンなんかも織り交ぜて、なかなかのぶっ飛び度合な映画でした。
ドクターズハイ2

将来も約束され、腕もたつデッド。なんでそんな悪友にはまってくのーっと言わんばかりに、見事にゲームの世界にいざなわれ・・・。1人目の殺したら最後、もう罪悪感もなく、悪の世界に突入です。

人間を人間と思わない、こやつらは、自分を選ばれた人間と言わんばかりに、非情にも罪なき人間をゲームのために殺していきます。また殺し方の極悪非道っぷりは、胸糞が悪くなります。もぅ、死体横でパーティー状態ですからね。
ドクターズハイ1

こっちが、仕事中の死体解体シーンですが、もうこんな奴らに、解剖される人がかわいそうになってきます・・・
ドクターズハイ3

もちろん、エリート君のテッドが、このまま悪い道にいるわけにもいかず、美人彼女が来てから、一転「俺抜ける~」って、いまさら都合いいだろってな具合で、やはり争い勃発で、ここからは殺し合いにエスカレート。彼女を見事に殺されてしまったテッド君ですが、彼女の死因はというゲームの続きのような面白い展開になりました。(しかし、何も罪もない彼女かわいそうだ…。)

ラストは、生きたままお返し手術で、ジ・エンド。
ドクターズハイ4

う~ん、ラストはサスペンスっぽくてよかったんですが、やっぱりモラルのかけらもない彼らの行動にはちょっと白けてしまう映画でした。しかし、死体解剖の仕事ってよくできましょね。ほら、きれいな死体ばかりじゃないでしょ?そういった仕事についている人にご苦労様ですと言いたくなる映画でもありました(爆)

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイロケーション

『バイロケーション』

【製作年度】2013年
【製作国】日本
【監督】安里麻里
【主演】水川あさみ

  かご



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ある日、スーパーでニセ札の使用容疑をかけられた忍。10分前の防犯カメラには、いるはずのない自分が映し出されていた。連行された忍は、刑事の加納から想像を絶する真実を聞かされる…。

【感想】
第17回日本ホラー大賞受賞作、法条遥原作の小説の映画化。自分と全く同じ容姿のもう一人の自分と人生を奪い合うという作品。この怪奇現象「バイロケーション」と呼ぶ。瓜二つでもない、全く同じ偽物自分。都合よく消えたり表れたりし、さらには本物の命を狙ったりなど困らせる行動をとるから厄介。バイロケが登場するときに、目がさらに怖いです。
バイロケーション1

バイロケ現象に困る人たちで集まる会があり、その会にはルールがある。そのルールが物語のミソであったりして、途中でん?って思うこともありますが、最後にその謎が分かっていきます。もちろん、同一人物が2人いるわけなので、ひと悶着あったときには、どっちが本物でどっちが偽物かが分からないのです。

この映画(小説)は、どっちが本物か偽者か分からないという展開を十二分に生かしているので、非常に悩ましくも物語りに引き込まれていきます。物語が進んでいくにつれ、わかっていく真実。バイロケの会の結成秘話や裏など、意外性ありで、なかなか、楽しめる作品でありました。

映画公開時には『シックス・センス』を超える結末とキャッチフレーズがついたようですが、さすがにそこまでは・・・とは思いますが、なかなか重みがあるラスト。いわゆるバットエンドなのですが、そちらにならないで欲しかったっと切に願ってしまうような、悲しい結末でした。

っと思っていたら、この作品「表」と「裏」があり、「裏」ではラストに2分ほど付け加えられており、そちらは良い終わりかただとか・・・。

バイロケで悩まされる人々を演じる俳優さんたちは、もちろん一人二役(同一人物扱いなので役と言ってよいか???)で、なかなかの怪演でした。主演の水川あさみもそうですが、滝藤賢一のキレた役がものすごかったですね。さらには、久しぶり登場の酒井若菜もがんばっていた。でも、ジャニーズ陣は・・・・・・。
バイロケーション2

ところで、かがみのマフラーの下の怪我はなんだったのでしょうか???
これも、本物と偽物に差をつけるために示したのか???

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サスペンス、ミステリー | 22:47 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT