| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マッドマックス 怒りのデス・ロード

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 Mad Max: Fury Road

【製作年度】2015年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョージ・ミラー
【出演】トム・ハーディ(マックス役)
    シャーリーズ・セロン(フュリオサ大隊長役)
    ヒュー・キース=バーン(イモータン役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。荒野をさまようマックスは、砂漠を支配するイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。そこへ女戦士フュリオサらが現れ、マックスはジョーへの反乱を計画する彼らと力をあわせ、自由への逃走を開始する。

【感想】
この世界観、このカーアクション、この大迫力、何をとっても≪MAD≫です!!!冒頭からラストまでずーっとクライマックスシーンを観ているような感覚の120分は、息つく暇なし。久しぶりにこんなに興奮する映画をみました。

マッドマックス3部作から、30年たっての続編ですが、パート1からのストーリーを継ぎ、パート2のカーアクションや世紀末感を継ぎ、パート3の世界観を継いだ、過去作全てを無駄にせず生かした続編であり、アクションも現代技術を駆使しつつも、生スタントにもこだわった、傑作としか言いようがない出来栄えでした。

私なんかは、観る前に心配していたところとして、マックス=メルギブソンという印象を強く持っていました。今作では、『ダークナイト ライジング』のベイン役の、トム・ハーリーが演じましたが、心配は何のその、豪快かつ強いマックスとして名前負けせず見事に演じ切っていました。主役が変わった違和感全くなしです。

おっと、この作品を評論レビューしようという、ヤボなことはしてはいけないですね。
なぜなら、99%アクションを楽しむ映画だからです。

もー、悪役たちの容姿といい、改造車といい、攻撃といいなんて楽しいのでしょう。
みーーーーーーーーーんな、狂ってます。≪MAD≫です!
MADMAX_4-1

ボスの容姿も≪MAD≫
MADMAX_4-4

改造車も≪MAD≫
MADMAX_4-3

そして、ギター弾きながら炎なんてびっくりキャラも登場!
(監督いわく、この映画はロックだ!を表現したかったとのこと)
MADMAX_4-2

とにもかくにも、この映画を27年ぶりに製作した、御年70歳の、ジョージ・ミラー監督が一番MADなことは間違いありません!!!撮影話も何度も何度も出ては、悪条件が重なり延期に延期というエピソードもありますが(Wiki参照)、よくめげないで完成させてくれました!監督のこだわりやマッドマックスにたいする強い思いが伝わってきます。

絶対に映画館で見るべし!
みなさん上映終わる前に急ぎましょう!!!

【満足度】
★5つ

【関連動画】
Trailer


【関連記事】
マッドマックス

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| バイオレンス | 23:23 | comments:9 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

マッドマックス

『マッドマックス』
 MAD MAX

【製作年度】1979年
【製作国】オーストラリア
【監督】ジョージ・ミラー
【出演】メル・ギブソン(マックス役)
    ジョアン・サミュエル(ジェシー役)
    ヒュー・キース・バーン(トーカッター役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
凶悪な暴走族の暴行殺人が多発する数年後の近未来。相棒の死をきっかけに警察を引退したマックスは家族と休養の旅に出る。ところが旅先でトッカーター率いる暴走族グループに、最愛の妻子を殺されてしまい…。

【感想】
ついに、30年ぶりに続編『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が上映ということで、心躍りますね~♪ 子供のころ、TVで何度も興奮しながら観た作品。続編を観る前に、BluRay購入し3作一気にみちゃいました。いや~、今見ても面白い!!!

北斗の拳は、この映画に影響受けたというのは有名ですが、まさにそのまんまの世界観というのがわかりやすい説明でしょう。荒廃した世界、我が物顔で徘徊し横暴を繰り返す、暴走族達。その容姿はまさに北斗の拳そのものですもんね。
マッドマックス3

この作品シリーズの特徴としては、直接的な暴力シーンはほとんどないのですが、その異様な雰囲気には、まさにバイオレンス一色のイメージしか残らないです。これには、ストーリー性の他に、映像効果を駆使した技術もあいまっており、例えば瞬間的に映る目が飛び出した映像や焼死した同僚をマックスが見るシーンの映像の揺れなど、要所要所に映像効果が出ています。
マッドマックス1

バイオレンスに満ちた作品ですが、さらに面白くしているのは、カーアクションシーンです。スタントマンの死亡説まで出ているリアルアクションは、迫力満点。まさにCGなしですべて本物という身をはったアクションは、見所十分!
MADMAX4

V8インターセプターのエンジンの爆音も相乗効果で、家族を殺されたマックスが復讐の鬼として、悪役達を追い詰めていく様子が、痛快でたまらないのです。
マッドマックス2

メルギブソンの出世作としても有名な作品でもあるのですが、なんとオーディション前日に喧嘩をしボロボロの服装で現れたようで、監督が一瞬にして気に入ったという話なんかがあります。なんとも、この映画に似つかわしいエピソードなんでしょう!

この世界観、このバイオレンス、そしてカーアクション、どれをとっても名作ですな。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も楽しみ!映画館直行決定!!!

【満足度】
★5つ

【関連動画】
Trailer


【関連記事】
マッドマックス 怒りのデス・ロード

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| バイオレンス | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時計じかけのオレンジ

『時計じかけのオレンジ』
 A CLOCKWOKE ORANGE

【製作年度】1971年
【製作国】イギリス
【監督】スタンリー・キューブリック
【主演】マルコム・マクダウェル

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
近未来、毎日のように暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、ある殺人事件で仲間に裏切られ、ついに投獄させられてしまう。そこで彼は、攻撃性を絶つ洗脳の実験台に立たされるが…。

【感想】  ネタバレ
スタンリー・キューブリック監督が描く近未来の物語。暴力、セックスに明け暮れるアレックスが、最終的にはルドヴィコ療法によって政治の力に利用されていく。70年代では全く想像もつかなかった作品ですが、現社会では、暴力があふれ犯罪も低年齢化し、ドラッグにおぼれる若者。そして行く先不安定で利用するものを利用する政治とキューブリック監督が描く社会となってしまったようです・・・。

前半はひたすら暴力、暴力のシーンです。ドラッグ入りミルクの“ミルク・プラス”を飲み、いかれた不良グループそしてリーダーのアレックスによる、無差別で弱者への“超”暴力、そしてレイプをまざまざと見せ付けられます。昼間も学校を休みセックスに明け暮れる毎日。この映画は前半がかなり過激シーンが多いので、そこで嫌になる人も多いとか。
時計じかけのオレンジ1

そんな生活は長くは続かない。仲間の裏切りで、刑務所へ。早く出所することだけを考え、アレックスは模範囚とまでいえるまでに。そして、刑期を短くするために、ルドヴィコ療法という実験の被験者となることと引き換えに刑期短縮の機会を得たのでした。

中盤は、ルドヴィコ療法シーンへ。瞬きさせないよう目を強制に開け、暴力や犯罪や戦争映像をひたすら見させられる2週間。彼は、その荒治療で暴力とセックスを前にすると吐き気を及ぼすという体質に。改心したと喜ぶ人々、しかし彼は暴力という性格を失ったわけではなく、苦痛から逃げるための選択しかなかったのでしょう。
時計じかけのオレンジ2

後半は、出所後のアレックスの状況です。改心した彼に待っていたものは、親から見捨てられ、以前暴力を奮った人達やなぜか警官になっていた昔の仲間に、とことん思い知らされるアレックス。そして、また政治に利用され・・・。吐き気で立ち向かえない彼は、前半の血気盛んな若者とは別人なのでした・・・。

ラストは非常に意味深です。結局アレックスは元の残忍な姿に戻ってしまったんですね・・・。今度は、政治や社会を利用する方だと言っているようにも見えました。怪我が直ったあとは、また暴力の日々に戻るんでしょうね。。。

と、いったなんとも不思議な作品で、これでもかといわんばかりに風刺され非常に考えされられます。でも、正直異常でいかれた作品ということには違い有りません。

さて、この映画ですが、内容意外にも特筆すべき点が2つあります。

1つはアレックスが使うナッドサット言葉というものです。言葉自体は理解不能ですが、前後の文章でなんとなくの意味を捉えるしかないのです。日本語字幕も、訳をせずそのままの言葉を字幕にしています。なんとも異様なセリフで最初は違和感あるのですが、なぜか慣れていくんですよね。

もう1つは、音楽の使い方。様々なシーンでコミカルにかかる音楽。例えばベートーヴェンの『交響曲第9番』の演奏をシンセを使いアレンジした斬新なもの。映画の中では、エルガーの『威風堂々』、ロッシーニの『泥棒かささぎ』なども非常に多く使われているため、内容の重さに反して音楽でその不安を和らいでくれているような感覚を受けます。

さらに注目すべきは、前半で夫婦を襲うシーンでアレックスが歌う『雨に唄えば』が印象的。このすばらしい名曲を歌いながら、主人を蹴り上げ、妻をレイプするのです・・・。刑務所を出所後の同じ家のシーンでも重要な歌として扱われました。この曲は、なんでも主演のマルコム・マクダウェルのアドリブらしいですが、キューブリックが考え抜いて使われたとのこと。この映画とギャップがある曲だからこそ、異常にマッチしてしまったといえるでしょう。
時計じかけのオレンジ3

今でも色あせない、スタンリー・キューブリック監督の問題作。監督の才能のすばらしさにただただ脱帽です。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| バイオレンス | 23:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。