| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道化死てるぜ!

『道化死てるぜ!』
 Stitches

【製作年度】2012年
【製作国】アイルランド
【監督】コナー・マクマホン
【出演】ロス・ノーブル
    トミー・ナイト
    ジェマ=リア・デヴェロー


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
誕生日パーティーに呼ばれ、子どもたちの悪戯が原因で死んでしまったピエロが、6年の時を経て墓場から復活。ピエロは成長した子どもたちに残虐な復讐を敢行する。

【感想】
2012年シッチェス映画祭グランプリ作品で、編集に『28日後...』『28週後...』クリス・ギルを迎え、グロシーン満載のぶっ飛び作品です。ストーリーは単純で、イントロダクションそのもの。あとは、ピエロがどうグロく殺していくか、これのみといってよいほどの作品です。

もちろん、期待を裏切らず、ものすごいグロい殺し方をしてくれるじゃないですか♪

のーみそ、くり抜き
道化死てるぜ!1

傘でお目目ぶっさし
道化死てるぜ!2

極めつけは、顔を風船のように膨らませ
道化死てるぜ!3

これ以外にも、かなり強烈なシーン盛りだくさん。
ひと昔前の、スラッシャー映画を見ているかのような、ゴアシーンを連発させてくれます。

ただ、いまいち緊張感もなし、コミカル感も中途半端で、そして殺人ピエロとしての存在感の強烈さが足りない。ピエロの怖い存在感は全くないため、グロシーンを見ているだけの映画といったイメージでした。もうちょっと、スリルがあれば良かったんですが…。
道化死てるぜ!4

それにしても登場人物がこれでもかっていうほど、全員さえなかったですね。こういった学園ものホラーは、ヒロインなんかはイケているはずなんですが。そして、エロシーンも、なしと言っていいほど、あっさりしたもので、この手の映画としては物足りなさを感じます。

最初とラストのピエロの死に方が結びついているのは、面白かったですが、監督が俺の考えたグロシーンどう?って言うための作品だったんじゃないと思えてしまう映画でした。

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| スプラッター | 23:58 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

悪魔のいけにえ

『悪魔のいけにえ』
 The Texas Chain Saw Massacre

【製作年度】1974年
【製作国】アメリカ
【監督】トビー・フーパー
【出演】マリリン・バーンズ(サリー・ハーデス役)
    ガンナー・ハンセン(レザーフェイス役)
    ジョン・ドゥーガン(グランパ役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
真夏のテキサスを、ドライブ旅行を楽しむ5人の若者たち。ガス欠となり、一軒の家を訪ねたことから、想像を絶する惨劇が始まる。ドアを開けるなり、人間の皮の面をかぶり、血で汚れたエプロンをつけた大男に襲われ・・・。

【感想】
不快ホラーの原点!
といっても過言ではない程の作品であり、マスターフィルムは描写の芸術性ゆえ、ニューヨーク近代美術館にに永久保存されており、以降の映画に多大な影響を受けた作品である。

多くの評論ではエド・ゲインの猟奇事件を基にして作られた物語とされているのですが、トビー・フーパー自身が言うには全く意識はされておらず、デパートに並べられているチェーンソーを観たときに人を殺したい衝動に駆られて思いついたストーリーとのこと・・・。

映画の一番の怖いところは、もちろんチェーンソウを振り回すレザーフェースもそうなのですが、登場する一家のいかれ模様の異常っぷりがものすごいんです。しかも一家全員が狂っているのですからたまったもんじゃない。この映画の見所の一つでもある、一家の夜の人肉晩餐シーンは、衝撃としか言いようが有りません。(後の映画に多大に影響を与えたシーンです)
悪魔のいけにえ-1

一家の意味不明な異常行動に加え、人間や動物の骨が散乱する異様な家の雰囲気、さらには機械的な音楽&見事なカメラワークにより、いやな緊張感と不快感ばかりがつのり、輪を掛けて恐怖を出しており、直接的なグロシーンなんてほとんどないんですが、なんとも精神的に来る映画であります。

この映画で一躍有名になったのは殺人鬼レザーフェース。少し間抜けなんですが、チェーンソー持ってどこまでも追いかけてくる様はまさに怪物。ジェイソンやフレディーなどと並べられるされる超有名殺人鬼ですが、ひたすら目的に向かい追いかけてくる様などは、ダントツで怖いのかもしれません。チェーンソーが武器というのもこれまた最強。
悪魔のいけにえ-2

突っ込みどころといえば、最後のシーンでしょうか。トラックの運転手なんか殺されキャラと思ったらしっかり逃げ切ってみせます。殺されるために出てきたのかと思ってしまいますが、あのキャラは必要だったのでしょうか???追い討ちをかけるようなレザーフェースの朝日を浴びて狂喜乱舞するシーンなんてのもまったく意味不明・・・。
悪魔のいけにえ-3
悪魔のいけにえ-4

が、意味不明が故のすっきりしないエンディングが妙に、印象たっぷりに残ってしまうんですよね(汗)

まさしくホラーの芸術作品!
といえる、作品です。

【満足度】
★5つ

【関連動画】
Trailer


【関連記事】
悪魔のいけにえ2
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
テキサス・チェーンソー
テキサス・チェーンソー・ビギニング

【レビューの更新履歴】
初投稿:2008年5月5日
再更新:2015年5月31日

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| スプラッター | 11:11 | comments:12 | trackbacks:4 | TOP↑

≫ EDIT

悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』
 TEXAS CHAISAW 3D

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・ラッセンホップ
【主演】アレクサンドラ・ダダリオ

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
衝撃的なラストから1時間後、狂気に満ちたソーヤー一家は村人たちの手によって惨殺される。それから20年後、養父母に育てられたヘザーの下に、祖母の遺産を相続するよう書かれた手紙が届き…。

【感想】 ネタバレ
なんですかこれ!?
伝説の映画『悪魔のいけにえ』の正式な続編ですと?で、ソーヤー一家が正義に見える展開、こわくない味方なレザーフェイスと、この作品やらかしてないですか?ファンとしては、残念な続編でございました。

ストーリーは、『悪魔のいけにえ』のラストから1時間後のお話。ソーヤー一家が村人達に惨殺され、残ったのは、レザーフェイスといとこのへザー。へザーは一家出身としらずに幸せにくらしていたのだが、ひょんなことから祖母の遺産相続で屋敷とレザーフェイスを譲りうけたというお話。(もちろんレザーフェイス付と知らず)

あれよあれよと屋敷に遊びにきていた友人、恋人がレザーフェイスのいけにえになっていくんです・・・。でも、このへザーは友人、恋人のことはどうでもいいんだね~、立場逆転のレザーフェイスと共同で一家を惨殺した人を殺すという展開。やっぱり血は争えないってことなのでしょうか?
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲1

こんな、ちんけなお話ですが、見所は狂喜乱舞するチェーンソーのレザーフェイスといいたいところですが、あんまり怖くない。しかも簡単に人ごみに出すぎですし。グロシーン満載ですが、ホラーファンならいまさら驚きもしない程度ではあります。

悪魔のいけにえシリーズには、狂気、き○がい、いかれているといった言葉が似合う作品なんです。リメイクの『テキサス・チェーンソー』は、なんとなくその要素が入っていました。この映画は・・・、哀愁ただようレザーフェイスなんて見たくない!!!しかも3D上映ってのも不満!!!
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲2

【満足度】


【関連記事】
悪魔のいけにえ
悪魔のいけにえ2
テキサス・チェーンソー
テキサス・チェーンソー・ビギニング

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| スプラッター | 21:52 | comments:9 | trackbacks:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT