| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
  IT

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  アンドレス・ムシェッティ
 【出演】
  ジェイデン・リーベラー
  ビル・スカルスガルド
  フィン・ウルフハード
  ソフィア・リリス
  ニコラス・ハミルトン

【イントロダクション】 
とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが……。

【感想】
スティーブン・キングの代表作で、1990年にテレビドラマ化された『IT』を、新鋭アンドレス・ムシェッティにより映画化リメイク。個人的には、子供のころ見てピエロトラウマになった作品で、非常に懐かしい思い。が、なぜか映画館は学生らしき若い人がめちゃくちゃ多い?それも満員御礼。なぜだ、なぜ学生に注目されているんだ???不思議でたまらない。そして、全米ではホラー映画の金字塔『エクソシスト』を超え、史上No.1に。R指定ホラー映画史上最高の記録をたたき出しているときた。

まずは、1章子供時代。オープニングから、予告でもおなじみの排水溝からピエロのペニーワイズ登場からの、がぶりシーンで盛り上げます。といいますか、このシーンが一番衝撃だったのかもしれない。一気に手を食いちぎってしまう衝撃度です。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。1

それを皮切りに、子供たちに襲い掛かる恐怖の出来事。1人1人に自分のトラウマを見せられるがごとく、襲い掛かってくるペニーワイズ。大人は見えず子供だけしか見えないという恐ろしさが、この作品を子供心に見た時のトラウマになり、ずーっと印象に残っているんですよ。。。

そして語らずにいられないこの作品が単なるホラーではないところは、ホラーなのに『スタンドバイミー』ばりの子供達の友情といじめっ子に対抗していく強さを見れる映画。そういった意味で、学生が興味を持ち映画館に足を運ばせているのかもしれない。女の子1人と黒人1人ってところもにくい演出である。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。3
ただし、私個人的には、1990年のTV版の方が仲間感も強く好きだったなと思う次第。(でもうる覚え・・・)

恐怖度もTV版の方が上か。本作はちょっと音とか突然感でビックリさせる驚かし方に徹している。この作品は、もっとジワジワ精神的に来る恐怖というものが出てほしいのでそこは少し残念ではある。

この作品で一番注目しないといけないのは、もちろんピエロのペニーワイズ。子どもの恐怖を熟知し、子どもたちをむさぼる悪役。本作はTV版に劣らずの怖さありで良かった。顔の表情が何とも怖い。演ずるは、ビル・スカルスガルドで、父親、兄2人も映画俳優で妹はモデルという芸能一家。ビル自身も『シンプル・シモン』でスウェーデンの映画賞ゴールデン・ビートルにて主演男優賞にノミネートされ、今注目の191cmと長身な俳優である。さすがに長身なペニーワイズは怖いよね。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2

個人的総評としては、CGなんかも多彩に使ったりと現代感あふれるリメイクであったが、がっかりするほどでもなく、普通に楽しめたので、可もなく不可もなくではありつつ合格点な出来栄えではないかと。ただし、述べたように恐怖度が物足りないため、そこは第2章に期待したいところ。

【満足度】


【予告】


【関連記事】
IT
スポンサーサイト

| モンスター | 14:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寄生獣・前編

『寄生獣・前編』

【製作年度】2014年
【製作国】日本
【監督】山崎貴
【出演】染谷将太/深津絵里/橋本愛



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操り、他の人間を捕食する「パラサイト」と呼ばれる謎の寄生生物が出現。平凡な高校生活を送っていた泉新一も、一匹のパラサイトに襲われる。しかし脳を奪うことに失敗したパラサイトは、そのまま右腕に寄生し、自らを「ミギー」と名乗って新一と共生することに。

【感想】
まず、原作の漫画についてですが、中学生の頃だったと思うのですが、おおはまりしました。これまでに無かった設定、社会に訴えかけるような物語、学生でも分かる面白さ。当時コミックをそろえ、いまだに手元に存在し(かなり黄ばんでます・・・)、何度も何度も読み返しては飽きない作品です。私の人生の漫画の中で一番大好きな作品でしょう。

そんなに好きな漫画が、何を思ったのか20年くらいの時を経てアニメ化&映画化ときたから驚きです。なんで今頃?という気持ちで一杯で、半分の期待と半分の不安で、いざ映画館へ。

うーん、やはり原作大好き人間としては、イマイチでした。まず、肝心のミギーの声が阿部サダヲということで、イメージが全く合いません。コミカルなミギーとなってしまいました。新一役の染谷将太ですが、彼はなんとなく原作とあっていたでしょうか。弱い新一の時、そしてミギー細胞が血液に混じった後の強い新一の時と役柄の使い分けもバッチリです。

が、新一の家族設定がNGです。なぜ父親を居ないことにしてしまったのでしょう。母を無くした後の、父と子のやりとり、新一に静かに母の死を告げる瞬間など、この漫画のすばらしい場面の1つでもあったのです。母親に関しても死んでしまう場面、なぜか「A」が母をのっとる設定など、色々不満が残ってしまいます。
寄生獣1

前半の大きな見所である学校での場面も、漫画では非常に重要所なのですが、だいぶ端折ってしまい物語としての核な部分が抜けてしまった感覚です。新一と恋人の村野里美との関係もしかり、田宮良子やそのパラサイト仲間と新一との関係もしかり、もう少し丁寧に描いてもらいたかった・・・。ところで、田宮良子役の深津絵里が原作とイメージと合っていないと思うのは私だけでしょうか?
寄生獣3

戦闘シーンはさすが現代のCGです。もっとも心配していた、ちゃっちさなどはそれほど感じられず、日本映画にしては良くできていたと思います。ミギーの造形も漫画ファンならニヤっとするシーン盛りだくさん。顔が崩れていく様子なんかも、結構漫画に忠実につくられており、楽しませてもらいました。
寄生獣2

後編の予告も見ましたが、原作とはだいぶ変わるようでとても不安です。
後半の核といえば、田宮良子と探偵倉森の子供をめぐってのやり取り、新一と広川剛志市長率いるパラサイトと警察(殺人鬼浦上)を巻き込んだ戦い、そして新一と村野里美の恋の行方といったところでしょうか。特に探偵さんは重要人物になるので、どういう描き方をするか楽しみではあります。

最後に、私の評価は良くないのですが、またこのすばらしい『寄生獣』という漫画が日の目に出たことはうれしい限りです。観たことない方は是非、コミックを手にとっていただきたい。読み出すと一気に読破すること間違いなしです。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| モンスター | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ベイ

『ザ・ベイ』
 THE BAY

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】バリー・レヴィンソン
【出演】ウィル・ロジャース/クリステン・コノリー/ケッテル・ドナヒュー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
湾の水に高濃度の毒性を発見した海洋学者。だが、市長はその警告を無視し…。

【感想】
まず驚きは、監督です。あの『レインマン』で有名なアカデミー賞受賞監督のバリー・レヴィンソンがこれまたなんでこのジャンルを!?と思える作品を出してきました。それは現実でも起こりうるかもしれない監督からの警告といえる環境汚染がテーマ。

鳥の糞を垂れ流す街。やがて海洋は高濃度の毒性を持ち、新種の寄生虫を生み出す。それは体内に入り、体中をむさぼりつくす小さなモンスター。最初は小さく飲み水に入り込み、体内に入ったとたん成長は早く、人間を一気に殺していくという恐怖の寄生虫です。
ザ・ベイ1

寄生虫に蒸しばられ滅びていく街を、リポーターのTV撮影映像やら、防犯カメラやら研究用のカメラやらとありとあらゆる映像を組み合わせて、リアルに描かれています。いま流行のファウンド・フッテージといわれる見せ方で、いろんな視点で平和な街からパニックに陥る状況が描かれます。

しかしですよ、独立記念日のお祝い中から突然寄生虫が街全体にうごめくってのは少し無理やりでしたね。急に来るわけですから、殺人事件やら皮膚がただれる症状からはウイルスやらと、街は大混乱。パニック、パニックです。あまりの感染の早さに、後半はゾンビ映画でも観ているような感覚に陥りますね。

とにかく、寄生虫が気持ち悪いし、体の中から喰われていくってのは、嫌ですね。観るも無残な遺体の数々なので、テーマ以上にホラー寄りの作りで、観る人も選ぶ作品でしょう。結構な残酷描写も続きます。
ザ・ベイ3
ザ・ベイ2

こりゃ~、人によっては、しばらく魚とか蟹とか食べれなくなるかもしれませんね(汗) ホラーというより気持ち悪さを感じる映画です。

映画全体としては、徐々にパニック度が増していく感じが非常に面白かったです。でも、ちょっとやりすぎ感ところころ変わる展開が無理やりすぎてしまい、残念なことにホラー映画を作るための題材だった感じが少し残念です。特に後半はね。環境問題を訴えるにも、観る人が少なければ・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| モンスター | 01:49 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。