| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寄生獣・前編

『寄生獣・前編』

【製作年度】2014年
【製作国】日本
【監督】山崎貴
【出演】染谷将太/深津絵里/橋本愛



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操り、他の人間を捕食する「パラサイト」と呼ばれる謎の寄生生物が出現。平凡な高校生活を送っていた泉新一も、一匹のパラサイトに襲われる。しかし脳を奪うことに失敗したパラサイトは、そのまま右腕に寄生し、自らを「ミギー」と名乗って新一と共生することに。

【感想】
まず、原作の漫画についてですが、中学生の頃だったと思うのですが、おおはまりしました。これまでに無かった設定、社会に訴えかけるような物語、学生でも分かる面白さ。当時コミックをそろえ、いまだに手元に存在し(かなり黄ばんでます・・・)、何度も何度も読み返しては飽きない作品です。私の人生の漫画の中で一番大好きな作品でしょう。

そんなに好きな漫画が、何を思ったのか20年くらいの時を経てアニメ化&映画化ときたから驚きです。なんで今頃?という気持ちで一杯で、半分の期待と半分の不安で、いざ映画館へ。

うーん、やはり原作大好き人間としては、イマイチでした。まず、肝心のミギーの声が阿部サダヲということで、イメージが全く合いません。コミカルなミギーとなってしまいました。新一役の染谷将太ですが、彼はなんとなく原作とあっていたでしょうか。弱い新一の時、そしてミギー細胞が血液に混じった後の強い新一の時と役柄の使い分けもバッチリです。

が、新一の家族設定がNGです。なぜ父親を居ないことにしてしまったのでしょう。母を無くした後の、父と子のやりとり、新一に静かに母の死を告げる瞬間など、この漫画のすばらしい場面の1つでもあったのです。母親に関しても死んでしまう場面、なぜか「A」が母をのっとる設定など、色々不満が残ってしまいます。
寄生獣1

前半の大きな見所である学校での場面も、漫画では非常に重要所なのですが、だいぶ端折ってしまい物語としての核な部分が抜けてしまった感覚です。新一と恋人の村野里美との関係もしかり、田宮良子やそのパラサイト仲間と新一との関係もしかり、もう少し丁寧に描いてもらいたかった・・・。ところで、田宮良子役の深津絵里が原作とイメージと合っていないと思うのは私だけでしょうか?
寄生獣3

戦闘シーンはさすが現代のCGです。もっとも心配していた、ちゃっちさなどはそれほど感じられず、日本映画にしては良くできていたと思います。ミギーの造形も漫画ファンならニヤっとするシーン盛りだくさん。顔が崩れていく様子なんかも、結構漫画に忠実につくられており、楽しませてもらいました。
寄生獣2

後編の予告も見ましたが、原作とはだいぶ変わるようでとても不安です。
後半の核といえば、田宮良子と探偵倉森の子供をめぐってのやり取り、新一と広川剛志市長率いるパラサイトと警察(殺人鬼浦上)を巻き込んだ戦い、そして新一と村野里美の恋の行方といったところでしょうか。特に探偵さんは重要人物になるので、どういう描き方をするか楽しみではあります。

最後に、私の評価は良くないのですが、またこのすばらしい『寄生獣』という漫画が日の目に出たことはうれしい限りです。観たことない方は是非、コミックを手にとっていただきたい。読み出すと一気に読破すること間違いなしです。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| モンスター | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ベイ

『ザ・ベイ』
 THE BAY

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】バリー・レヴィンソン
【出演】ウィル・ロジャース/クリステン・コノリー/ケッテル・ドナヒュー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
湾の水に高濃度の毒性を発見した海洋学者。だが、市長はその警告を無視し…。

【感想】
まず驚きは、監督です。あの『レインマン』で有名なアカデミー賞受賞監督のバリー・レヴィンソンがこれまたなんでこのジャンルを!?と思える作品を出してきました。それは現実でも起こりうるかもしれない監督からの警告といえる環境汚染がテーマ。

鳥の糞を垂れ流す街。やがて海洋は高濃度の毒性を持ち、新種の寄生虫を生み出す。それは体内に入り、体中をむさぼりつくす小さなモンスター。最初は小さく飲み水に入り込み、体内に入ったとたん成長は早く、人間を一気に殺していくという恐怖の寄生虫です。
ザ・ベイ1

寄生虫に蒸しばられ滅びていく街を、リポーターのTV撮影映像やら、防犯カメラやら研究用のカメラやらとありとあらゆる映像を組み合わせて、リアルに描かれています。いま流行のファウンド・フッテージといわれる見せ方で、いろんな視点で平和な街からパニックに陥る状況が描かれます。

しかしですよ、独立記念日のお祝い中から突然寄生虫が街全体にうごめくってのは少し無理やりでしたね。急に来るわけですから、殺人事件やら皮膚がただれる症状からはウイルスやらと、街は大混乱。パニック、パニックです。あまりの感染の早さに、後半はゾンビ映画でも観ているような感覚に陥りますね。

とにかく、寄生虫が気持ち悪いし、体の中から喰われていくってのは、嫌ですね。観るも無残な遺体の数々なので、テーマ以上にホラー寄りの作りで、観る人も選ぶ作品でしょう。結構な残酷描写も続きます。
ザ・ベイ3
ザ・ベイ2

こりゃ~、人によっては、しばらく魚とか蟹とか食べれなくなるかもしれませんね(汗) ホラーというより気持ち悪さを感じる映画です。

映画全体としては、徐々にパニック度が増していく感じが非常に面白かったです。でも、ちょっとやりすぎ感ところころ変わる展開が無理やりすぎてしまい、残念なことにホラー映画を作るための題材だった感じが少し残念です。特に後半はね。環境問題を訴えるにも、観る人が少なければ・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| モンスター | 01:49 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

スプライス

『スプライス』
 SPLICE

【製作年度】2008年
【製作国】カナダ/フランス
【監督】ヴィンチェンゾ・ナタリ
【主演】サラ・ポーリーエイドリアン・ブロディ

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
科学者の夫婦、クライヴとエルサは人間と動物のDNAを配合して“新生命体”を創り出すことに成功。ふたりは“新生命体”を秘密裏に育てるが…。

【感想】 ネタバレ
『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品は、法を無視した禁断の人間による新生命体創造。人間と様々な動物のDNAを掛け合わせた、神秘的かつ異様な姿の生命の誕生でした。現代版、『フランケンシュタイン』とでもいいましょうか。しかし、悲しみなどはなく、この物語はただただ気持ち悪く感じます。

会社の儲けため実験中止を余儀なくされた、科学者夫婦のクライヴとエルサは、諦めきれず極秘で新生命誕生の実験を行う。が、それは神への冒涜といえる、やはり禁じられた実験。しかも夫婦の実験という名目のなか、真の目的に隠された意図がどんどん狂った方向へと導くのでした。
スプライス1

女(エルサ)は、どうしても人間のDNAで新生命体をつくりたい。しかもそれは自分のDNA。彼女は、過去の自分の境遇から子供を暴力でしか育てられない性質。実験という名のもと新生命体をわが子のように育てる彼女。しかし、彼女の性質は変えれず、新生命体への虐待という結果をもたらす・・・。
スプライス2

男(クライヴ)は、ずっとこの実験を反対していた。しかし妻におされっぱなしで、結局は協力視してしまう。なんどか殺そうと試みるが、それができない。やがて妻のDNAが入った新生命体は美しき?女子の姿へと成長。彼はついにその欲望に耐え切れずに、新生命体と禁断の交わりをみせる・・・。
スプライス3

完全に、人間のエゴですなぁ。科学者の欲のために創り上げられた、生命体。自分勝手極まりなく、完全にペット状態ですね。

そのつけは、やがて新生命体による反逆という波乱を呼び起こします。男に生まれ変わった凶暴な新生命体。手に負えなくなった夫婦は、殺そうとする・・・。夫婦はなぜ、作ったのか。不要になったら手に負えなくなったら殺してしまうという、あるまじき行為。興味本位でつくられた新生命体はたとえ凶暴化しようが被害者でした。

常時、性ということもテーマに入ったこの作品。結末もやはり新生命体に植えつけられた、妻のおなかにうごめく得たいの知れない子供の存在でした。この子供も金儲けのため、科学者の自分勝手な興味のため、また利用され要らなくなったら捨てられていくのでしょう・・・。

作品としてはおもしろいのですが。なんだか嫌な気持ちになる作品でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| モンスター | 23:56 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。