| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アフターショック

『アフターショック』
 AFTERSHOCK

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ニコラス・ロペス
【主演】イーライ・ロス

  かご 



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ナンパした美女3人と共にチリ観光を楽しむ男たち。ダンスクラブに繰り出した彼らだったが、突然の巨大地震に見舞われ、至福の時間は一転、死と破壊の地獄絵図と化す。

【感想】
『ホステル』シリーズのイーライ・ロスが製作と出演のサバイバルホラー。チリ観光の最中、大地震により刑務所崩壊で凶悪犯が脱獄しパニックとなる様子を描いた作品。
アフターショック1

とにかく、前半がダラけます。ナンパした女性と過ごすチリ観光の様子がひたすら長い。ナイトクラブシーンなんかでいちゃつく感じなんかも、もういいんじゃない?って思わせるほど。30分強そんな感じなノリが続きます。

が、大地震が起きた瞬間から、なんだか慌しくなり、イーライ・ロスワールド突入といった感じ。地震の瞬間の人間がいとも簡単に死んでいく姿は、見るに耐え難いものがあります。壊れる街並、そんなところから刑務所から出てきた凶悪犯軍団に追いかけられるはめになる主人公達。

チョンパ切り株に、イーライ・ロスなんかは丸焦げになったり、大量の死体やらと一気にグロモード突入です。なぜかモノレールが壊れて落下し死んでしまったりと、何気に色々やりすぎ感もあって、慌しく過ぎていく後半といったところです。ラストのなぜか消防員と思っていたらなぜか凶悪犯って落ちもそれまでの動向から一転しすぎてなんだかなぁ・・・っと感じさせられます。

といっても、やはり基本はサバイバル要素の作品なので、『ホステル』なんかと比べると残酷シーンなんかは物足りなさがありますね。
アフターショック2

地震、津波っといったところがテーマになるので、ちょっと日本人からすると辛い映画なので、イーライ・ロス作品が好きって方のみ鑑賞するのが良いといったところでしょうか。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サバイバルパニック | 22:43 | comments:7 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

サプライズ

『サプライズ』
 YOU'RE NEXT

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】アダム・ウィンガード
【主演】シャーニ・ヴィンソン

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
両親の結婚35周年を祝うために集まったデーヴィソン一家。そこへ突然、羊、狐、虎のアニマルマスクを被った集団が現れ、クロスボウで襲撃を始める。

【感想】
キツネさんやらヒツジさんやらトラさんの仮面をかぶった集団によるホーム襲撃映画。久しぶりに集まった一家に襲い掛かる殺人鬼達の動機や正体は?といった状況。
サプライズ2

が、意外とその目的や正体に驚くこともないですし、かなり無理やりな設定でした。隣人まで殺した理由、意味ありげに「YOU'RE NEXT」と血のメッセージも全く意味を成さないストーリー展開でした。単に、ミステリー感を出したが生かしきれない残念さがあります。

といっても、物語ではなく単純に楽しめる映画でもあり。一人の若いおねーさんがやたら強い!最初は圧倒していた殺人集団も中盤から後半にいたっては押されっぱなしでなさけないやら・・・。かわいい顔した女性が、犯人をコテンパンにさらには頭を鈍器でぐちゃくはにする様は、計画犯も唖然。。。挙句の果ては気の効いたトラップまで仕立て上げる始末で、思わず『ワナオンナ』(by ワナオトコ)かい!って突っ込みたくなる。
サプライズ1

なので完全に、ホラー、ミステリーというよりブラックコメディー入った作品としてみたほうが良いのかもしれません。もちろん監督自身はコメディーと思って作っていないでしょうが・・・。

一応、オチなんかもありですが、そこまで驚けず(むしろありきたりで分かってしまう)、すべての登場人物が殺されるため、殺され方をいろいろ撮りたいがために居るだけにしか思えないので、そこんとこ監督さんにはがんばって欲しいですね。

楽しめなくはないですが、、、ね。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サバイバルパニック | 22:30 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ゼロ・グラビティ

『ゼロ・グラビティ』
 Gravity

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ/カナダ
【監督】アルフォンソ・キュアロン
【主演】サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
地表から60万メートル上空。すべてが完璧な世界。そこで誰もが予測しなかった突発事故が発生。スペースシャトルは大破し、船外でミッション遂行中のストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マットのふたりは、無重力空間に放り出されてしまう。

【感想】  ネタバレ
生きる!
どんな過酷な状況下でも、どんなに絶望的でも、生命への執着心をみせてくれたすばらしい作品でした。

そこいらの危機とは違うこと、無重力の宇宙空間に放り出されてしまうこと。仲間の死、無線も効かず、酸素不足、さらには孤独との戦い。まさに絶体絶命なのです。サンドラブロック演ずる、宇宙飛行はまだ初心者のストーン博士がどうやって地球へ生還していくか、まさにそれだけの物語なのですが、一瞬たりとも息が抜けません。
ゼロ・グラビティ1

無重力状態がこんなにも恐怖とは思いもしませんした。動こうにも融通が利かない、一度放り出されて回転してしまうと、簡単には止まらない自分の体。重力があることがどれほど大事なことか、普段では絶対に思わないことですね。まさにゼロ・グラビティという恐怖です。

彼女が地球へたどり着いたときの重力の重みは、まさに生命の重み。邦題はゼロ・グラビティですが、原題はグラビティ、原題の意味はラストで実感できるのでした。(うーん、奥が深いです)

そして、なんといってもすばらしい世界観はまさに圧巻。宇宙という幻想的な映像です。まさに大迫力なのですが、そこには何もノイズが無いのです。まさに“静”。でも、この迫力はいったい何なのでしょうか?宇宙船が破壊されていく様子も、ゆっくり時間が動いているようです。さらには起こるすべての出来事の背景は地球なのです。圧倒的な映像美は、まさに芸術です。
ゼロ・グラビティ2

IMAXで3Dで観ました。もちろん普通に観るより値段が高めなのですが、十二分に堪能させてもらいました。実は私は3Dは否定派なのですが、初めて違和感無く3Dを楽しめたのかもしれません。改めて映画館で観るということのすばらしさを発見させてもらいました。

生きるっていいな、地球っていいなと思える映画です。
いい体験をさせてもらいました!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サバイバルパニック | 22:23 | comments:10 | trackbacks:10 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT