| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パージ:アナーキー

 『パージ:アナーキー』
  THE PURGE: ANARCHY

 【製作年度】
  2014年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ジェームズ・デモナコ
 【出演】
  フランク・グリロ
  カルメン・イジョゴ
  ゾーイ・ソウル
  ザック・ギルフォード
  キエレ・サンチェス
  マイケル・K・ウィリアムズ

【イントロダクション】 
年に一度の“パージ"の日。とある夫婦は帰宅途中、車のタイヤがパンクし、逃げ遅れてしまう。そして、貧しい母娘は何者かに拉致されそうになったところ、武装した一人の男に助けられる。この夜、男は息子を事故死させた犯人に復讐を誓っていた。それぞれの思惑が交錯する中、5人は無法地帯となった街で協力し、生き残りをかけて脱出を試みるのだが…。

【感想】 ネタバレ
「1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」という一夜の恐怖を描いた全米ヒット作『パージ』の続編。製作は引き続き、製作はマイケル・ベイ&ジェイソン・ブラムのコンビ。殺戮を楽しむ若者が前回の仮面から顔白塗りになったが相変わらずの不気味さ。
パージ:アナーキー1

1作目は、知らぬ存ぜぬでを決め込み守りの一家をテーマに家の中だけで描いた作品でしたが、今作は街での出来事。息子の復讐のためパージの日を待っていた警察官レオ、なぜか拉致されようとされる親子のエヴァとカリ、パージ間際に車がパンクし帰れなくなってしまった夫婦のシェーンとリズ。と、この3組がひょんなことから一緒に街で行動することになる。
パージ:アナーキー3

ステージが広くなった分、ホラーというよりこの3組によるアクションサバイバルとしての要素が高く、逃げるため守るため復讐するためとそれぞれの思いが交錯しつつも、最終的には仲間として戦い協力していく姿を描いたなんだか少し心温まるような内容もあるのだ。といっても、助けてもらえると思ったお友達一家が殺戮の泥沼化したりと、パージの日だけできる殺戮、いやむしろパージ以外の日は我慢していた分の爆発的な殺戮が恐ろしくも描かれている。

息子の復讐を達成するべくパージの日を待ちに待った警察官レオ。巻き込まれてしまって時間だけがたってしまうが、パージ終了直前にようやく息子を殺した本人の家にたどり着く。が・・・レオは、親子のエヴァとカリと同行しているなかで、彼女達に説得され復讐はしなかった。っと、ここまでで終わってもいいのだが、最後はレオが自分の敵である息子を殺したウォーレン・グラスに助けられるという、超ハッピーエンド。うーん、こういう映画らしからない幸せな終わり方をするという珍しいエンド。

そして、前作と同様富裕層が楽しむこの日だけの殺戮ショーが貧富の差を象徴させた、皮肉っぷりは健在。お金を払って殺戮に参加するお金持ち。でも、なぜか直接お金持ちが逆襲も十分にあり得るシステムなので、簡単に逆襲にあっちゃって、いとも簡単に金持ち側が殺されるという始末。ちょっと、この辺はちょっと陳腐な設定だなー・・・

というように、ちょっともったいない設定が多かったのが残念ではありましたが、全体としては前作に見劣らず(前作以上かも)、面白い脚本でありました。

そして今作は、パージに反対する組織がついに登場します。さらには政府は下層階級の削減が十分ではないと判断し、秘密裏に暗殺部隊を送り出したという。結局のところ、このパージは下層階級の殺戮が目的であったという事実も浮き彫りになり、前作以上に現代のアメリカ社会を皮肉りまくった内容でした。

【満足度】


パージ:アナーキー【Blu-ray】 [ キーリー・サンチェス ]

価格:1,500円
(2017/12/11 22:46時点)



【予告】


【関連記事】
パージ
スポンサーサイト

| サバイバルパニック | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パージ

 『パージ』
  THE PURGE

 【製作年度】
  2013年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ジェームズ・デモナコ
 【出演】
  イーサン・ホーク
  レナ・ヘディ
  アデレイド・ケイン
  マックス・バークホルダー
  リース・ウェイクフィールド
  エドウィン・ホッジ

【イントロダクション】 
年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が許されるという政策が施行される中、決死のサバイバルを繰り広げる一家の姿を追い掛けていく。

【感想】 ネタバレ
年に1度12時間限定で、あらゆる犯罪が法的に許されるアメリカ社会。その期間中は、警察も消防署も医療もすべてストップ。しかしながら、そのおかげで、犯罪率、失業率共に1%という、とんでもない世界観を描いた作品は、問題作としても賛否両論となった映画。

製作はマイケル・ベイ&ジェイソン・ブラムのコンビで、何気に俳優陣は豪勢。主役はイーサン・ホークにその妻にレナ・ヘディで、ご近所さんにはクリス・マルケイなんかも出演し、こういうジャンルの映画には珍しいほど。2015年に世界で最も美しい顔にも選ばれた、アデレード・ケインの制服姿も観れるのも貴重!
パージ4

正直、こんな社会があったら恐ろしすぎる。
1年にたった12時間といえども、人間の狂気の沙汰を発揮できるとなると、大混乱は避けれないのだが、合法だからたまったもんじゃない。弱者が殺され、金持ちが完ぺきな防御壁を作り生き残る社会。こんなことがあってよいのか!?

作品は、お金持ちに防御システムを売って大金持ちとなったサンディン一家のパージでの悲劇を扱う。パージ自体に納得していない息子の チャーリーが無差別に殺されかけようとしている黒人の男を家にかくまった瞬間から、一家の悲劇が始まる。

何気に、この息子にはイライラです。なんぼパージに反対といえども、家族を危険にさらしまくり、なぜか黒人を救うことに必死。それに影響受けてか、最終的には一家全員黒人を守ることを決める。でも、これがおかしい・・・。1人の黒人を守るため、たくさんの襲ってきた人を殺しまくるという始末。。

ご近所さんの恨みも意味不明。サンディン一家が売った防御システムが無いと自分の家を守れないだろうに、逆恨みもいいとこだ。最終的に、近所に助けられ裏切られ、黒人に助けられと何が何やらわからない。助け合い合戦で結局のところサンディン一家が一番正しいといわんばかりの終わり方になるのだ。

作品でまた恐ろしいのがパージャー側の殺戮を楽しむお金持ちのイカレた若者集団。全員が無表情の仮面をかぶり異様な雰囲気で怖いのである。といっても、結局はボンボンの若者といった感じで、次から次へと一家に襲い掛かるのだが逆襲に合い、無残に殺されていく。彼らは、自らの命と引き換えに殺しをゲームのように楽しんでいるだけ。なんとも不可解な集団である。
パージ1

もう一つこの作品の特徴としては、不気味なキューピー人形の移動式カメラを使い、息子がその映像越しに暗い部屋の中を観察して回るシーンが多々有効に扱われている。黒人を案内したり、娘が泣きながらカメラに話したり、外の映像を映したりと、ローアングルながらもリアルに描き鑑賞者の緊張感を上げてくれる効果がある。さすがにこういった技術を使うのは上手いなと感心する。
パージ3

映画のパージ政策は、実際はありえないといえるかもしれない。
だが、お金持ちが優遇され、弱者が痛い目にあい、黒人が虐げられ、誰でも銃で殺しあえる。こういった世界観だけ聞くと、今のアメリカの問題を物語っているといえるだろう。そういった意味でも、単なる娯楽ホラー映画と言えない、問題提起した作品となったのえはないでしょうか。上映時間も90分強とサクッと見えて面白い映画でしたが、各地の暴力シーンを見させられ非常に考えることも多い映画であった。

【満足度】


パージ【Blu-ray】 [ イーサン・ホーク ]

価格:1,500円
(2017/11/5 22:08時点)
感想(0件)



【予告】


【関連記事】
パージ:アナーキー

| サバイバルパニック | 22:25 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

アフターショック

『アフターショック』
 AFTERSHOCK

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ニコラス・ロペス
【主演】イーライ・ロス

  かご 



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ナンパした美女3人と共にチリ観光を楽しむ男たち。ダンスクラブに繰り出した彼らだったが、突然の巨大地震に見舞われ、至福の時間は一転、死と破壊の地獄絵図と化す。

【感想】
『ホステル』シリーズのイーライ・ロスが製作と出演のサバイバルホラー。チリ観光の最中、大地震により刑務所崩壊で凶悪犯が脱獄しパニックとなる様子を描いた作品。
アフターショック1

とにかく、前半がダラけます。ナンパした女性と過ごすチリ観光の様子がひたすら長い。ナイトクラブシーンなんかでいちゃつく感じなんかも、もういいんじゃない?って思わせるほど。30分強そんな感じなノリが続きます。

が、大地震が起きた瞬間から、なんだか慌しくなり、イーライ・ロスワールド突入といった感じ。地震の瞬間の人間がいとも簡単に死んでいく姿は、見るに耐え難いものがあります。壊れる街並、そんなところから刑務所から出てきた凶悪犯軍団に追いかけられるはめになる主人公達。

チョンパ切り株に、イーライ・ロスなんかは丸焦げになったり、大量の死体やらと一気にグロモード突入です。なぜかモノレールが壊れて落下し死んでしまったりと、何気に色々やりすぎ感もあって、慌しく過ぎていく後半といったところです。ラストのなぜか消防員と思っていたらなぜか凶悪犯って落ちもそれまでの動向から一転しすぎてなんだかなぁ・・・っと感じさせられます。

といっても、やはり基本はサバイバル要素の作品なので、『ホステル』なんかと比べると残酷シーンなんかは物足りなさがありますね。
アフターショック2

地震、津波っといったところがテーマになるので、ちょっと日本人からすると辛い映画なので、イーライ・ロス作品が好きって方のみ鑑賞するのが良いといったところでしょうか。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サバイバルパニック | 22:43 | comments:7 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。