2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クライモリ

『クライモリ』
 Wrong Turn

【製作年度】2003年
【製作国】メキシコ
【監督】ロブ・シュミット
【出演】エリザ・デュシュク/リンディ・ブース/デスモンド・ハリントン/ジェレミー・シスト/ケヴィン・ゼガース/エリザ・ドゥシュク



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
アメリカ南西部にある奥深い森に迷い込んでしまった6人の若者。そんな彼らに未曾有の恐怖が襲い掛かってくる。

【感想】
見終わった感想・・・。ふつうぅ~。(悪い意味)

設定が奇形人ということで、結構期待したのだが、この設定を全く生かしきれていない。
奇形人の怖さ全く無く、ごくありがちなイカレ殺人者達とそれから逃げるものの設定。
(しかし奇形人が襲ってくるという設定、差別などの問題は出なかったんでしょうか?)

冒頭から“ヤラレキャラ”“イキノコリキャラ”とが見事に分かります。
ヤラレキャラは順調に、エグく殺されていき、いわゆる美男/美女が残るわけで。予想外ぃ~的な設定をちと期待はしていたのですが・・・。

奇形人の殺し方にも疑問。弓の腕はピカイチだわ、火攻めいぶり出し作戦を実行するなど、すばらしい戦国技術、じゃなくてすばらしい殺しのテクニック。そんな高等技術なんか要らないから、もっと大胆でえぐい殺しをみせてよ!ものたりんですわい。

殺した人間を、食べるのでもなく単に切り刻んで遊んでいるだけ?なのでしょうか、いまいち殺す理由もはっきりしないまま、おわっちまうのでぃ。お客さ~ん、心配しなくてもお決まりのエンディングもちゃんとセットでありますでぃ。

結局エリザ・デュシュクの魅力に、ただただ見とれてしまった映画です。
もうそれだけでいぃぃ! ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

【満足度】
★3つ

【関連記事】
クライモリ デット・エンド
クライモリ デッド・リターン
クライモリ デッド・ビギニング

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ アクセスランキング 人気ブログランキング .
スポンサーサイト

| サバイバルパニック | 22:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死霊のしたたり

『死霊のしたたり』
 ZOMBIO

【製作年度】1985年
【製作国】アメリカ
【監督】スチュアート・ゴードン
【出演】ジェフリー・コムズ/ブルース・アボット/バーバラ・クランプトン/バーバラ・クランプトン/ロバート・サンプソン/デヴィッド・ゲイル



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
死体蘇生薬を開発した学生ハーバート・ウェストの狂気の実験が巻き起こす恐怖を描く。怪奇小説の大家H・P・ラブクラフトの原作を、これが監督デビューのS・ゴードンがユーモアを交えながら奇妙な味付けで映画化。

【感想】
この時代、『死霊のはらわた』がブームとなっていたわけですが、その頃の私は今と違い、純粋でかわいい?時代があり、怖くて見ることができず、『死霊のしたたり』も同作品だと思っており、しばらく観れずにた記憶があります。

しかし観たら何てこと無い、なんて面白い映画なんだと思ったことが思い出されます。そう“笑”という意味でも。しかしブームに乗って、映画と関係ない日本語タイトルつけすぎ!!!

テーマが死体蘇生ですから、そのグロさは言わずと知れていますが、でもどこかユーモアが一緒に付いてくる。したたっているものも、映画を見ればすぐに分かります(笑)

ヒル博士が首と胴体離れて生きているのですが、顔正面からの撮影は、人形など使わずちゃんと人間が演じてます。台の中にもぐって顔だけ出したり、胴体の真ん中ぐらいから顔だけ出したりと、いろいろ工夫を凝らして、頭だけちょん切れている感を出しています。安い予算で作られた映画は、すぐに作り物と分かる人形など使い、幻滅してしまうのですが、その点にこだわりが感じられました。ま、さすがに後ろから見た首は人形でしたが。

しかし、ヒル博士のエロっぷりには飽きれますよ~。首だけになっても女性を犯そうとがんばりますので(爆) この人、ただのエロオヤジでした・・・。

最後の、ゾンビドタバタ劇は大興奮。腸が伸びて人を締め付けるシーンなんて、馬鹿丸出しですが、なぜか許せちゃう。しかし、腸でかすぎ~~~。

ゾンビになっても親子愛などを見せつつ、最後は恋人愛で終わるのですが、ブラックユーモアたっぷりの名作でありました。

70年代~80年代は、ホラーの名作が目白押しですねぇ。

【満足度】
★4つ

【関連記事】
死霊のしたたり2

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ アクセスランキング 人気ブログランキング .

| ゾンビ | 22:57 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

レベル・サーティーン

『レベル・サーティーン』
 LEVEL THIRTEEN

【製作年度】2006年
【製作国】タイ
【監督】マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル/マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル
【出演】クリサダ・スコソル・クラップ/アチタ・シカマナ/サルンヨー・ウォングックラチャン/ナターポン・アルンネトラ/フィリップ・ウィルソン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ある日突然解雇され、お金に困り途方に暮れる男、プチットのもとに、謎の電話がかかってくる。プチットが幸運にも、13のレベルをクリアすると最大3億円が獲得できるゲームの参加者に選ばれた…。

【感想】
タイ製作映画ですが、侮るが無かれ。
これは、面白かった!

貧乏、サラリーマンが解雇され、お金に困っているところ、どこからともなくゲームの誘いの電話が。ゲームをクリアするごとに、賞金がもらえる。もちろん、賞金が上がるにつれ、ゲームの難易度が増えます。ゲームは“レベル13”まで。その背後で操っているのは誰なのか???ってな感じの映画。

笑いあり、グロさあり、動物虐待有り、汚いのもありで期待以上に楽しめます。
少しだけ、そのゲームの内容を書きますと・・・

レベル1:ハエを殺す
レベル2:殺したハエを食べる
レベル3:子供を5人泣かせる
レベル4:街で募金募っているお金を盗む
レベル5:う○ちを食べる
 ・
 ・
 ・
えっっ!!!?

っとまあ、ここまでだけ聞くと、ふざけているんか!子供か!(う○ち=子供の発想ってことで)って思うのですが、レベル6から急展開。暴力と虐待そして殺人へと展開していきます。

人間、お金のためならここまでやるか・・・。
っと少し悲しくなっていく展開ばかりなのですが、やはり主人公も戸惑いに駆られつつ、ここまで来たら最後までクリアするしかない!っと開き直りの感情の方が勝ってしまい、人間性をどんどん失ってしまいます。(途中でゲームをやめるとすべて獲得した賞金は没収というルール)友達の女性のペットにまで手を掛けてしまうのですから。お金って怖い。

レベル13では、“衝撃のラスト”
『SAW』までとは行きませんが、結構びっくりします。黒幕も誰?ってのも、現代社会が現れており感心しました。ちょっぴり、この世の中が悲しく思えてきます。

いや~、よくこういったストーリーを考えましたね。見ながら、次の課題はなんだろう?ってどんどん引きずり込まれていきます。そして、ゲームの内容が面白い。

ホラー映画ファンでなくても、見て欲しい映画ですね。
ただし、う○ち食べるところは要注意!かなりリアルです。お食事中は絶対NG!!!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ アクセスランキング 人気ブログランキング .

| サスペンス、ミステリー | 00:18 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。