2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪魔の赤ちゃん

『悪魔の赤ちゃん』

【製作年度】1973年
【製作国】アメリカ
【監督】ラリー・コーエン
【出演】ジョン・P・ライアン/シャロン・ファレル/マイケル・アンサラ/アンドリュー・ダガン/ガイ・ストックウエル



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
フランクとルノールの間に待望の2人目の子供が産まれた。しかしその赤ちゃんは、悪魔のような姿と驚異的な生命力を持った異様な生物だった。赤ちゃんはお産に立ち合った医師、インターン、看護婦らを全て惨殺し、分娩室から姿を消す。警察は当初新生児がこの事件起こしたとは思わなかったが、その日から獣のような牙と爪による惨殺事件が次々と起こり、ついに警察は赤ちゃんを包囲網にかける事を試みるが。

【感想】 ネタバレ
タイトルからすると、どれほど怖いのかと感じられますが、全く怖さはありません。
なので、恐怖さを望んでみるとがっかりする結果になります。

ホラージャンルではありますが、化け物のような姿で人々を惨殺していく我が子への、“親の苦悩”が描かれています。(カテゴリも人間心理に入れさせてもらいました。)

赤ちゃんは悪気があって産まれた訳でも、殺人をしている訳がないんです。
無邪気に生きようとする、生命がそうさせているだけなんですから・・・。

親は、我が子への愛情と、無差別に人を殺してしまう、赤ちゃんで悩み葛藤します。我が子を殺すべきなのか?殺すしか手がないのか?

母親は、もちろんどんな子があろうともお腹を痛めて産んだ子供ですから、必死で殺すことを止めます。父親は、殺すしかないと悲しいながらに判断してしまいます。そして、自らの手で殺すことを決断・・・。

でも、我が子ですからやっぱり殺すことなんて出来なかったのです。
どんなに醜い姿でも、人様に迷惑かかろうが、親なんですから。

父親は泣きながら傷ついた赤ちゃんを抱きかかえて、殺そうとする人々から逃げます。このシーンは、ジーンと来ます。私も子供を持つ親として、どんな子が産まれようが、我が子だけは守りたいです。

こういうとき、世間はとても冷たい。ラジオでは、実名を公表され、父親は会社を首になり、研究所では赤ちゃんの研究をしたいからと、親の権利を放棄しろと持ちかけたり、どんどん世間から冷たい目で見られ・・・。

確かに、殺人をしてしまうということで、世間から責められることはしょうがないですが、あまりにも当事者の身にならない無責任さが腹を立てます。挙句の果て、悪魔のような赤ちゃんが産まれた原因は、薬害ということが分かり、薬を作った関係者は証拠隠滅として、赤ちゃんの存在を完全に消そうとします。ひどすぎるよねぇ・・・。

この映画、リメイクしてもらって現代風で見てみたいような気がします。
そして今の時世の、子供を虐待している無責任な親に見てもらいたい!

なお、続編が2作出ていますが、そちらはひどい作品に仕上がっております。監督調子のっちゃったよってな具合です。なので、観る方は1作目で止めておきましょう!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング .

| ヒューマンドラマ | 23:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイオハザードⅢ

『バイオハザードⅢ』
 RESIDENT EVIL: EXTINCTION

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ラッセル・マルケイ
【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ/マイク・エップス/オデット・フェール/アリ・ラーター/スペンサー・ロック アリ・ラーター



【イントロダクション】  
T-ウィルスの影響で人類はアンデッドとなり、地上は砂漠と化していた。そんな中、世界を彷徨うアリスはウィルスの感染が及んでいない安息の地があることを知る。

【感想】
世界がゾンビに支配されていると、Ⅱから一気に展開が進んでおります。
アリスの強さも最強!なんだか超能力みたいなの使い出して、オリジナルのゲームの展開とはかなり遠ざかってしまいました(汗)

バイオハザードシリーズは、とにもかくにもミラ・ジョヴォヴィッチの美しさと強さを表に出し、ミラが売りって決めても過言ではないですよね。今回も今までにも増してミラの魅力ガッツリです。スタイルよくって綺麗なのに、めちゃんこ強いのなんのって。ミラのアクションにただただ魅力を感じますが、その分ホラーの怖さ要素は全くなくなってしまいました。
アリス

監督さんのミラへの情熱もわかりますが、一応ホラージャンルなのですから、もうちっとグロくて観客をドキドキさせる展開が欲しかったなぁ・・・。

↓唯一のグロか!?
バイオハザードⅢ お目目貫通

今回は、ゾンビの大群、カラスの大群と大迫力の悪役さん達です。
ゾンビ大群

カラスの大群のCGは圧巻です。チョンチョンくちばしで食べられちゃいます。なのに、ラスボス、タイラントがしょぼ&よわ!倒し方も、Ⅰの使い回しじゃぁないか!

シリーズ完結編という噂がありましたが、結局謎多く終わってしまいます。明らかに、次作へまっしぐらな展開なのですね。アリスが衛星指示により動かなくなる???えっアリスって人間じゃないの!?アラスカへ行った人たちはどうなったの?アリス's(←複数形がミソ)のこれからは?と、すっごく気にならしておいて終わっちまうのでい!チキショー、次作が気になるったりゃあらしない。

そういえば、『死霊のえじき』のパクリか!?っと思えるくらい展開は似てるんすなぁ。ゾンビの研究に手なずけようとしたり、ゾンビ大群に囲われたシーンなんてそのもの。監督ネタをパクッたでしょ!?

ま、色々ケチつけるとこはありますが、とにもかくにも、ミラの魅力とアクションシーンで満足感たっぷりな作品でした(爆)

P.S
ラスベガスでアリス達が襲われた、ゾンビの皆さんが同じ服でいるのですが、ゾンビにどうやって服着せたんだろうっと思うのは私だけでしょうか・・・。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
バイオハザード
バイオハザードⅡ アポカリプス
バイオハザードⅣ アフターライフ
バイオハザードⅤ リトリビューション

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 06:51 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

シン・シティー

『シン・シティー』

【製作年度】2005年
【製作国】アメリカ
【監督】ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー/クエンティン・タランティーノ
【出演】ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク/クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ/ベニチオ・デル・トロ/イライジャ・ウッド



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
<EPISODE 1>その屈強な肉体と醜い容姿から誰も近づこうとしない仮出所中のマーヴ。彼は、一夜の愛をくれた高級娼婦ゴールディを何者かに殺され、復讐に立ち上がる…。
<EPISODE 2>罪から逃れるため過去を捨て、昔の恋人ゲイルが仕切る娼婦街に身を潜めるドワイト。ある時、この街で警察官が殺されるトラブルが起こり、窮地に陥った娼婦たちを救うためドワイトは奔走する…。
<EPISODE 3>無実の罪で8年の獄中生活を送ったハーティガン刑事。出所後、かつて救い出した少女ナンシーの危機を知り、最後の戦いへと向かう…。

【感想】
映画館で観たのですが、ず~っと興奮しっぱなし!!!いや~、面白かった。白黒の映像に、赤1色だけの色味がエロッチックな感じで素敵!カッコイイィ~!

<EPISODE1>
3話の中で私が一番好きなエピソード。
大男マーブの娼婦への愛情が凄い。演ずるはミッキー・ローク、知る人ぞ知るネコパンチKO劇で、落ちるとこまで落ちた感じでしたが、久々復活良い役ですね。適役でした。マーブの強さは無敵です!

びっくり配役といえば、『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッドが、異常殺人者役に!殺した女性を食べたあげく、首を記念に展示。マーブからの殺されっぷりもかなりエグく、両手両足切断で、犬の餌です。

一夜の夢を見させてくれた女のために、命かけます!
復讐という愛
シン・シティー1

<EPISODE2>
娼婦ばかりの街、ルールを守れない物は容赦はしない。
お互い干渉しないという警察とのルールは、そのとき破られた・・・。

セクシーな中に、狂気で危険な香りが漂っています。女性の戦いっぷりがもの凄く、特にデヴォン青木演じる無表情殺人兵器ミホの日本刀の切れ味に感動です。

昔愛した女を守るために、命かけます!
守るという愛
シン・シティー2

<EPISODE3>
やられた (×_×)
何にかって?ジェシカ・アルバ綺麗すぎ、そして色っぽすぎ!『ダーク・エンジェル』のときも、確かに綺麗でしたが、この作品で一気に彼女の魅力爆発ですね。

老刑事演ずるブルース・ウィリスがこういう役が合うこと!
おじさんなのに、シブイ!シブスギル!!

ここでは、赤1色から黄色が頻繁に混じってきます。黄色は悪役の色。

自分を慕ってくれる女のために、命かけます!
決して叶わぬ愛
シン・シティー3

3作すべて、別のお話なのですが、最後には全てがリンクしてきます。女性を守る男という点でもつながっており、不器用な男の愛の形を見せてくれました。

世間の評価は賛否両論ですが、私にはドストライクな映画。グロシーン満載ですが、そういうシーンに抵抗ない人は、確実に楽しめます。何度見ても面白く、観れば観るほど良さが噛締めれる作品です。

続編期待していますよ~!!!

【満足度】
★5つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| SF、エイリアン | 00:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT