2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プラネット・テラー

『プラネット・テラー』
 PLANET TERROR

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ロバート・ロドリゲス
【出演】ローズ・マッゴーワン/フレディ・ロドリゲス/マイケル・ビーン/ジェフ・フェイヒー/ジョシュ・ブローリン/マーリー・シェルトン/ブルース・ウィリス



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
謎の化学兵器でゾンビと化した感染者が溢れかえる田舎町を舞台に、ゾンビに片脚を奪われたセクシー・ヒロインの怒りの“片脚マシンガン”が炸裂する近未来エロティック・バイオレンス・アクション・ホラー。

【感想】
60~70年代アメリカの低予算グラインドハウス映画をイメージした作品。当時は、B級映画を2、3本まとめて上映していたそうです。クエンティン・タランティーノ作、『デス・プルーフ』と同時上映で話題になった作品。

いきなり、画質もろワルの架空映画の予告から始まります。出だしから、怪しい予感。



予感的中!?
かなりぶっとびでイカレタ作品。ぐちょねちょゾンビだは、顔や体ぐちゃっとつぶれるは、血どろどろとゲロい映像満載てんこもり~♪戦いも銃連射に注射器攻撃、車でゾンビつぶしまくるわとやりたい放題。ロバート・ロドリゲスらしいおふざけ感覚な仕上がりになっています。

そのおふざけ展開も、嫌な感じではなく楽しめちゃうのが彼の作品の面白いところ。この映画は、なぁ~んにも考えないで、ドタバタ展開を楽しむこれに尽きます。矛盾点など多々ありますが、それを言うのはタブー。

ヒロインは片足マシンガンのローズ・マッゴーワン。
プラネット・テラー1

彼女もいいのですが、やっぱりお注射攻撃のマーリー・シェルトンがよかった!綺麗でスタイルもよく、もっと前に出してもらいたかった。もうちょっと女医姿(←ここ強調)見たかったなぁ~。
プラネット・テラー2

友情出演?なのかタランティーノもぶっとびな役でおふざけ参加しております?両目ぐっさり&股間ドロドロにとろける役ですよ(汗)その、両目ぐっさりシーンですが、片目の木の破片ぐっさりは『サンゲリア』、お注射ぶっすりは『ゾンゲリア』から取っているんですね。この辺の演出がホラーファンとしてはグッと来ました!

ブルース・ウィリスもこんな役引き受けちゃったてよかったのぉ~?でしたね。容姿はカッコイイのですが、ゾンビ(なのか?)になっちゃうところなんて、ぐちょぐちょの怪物じゃぁ~ないですか!?

エッチなシーンの途中で、第1巻紛失という展開になったりと、なんともグラインドハウスをイメージしすぎた!?面白い作品でした。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
デス・プルーフ
マチェーテ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 00:20 | comments:14 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

パッション

『パッション』

【製作年度】2004年
【製作国】アメリカ/イタリア
【監督】メル・ギブソン
【出演】ジム・カヴィーゼル/モニカ・ベルッチ/マヤ・モンゲルステルン/マヤ・モルゲンステルン/ロザリンダ・チェレンターノ/クラウディア・ジェリーニ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
イエスは十二使徒のひとりであるユダの裏切りによって捕らえられる。イエスを尋問した大司祭カイアファは、イエスが自らを救世主であり神の子と認めたとして激怒、神を冒涜したと宣告する。ローマ帝国総督ピラトのもとに身柄を移されたイエスは、そこでも揺るぎない姿勢をみせる。やがて荒れ狂う群衆に気圧され、ピラトはイエスを十字架の刑に処する判決を下す…。

【感想】
私は、宗教もキリストも全く興味が無い。
そして、イエスを神とあがめる理由も分らない。
しかし、この映画をみて、もしイエスがこの拷問に耐え抜いていたなら、
それはやはり“神の子”であったと、そう思います。

映画のほとんどは、見るに絶えがたいイエスへの拷問の数々。
肉片がとびちり肋骨が見えるほどの鞭打ちの刑がとめどなく続き、
鋭くとがった棘の冠をかぶせられ、
重い十字架を背負い、挙句の果てには、手足を釘打ち。
子供の頃から、知っている内容ですが、こうもまざまざと見せ付けられるとは・・・。
イエスは何故、ここまでされないといけなかったのでしょう・・・。

それを見つめる、母マリアの気持ちを思うと胸を締め付けられます。
息子がこんなにまでもぼろぼろにされて、何一つ助けてやれない気持ち。
どんなに、苦しかったでしょうか。

イエスが神の子と決定ずける一言。
「父よ、彼らをお許しください。自分が何をしているのか知らないのです。」
普通の人間がこれほどまで拷問を受けて言える言葉ではないですよね。
イエスを神と崇め、信じる人々の気持ちが少し分ります。

イエス拷問一色の映画で、見ていて目を覆いたくなるようなシーンばかり。
イエスをテーマにした映画はたくさんあるでしょうが、
これほどまで拷問をメインに持ってきた映画は無かったでしょう。
この映画を見て“ショック死”した人も居るとの事。
観終わっても、どんよりと暗い気持ちが残るだけ。
もう、2度と観たくない(観れない)映画です。

メル・ギブソンただものじゃぁないです。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| バイオレンス | 00:39 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ヒルズ・ハブ・アイズ2

『ヒルズ・ハブ・アイズ2』

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】マーティン・ワイズ
【出演】ジェシカ・ストループ/マイケル・マクミリアン/ダニエラ・アロンソ/リー・トンプソン・ヤング/フレックス・アレクサンダー/マイケル・ベイリー・スミス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
軍事目的で現地を調査に訪れていた科学者たちが謎の失踪を遂げる。砂漠地帯で訓練中だった新兵の一団は、行方不明の科学者のものと思われる電波をキャッチ、救出チームを結成して捜索を開始するが…。

【感想】
前作『ヒルズ・ハブ・アイズ』が面白かっただけに、期待感あふれて観たが、なんじゃこれ・・・。ヒルハブの名前をつけた、ありきたりなサバイバル映画じゃん。
アレクサンドル・アジャに謝れってんだい! ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

今回は州兵が前作の放射能汚染の奇形人の住む砂漠へという設定。人数が多いので、適当に戦って適当に死んでしまうだけです。前作は、旅行者VS奇形人の命をかけた戦いで、1つ1つの戦いや殺しが緊迫感あって、丁寧に描かれており、面白かったのですが、今作はど~でもいい場所でいきなり襲われたり、戦ったりと意味不明・・・。
いったい、製作者は何を描きたかったのだろうか???

炭鉱という暗闇の世界で話が進んでいくのだが、ホラーにもってこいのその暗闇も全く生かしきれてない!もっとドキドキ感、緊迫感を出してちょうだいよ~。ただ、グロイ映像見せればいいってもんじゃぁないでしょ!

展開のテキトーさにもあきれっぱなし。汚い簡易トイレの中から出てきた人間、今まで逃げれなかったのかい!助けてくれた?奇形人もなんだったか不明だし、彼がどうなったのかも不明。

そして、一番適当なのはエンディングですね。
思わず、な何よ?これで終わるの?って声に出しちゃいました。

1作目に比較し、今作の駄目さばかりが目立ちまくりです。
久々に、嫌気を覚えながら観た映画でした。

【満足度】
★2つ

【関連記事】
ヒルズ・ハブ・アイズ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング .

| サバイバルパニック | 06:56 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT