2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』
 DIARY OF THE DEAD

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョージ・A.ロメロ
【出演】ミシェル・モーガン/ジョシュア・クローズ/ショーン・ロバーツ/エイミー・ラロンド/ジョー・ディニコル/スコット・ウェントワース



【イントロダクション】
ある年の10月、山奥で映画を撮影している若者の一団がいた。大学の映画学科の卒業制作としてホラー映画を作っていたのだ。そこにラジオから衝撃のニュースが流れてきた。「世界各地で死者が蘇っています…」 生き残り、この惨事を後世に伝えることを使命とした学生グループ。ビデオカメラで全てを撮影しながら、非情な運命に立ち向かうのだった…。

【感想】
前作『ランド・オブ・ザ・デッド』で万人受けするエンターテイメントゾンビ映画を作った、ロメロ御大だが納得がいかなかった。メジャースタジオで作られた前作と相反して、インディーズとして自分の撮りたいゾンビ映画で出直したのが今回の作品。

なんと言っても注目すべき点は、体験型ムービーとしてお馴染みのPOV技法を作った当事者感覚で観れる映画になっております。御大、ちゃんと流行にも敏感じゃないですか!?でも安心してください、『クローバーフィールド』みたいな手ぶれは全くなく、POVってことを忘れるくらいのレベルのもの。

この作品、
メディア、インターネットなどに振り回される現代社会への痛烈な批判
が前提にあります。

アパートから担架で運ばれる死体がいきなり蘇り、救急隊やTVレポーターに襲いかかる。ネット上で流された衝撃映像は、あっという間にテレビ局で編集され、「警察によって事態は鎮静化された」と嘘の報道にもみ消されるのですが、一方でYouTubeには現実の世界をとらえた衝撃的映像が次々にアップされアクセス数はすごい勢いで伸びていくのです。

『Dead of the Dead』というドキュメンタリー映画を完成させようとする学生は、この状況でもカメラを手放さない。彼は「この映像を後世に残せば、世界を救うことになる。」と信じ、インターネット上に自分が撮影した映像をアップロードし、誰しもが見ることができるようにします。

もちろん、友人がゾンビに襲われていても、助けることなくお構い無しにカメラを回すんですなぁ。その姿は、現代社会の困った人を何食わぬ顔して傍観または楽しんでいる人間を表現しているかのよう。

う~ん、今回は今までのロメロ監督のゾンビ映画とはかなり志向が変わりましたね。なんとも独特の世界観です。ゾンビを使うことによって、世の中を批判する基本思想は変わっていないのですが、今回は難しい。単なる娯楽ゾンビとは違います。しかも、今までになかった続編を匂わす最後。

ゾンビもあんまり登場しないです。グロシーンも控えめ。ゾンビファンとしては、ちょっぴり物足りない作品になっているのではないでしょうか。

とはいっても、↓ は、感動&衝撃の映像でした。
ダイアリー・オブ・ザ・デッド

この映画豪華メンバーがカメオ出演しておりますので注目!
小説家スティーヴン・キングをはじめ、奇才監督クエンティン・タランティーノ、天才特殊メークアップ・アーティストのトム・サヴィーニ。『ショーン・オブ・ザ・デッド』の主演俳優サイモン・ペッグなどなど。ロメロ監督自らも警察署長役として出演していますのでお見逃しなく!

日本公開前につき、アメリカでDVD購入して観たのですが、英語厳しかった(×_×)

【満足度】
★3つ

【関連記事】
サバイバル・オブ・ザ・デッド

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| ゾンビ | 20:57 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ボストン、バッファロー訪問記

ボストンはめっちゃいいところでした~。建物もヨーロッパ調でほのぼのしていて良い!
もし、アメリカに住むならボストンがいいなっと思える街でした。
デトロイトに帰る途中バッファローにもよりました。
ナイアガラの滝徒歩3分のホテルでした!

はい、いっちょ写真日記です。

BOSTON1
BOSTONといえば、RED SOX。ワールドシリーズまで行けないで残念ですね。
『ライフ・イズ・ベースボール』という映画があります。RED SOXに人生を掛けた男の物語。

BOSTON2
『若草物語』のルイザ・メイ・オルコットが住んでいた家オーチャードハウスです。
今は、観光地となっており中に入れます。

BOSTON4
途中、綺麗な建物があったので写真撮ってみました。有名な建物かしら?

BOSTON3
BOSTONといえば、シーフード。リーガルシーフードというお店にいきました。
クラムチャウダーとロブスターを頂きました!うまかった!

ナイアガラ昼
ナイアガラの滝です。いや~、凄い迫力でした!圧巻です。
こんなところに巻き込まれたら即死だな(爆)

ナイアガラ夜
夜の顔。神秘的ですねぇ。
『ナイアガラ』といえば、マリリンモンローが主演の映画がありますね。

これで、ひとまず今回のアメリカ出張の3大都市訪問記は終わりです~。
でも、最後に番外編ってのも写真記事にしますので、お楽しみにぃ~。

| 旅行記 | 06:29 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイオハザード

『バイオハザード』
 RESIDENT EVIL

【製作年度】2001年
【製作国】アメリカ
【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ/ミシェル・ロドリゲス/エリック・メビウス/ジェームズ・ビュアフォイ/コリン・サーモン



【イントロダクション】 
研究中のウィルスが何者かによって施設内に散布されてしまう。コンピュータは施設外への伝染を防ぐため施設を完全閉鎖し外部との接触を遮断。調査のため送り込まれた特殊部隊は、倒れていたアリスを発見するが、彼女は記憶を失っていた。一同は彼女を帯同し侵入するのだったが、そこには予想を超える光景が…。

【感想】
この映画を観て、ミラ・ジョヴォヴィッチをファンになった人は多いのでは。私もミラの魅力の虜になった一人です。DVDの特典映像でもミラの魅力が伝えられており、かぶりついて観ました。(笑)大のゲーム好きだった彼女は当時13歳の弟がゲームのバイオハザードがファンだったということから出演を決めたらしいです。

カプコンの人気ゲームの映画化ですが、決まってこの手のものは駄作が多いのですが、この作品はよい出来でありました。ゲームの要素とオリジナルの要素をうまく融合しています。綺麗なミラの華麗なアクションも華を添えております。

ゾンビ映画としてもちゃんと成り立っていますし、ゲームをやっていない人でもちゃんと分って楽しめる内容ですね。ま、ゲームをやっている人の方が、もっと面白さが伝わって来ると思いますが。(私は、ゲームをやっていた人)

女性の強さが前面にでた映画。アリスのアクションもすごいですが、アンブレラ社の特殊部隊の女隊員も強かった。なんとゾンビに噛まれた回数が4回!もぅ姉御~って呼ばさせていただきます!
ロドリゲス

反して、男性陣は全く頼りにならんかったですね。活躍すると思わせて期待を裏切る部隊長なんて、あっけなくサイコロころころ・・・。

さて、モンスターもゲームに忠実で結構グロく作られていました。ラスボスなんて、どうやって倒すんだ~!?って思っていましたら、なんともお茶目な殺し方。
バイオハザード モンスター1
バイオハザード モンスター2

エンディングも意味ありげで、とっても気になる終わ方をします。

いや~、しかしミラのおみ足には感動しました。
実はそっちばっかり気になって(爆)

【満足度】
★4つ

【関連記事】
バイオハザードⅡ アポカリプス
バイオハザードⅢ
バイオハザードⅣ アフターライフ
バイオハザードⅤ リトリビューション

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 20:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。