2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セブンス・コンチネント

『セブンス・コンチネント』
 THE SEVENTH CONTINENT

【製作年度】1989年
【製作国】オーストリア
【監督】ミヒャエル・ハネケ
【出演】ビルギット・ドル/ディーター・ベルナー/ウド・ザメル/ゲオルク・フリードリヒ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
オーストラリアへの移住を希望する一家の3年間を追った絶望の物語。“一家心中”という破滅へ向かう家族を淡々と、ハネケ独特の色彩で描き出す。

【感想】 
観客が不快に思えば思うほど、喜びを感じる変態ハネケの処女作品。私にとっては、ハネケ作品2作目の出会いでしたが、初心者が手を出す内容ではなかった。

心中をした一家が、死ぬ前に全ての持ち物を破壊したという記事から作られた映画とのことですが、重い、重すぎる・・・。つか、これでデビュー作かよ。この監督の頭の中はどうなってるんだよ・・・。

私は、映画というものはわくわくさせたり感動したりドキドキさせてくれる娯楽なものとしか捉えていない。映画というものに精通している人からすると、この作品すばらしいといわれるかもしれない。しかし、私には苦痛としか言いようがなかった・・・。

冒頭いきなり、洗車機で洗われている車の中からの視点で始まります。そして、しばらく登場人物の顔を見せない映像が続きます。この撮影法にいきなり不快感を覚えました。

1年目2年目3年目と淡々と映し出される一家の生活風景。洗車機、子供を起こす、魚に餌をやる、コーンフレークを食べる・・・とただただ同じ場面が繰り返し。一見変わらない生活風景ですが、唯一つ変わったもの、それは“家族の死への希望”です。

なぜ死を選ぶのかはこの映画では全く説明されておりません。むしろ、そんなことを説明する必要はないとでも言いたげに、お構い無しに死への準備をする一家の様子が描かれています。

ただ、許せないのは娘までなぜ死なないといけなかったのでしょうか?大好きな熱帯魚が父親に壊されたときの娘のあの反応。彼女の生へのこだわりを私は感じたのです。彼女はどう思って死ぬ準備をしていったのでしょう。死ぬ間際にTVを見たがった理由は・・・。きっと自分の意見などはなくただ親と同じ道を選んだだけなのでしょう。

死ぬと決めた親に素直に従い、一番最初に死なないといけなかった彼女、両親への怒りを覚えました。なぜ、母親は死んだ娘をみて泣いたのでしょうか・・・。理不尽でなりません。

ラストシーンは、もぅ嫌になるくらい延々と家財の破壊が続きます。
破壊ばかりの映像を数十分見せ続けられるのです。もう頭がおかしくなりそうです。家財を破壊しきった一家はお金まで破きトイレに流していきます。私は観てられなかったので、早送りしてしまいました。

題名のセブンス・コンチネントは7番目の大陸という意味ですが、世界は6つの大陸しかありません。そう、一家の希望はオーストラリアではなく“死の世界”だったのです。途中一家の望む?7番目の世界と思われる風景が挟まれますが、そこはとても穏やか。

とても苦痛な時間でしたが、ハネケの作品は見続けてみようかと思います。こんな苦痛な思いしてなぜ映画を観ないといけないのでしょう?でもやっぱりこの監督の作品は気になります。完全にハネケの思う壺ですね・・・・・・。

【満足度】
★2つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| ヒューマンドラマ | 15:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パルス2

『パルス2』
 PULSE2

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョエル・ソワソン
【出演】ジェイミー・バンバー/ジョージナ・ライランス/カーリー・スコット・コリンズ/ボティ・ブリス/ジョエル・ソアソン



【イントロダクション】
急に姿の見えなくなったジャスティンをずっと探していたミシェルは、元夫が娘を連れ去るのを目撃。もともと、自分を捨てて浮気相手と駆け落ちしたことを恨んでいたミシェルは、ジャスティンを取り返すためにスティーヴンへの復讐を誓う。だがこの時、ミシェルは自分がすでに死んでいることに気づいていなかった・・・。

【感想】
黒沢清監督作『回路』をリメイクした『パルス』の続編。
アメリカ出張で買ってきたDVDの一つです。なので英語で閲覧・・・(汗)

前作では、携帯電話やネットを介して移動できる幽霊が世界にはびこって人間を死にいたらすというところで終わりましたが、一応その流れは引き継いでいます。しかし、その流れだけを利用した全く別物のストーリーといっていいでしょう。

人間の父親と自分が幽霊になったことを気づいていない母親による、娘の取り合いというのがメインストーリーになります。なのでこの家族を中心に展開されるので、前作と違って小さい範囲での出来事。

しかし、全然こわくねぇ~。1作目も怖くなかったですが、それに増してしょぼいです。残像っぽい人間のままの幽霊が出るだけだけですもん。ジャケット写真だけ妙に怖いですが偽りありですな。ちょっとホラー映画としての完成度が低すぎます。

また、低予算のためか分からないのですが、背景の埋め込み映像が多いです。昔子供のころに良く見た2重写しを思い出しましたねぇ。ちょっと安っぽい・・・。そのためか、撮影期間も短期間だったとの事です。DVD発売だからって、完全に手抜き仕事すぎない?

よめよめのラストに、臭い家族愛などを中途半端に織り交ぜて、最後まで面白みが感じられない。観た時間かえせ~って感じでしょうか。

冒頭と途中に赤い服を全身に身にまとった男が登場するのですが、結局誰だか全く分からず終わります。ネットで調べると、同時に撮影されたらしい第3弾がアメリカでは12月発売らしいです。もう見ないなぁ・・・。

DVDにはカットシーンも収録されております。いつもならお見逃しなくぅ!っと言うと事ですが、これもどうでもよい・・・(爆)

【満足度】
★2つ

【関連記事】
パルス
回路

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| 幽霊、怨念 | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レッドクリフ Part1

『レッドクリフ Part1』
 RED CLIFF Part1

【製作年度】2008年
【製作国】中国/香港/日本
【監督】ジョン・ウー
【出演】トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー



【イントロダクション】
はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明と周瑜はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだった…。

【感想】 
感激ィ~!!!

私は、三国志大好き人間。
横山光輝の漫画に初め、NHK人形劇、小説、DVD、ゲームと三国志に関係するものは一通り見てきました。なんたって、男のロマンじゃぁ~ないですか!

今まで、いつかこういう本格的なの三国志映画を作ってくれないかなぁって思っていたのですが、現実に!それも予想以上の超大作じゃぁないですか。“制作費100億”でしょ?

ストーリーは歴史上のものなので説明する必要性ないと思いますので、映画での登場人物の感想を書きたいと思います!

[劉備]
結構間抜けに描かれてるのね。でもこの人を慕って集まった仲間がどれほど居たか。人徳にじみ出てましたが、もう少しオーラを出してあげてもよかったんじゃ・・・。

[孔明]
金城武でしたが、意外にも適役でした。この人はどんな役でもこなしちゃうんですね。冷静かつ、ニヤって笑ったりするところがニクイ!Part2では、大活躍するはずですから引き続き演技に期待です。

[趙雲]
きゃ~、いきなり阿斗救出劇かっちょえぇ~。でも結構美男子を予想してましたが、少し期待はずれではありました。その分マイナスにしてもシブイ!しかし、この時助けた阿斗が蜀を滅ぼすとは夢にも思わなかったでしょう・・・。なんでも阿斗から阿呆ができたという噂も。

[関羽]
豪傑ここにあり!自慢のお髭も抱えて、イメージどおりだったなぁ。強いのなんのって。冒頭の長坂の戦いで、曹操軍に1人取り残されたが、劉備軍の旗を奪い去っていくシーンは見事!しかし、自分の刀投げすぎじゃない?

[張飛]
ちゃんと、お笑いキャラとしても確立されていました!でも強い。武器を持たずに突進はやりすぎじゃない?ボテボテ走ってましたね。大酒飲みってところが描かれても良かったかな。

[孫権]
偉大なる父兄の存在の重圧、蜀につくか魏につくかの決断の苦悩が痛いほど伝わりましたね。でも、教えてあげたい、孫家3君主のなかであなたが一番偉大だったんですよ!って。

[周瑜]
トニー・レオンが演じていましたが、はっきりいって最初見たとき、合わないって感じました。もっと美男子だろ!ってね。でも映画を見ていくと彼の演技にどんどん引き込まれ、最後には彼だからこそ演じきれたっと思えるくらい。

[小喬]
いやぁ~、色っぽい!綺麗な人使いましたね。こりゃ~お姉さんの大喬も見てみたい。出てこないかな?

[尚香]
ヴィッキー・チャオ結構ファンなんですよ。なので出てきてとてもうれしかった。役柄も強い女でしたがとっても合っていましたね。この映画で、尚香の株が上がっちゃっいました。Part2では、劉備との恋がどう描かれるかが見もの。

[甘興]
誰だ!?甘寧なのか?って思いながらみましたが、後でネットで調べるとやはり架空人物みたいですね。モデルは甘寧。架空人物を入れたということは、Part2では死にキャラ?やっぱりお涙頂戴的な部分も必要ですから。つか、なんで中村獅童じゃい!

[曹操]
一番イメージ違った。もっとかっちょえぇ~はずでしょ!あれじゃぁただの悪役エロオヤジじゃないか。これは曹操に対して失礼だなぁ。Part2ではもうちょっとかっちょいいところを見せてください!

[甄姫]
私の中では、とっても綺麗なイメージだったのですが映画では小喬の圧勝。曹操から小喬の代役にさせられているところがかわいそうですね。この人も映画では架空ですね。たしか、曹操じゃなくて曹否の奥さんだもんね。

以上、登場人物の感想ですが、一言!
魏の武将がしょぼすぎる。夏侯惇、張遼、許チョ(←漢字が出ない)とかはどうしたの?映画的にも、趙雲や関羽と互角に戦える武将が居ないとつまらないでしょうに。曹操の扱いといい、魏が好きな私としてはそこだけが不満かな。

でも、三国志が映像化されただけで私にとっては大満足なのです!間違いなく満点!
赤壁の戦いだけじゃなく、曹操主役で官渡の戦い、赤壁では味方同士だった蜀VS呉の夷陵の戦い、孔明VS司馬懿の知略合戦の五丈原の戦いなんてのも映画化されたらサイコーなのになぁ。

【満足度】
★5つ

【関連記事】
レッドクリフ Part2

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| こわくない映画 | 00:23 | comments:9 | trackbacks:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT