2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食人族

『食人族』
 CANNIBAL HOLOCAUST

【製作年度】1979年
【製作国】イタリア
【監督】ルッジェロ・デオダード
【主演】ルカ・バーバレスキー/ロバート・カーマン

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
グリーン・インフェルノと呼ばれるアマゾンの秘境に出かけたレポーター一行が失踪。発見されたフィルムには彼らが食人族と出会い、やがて喰い殺されるまでが写っていた。

【感想】 ネタバレ
今年最後の映画レビューですが、こんな映画を選んですみまそん・・・。
でもこれ、すごい映画なんです!

ホラー映画はどれだけ観てきたか分からない私ですが、これを観たときは度肝を抜かれました。見終わった後の、気分の悪さは凄いものが。CGも使えないこの時代の作品なのに、リアルなのです・・・。

それもそのはず、最近では『クローバーフィールド』『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』などに代表される、“POV(Point of View Shot)”という、いわゆるカメラの視線と登場人物の視線を一致させるようなカメラワークの手法りますが、皆さんPOVの原点は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と思っていませんでした?実は、原点は『食人族』なのだ!

70年代の人々にとって、POVなんて知る由もない。16ミリカメラで撮影されている上、ドキュメンタリーとして宣伝されていたので、当時の人々は真実の映像としてとらえられたのです。インターネットなどない時代、残酷映像なんてものに耐性がない人々が映画館で観たと思うだけで、ゾォ~ッ。 Σ( ̄ロ ̄lll)

CGが盛んな今みても非常にリアルです。特に私が一番気分を害したところは、亀の解剖ですが、なんでも本物を使用しているらしい・・・。本国イタリアでは、動物愛護団体からのクレームにより、上映禁止まで食らっているのです。ちなみに、監督談ですと解剖した亀は、おいしくいただいたとのこと・・・(爆)

ジャケット写真にも出てくる、代表的な女性が串刺しにされている映像がありますが、あまりのリアルさに当時は本物と信じて疑わない人が多発したとのこと。しかし、現実は自転車のサドルに腰かけた女性に発砲スチロールの木をくわえさせただけらしい。ネタをばらせばなんでもないんです。
食人族1
食人族2

気分を害した理由として、リアルなグロ映像を挙げましたが、一番の理由は撮影しているレポーターの残虐さ。撮影にリアリティーを出すため嘘の演出を入れるのです。民族同士の戦いと見せかけ民族が居る家を焼き払い嘘の戦いを作る、妊娠中の女性の子宮を切り取ることを強制に実行させる、老婆をワニの餌にする、しまいには民族の女性を強姦し木で串刺しにしてしまうのである。それを楽しんで撮影している。これには、気分を害さずには居られないです。挙句の果てには、仲間が食人族に捕らわれ、喰われる様子もしっかり撮影・・・。

どうです?読んだだけでも胸糞悪くなりません?
これをリアルな映像で流し続けるのでたまったもんじゃなありません。ジャングルに住んでいる民族と現代人のどっちが野蛮かはっきりしますね。

冒頭にも言いましたが、とにかく凄い映画です。
70年代に、観た人を信じ込ませ、グロ映像が一切作り物と見えないのです。ある意味、この監督は天才。その才能は、悲しいかなジャンルがジャンルだけに当時、認められていなかったのは事実。

ちなみに銃殺刑のフィルムが上映されるのですが、映画の中ではニセモノ映像として説明されてますが、実は本物の映像らしいです。ニセモノ映画自体を本物ドキュメンタリーとし、本物の処刑シーンをニセモノ映像として紹介するあたりが、この監督の奇才さ(裏を返せば悪趣味さ)が伺えます。

この映画、ホラーやグロや残虐映像に耐性がかなりある人以外は、手を出してはいけません。下手な、現代のグロ映画よりよっぽど気持ち悪いですから。その代わり、ホラーファンでグロシーンなんて問題ないという人なら、是非押さえておきたい映画です。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| サバイバルパニック | 00:02 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

CURE

『CURE』

【製作年度】1997年
【製作国】日本
【監督】黒沢清
【出演】役所広司/萩原聖人/うじきつよし/中川安奈/洞口依子/戸田昌宏



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
奇妙な殺人事件が立て続けに発生していた。それぞれの事件の犯人につながりはないが、犠牲者の首から胸にかけてがX字型に切り裂かれていること、いずれの加害者も事件直後に犯行現場付近で逮捕されること、そして犯行の直前まで犯人に明確な殺意がなかったことが共通していた。やがて、一連の事件に関連のある人物として記憶喪失の放浪者、間宮が浮かび上がる。

【感想】 ネタバレ
やっぱり日本のこういった映画は怖いねぇ~。精神的に来ます。
そして、この映画黒沢清作品の中でも3本の指に入るくらいの出来ではないでしょうか?

とにかく、俳優人の演技がすばらしい!
役所広司はもちろんですが、萩原聖人の人を馬鹿にしたような精神患者の役が見事です。観る前は、全然期待していなかったのですが、はまり役でしたね。最後は、彼の存在がとっても怖く、下手な幽霊よりも怖いですよ。

『リング』でもそうですが、“催眠実験”の古い映像。この作品にも出てきますがとても不気味です。画質が悪い白黒映像に写っている人物、実験をしている様子は、怖いとしかいえません。こういった映像の見せ方は日本映画ならではですね。

“ラストシーンの意味”あなたはどうとらえました?
一般的な考え方は、役所広司が萩原聖人から力を伝道師として受け継いだというところでしょうか?やっぱりその線が妥当ですね。

でも、ネットを調べていると、意外性で面白くなるほど!って思わせた意見があったので、以下ちょっと紹介します。

荻原聖人のもとを訪れて、彼の術中にはまって自分の夫婦生活のことを激しく愚痴り始めてしまうあたりから、役所広司はすでに催眠にかかっていた。

妻が寝ているところへ包丁を持って行ったとき、彼はやはり妻を殺していた。それ以降の妻とのやりとりは、彼の“妄想”。そして、うじきつよしを殺したのも、役所広司です。彼自身、精神病棟に入れられており、ずっと妄想をしていたと。最後の萩原聖人とのやりとりもレストランのシーンも。

ということになれば、いろいろ不可解な件も解決します。
うじきつよしの死亡ですが、自殺なら片方の腕をつながれていたところに違和感がありますが、殺されたとしたら納得できます。妻がのどもを引き裂かれて死んでいる映像が一瞬流れますが、これもすでに殺されていたと考えれば納得。そして、萩原聖人が隔離病棟から逃げれたのも、役所が逃がしたとなると納得できます。

最後の、萩原聖人とのやりとりのシーンも不思議な場所でした。観ていてどこだ?っと思いませんでしたか?これも役所の妄想という意見です。

と言うように、最後のレストランシーンを観せられただけで、妙にすっきりしない終わり方になってしまい観た人を悩ませることに。でもそのおかげで、ネットなどで調べると様々な意見が聞けて、ある意味面白いですね。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| サスペンス、ミステリー | 01:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴースト・シップ

『ゴーストシップ』
 GHOST SHIP

【製作年度】2002年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブ・ベック
【出演】ガブリエル・バーン/ジュリアナ・マーグリーズ/デスモンド・ハリントン/ジュリアナ・マーグリーズ/ロン・エルダート/イザイア・ワシントン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
イタリアが誇る豪華客船アントニア・グレーザー号は、大西洋を航行中に突如消息を絶った。およそ40年後、謎の船が発見される。調査に向かった“アークティック・ウォリアー”のクルーたちは、この船が40年間消息不明となっていたアントニア・グレーザー号であることを知る。無人の船内で大量の金塊を発見し、クルーたちは大喜びするのだったが…。

【感想】
冒頭シーンが、いきなりすごい!
パーティー中、1本のワイヤーが切れて人々の体を刻んでいきます。数百人居る人々が体や顔などをチョッキンですから、度肝を抜かれます。こんだけすごいシーンを頭に持ってきたしまったのは、失敗でしたかね。期待しすぎてしまい、肝心な内容はイマイチ。

ストーリーは、いたってシンプルなゴシックホラー。40年前に失踪した豪華客船にお宝目当てで発掘隊が一人また一人と犠牲になっていく。その真相は?っという感じで、昔ながらのホラー映画に見られた展開です。

しかし、結末がいかん。なんで“サタン”やねん!一気にオカルトに走ってしまいましたね。最初がよかっただけに、もっといい結末がなかったんでしょうか・・・。回想シーンで、乗船した人が次々と殺されていくシーンも、見事だったのに。すべてこのサタン結末で台無しです。

ただ、船の見せ方は綺麗でしたね。当時の様子もそうですが、ゴーストシップとして漂っている様子や、長年放置されている船の中までよく雰囲気が出ていたと思います。なぞの少女幽霊もかわいくてよかったですしね。それだけに、サタンで落とすのはもったいなかった・・・。

監督は『13ゴースト』と同一人物ですが、こちらは結構面白かった映画でした。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| 幽霊、怨念 | 21:21 | comments:16 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。