2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サイレントヒル

『サイレントヒル』
 SILENT HILL

【製作年度】2006年
【製作国】アメリカ
【監督】クリストフ・ガンズ
【出演】ラダ・ミッチェル/ローリー・ホールデン/ショーン・ビーン/デボラ・カーラ・アンガー/キム・コーツ/ターニャ・アレン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ローズは娘シャロンが悪夢にうなされて叫ぶ「サイレントヒル」という言葉の謎を解くためシャロンを連れて、実在の街サイレントヒルを訪ねる。そこは、一度足を踏み入れたら抜け出すことのできない迷宮だった。

【感想】
コナミのゲームの映画化ですが、まずはゲームの感想を先に述べておきましょう。ゲームのサイレントヒルは一通りやりましたが、めちゃくちゃ怖いんです。バイオハザードも怖いのですが、サイレントヒルの怖さは異常。

まず、出てくる敵が意味が分からない(三角頭やベットと同化した怪物など)。わけが分からないものに襲われほど恐怖はありません。そして、最大の恐怖は暗さです。ゲームなのに真っ暗なシーンが多くてまったく先が見えない。途中で何度も進むのを放棄したかった。ゲームをやっている時、夜寝ていて夢でうなされて叫んで起きてしまったことも数回ありました。

これほどまでに怖いゲームの実写版というこしたが、期待半分で観ました。率直な感想は予想以上に出来がよかった。ゲームに忠実に作られていますが、知らない人も十分楽しめて怖いサイレントヒルが見れました。

ストーリーは、魔女、信仰がテーマ。村人はひどいよねぇ。ありゃ~、うらまれてもしょうがないでしょう。生きたまま火あぶりなんて残酷すぎる・・・。自分たちの都合のいいようにしか解釈しない信仰心の身勝手さ、怖さが分かりますね。

“サイレン”が鳴った瞬間の絶望感が見事でCG効果出ていました。ざわざわっと一気に闇の世界に変わる様は見事でした。クリーチャーもリアルで怖かったですね。ま、お馴染みの三角頭は浮いていましたが、あれはゲームでも浮いているキャラなのでそれが正解!そして、サイレントヒルもう一つのお馴染みキャラ恐怖のナースもちゃんと登場。やっぱり動きが気持ち悪い・・・。

もしこの映画を心底から楽しむには、やっぱりゲームをやるしかないのですが、知らない人も十分楽しめるので、お勧めの映画です。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
サイレントヒル:リべレーション

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| カルト、悪霊 | 03:36 | comments:27 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

REC

『REC』

【製作年度】2007年
【製作国】スペイン
【監督】ジャウマ・バラゲロ
【出演】マヌエラ・ベラスコ/フェラン・テラッサ/ホルヘ・ヤマン・セラーノ/カルロス・ラサルテ/パブロ・ロッソ/マニュエラ・ヴァラスコ



【イントロダクション】  by Amazon.co.jp
女性記者・アンヘラはカメラマンと消防隊の密着取材をしていた。叫び声を聞いたという通報を受けて現場に急行すると、そこでは謎の病原菌の感染が広がっていて、アンヘラたちは隔離されてしまう。

【感想】
久々面白いホラー!
怖いし、緊張感あるし、レポーターのアンヘラちゃんがかわいいし♪(←関係ない)。最近はヨーロッパホラーはレベルが高いですねぇ。リメイクばかりのハリウッドホラーもうちっと見習って欲しいものです。

近頃のホラー映画は、規模(行動範囲)が大き過ぎて、スケールは大きいですが恐怖や緊迫感が足らんのです。やっぱり、家などの狭い範囲で繰り広げられる、得体の知れないものが襲ってくる恐怖ってのは、ホラーの基本でもあり王道なんですよね。昔の名作『ナイト・オブ・ザ・リビング・デット』『死霊のはらわた』などからも分かります。
REC-1

『REC』の舞台も決して広くないアパート。観る人が、行動範囲や登場人物を早いうちに把握しきれます。鍵を探すのは4階だとか言ったときに、「え~、またあの上まで登るの~」って、その絶望感を観ているこちら側も共感できるから面白いし怖さが伝わります。

撮影手法は今ホラー界で少しはやりの、POV(Point of View Shot)。いわゆるカメラの視線と登場人物の視線を一致させるようなカメラワークの手法。『グローバーフィールド』なんかの、本当にこの手法で撮影する必要あったの?的な疑問を全く抱かされることは全く無く、完全に映画の質を上げる有効な技術でしたね。

たたずむ感染者が、カメラからの映像でぼんやり見えづらく映っていたり、逃げるときや襲われているときカメラのぶれの合間に一瞬映る感染者の映像が恐怖とリアルさを生み出します。

闇をうまく使いこなしているところも良かった。
電気が切れることによる闇を効果的に使い、
暗視装置を通すことでしか見ることができない = 命づなはカメラだけ
に持っていったところなんかはお見事!グロイ映像一つもなしで、これだけの怖さと緊張感を出しているのですから素晴らしいです。
REC-2

続編やリメイクを作って欲しくないなっと思っていたら、早速アメリカでリメイクされているみたいですね。しかも、我がアイドル(???)アンヘラちゃん役は、なぜか『エミリー・ローズ』のローラ・リニーですよ・・・。あの顔長の。なんでやねん!!!

謎だらけで意味不明のまま終わりましたが、それがまた良し。

【満足度】
★4つ

【関連記事】
REC2
REC3
REC4 ワールドエンド

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 22:19 | comments:15 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

回路

『回路』

【製作年度】2000年
【製作国】日本
【監督】黒沢清
【出演】加藤晴彦/麻生久美子/小雪/有坂来瞳/松尾政寿/武田真治



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
人暮しで平凡なOL生活を送るミチ。ある日、ミチの同僚が自殺。勤め先の社長は失踪。次々に友達が、家族が消えていく。一方、大学生活を送る亮介にはインターネットを介して奇妙な現象が起き始める。 胸騒ぎを感じた亮介は、同じ大学で奇妙なインターネット・サイトを研究している春江に相談を持ちかけるが…。

【感想】
私は、先にリメイク版の『パルス』を観てから、原作の『回路』を観ました。リメイク版は話が分かりやすく仕上げているのに対して、オリジナルはなんだかちんぷんかんぷん・・・。

ストーリーですが、唐突に展開が進みすぎて話がいきなり大きくなったりで、分かりづらい。この監督は大体こういった分かりにくいお話を考えるのが好きですが、特にこの作品はちょっと強引すぎる話の持って行きかたもプラスされて余計に分かりづらい。こういう、分かりにくすぎるというところで、どうも私は黒沢映画があまり好きになれません。

しかし、加藤晴彦は俳優に向いていないねぇ。チャライ男の役には向いていますが、なんか演じている姿自体しっくりこなくないですか?ほぼ主役級の役なのに輝きがないというか。相手役が、今は大女優の小雪ですから、余計に差があり合わないですね(汗)

とにもかくにも、画面が暗かった!そして湿っぽい!
日本独特のホラーの見せ方なんでしょうが、あまりにも暗くて、内容が見えない!(昼間観たのもあるでしょうが) あまりにも暗くしすぎると逆効果じゃぁないですかねぇ?
怖さも、あんまり無かったかな?

どっちもどっちだったのですが、リメイク版の方がやっぱり分かりやすくてよかったかな。たぶん、先に『回路』を観ていたら、逆の意見になっていたかもしれませんが。

【満足度】
★2つ

【関連記事】
パルス

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキング

| 幽霊、怨念 | 17:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT