2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

片腕マシンガール

『片腕マシンガール』
 THE MACHINE GIRL

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ/日本
【監督】井口昇
【出演】八代みなせ/亜紗美/島津健太郎/穂花/西原信裕



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
両親が殺人容疑を掛けられ自殺してしまった女子高生アミは、弟のユウと2人で支え合い穏やかな日々を送っていた。ある日、ユウがイジメに遭い死んでしまう。警察はユウの自殺と断定、納得いかないアミは、服部半蔵の血を受け継ぐヤクザの息子、翔が主犯であることを突き止める。アミは弟の仇討ちを誓うが、逆に翔の両親に捕まってしまい、拷問の末に片腕を失ってしまう…。

【感想】
この映画、お馬鹿ですよ。
この映画、ど変態ですよ。
この映画、お遊びですよ。

まぁ、まじめに観る映画ではないですね。気軽にバカバカしさを楽しむ娯楽作品。
『プラネット・テラー』とマシンガン装着がかぶりますが、どっちが先だろうか???

アメリカで日本のアクション映画の輸入を手掛けてきたビデオメーカーメディアブラスターズが、自ら製作したB級アクション作品ですが、監督が奇才(ド変態?)の井口監督なので、エンターテイメントとして、とことん“グロさ”を追求した、マニア生唾ものの仕上がり。逆に言えば、マニア以外の方には、絶対に耐え難いであろう、ストーリーとグロさと低予算さでしょう。

そんなわけですから私もお気楽に観ました。妻と(爆)
映画みながら、二人で突っ込み満載でしたね。何でやねん!ってね。

お馬鹿加減はというと、手にマシンガンはめたと思えば、最後はチェーンソーはめるは、手をてんぷら揚げするわ、鋼鉄のドリルブラでおっぱい攻撃だわ、包丁で刺したら口からいろんなもの出てくるわ、指がねたのお寿司をこりって食べるわ、ジャージ姿の中学生忍者隊に、遺族戦隊ときてます。そして、人がざくざくに切れるわ、穴が開くわ、血がドバーだわと、なんだか書いていて頭がイカレそう \(◎∠◎)/

なんといっても、低予算さもこの作品を逆に盛り上げています。残酷シーンは、バレバレの人形にすぐに切り替わりますし、チェーンソーで体真っ二つ縦割りなんかは、まだチェーンソーが届いていないところまで、先に切れていたりします(爆)

主人公の女性八代みなせは、パチンコ大海物語の3代目ミスマリンちゃんだとか。かわいいのかそうでもないのかがイマイチ判断がつきづらい娘で、セリフ読むのがド下手。まぁ、チープさが出てこの映画には逆にそれがいいのかもしれませんが。

ということで、B級のグロ好きでお馬鹿な映画が好きな人限定でお勧めです!そして、開き直って観てください(笑)

この映画アメリカ人には受け入れられたのでしょうか?アメリカでの評判が気になります。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
東京残酷警察

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキング

| スプラッター | 06:54 | comments:11 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ゾンゲリア

『ゾンゲリア』
 DEAD&BURIED

【製作年度】1981年
【製作国】アメリカ
【監督】ゲイリー・A.シャーマン
【出演】ジェームス・ファレンチノ/メロディ・アンダーソン/ジャック・アルバートソン/ジェームズ・ファレンティノ/ジャック・アルバートソン/デニス・レッドフィールド



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ある港町で起こった次々と死者が甦るという奇妙な事件の捜査のため町へやって来た保安官が体験する恐怖と衝撃の結末を描く。

【感想】 ネタバレ
『エイリアン』のダン・オバノン、ロナルド・シュゼット脚本コンビが描く一風変わったゾンビ映画。ロメロのゾンビとは全く異なり、人を襲うといっても人肉をむさぼるなどは全く無く、容姿も行動も人間そのもの。ゾンビになることによる、新世界を作るというカルト要素満載な映画でもあり、刑事が殺人の犯人を追いかけるというサスペンス的な要素もある異質な作品。

屍体再生に見入られた葬儀屋のじじいがブードゥの呪術をもって蘇生させていたというオチなのだが、ゾンビで成り立つ世界という理想郷をもって、旅行者に対しても、次々と殺しを行いゾンビとして蘇らすのですが、ある意味この技術があれば、正式に学会発表をすれば、このじいさんノーベル賞ものですよね。

あんなに綺麗に死者をゾンビ化させれるのですから、天才的!商売として確立すれば、お金持ちなんて飛びつきそうですな。もったいないかな、使い道が自己中心的でカルト集団化してますので、ただの殺人集団に成り下がってしまってます。

この映画、人間バーベキュー、眼球に注射、鼻から硫酸で顔面溶解などの当時のアメリカ映画では考えられない、残酷シーン満載です。でも、この時代での特殊メイク技術としては、評価されているようですね。綺麗な看護婦姿の女性が包帯巻きの男性の眼にお注射ぶっさりシーンはあまりにも有名。

おちゅうしゃ!

オチもなかなかです。今でこそありがちだが、主役の事件を追っているダン刑事もすでにゾンビ化されており、すでに死んでいたという、『シックス・センス』的などんでん返しも、80年代の作品と思えば評価に値する。

ダン刑事の妻ジャネットが自ら墓穴に身を構え、ダンに向かって泣きながら、「私を埋めて・・・、私を埋めて・・・」と懇願、彼はシャベルを手に取ると、泣きながら愛する人を埋葬するシーンは印象的ですね。恐らくこのジャケット写真もこの場面から来たのかな?妙に静かで意味不明な写真なんですよね。そして、ゾンビ映画には似つかわしくないほどの悲しい音楽も、この映画の特異性を出しています。

今みてしまうとやっぱり物足りないものかもしれませんが、80年代の代表的作品には間違いありませんし、ゾンビの新しい形を提案した作品ではないでしょうか。ゾンビ+サンゲリアという、悲惨な邦題をつけた日本の配給会社謝りなさい!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| ゾンビ | 16:44 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋敷女

『屋敷女』
 A L'INTERIEUR

【製作年度】2007年
【製作国】フランス
【監督】ジュリアン・モーリー/アレクサンドル・バスティロ
【出演】ベアトリス・ダル/アリソン・パラディ/ナタリー・ルーセル/フランソワーズ=レジス・マルシャソン/ニコラ・デュヴォルシェル/ルドヴィック・ベルシロー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
出産を間近に控えたサラは、自宅で一人、孤独に耐えていた。夫は4カ月前の事故で亡くしている。そんな彼女の家を見知らぬ女が訪ねてきた。不審に思いサラがとりあわずにいると、女は窓を割って進入を試みる。サラが警察を呼んだことで一時は撤退するが、深夜、彼女が陣痛で目を覚ますと、そこには自分に馬乗りになって、腹にはさみを突き立てようとしている女の姿が…。

【感想】 ネタバレ
おそるべしフランスホラー。
この題材はちょっとタブーじゃないですか。一線越えちゃいましたね(汗) 妊婦は絶対見てはいけない映画です。内容、映像がやばすぎます。

女殺人鬼を演じるのは、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』で全世界に衝撃を与えたベアトリス・ダル。スタッフには、あの『ハイテンション』メンバーが集結してますから、まぁ内容はやっぱり凄いです。

以下、がっつりネタバレしてますので、これから観る方はご注意ください。

車同士の衝突事故。お互い車には妊娠中の女性が。
1人は、子供は助かったが旦那が死んでしまい、悲観的な毎日を送る女サラ。
1人は、待望の子供は流産してしまうが、子供のことを諦めれない女殺人鬼(屋敷女)。

悲しみに暮れる二人の切ない戦い。そぅ、子供をかけての女同士の戦いです。
でも、内容、グロシーン、血の量がハンパない。かたや“出産を翌日に控えた妊婦”という設定なので、観ていて赤ちゃんのことが気が気でなくって、ハラハラヒヤヒヤ。

しかし助けに来た警官の弱いこと。市民を守るのが仕事なのに、あっという間にやられやがって!逆に、子供を思う女の強いこと。屋敷女なんか、一般の女性ですよね?なのに、何人殺したんだ・・・。サラも最初は逃げるばかりでしたが、子供を守るため最後は逆襲がすごい!トースターでバコンって顔をぶったたかれますが(普通ならここで戦意喪失だが・・・)、その後速攻でバーナー攻撃!屋敷女の顔黒こげです。

サラが頭がおかしくなった男性に妊娠中のお腹を襲われたら、屋敷女がサラを守り、しまいには産気づくサラを介護する。サラと屋敷女、子供を思う気持ちだけは通じています。なんとも奇妙で悲しい関係。

しかし、サラの子宮が広がらず・・・。
最後は禁断のシーン。
ここまで言ったら先はご想像にお任せします。ちなみに、屋敷女の武器はハサミです。

残念なのは、レンタル版で観たのですが、最後の禁断シーンがまっくろで隠されていました。こんな映画観る人なんか、残酷シーン見慣れているんだから隠さないでくれっと言いたいですが。でも、内心は隠してもらってホッとしている自分も居たりして。ちょっと、あのシーンは観たくないもんね。(後記:ニコニコ動画で禁断のシーンを閲覧。うげげ~でしたよ・・・。背筋が凍ります。)

ちなみに、うちの嫁さん(出産経験あり)いわく、腹がムズムズしっぱなしだったようです。

最後に一言、フランスホラーいかれてます。←いちおう、褒め言葉です。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| サイコ、スリラー | 00:03 | comments:10 | trackbacks:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT