2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

着信アリ

『着信アリ』

【製作年度】2003年
【製作国】日本
【監督】三池崇史
【出演】柴咲コウ/堤真一/吹石一恵/筒井真理子/松重豊/岸谷五朗



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
由美の友人陽子の携帯電話が聞き覚えのない着信音で鳴った。陽子自身の番号で発信され、伝言メッセージに彼女の悲鳴にも似た声が録音されている。着信は3日後の時刻という気味の悪い現象だった。やがて3日後のその時刻、陽子はあのメッセージと同じ悲鳴を上げて転落死した。数日後には、合コンの席にいたケンジも、陽子と同様の不可解な死を遂げる。そしてその恐怖は、由美の親友なつみの携帯電話にも及んでいた…。

【感想】
ハリウッドリメイクの『ワン・ミス・コール』を借りたので、そっちを観る前に、原作を振り返り閲覧しました。結構怖いです。特にラストの廃病院は緊張の連続。真夜中1人で観ていましたが、観るの2回目にもかかわらずビビリまくり。やっぱり日本の幽霊物は怖いねぇ~。夜の廃墟は反則でしょ!

今は必需品の“携帯電話”をテーマにし、自分の電話番号から死の予告電話がかかってくるという内容で、身近な持ち物なだけに怖いです。数日後に死ぬという部分は、多少『リング』にも似た展開です。

ストーリー的にはちょっと意味不明な部分が多い。なんで恨みが携帯電話と結びついたかも不明だし、どうしてこの恨みが他人へ広まったのかもなく、いきなりの展開ではじまりますから。最後由美がどうなったのかも全く分かりません。終わったあと欲求不満が残ります。この辺は続編みれば分かるのかなぁ???そういえば、廃病院で出てきた山下弘の妹もなぜあそこで出てきたかも意味不明だし。

廃病院では、水沼マリエがゾンビ?になって現れるのだが、これには拍子抜けです。確かに皮膚がはがれながら襲ってくる様子は怖いのだが、やっぱり日本映画は“実体がない幽霊”だからこそ怖い。実体がありノシノシ襲ってくる姿を見て、それまでの廃病棟の怖さが一気に冷めてしまいました。

しかし色々な病気がありますね。子供を傷つけて病院に運び看病する事で良い人間を演じることに快感を得る、代理ミュンヒハウゼン症候群という病気なんてあるなんて思いもしませんでした。主人公の由美も、子供の頃母親から受けた虐待の過去に苦しんでいる。心の病気を治すことはホント難しいのでしょう。でもそのトラウマが彼女を最後助けることになるとは皮肉です。

ここでいきなりですが、分からないなりに、ラスト予想してみましょう!
乗り移られた由美は、ラストの病棟でやはり、山下弘を相手に代理ミュンヒハウゼン症候群の症状を繰り返してしまっているのでは?山下弘に飴玉を食べさせた後、やっぱりナイフでブサリか?そして、また看病。そしてまた傷つけられ、また看病・・・。

劇場映画初主演となった柴崎コウですが、こういう映画に出ているのは珍しいのではないでしょうか?いつもクールな役柄が多い彼女ですが、大声で叫び怯え泣き叫ぶ彼女の演技を見れるのは、この映画ならではでは無いでしょうか。結構いい演技しています。綺麗な彼女がワナワナ腰を抜かすシーンなんて見ものです。

まぁ、なにこれ言っても、ジャパニーズホラーの代表作品の一つではないでしょうか。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
ワン・ミス・コール

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| 幽霊、怨念 | 00:18 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セブン

『セブン』
 SEVEN

【製作年度】1995年
【製作国】アメリカ
【監督】デビッド・フィンチャー
【出演】ブラッド・ピット/モーガン・フリーマン/グウィネス・パルトロー/ケビン・スペイシー/ジョン・C・マッギンリー/リチャード・ラウンドトリー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
退職間近のベテラン刑事 サマセットと新人刑事 ミルズ。2人の前に、キリスト教の教え「7つの大罪」になぞらえた驚愕の連続殺人事件が発生する。胃袋が破裂する程食物を詰め込まれた大食殺人、舌と右腕を切り取られ、衰弱していく様を撮った写真が残された怠惰殺人など・・・。悪魔のような頭脳を持った犯人の用意した衝撃の結末とは・・・!?

【感想】 ネタバレ
“7つの大罪”(傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲)をモチーフとした異常殺人をテーマにした、デビッド・フィンチャーの名を一流のものとした、サスペンス映画の名作である。

7つの大罪になぞらえた、殺人が残酷極まりなく衝撃的なものであった。直接的な残酷描画は無いが、大罪になぞらえた殺され方をイメージするだけで、吐き気がするような異常ぶりである。しかも、その犯人がただならぬ天才的な頭脳を持っていると予想されるから怖い。

異常殺人鬼を追う刑事役の、ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンの役どころがすばらしい。お互い最初は受け入れない同士だったが、犯人を捕まえたい心は同じで、後半には名コンビとして共に行動し、ブラピ演ずるミルズ刑事の軽い性格に対し、モーガン演ずるサマセット刑事の慎重かつ頭脳的な相反する性格同士だからこそ面白みがあった。

ラストの衝撃はなんとも後味悪いが、あるいみ凄く凝った結末である。勝利を得たのは犯人という結末だが、7つの大罪を完成させるのは自分の命、そして犯人を裁く者はミルズ刑事という、見事なオチには脱帽です。いや~、このラストは鳥肌もんでありました。

この作品は、“銀残し”(本来の銀を取り除く処理をあえて省く事によって、映像の暗部が非常に暗くなり、画面のコントラストが強くなるので引き締まった映像になる手法)を使っている数少ない映画であり、デビッド・フィンチャーの配色への執着がとても感じさせらる作品でも有ります。映像にも気を抜かないこだわりを感じました。

終始、じめっとした暗い展開で進んでいきますが、私はこの手のサスペンス作品がとても好きです。ラストがBad Endingというのも、大好物ですねぇ(笑) 殺人鬼と刑事の心理作戦の攻防にのめりこんでしまいます。これほど優れたサスペンス映画はなかなか無い。この作品と、『羊たちの沈黙』くらいでしょうか?そろそろ、大作がまた出てもいい頃ですが。 

【満足度】
★5つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキング

| サスペンス、ミステリー | 00:20 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デイ・オブ・ザ・デッド

『デイ・オブ・ザ・デッド』
 DAY OF THE DEAD

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブ・マイナー
【出演】ミーナ・スバーリ/ニック・キャノン/マイケル・ウェルチ/スターク・サンズ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
地元出身の兵士サラが町を巡回中に実家に立ち寄ると、母親が高熱に苦しんでいた。病院内は、同じ症状の患者であふれていた。謎のウィルスが猛烈な勢いで町中に広まっていたのだ。ほどなく、感染者たちがゾンビ化して人々を襲い始める。州兵たちも次々と彼らの餌食となっていく。そんなゾンビの襲撃をかいくぐりながら州外への脱出を試みるサラだったが…。

【感想】
ぜんぜん、原作っと違うじゃ~ん!
これを、『死霊のえじき』のリメイクと語るには恐れ多いですぞ!一種の詐欺じゃん!リメイクというより、“萌え萌え”ゾンビ映画ですぞ。ゾンビそっちのけでサラ役のミーナ・スバーリのかわいさだけが目だってしまい気になってしょうがない。つか、このきゃしゃな体で軍隊の伍長の設定はありえないでしょ。

リメイクと歌わなければ、それなりに面白かったかもしれません。
ゾンビ進化型とでも言いましょうか。ゾンビが早いは、ゾンビが菜食主義、天井這ってくるは、人間のときの意識がチョイのこっているは、しまいには銃乱射、今までになかったゾンビの姿です。これは、これで新しいゾンビ映画として出せば、それなりな評価は出来たろうに。

原作と唯一共通点が人間に味方するゾンビの役ですが、『死霊のえじき』のバブ君とかぶらせているのでしょう。でも、人間に味方する理由がイマイチ。原作では、フランケン博士が手塩にかけてバブ君の心を開いたが、今作はいきなり上官サラの言いなりですから。さらに生前菜食主義だったから人間を食べないって設定はあまりにも無理すぎないです?(汗)

空気感染でもゾンビウイルスがうつるっとこが絶望的ですが、都合がよく主人公や主要登場人物は、免疫があるなどふざけたことを抜かしてやがります。だったら、空気感染という設定やめればいいのに・・・。まぁ、空気感染のおかげで、即効で街はゾンビだらけになっていましたが。

娯楽ゾンビ映画として観てしまえば、楽しませてもらえました。ただ、やっぱりリメイクとして観ると不満ばかり残る作品ではないでしょうか?

【満足度】
★3つ

【関連記事】
死霊のえじき

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ゾンビ | 00:05 | comments:19 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT