2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地球が静止する日

『地球が静止する日』
 THE DAY THE EARTH STOOD STILL

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】スコット・デリクソン
【出演】ジェイデン・スミス/キアヌ・リーブス/ジェニファー・コネリー/ジェイデン・スミス/ キャシー・ベイツ/森川智之



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
NYのセントラルパークに巨大な球体が出現。降り立った宇宙からの使者クラトゥが現れた。アメリカ政府は危機対策チームを発足。幼い義理の息子を育てる生物学者ヘレンも召集されるが、地球静止へのカウントダウンは始まっていた!クラトゥの目的は地球を救うこと。そのために彼が成し遂げようとしている衝撃の計画とは?

【感想】
なんじゃ、このつまらなさ・・・。
面白くないとは噂で聞いていましたが、ここまでとは。
上映当時のキアヌ出演という話題性や膨大な制作費にだまされそうになって、一時映画館に観に行く予定していましたが、レンタルにして良かったとつくづく思います。

盛り上がりどころがどこにも無い!淡々と話が進んでいくだけで、テンポが悪いというか・・・。観ていて何度眠りに落ちかけたか。(一応踏ん張って記憶が飛んでいるところはないですが) あの宣伝であった、トラックがボロボロになるシーンなどの見所シーンは、一瞬であとはつまらない、親子愛やら逃走劇やらで、いらんところが多すぎです。

そして、この映画何を訴えたかったのか?
使者「地球を救うには、人類は滅びるべきだ」
女性「ごめんなさい、人類は危機に立たないと分からないの。これから変わるから」
使者「わかった!じゃあ滅亡させるの止めてあげるね」
ってなんとおこちゃまで安易な展開でしょう・・・。
そして、ラスト何あれ?あまりにもあっけないので、ポカン???っとしちゃいました。

もし、製作者が環境問題を提示した映画と偉そうに言っていたら怒ります。
この映画では、アメリカ人の身勝手なエゴを露呈しただけ。アメリカ人が正義で、アメリカ人が一番正しい!と見せ付けられた気がします。
こんなつまらん映画を作っていること自体が環境を悪くしているんじゃないの!?

親の七光り、ジェイデン・スミスも才能ないねぇ。私個人としてはあまり好きにはなれません。インタビュー答えていたところ見たことあるけど、生意気だったし。もっといい子役いるだろっといいたいですな。恐らく、子役が変わっただけでも、もう少し評価が良くなったかもしれません。

もっと、人類にとって危機な場面が多ければ(いっそのこと人類が滅びてもよい)、見ごたえもあってよかったと思うんですがね。最近の期待はずれ映画のBEST5に入るかもしれません。

【満足度】
★1つ

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| SF、エイリアン | 12:01 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ファニーゲーム

『ファニーゲーム』
 FUNNY GAMES

【製作年度】1997年
【製作国】オーストリア
【監督】ミヒャエル・ハネケ
【出演】スザンネ・ローター/ウルリッヒ・ミューエ/フランク・ギーリング/アルノ・フリッシュ/スザンヌ・ロタール/ウルリッヒ・ミューエ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
別荘へと訪れたショーバー一家。そこへペーターと名乗る若者がやって来る。礼儀正しい態度を見せていたペーターだったが、もう一人パウルが姿を現す頃には態度は豹変し横柄で不愉快なものとなっていた。やがて2人はゲオルグの膝をゴルフクラブで打ち砕くと、突然一家の皆殺しを宣言、一家はパウルとペーターによる“ファニーゲーム”の参加者にされてしまう。

【感想】 ネタバレ
ハネケ監督作品の中でも一番の問題作といわれている作品。不快な作品を作るで有名な監督ですが、余りにも理不尽な暴力を描いているため、観終わった後の凹み度はかなりなもの。ちなみにハネケ監督は、セルフリメイクもしてしている。

オープニングでは、仲むつましい家族が車で曲当てゲームをしながら別荘に向かう、ほのぼのシーンから始まります。が、一転FUNNY GAMEというタイトルが出るときには、荒々しいロックの曲に変わり、作品のイカレ感がいきなり伝わってきて、いきなり嫌な予感・・・。

別荘で、ヨットの準備や料理を作って楽しい時間をすごしているさなか、一見おとなしめの若者ペーターが卵を貰いにやって来る。さらに彼の友人パウルも家にやってきた。その瞬間から一家は一方的に理由の無き<、殺人ゲームの標的とされます。12時間後に一家が死んでいるか、生きているかという理不尽な賭け。

あまりにも身勝手で残虐極まりない犯人達には、憎しみと吐き気しか覚えません。犯人の憎たらしい顔(この俳優『ベニーズビデオ』でも憎い役を演じてます)、馬鹿げた発言、卑怯なやり口、全てにおいて嫌気を覚えさせられることでしょう。
ファニーゲーム1

さらに、犯人達は映画を観ている我々があたかも共犯者のように、話しかけてくるのです。お前もこのゲームを楽しんでいるんだろう?と言わんばかりに・・・。

犯人の最初の標的は子供。ドカンとショットガンの音が聞こえたかと思うと、あたりには血が飛び散り、床には血だらけの子供の死体。残酷にも、子供は父母が見ているその前で殺されるのです・・・。

子供が殺されてから犯人が逃げだします。生き残ったのは夫婦二人、動から静へ、しばらく夫婦の精一杯の生への執念が静かに繰り広げられます。父ゲオルクの足の骨が折れていても二人で協力して歩く姿、必死で濡れた電話を乾かそうとする姿、希望を持ち外に出て助けを探す姿、残されたもののいたいけな頑張りが涙ぐましくも表現されています。

でも、ハネケ監督は意地悪極まりない。
よりによって助けを求めた車の運転手が犯人達だなんて・・・。
転々と転がるゴルフボール。そこには、希望ではなく絶望しかなかった。

「ゲーム再開!!!」

・・・もう、書くのも嫌になる光景がラストまで続きます。
そして、なに?あのビデオテープ巻き戻し???ありえなさ過ぎる!

今まで、何作かハネケ監督の作品を観てきましたが、この『ファニーゲーム』は、今までの作品とは全く違う印象を受けました。この作品から伝わってくるものは、“暴力”でしかないです。

そして、ハネケ監督のインタビューはこうである。
「なぜ人々がこの映画に憤慨するかははっきりしている。私は憤慨させるために作ったからだ。暴力は撲滅できないものであり、痛みと他人への冒涜であることを伝えたい。だから、暴力を単なる見世物ではなく、観終わった後に暴力の意味を再確認するものとして描かなければならない。」

結局は、暴力しか感じなかった私ですが、それはハネケの狙い通りだったのですね・・・。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| バイオレンス | 00:09 | comments:15 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

気づいたら

今まで気づかなかったのですが、5月4日でこのブログは1周年でした
これまで、3度ほどブログは立ち上げたのですが、いつも中途半端で放置してしまって閉鎖していましたが、1年続いたのは初めてです。
これも、大好きな映画のレビューを書くことによって、より映画の深みを知ることが出来たからでしょうか?また、コメントを下さる皆様や、訪問くださる皆様のおかげです。
2周年、3周年を目指して、がんばりたいですな。

ところで、人気ページランキングですが、今年に入ってからず~っと、『パルス2』が1位でした。これは、Google検索で上位に位置づけられているからみたいですが、とうとう『食人族』が1位の座をとらえそうです。
しかし、いつも上位はマニアックな映画がきますねぇ。

| つぶやき | 23:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT