2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ペット・セメタリー

『ペット・セメタリー』
 PET SEMATARY

【製作年度】1989年
【製作国】アメリカ
【監督】メアリー・ランバート
【出演】デイル・ミッドキフ/フレッド・グウィン/デニス・クロスビー/ブレイズ・バタール/フレッド・グウィン/ブラッド・グリーンクイスト



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
交通事故で最愛の子を失った父親は、裏山のペット墓場の奥に広がる不思議な霊場に遺体を埋めるが……。

【感想】 ネタバレ
スティーブン・キング原作の作品ですが、キング自身「あまりの気味の悪さに発表を見合わせている」と噂された“いわくつきの作品”です。映画化するならと、キング自身脚色した力の入れよう。原題の『PET SEMETARY』(ペットの霊園)の正しいスペルは、CEMETARYです。これは、映画の中で出てくる、霊園の看板がミスしている描写がそのまま原題になったそうですよ。

死者を蘇らせる土地。しかし、蘇った者は死臭を漂わせながら、生前の人格とは変わり、残酷極まりなく、人間の肉を食らうまでの化け物に変わってしまう。

大事な人を亡くした絶望感は、計り知れないものですね。それが我が子となったときは、どれほどの悲しみなのでしょうか?そういう状況に陥った時に、死者を蘇らせれる場所があると知っていたら、あなたならどうするでしょうか?ただし、化け物としえ生まれ変わる・・・。私なら・・・???

主人公のルイスは、その悲しみを乗り越えることが出来ず、“禁断の一線”を越えてしまいました。その結果は・・・。悲しいですなぁ、この結末。切ないですなぁ、ラストシーン。

蘇らせた子供が最後のルイスに殺されるシーンでの言葉がとても心に残った。

「ずるいよパパ」

好きで生き返ったんじゃない。好きでこんな化け物みたいな人間になったんじゃない。なぜ生き返らせておいて、すぐに殺すんだ・・・。この一言だけで、子供の悲しい感情が痛いほど分かります。

自らの子に2度も死を体験させてしまったルイス、しかも2度目は自らの手で。その時点で彼の精神状態は破壊されたのでしょう。愚かにも3度目の禁断のドアを開けてしまう・・・。

映画を観ながら、なんともキング作品らしい物語だと感じました。“人間の愚かさ、弱さ”を見せ付けられた気がします。後味悪い終わり方ですが、子供を持つ親としてなんとも考えさせられる映画でした。名作映画の一つでしょう。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング

| カルト、悪霊 | 00:05 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ネズミゾンビ

『ネズミゾンビ』
 MULBERRY STREET

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ジム・マイケル
【出演】ニック・ダミチ/アントン・ペイガン キム・ブレア/ロン・ブライス/ラリー・フライシュマン/ルー・トーレス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ネズミから人へと感染する“ネズミゾンビ”の恐怖を描いたホラー。マルベリーストリートの地下でバイオネズミが繁殖していた。ある日、バイオネズミに咬まれた浮浪者が、顔面がネズミと化す“ネズミゾンビ”へと変貌する。そして次々と感染は広がり…。

【感想】
邦題に恵まれなかった映画でしょう。こんな邦題、観る気しないもんね。邦題とは相反して、なかなかしっかりしたストーリー設定と人間描写、まじめな感染パニック映画でした。ちなみに、原題は『MULBERRY STREET』で、ニューヨークマンハッタンの単なる路地の名前が付けられています。

冒頭は、登場人物達の様々な人生風景が描かれています。昔ボクサーだった主人公に、その父を尋ねてくる顔に傷が残ってしまった戦場帰りの娘。同じマンションに住む、母子家庭の母と主人公のロマンス。ほぼ寝たきりな老人、主人公に恋心を抱いているオカマなどなど、問題を色々抱えつつ、必死で生きて協力し合っているマンションの住人達。

そんな平和な日々の影で、ねずみによるウイルス感染が始まる。マンションの管理人がねずみに噛まれた瞬間から、急展開で一気にゾンビ映画へと変わって行きます。マンションだけでなく、マンハッタンの街はゾンビだらけ。

結構残酷描写もあります。が、この映画(DVDが悪いのか?)残念なのはちょっと映像が暗すぎて、起こっていることや襲われている場面が、全く見えません。ちょっとイライラして観てました。ここまで暗すぎると、問題ありですね。

“ネズミ”から感染ってところがおもしろい。噛まれたら徐々に毛が生えて、顔もなんとなくネズミに・・・。ねずみ男かい!って突っ込みたくなりますが。しかし、ネズミでっかいなぁ。ニューヨークはあんなでっかいネズミばっかりいるのだろうか?(確かに、綺麗な街ではなかったですが。)

ラストも、見せてくれます!なんだか、とても切ないエンディング。あれよあれよと登場人物達に悲しい出来事が続きます。ということで、タイトルにだまされずに、ゾンビ映画ファンなら観る価値あるかもよ!真面目に映画作ったのに、適当に邦題つけられた感じです。はい。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 21:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

13日の金曜日

『13日の金曜日』
 FRIDAY THE 13TH

【製作年度】1980年
【製作国】アメリカ
【監督】ショーン・S.カニンガム
【出演】ベッツィ・パルマー/エイドリアン・キング/ケビン・ベーコン/ハリー・クロスビー/マーク・ネルソン/ハリー・クロスビー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
舞台はクリスタル・レイクにある忌まわしい過去を持ったキャンプ場。愛欲に溺れるキャンプ指導員たちが次々と血祭りに上げられていく。

【感想】 ネタバレ
スプラッター映画の先駆けとなった作品で、後のホラー映画に多大な影響を与えている。『ハロウィン』のブギーマン、『エルム街の悪夢』のフレディーと並べられて語り継がれ、比較される映画です。しかし1作目は、ホッケーマスクの“ジェイソン”は、意外にも登場せず、犯人役はジェイソンの母親という設定です。

とにもかくにも、スプラッターというジャンルを確立した作品でしょう。
登場人物は若者達で、頭の中はエッチなことばかり(笑)。意味も分からず、次々と殺されて行き(必ずいちゃついている最中に殺される)、最後に残った人間が、殺人鬼に追いかけながら逃げ回る。その時、今まで殺された死体が、なぜか逃げ回る人の前に登場するという王道な流れ。

残酷描画も今観てしまうと、物足りないものはありますが、当時の技術では驚くべきものだったようです。特に首チョンパは、その頃ではかなり衝撃映像だったのでは?

ジェイソンのおかあちゃんが犯人なわけですが、新めて観るとあんなおばちゃんのどこに、人を次々と残酷に殺せる力があるんだ?と不思議に思いますね。最後に残った女性との格闘では、やっぱり弱い。おばちゃんなんで当たり前なのですが、これまでに殺された人達は、何とか抵抗できなかったんでしょうか・・・。

理不尽な殺人ですが、確かにジェイソンの母もかわいそうなところはあります。ジェイソンがおぼれたときに、誰も救ってくれなかったのですから・・・。逆恨みするのも仕方ないかもしれませんね。

ストーリーは2の次でひたすら殺しまくる映画ですが、この後作られる続編と比べるとやはり、1作目が一番良作でしょうか。“ラストの衝撃”も、結構びっくり驚きでした!

それにしても、ケビン・ベーコン若いですね。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
13日の金曜日・リメイク版

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ TREview 人気ブログランキング

| スプラッター | 00:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |