2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エクステ

『エクステ』

【製作年度】2007年
【製作国】日本
【監督】園子温
【出演】栗山千明/大杉漣/佐藤めぐみ/つぐみ/町本絵里/山本未來



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ある日、横浜港で大量の髪の毛の中から少女の遺体が発見される。警察の死体安置所で管理人をする髪の毛フェチの中年男・山崎は、その遺体の髪の毛でエクステを次々と作っていく。やがてそれは、黒髪が美しい美容師の卵・優子が働く美容室に持ち込まれ、そのエクステを付けた客が次々と怪死する不可解な事件が発生するのだったが…。

【感想】
♪ヘアー ヘアー マイ ヘアー ヘアー♪
っと、観終わった後、耳に残ってしまいました。だって、特典映像に、PVまであるんだもん(爆)
しかし、大杉漣もよくこの役やりましたね~。終わってみれば適役だったと思いますが。彼あってこそ、この作品の面白さが高まっています。
「エックスタシ~~!」も笑えます。 (〃^∇^)o_彡☆
ラストは何故かバギー船長になってるし。(←分かる人居るかな?)

そして、栗山千明がとっても魅力的!確かにすごく髪が綺麗です。彼女は独特な雰囲気もあるので、ホラージャンルにも合いますね。タランティーノに一目置かれた女優だけはあります。ちょっぴりだけですがファンになってしまいました。

髪が襲うというのは、怖さというより気持ち悪さが先に立ちます。しかもどんどんと伸びて部屋中に広がっていく大量の黒髪は、それだけで吐き気がします。昔から、髪が伸びる人形とか話題になりますが、髪の毛ってのはなんか不気味ですね。エクステって、他人の知らない髪をつけるんですよね?この映画みたらちょっとつけるの怖くなる人いるんじゃないでしょうか。もし髪の提供者が恨みを持って死んでしまっていたら・・・。

でも、この映画で“一番怖いのは人間”です。

子供を虐待する母親。これはひどすぎる!脚蹴りするわ怒鳴るわひっぱたくわで、この母親に腹たって来ますよ。実の子に、ここまで出来るものでしょうか?見てられないくらいのショッキングな虐待が続きます。こんな母親早く髪の毛のえじきになっちまえ~っと思っていたら、案の定やられキャラでした(笑)

でも、水島優子(栗山千明)からも、マミちゃん(子供)が怒鳴られたときはドキッとしてしまいました。見ていて心が痛んだな。人間としての弱さが垣間見れたシーンでもありました。(結局、優子とマミちゃんは最後は二人で幸せに暮らしますが。)

恨みを持って死んだ毛が伸び続ける死体に関してのエピソードも怖いです。彼女は、生きたまま髪をそがれ、臓器売買のために内臓や目を取り除かれと残虐シーンが回想されます。その映像がなんとも不潔な場所でなんとも残酷であり、『ホステル』の拷問シーンを浮かべてしまいます。

それに反し、ラストはコメディー・・・。何でやねん!!!と突っ込みたくなります!
ホラーとしては、なにか足りないものがあり、結局はなんだったんだろう?と疑問で終わってしまいますが、この映画が面白いのは、人間ドラマとコメディー要素が入っているところではないでしょうか。単純に期待せずに観ると、一風変わった面白いホラーと思えるかもしれません。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 幽霊、怨念 | 00:08 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

顔のない悪魔

『顔のない悪魔』
 FIEND WITHOUT A FACE

【製作年度】1958年
【製作国】イギリス
【監督】アーサー・クラブトリー
【出演】マーシャル・トンプソン/キム・バーカー/テリー・キルバーン/マイケル・バルフォア



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
片田舎にある空軍基地周辺で奇妙な殺人事件が発生する。検死の結果、死体から脳と脊髄が消えていることが判明し、カニンガム少佐が調査を始めるが…。

【感想】 ネタバレ
中古VHSがプレミアがつき、輸入版には高額価格設定されていた、50年代のSFホラー。その名作が、ついに日本版DVDとしてお手軽価格で発売、さらにレンタル開始と来ましたよ!
んで、早速鑑賞です!

この作品、当時のイギリス映画審査機構は、モンスターの描画が残酷すぎるとして、劇場公開前に一部を削除、アイルランドでは公開自体が見送られ、日本では、43分の短縮版が上映されたという作品。

さてさて、そんなモンスターはいったいどんなのかというと、触手が生えた“脳みそ”から脊髄だけが伸び、うにうにと動くグロテスク度合い。しかも集団で飛び跳ねてるし尺取虫みたいに脊髄を気持ち悪く動かして歩くわで妙にリアルです。ちなみに、最初は透明で姿が見えないというびっくり設定でもあります。

モンスターは、こちら!
顔のない悪魔モンスター
このデザインした人、ある意味すごいかも。 w(゚o゚)w オオー!

物語は、今でこそ観ると突っ込みどころ満載ですが、50年代の作品としてみるとしっかりしています。イカレタ科学者の実験により生み出された、脳みそモンスター。軍の原子炉の影響を受け、凶暴化し人間を襲ってきます。随所に、軍と村人とのいざこざや主人公とヒロインの恋物語も織り込まれたりも。

そして、ラストのモンスターとの戦いも楽しいのなんのって♪
窓から何匹も脳みそ飛んできます(笑) 鉄砲やら斧やらでその脳をブチュってつぶしますが、脳から出る血がドロドロで気持ち悪い。なんでも、血液にはラズベリージャムを使ったそうです。原子炉をダイナマイトで破壊すると言う、暴挙に出ますが原子炉ですよ!?放射能どうするんだい!って突っ込みたくなりますが、50年代の映画だからしょうがないか。

日本ではあまり有名じゃないこの作品ですが、海外では高評価を集めている作品でもありますので、観れただけでも良かったかな。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキング

| SF、エイリアン | 06:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おろち

『おろち』

【製作年度】2008年
【製作国】日本
【監督】鶴田法男
【出演】木村佳乃/中越典子/谷村美月/山本太郎/嶋田久作



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
100年に一度深い眠りにつき、美しい少女の姿のまま人間界を彷徨い続ける謎めいた存在、おろち。人間の業が引き起こす悲劇を見つめ続ける彼女は、ある時幼い姉妹を目にして2人が暮らす門前家に潜り込む。やがて彼女は、銀幕の大女優にして姉妹の美しき母・葵の秘密を知る。門前家の女たちは代々29歳になるとその美貌が醜く崩れていく運命にあったのだ。時は流れ、姉妹が29歳を迎えるとき、再び門前家に舞い戻ってくるおろちだったが…。

【感想】
いや~、面白かったよぉ、この映画。
2008年に上映したんですね。なんであんまり有名じゃないんだろ。下手な日本映画よりよっぽど面白い。そして、木村佳乃の演技は見事!『ブラインドネス』の棒読み演技のときは、この女優大丈夫か!?と思いましたが、いやいやこの映画での迫真の演技でちょっと見直しました。

原作は、楳図かずおの恐怖漫画作品。不思議な能力を持ち、歳をとることのない謎の少女“おろち”が、悲惨な運命に翻弄される人間の人生を見つめていくと言う物語。本作品は、「血」と「姉妹」という2つの作品を合わせて作っているそうです。

なんとも綺麗な色の使い方でしょう。赤に緑に青などと綺麗な色彩がいたるところに使われています。ジャケット写真を見てもわかりますが、見事な映像美で楳図かずおワールドを忠実に再現しており、とても好感が持てました。その見事な画の中で、運命に逆らうことが出来ない二人の姉妹の苦悩が相反して、影を落とします。また、母親を閉じ込めている部屋が暗く湿っぽく、その色の差がまた恐ろしいのです。

この作品、見所はゆがんだ親子愛、姉妹愛!?とでも言いましょうか。「ある年齢を迎えると醜くなっていく」という血筋の家に生まれた美人姉妹がおりなす、人間の恐ろしさが描かれています。それがまた美しくも、醜くもあります。ラストは、少し読めましたがそれでも、ドキドキして最後まで観る事ができました。

ところで、おろちの存在は何なのでしょうか?外見は十代後半で100年に一度「ねむり」に陥ってしまい、魔法のような力を持つ少女。彼女の存在に疑問を感じましたが、これが楳図かずおの世界なのですね。

一応ホラーのジャンルのようですが、人間が心に持つ恐ろしさを描き出した心理ドラマと言った方が良いでしょう。やっぱり幽霊よりも怪物よりも“一番怖いのは人間”だって痛感できます。

あまり有名になっていない作品のようですが、観られていない方は是非試してみてはいかがでしょうか?個人的にはお勧めな日本映画です。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ TREview 人気ブログランキング

| 幽霊、怨念 | 00:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。