2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スペル

『スペル』
 DRAG ME TO HELL

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】サム・ライミ
【出演】アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング/デヴィッド・ペイマー /アドリアナ・バラーザ/チェルシー・ロス/ レジー・リー



【イントロダクション】 by ぴあ映画生活
銀行に勤めるクリスティン・ブラウン。真面目なOLの彼女の運命は、窓口に訪れた老婆の不動産ローン延長願いを断ったことから急展開していく―。敵意をむき出しにし、どこまでも彼女を追いかけていく恐ろしい老婆。恐怖に耐えかねたクリスティンは謝罪を申し出ようとするが……。

【感想】
『スパイダーマン』で有名な、サム・ライミがホラーで帰ってきてくれました~!彼のホラーといえば、名作『死霊のはらわた』シリーズにてカルト監督として有名でもあります。その監督の久々のホラーということで、映画館に足を運ぶ前から嫌がおうにも期待が高まります!

んで、観終わった後の感想。。。
あれ、思ったほど怖くない。あれ、思ったほど笑えない。あれ、あれ、あれ???
確かに面白いのですよ。でも、あの奇才サム・ライミですぞ!?
彼のホラーはこんなものじゃぁ無いはずですが・・・。

こわ~い老婆の逆恨みで、のろいをかけられてしまった銀行員クリスティン。3日間悪霊に追いかけられ、4日目には地獄へ引きずりこまれる運命となってしまう。そののろいを解かなければ、クリスティンには死が待っている。というお話です。

まず、老婆の顔が怖すぎ・・・。
スペル老婆
この老婆が突然画面いっぱいに現れたりしますから、それだけでびっくりします。さらに、のろいによって出てくる悪霊が突然登場するのにもびっくり。映画館で鳴り響く効果音には、思わずビクッって数センチ体が浮いてしまいました(笑)

でも、怖いのはビクッって場面だけでした。ハラハラドキドキする場面がほとんど無かったんですよね。その点がやっぱり物足りなく感じたところでしょうか。

ちなみに、結構バッチィシーンも盛りだくさんあり!口から粘っこい液体が出るわ、蛆虫ゲロって吐くわで、ちょいちょい「うわ~きちゃない」って場面を挟んできます。

私の中でのこの映画の見せ場は、冒頭の駐車場でのクリスティンと老婆の戦いシーンでした。車の中での二人の争いが面白かった。老婆にホッチキスとめちゃうわ、老婆がクリスティンを噛んだらイレバはずれてて噛めていないわ、などなど、か弱い女性と老婆の戦いとはとても思えないのですが、そのギャップも楽しい!なんともサム・ライミらしいシーンだなぁって思いながら鑑賞しました。最後まで二人の戦いは続くのですが、やっぱり駐車場シーンが一番よかったです。

物足りなかった原因として、ラストも読め読めだったんですなぁ~。ほとんどの人が読めたラストじゃないでしょうか?なんともありきたりで普通なんですよね~。『死霊のはらわた2』みたいに、カルトから何故か中世時代にタイムスリップって、誰もがおったまげるようなラストを期待してたんですが・・・。

ま、色々言いましたが、これからもサム・ライミのホラーはとても期待しています。これからも、あっと驚かせるホラー映画を作って、盛り上げていって欲しいものです。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 22:07 | comments:11 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

ヒルズ・ラン・レッド -殺人の記録-

『ヒルズ・ラン・レッド -殺人の記録-』
 THE HILLS RUN RED

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】デイヴ・パーカー
【出演】ダッド・ヒルゲンブリンク/ジャネット・モンゴメリー/アレックス・ウィンダム/ウィリアム・サドラー/ソフィー・モンク



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
映画学科の生徒・テイラーは幻の映画『ヒルズ・ラン・レッド』に取り憑かれていた。やがて彼は映画監督の娘を見つけ出し、無理矢理自分の撮影クルーを撮影現場へ案内させるのだが…。

【感想】
鏡の前で、自らの顔の肉をハサミで切り刻み、歯茎、目玉が飛び出るほど肉をちぎり落とし、不気味な仮面を顔にかぶる・・・。と、冒頭いきなり衝撃的なシーンから始まります。予備知識無い状況で見たのですが、スプラッター系なのね。しかも、グロありの拷問有りと来た。てっきり、ミステリー物と思いましたが。冒頭から、飛ばしまくりじゃぁ~ないですか!!!

と、出だし数秒からのヤバイ展開に驚きでしたが、いかんせんその後の前半はちょっとダラダラと続き、危なく寝そうに・・・。その理由は、公開が中止された、幻の映画『ヒルズ・ラン・レッド』という映画の謎を追うドキュメンタリーを作る学生達が、核心に迫るまでのお話がちょっと長めに尺を取られているので、冒頭以降残酷シーンもぴたりと止まってしまいます。でもでも、ラストまで見ると前半の意味合いが出てくるので、寝ずに見たかいがあったというものです(苦笑)

後半は、一気に飛ばしてきますよ~。殺害シーンもさることながら、幻の映画の真相に、アッ!っと驚かされるどんでん返しが続いて、前半の眠さも一気に冷めてきます。完成された、『ヒルズ・ラン・レッド』はまさに狂気、狂気、狂気。。。

残酷描画は控えめで殺し方も普通なのですが、殺人鬼ベビーフェースの異様な容姿は、新スプラッターキャラとしての魅力はあるかも。ただ、ラストまでこだわったのはいいのですが、ちょっと続編も作れるぞっという終わらせ方は、好きにはなれませんでしたが、作るのかな?続編・・・。

俳優陣は知らない人ばかりだったのですが、アレクサ役のソフィーモンクのストリッパー役と改心した後の姿のギャップが違いすぎてびっくり仰天。髪が綺麗でとても魅力的ですね。まぁ、そのギャップもこの映画の見所かもしれません。(いろんな意味でも・・・)

ダークキャッスルが手掛けたホラーということを考えると、絶賛とまでは評価できませんが、意外性も多く、今までに無い展開のスプラッターホラーなので、それなりには面白かったとは思います。DVDの特典映像の、メイキングも結構面白いですので時間がある方は必見!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| スプラッター | 00:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エイリアン VS.プレデター

『エイリアン VS.プレデター』
 ALIEN VS. PREDATOR

【製作年度】2004年
【製作国】アメリカ
【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【出演】サナ・レイサン/ラウル・ボヴァ/ランス・ヘンリクセン/ユエン・ブレンナー/コリン・サーモン/アガト・ドゥ・ラ・ブライユ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
人工衛星が、南極大陸で異常な熱の放射を観測。解析した結果、氷の下に巨大な建造物が眠っていることが分かる。実業家ウェイランド達は、冒険家レックスにガイドを頼み、謎の熱源へと向かう。彼等が発見したものは、古代文明の特徴が混在するピラミッドだった。だが、そこはプレデターがエイリアンと戦い、戦士としての試練を受ける“儀式”の場所だったのだ…。

【感想】
あの名作『エイリアン』と『プレデター』の2大怪物が激突という嘘のような作品に、当初、絶対に面白くないだろうと高をくくっていたのですが、意外や意外しっかりつくってるじゃんっという感想でした。それに、なんとも格闘好きな男心をくすぐるVSですし(笑)

天才的なデザインのエイリアンのグロく迫力ある姿も健在でした。特に、口の中から小さい口が出る仕組みが個人的にはお気に入りなのですが、多々映像に出てきてにやり。エイリアンの卵だけでも気持ち悪いし。血液が酸ってのも凄すぎ。やっぱりエイリアンさいこ~!!!
エイリアンVS
相反し、プレデターは、なんだかちゃっちく愛嬌があります。ま、仮面を脱いだら気持ち悪い顔なんですが。結局簡単に言えば宇宙人ってことなんですが、「成人の儀式」なんて地球じゃなくて、他でやってくれよ~!
プレデターVS

2大モンスターのVSに人間がどう絡んでくると思ったら、まさかのエイリアン VS プレデター&人間という様相になったのにはびっくり。“敵の敵は味方”というまさかの女性冒険家レックスの発想で、まんまとプレデターと仲良しに。武器作ってもらったり、一緒に逃げたりと、プッっと噴出したくなります。なんだ~、プレデターいいやつじゃん!って思わずつっこみたく。

両者の原作のように、SFホラーとまではいきませんが、単純に娯楽作品としてみれば、迫力もあり十分楽しめました。この作品の後、色々なVSシリーズが世に出ていますが、他はさえない作品ばかりですし。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| SF、エイリアン | 00:56 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |