2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドッグヴィル

『ドッグヴィル』
 DOGVILLE

【製作年度】2003年
【製作国】デンマーク
【監督】ラース・フォン・トリアー
【出演】ニコール・キッドマン/ポール・ベタニー/クロエ・セヴィニー/ローレン・バコール




【イントロダクション】  by Amazon.co.jp
ギャングに追われ、平和な村ドッグヴィルに逃げ込んできた一人の美しい女性を村人たちはかくまうことにする。彼女が2週間で村人全員に気に入られるという事を条件に…。

【感想】
2009年ラストのレビューになります。
昨年は『食人族』でグロ系締めでしたが、今年はどっしりと凹む作品で締めたいかと。 (-。-;)

あの『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で救いようの無いラストを見せ付けた、ラース・フォン・トリアー監督の奇才と呼ばれるのには、ふさわしい代表作。床に白い枠線と説明の文字を描いて建物の一部をセットに配しただけの倉庫のような舞台のみで撮影され、ナレーションにより登場人物の心理を説明していくという実験的な作品。

物語の舞台はこれだけ
ドッグヴィルの街

最初は、この白線のみの舞台に違和感を感じずには居られません。「舞台じゃないよね、映画だよね!?」という場違いな感情が漂います。恐らく、この異常な環境と約3時間と言う長丁場に観ていられなくて、挫折した人も多いでしょう。でも、私は観ていくにつれ、この舞台が自然となじみ、いつの間にか物語りに引き込まれていました。余計な物がない分、登場人物の心理や様子がはっきりと分かることが出来たのです。

しかし、物語に引き込まれるにつれ、苦しい気持ちが徐々に大きくなってしまいます。観終わった後、ドシーンとくる嫌な気持ち・・・。人間と言う生き物の嫌な部分をはっきりと見せ付けられることへの不快感を耐えるだけの気持ちがないと、この映画はラストまでたどり着くこともないでしょう。

部外者に対しての村人の気持ちの変わりようが怖くて憎たらしい。
村になじむために一生懸命人々に尽くすグレースを、徐々に受け入れて感謝までする村人を見て、なんていい村なんだろうと、思えるほほえましさが前半には描かれています。しかし、平和は一瞬でしかないのです。慣れからくる苛立ち、従順な者への制圧欲、弱いものへのいじめ、という人間の間違った心理は村人をすぐに支配していきます。グレースは、村にとって都合の良い奴隷(ペット?)となってしまうのです。

グレースは美しすぎました。この小さな閉ざされた村には、彼女はやっぱり部外者でしかなかったんですね。そして、グレースの綺麗な心が余りにも痛々しい。決して村人を悪者扱いしない純粋な心が逆に罪だったのかもしれません。また、綺麗過ぎた心が故に、最後の彼女の決断が下ってしまったのでしょう。

グレース役のニコール・キッドマンですが、こんなに彼女は綺麗だったの?っと思えるくらい、この映画では美しです。長丁場を耐えられた理由として、彼女の美貌という理由も少なからずあるかもしれません。彼女の美貌は、村の田舎に対して、都会を象徴するにはもってこいでした。

ニコール

賛否両論の映画ですが、私はすごい作品だったと思います。
ですが、もう一度観るか?と言われたら、遠慮しますと間違いなく答えます。


【満足度】


【関連記事】
マンダレイ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| ヒューマンドラマ | 01:46 | comments:8 | trackbacks:5 | TOP↑

≫ EDIT

シャッフル

『シャッフル』
 PREMONITION

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】メナン・ヤポ
【出演】サンドラ・ブロック/ジュリアン マクマホン/ニア・ロング/ケイト・ネリガン/アンバー・ヴァレッタ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
愛する夫ジムと2人の娘に囲まれ、幸せな毎日を送る主婦のリンダ。ところがある日、ジムが自動車事故で死んだという報せを受ける。悲嘆に暮れるリンダだったが、翌朝、ジムは何事もなかったように元気に生きていた。しかしその翌日には、今度はジムの葬儀が行われようとしていた。その後も次々と起こる不可解な出来事に、やがてリンダは、曜日がバラバラにシャッフルされた1週間を過ごしていることに気づくのだが…。

【感想】 ネタバレ
う~ん、結局1週間シャッフルされた理由はなんだったんだ???結末は変わらないのに、曜日だけがシャッフルされてしまったのは、全く意味無い気がします。その原因も何も分からず、せっかく面白い物語の設定でしたが、なんとも消化不良で何が言いたかったかが分からない映画。ちなみに原題は、PREMONITIONで、前兆、予感という意味になりますので、こっちの方が映画にあっているかも。

水曜日、夫が交通事故で死んだという知らせを受ける。(この時点で本当に夫かを確認に行かないのが納得いかない)失望の中一夜明けたたら、死んだはずの夫が普通に生活している。しかし、次の日は夫の葬式、その次の日は・・・となんとも主人公リンダは、摩訶不思議な体験を続けていきます。

最初は、観ていて何故だ?という疑問に物語に吸い込まれ、リンダが謎を解いてい様子がなかなか面白い。記憶のパズルを埋め合わせていくような感じです。個人的には、誰かに仕組まれた罠?なんてお馬鹿な予想もしていましたが、結局のところ曜日のシャッフルだけだったという結論は、お粗末かな・・・。もうちょっとひねりが欲しいところでした。

真実は変えることができないということでしょうか。先に結末を知って現実を変えようとしても、結末は一緒という悲しいラスト。戻りかけた夫婦の愛を一瞬でもろくも壊してしまう切ない結果です。

久しぶりにサンドラ・ブロックの作品をみましたが、相変わらず存在感ありますね。綺麗なのか怖いなのか分からないのですが、『スピード』の頃からすると、綺麗なお姉さんから、存在感ある大御所という感じに変貌していきましたね。次回作も期待したいです。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 22:12 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

フィースト2 -怪物復活-

『フィースト2 -怪物復活-』
 FEASTⅡ SLOPPY SECONDS

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・ギャラガー
【出演】ジェニー・ウェイド/クルー・ギャラガー/ダイアン・ゴールドナー/カール・アンソニー・ペイン/マーティン・クレバ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
舞台はテキサスの砂漠地帯にあるバーから市街地へと拡大。無数に増殖した殺戮モンスター・フィーストが生き残った人間たちを次々と殲滅していく中、人間も必死に抵抗を見せる。

【感想】
サイテー、サイアクな映画です!
こんなに人がゲロを吐くところを見せられた映画は初めてですし、汚物やら液体やらをこれほどまでに見せられた映画は無いですね。蛆虫、死体解剖、オナラ、性器モロダシ、怪物のSEXと、内容がかなり不愉快で下品で汚い!

前作、『フィースト』も似た傾向にあり、型はずれな内容ではありますが、ホラーとしてのつぼは抑えており、下品さもそれとなく許せました。

しかし、今作はやりすぎじゃないでしょうか?『フィースト』のレビューの時に懸念したとおり、舞台を街という広い場所にしたため、モンスターから襲われる怖さや緊迫感など全くなくなっています。その代わり、おふざけだけが大きくなってしまってますから、どーしようもないお馬鹿度です。

ストーリーもまるで空っぽ。どうでも良いようなことを達成するために、登場人物がアホな手段を考えたり、裏切りに生贄にとまるで意味不明。笑わせたいのかも分からないです。挙句の果てには、赤ちゃんを餌にして助かるという全く持ってひどい展開には腹立たしく思われます。もちろん赤ちゃんは、ぐちゃぐちゃにモンスターに食べられます。

B級作品というのもおこがましい、作り物間ありありのモンスターや人間のパーツ(手足や内臓)、そして2重写しと簡単に分かるシーンにと、あまりにもひどい演出にもゲンナリしてきました。

ち○こ丸出しのモンスター・・・。
フィースト2 モンスター

もぅ、パート3は観なくていいや!
お金の無駄!

【満足度】


【関連記事】
フィースト

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| モンスター | 16:48 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。