2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フロンティア

『フロンティア』
 FRONTIER(S)

【製作年度】2007年
【製作国】フランス
【監督】ザヴィエ・ジャン
【出演】カリーナ・テスタ/サミュエル・ル・ビアン/オルレアン・ウィイク/エステル・ルフェビュール/パトリック・リガルド



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
パリでは大統領選挙で極右勢力が優勢となり、各地で暴動し、政府は外出禁止令を出した。そんな中5人の若者が混乱に乗じて銀行を襲い海外に脱出する計画を立てるが、失敗し仲間の一人は警官に撃たれてしまう。ヤスミンは負傷した兄をアレックスと病院に運んだ後に、残りのメンバーと国境の宿屋で合流することに。しかし、二人の美女に案内されて宿に辿り着いたヤスミンとアレックスが目にしたのは、変わり果てた姿になった仲間の姿だった・・・。

【感想】 ネタバレ 
『悪魔のいけにえ』『ハイテンション』『クライモリ』を合体させた二番煎じのような作品でした。内容や展開がなんだか観たこと有るようなシーンが目白押しなので、新鮮味に欠けてしまうのが残念。ただし、圧倒されるのは血の量。白いドレスに返り血を浴びた女性は、異様なものでした。

前知識無く鑑賞してしまったため、前半は暴動シーンから始まるわけで、政治の難しいお話を織り交ぜた対立勢力同士のいざこざを描いた作品なのかなと思っていましたが、途中の宿屋に寄ったあたりから、一気に様相が変わり、「スプラッターなんかい!」っと心で叫んでしまう始末。それならと、気持ちを切り替えて鑑賞続けましたが、名作続きの最近のフランスホラーの中では見劣り感は否めません。

もうそろそろ時代遅れだろと思える、ネオナチを話題に持ってくるところがいまひとつ。ネオナチからは、登場するき○がい一家が存在する意味合いも全く伝わってこないですし。単に、子供が欲しかっただけで、これだけの数の人間を惨殺していっている理由も説明つきません。

フロンティア3

ネオナチをテーマにした影響か、銃撃シーンが多いのですが、スプラッター物に銃撃が違和感が感じます。マシンガンにショットガンぶっ放しと、とてもグロ映画とは思えないく、ラストなど戦争映画並みの大爆発ですから・・・( ̄  ̄;)

光っていたのはヒロインのヤスミンの演技でしょうか。髪を切られるシーンの迫真の演技は見事ですし、き○ちがい一家との戦いも凄い!結局、ただ一人で一家を全滅させたわけですから、ある意味一番キレていたのは彼女かもしれません(爆) しかし、終始お腹の赤ちゃんのことが心配でハラハラさせますわ。どう考えても、あれほどのダメージを受けたら、流産しているはずですが、赤ちゃんは生きていたのかなぁ???赤ちゃんネタは気持ち的に嫌ですね。

フロンティア2

目指せ、第2のアレクサンドル・アジャという感じで、満を持してリュック・ベッソンが送り出したという監督なのですが、目新しさが無いというか、今回の作品は残念ながら今ひとつといった感じでしょうか。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| スプラッター | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラキュラ

『ドラキュラ』
 BRAM STOKER'S DRACULA

【製作年度】1992年
【製作国】アメリカ
【監督】フランシス・フォード・コッポラ
【出演】ゲイリー・オールドマン/ウィノナ・ライダー/アンソニー・ホプキンス/キアヌ・リーブス/サディ・フロスト/リチャード・E・グラント



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
400年の時を彷徨い、永遠の愛を求め続ける哀しき男。最愛の女性を失い、神への復讐を誓ったドラキュラ伯爵と、自殺した伯爵夫人と生き写しのミナとの出会い。そして、ドラキュラ・ハンター、ヘルシング教授の登場!婚約者ジョナサンがいるにもかかわらず、愛し合ってしまったミナと伯爵の愛の行方は…?

【感想】
『ゴットファーザー』で有名なフランシス・フォード・コッポラ監督が、ブラム・ストーカー原作の『吸血鬼ドラキュラ』を見事なまでの映像技術と愛という形で表すことにより、芸術的なドラキュラ作品へと仕立て上げた作品。

400年という時を経ても、永遠の愛を求める哀しきドラキュラ。真っ直ぐな愛がゆえに、神に逆らい悪魔となり、生き血を吸い続けることで、自らの存在を維持し続ける道を選んでしまった彼の苦悩。今まであるドラキュラの作品からは一味も二味もかけ離れた、なんとも人間味がある作品でしょうか。もぅ、これは恋愛映画です。

婚約者が居るにもかかわらず、ドラキュラと惹かれあってしまう、ミナの禁断の愛への葛藤も見事に描かれており、ミナを取り巻く周りの人々との苦悩が、痛々しくも表現されています。

物語の後半からは、ヴァン・ヘルシング教授が登場し、ドラキュラとの戦いが始まります。十字架にニンニク、聖水に心臓くい打ちと、お馴染みの方法で対抗していきますが、ドラキュラに対してはささいな抵抗でしかないのです・・・。一噛みにより変貌していく愛する女性を守れぬ男達。

そして、ラストまでも愛という形で終わらせる

この作品、デザイン賞やメイクアップ賞、音響効果編集賞をアカデミーで獲得しております。まさに、芸術作品。個人的には、ドラキュラの影の動きが衝撃的でした。映像の見せ方、衣装につけてもすばらしいとしか言いようがありません。なのに、終始どんよりした暗さが漂っているのが不思議です。

もう一つの注目は、俳優陣が豪華!
ドラキュラにはゲイリー・オールドマン(適役!)、ヴァン・ヘルシング教授にはアンソニー・ホプキンス(意外な配役)、ミナ役にはウィノナ・ライダー(綺麗!)、ジョナサンにはキアヌ・リーブス(若ぁ)と、贅沢過ぎ!彼らの名演技を観るだけでも価値がある作品かもしれません。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| ゴシック | 00:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上海訪問記

ひさしぶりの旅行記です。
旅行記第9弾は、ちょっと昔ですが出張で上海に行った時の様子をUP。
上海国際映画祭でも有名で、上海をテーマにした映画も色々ありますね~。

まずは、ホテルからの街の夜景。
上海1
モックンが出演している、日中合作映画『夜の上海』って映画なんかもありましたね。

上海一の観光スポット外灘で撮影した一枚。
上海2
真ん中からちょい左に見えるのは、東方明珠タワー。
テレビ塔のそばには、エジプトをテーマに作られた最新の映画館があるようです。
残念なのが、ここに居るとニセモノ時計を売っているオヤジがしつこく付きまとってきます。
せっかくの観光地なのだから、取り締まって欲しいものです。

外灘と並ぶ上海2大観光スポットの名園がある豫園の建物の一つ。
上海3
いや~、人多かった。さすがに観光地だけあります。

そして、豫園にあるお堂(かな?)。
上海4

上海から高速で1時間ほどに位置する、枫泾という古き良き時代の面影が残る1500年の歴史がある街にも行って来ました。
上海5

普通の農村が、観光化された感じです。入るのにもお金がいります。
上海6
大都会上海から1時間車で飛ばすだけで、こんなほのぼのな所があるとはびっくりです。

最後はおまけで、上海の高速道路での1枚。
奥には、南浦大桥が見えています。
上海7

中国といえば、ニセモノの国。時計やブランドバックだけではなく、海賊版DVDがいたるところで売られています。著作権ってものは、中国には通用しませんね(汗)ひどいものは、映画館で撮影した映像を売っているものも。そんなもんで、中国の映画館では閑古鳥が鳴いているようで・・・。中国政府なんとかせい!

| 旅行記 | 22:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT