2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャッターアイランド

『シャッターアイランド』
 Shutter Island

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】マーティン・スコセッシ
【出演】レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン



【イントロダクション】 by eiga.com
1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精神病院を訪れた米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)に次々と不可解な出来事が起こる。

【感想】 ネタバレ
『ミスティックリバー』の原作者デニス・ルへインのミステリー小説の映画化。
謎解きを大々的に売りにし、表情・目の動きに集中するために、字幕に気をとられるな!ということで、「超」日本語吹替という新しい言葉?ができました。なんでも、字幕・吹替の微妙なズレをなくし、違和感のない言葉でプロの声優だけを使っているということです。

肝心の私は・・・
もちろん!字幕でみました~(爆)

謎解き、謎解きと前評判が大きすぎて、観る前から身構えている自分が居ます。もちろん、表情と目の動きにはめちゃ注目してしまいました。観ている最中、映画の登場人物や行動や事件が全て怪しく思えてしまいます。が、観終わってみたら結構ありきたりなオチなのねん。。。宣伝文句がちと大きすぎやしませんかね?

といっても、見事に映画にはのめりこみました。こういう不思議映画は好きですね。終始、人間の精神世界に居るような感覚に陥りますし、頭の中は、???が飛び回ります。難しい映画だと思いますが、頭活性化です!さらに、映像も不思議な状況が表されていますし、美しい。ただ、ちょっと残念なのはやすっぽいCG(昔の言い方で2重写し?)がところどころ使われていたところでしょうか。

この映画で、一番グッっときたところは、レオナルド・ディカプリオの演技。終始、目が赤らんで悲しみの表情の演技はすばらしく、貫禄さえもあります。あの湖での妻とのやり取りのシーン、重い迫力と悲しみの姿は見入ってしまいました。まさに適役だったのではないでしょうか。
シャッターアイランド_ディカプリオ

もう一人注目は、奥さん役のミシェル・ウィリアムズです。いや~、綺麗でしたよ!彼女の演技も見事です!
ミシェル

さて、妙にすっきりしないラストになったと思いませんか?だって、最後はまたテディとチャックの会話に戻っているんですもん。えぇ?ちょっとちょっとこれで終わるの!?ってのがミステリー映画の宿命なのですが、モンモンとしたまま映画館を去っていったのでした。でも、個人的には好きな映画でしたよ。

皆さんはいくつの謎を見つけれましたか?
字幕観ていても、かなりの違和感ある場面分かりましたので、たくさんあるんでしょうね。答えが知りた~い!!!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 00:15 | comments:7 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

ミシガン州訪問記

実は、先月出張でまたまたアメリカに行ってました。
今回は、デトロイト→ピッツバーグ→ニューヨーク→バッファローと訪問。
この方面、一度記事にしていますので、なるべくかぶらないようにアップしたいと思います!

まずは、ミシガンでの滞在記。前半です。

デトロイトでは、Henry Ford Museumに行ってきました~。
いわずと知れた、自動車会社フォード・モーターの創立者です。
古いMUSTANGです。かっくいいぃ~(のか?)
ミシガン州1

人間で初めて空を飛んだライト兄弟の飛行機も展示されていますよ。
ミシガン州2

今回、初めてデトロイトのダウンタウンを歩きました。
昔は、危険で有名な街でしたが、今は『ロボコップ』の活躍が有ってか無かってか(笑)、だいぶ安全な街と変貌したそうです。が、それでも歩いている最中はドキドキ・・・。

デトロイトから北へ1時間30分くらい車で行ったところにある、Frankenmuth(フランケンムース)という街にも訪問。ここは、ドイツ・バイエルン地方を再現した観光地で、アメリカに居るのにドイツ気分満喫できます。
ドイツといえばもちろんビールですが、写真は古くからのビールが飲める場所。
ミシガン州3

お食事は、Frankenmuthで一番美味しいと評判のBAVARIAN INN RESTAURANTに行ってまいりました~。まさにドイツそのもので雰囲気もとっても良い。昼間っからビールにウインナーなど楽しみました♪
ミシガン州4

おみやげはこれ!ドイツは小さいものが有名なのでしょうか?
さまざまなミニチュアが一杯ありました。これは、ミニ本です。
左が『ゾンビ』で右が『キャリー』です。携帯電話などに使うMicroSDと比べてください!
というか、なぜ私はホラー本しか選ばないんだろう・・・。
ミシガン州5

もちろん、中はちゃんと文章が書いています。ちっちゃ!
ミシガン州6

ミシガンでは、こんな料理ばっかり食ってまして、さすがに胃がおかしくなりそうでした(爆)
ミシガン州7

後半につづきますぅ~。

| 旅行記 | 21:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファイナル・デッドサーキット

『ファイナル・デッドサーキット』
 THE FINAL DESTINATION

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】デイヴィッド・R.エリス
【出演】ボビー・カンポ/シャンテル・ヴァンサンテン/ミケルティ・ウィリアムソン/クリスタ・アレン/ララ・グライス/ミケルティ・ウィリアムソン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
猛スピードで爆走するカーレースのサーキット場で、観客を巻き込む壮絶な大クラッシュが発生。スタンド席にいた若者ニックが見た予知夢のおかげで9人の男女が奇跡的に難を逃れるが、死の運命は彼らを見逃してはくれなかった…。

【感想】 ネタバレ
はい、お馴染みの『ファイナル・デスティネーション』シリーズの4作目にあたるこの作品は、流行の3Dにて肉片を観ようじゃないか!的なノリの映画でございます。原題が『THE FINAL DESTINATION』とし、あえてパート4と付けなかったのには、原点に振り返るという意図があったからなのかどうかは定かではありません・・・。

今回はサーキットでの事故を予知。死ぬ運命だった9人は、予知により生き残ってしまったため、後日死ぬ予定の順番通りに、死が追いかけてくるというおなじみの展開です。もちろんこれまでのシリーズを観てきた人は、お決まりのパターンなのでで、製作側もいかに死に様を面白く、グロく見せることに力を注いだというところでしょうか。

ということであれば、楽しみはただ一つ、死に様を皆さんでたのしみましょう!
3Dということもあってなのか、なんか安っぽいCGに頼りっぱなしで、やりたい放題感が出てしまっています。とにかく、人が次々と有り得ない連鎖にて、切り株、破裂、ぺちゃんこ、ぶっささりと何でも有りな、グログロ展開であっさりと死んでしまいます。

こんなシーンばっかです↓
ファイナル・デッドサーキット_肉片

ということで、今回も死に様チェックいってみましょ(笑)

①カーター:燃料タンクが倒れて車が炎上し爆死
 →まずは、ジャブ的な死に方

②サマンサ:芝刈り機に挟まった石が飛んできて頭部を貫かれ死亡
 →前置きピタゴラ関係なぃ~

③アンディ:ガス管が、破裂し飛んできてフェンスに激突し胸部がフェンスの形に切れ死亡
 →フェンスの切れ味良すぎ!お肉コロコロ。
ファイナル・デッドサーキット2

④ハント:排水口にお尻が吸いこまれ、体を排水口に吸い込まれ死亡
 →早めの死が意外

⑤ジョナサン:落ちてきたバスタブに潰されて死亡
 →ありえなさすぎる・・・

⑥ジョージ:救急車にひかれ死亡
 →はや!ソッコ死にすぎ!

⑦ニック:トラックが突っ込んできて、吹き飛ばされ壁にぶつかり即死
 ローリ:トラックが突っ込んできて、吹き飛ばされ壁にぶつかり首の骨が砕け死亡
 ジャネット:トラックのタイヤの下敷きになり体の骨が砕け死亡
 →おぉ~、まとめて骨骨映像~!おもしろいぃ!

ここまで来るともう笑うしかなく、人間破壊エンターテイメントといっても過言ではなく、ストーリーもへったくれも無いのですよ。建物の建付けが悪すぎる過ぎるやろ!と突っ込みたくなるほど、簡単に壊れて人間を襲います。

う~ん、これはシリーズ好きな人しか楽しめない作品になってきたなぁ。3年ごとに続編を出し続けているのですが、はてさて次の3年後には、また作られるのでしょうか?

【満足度】


【関連記事】
ファイナル・デスティネーション
デッドコースター
ファイナル・デッドコースター
ファイナル・デッドブリッジ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 01:58 | comments:15 | trackbacks:2 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT