2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ディセント2

『ディセント2』
 THE DESCENT PART2

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・ハリス
【出演】シャウナ・マクドナルド/クリステン・カミングス/ジョシュア・ダラス/アンナ・スケラーン/ノーラ=ジェーン・ヌーン/アレックス・リード



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
アパラチア山脈に面した田舎町の洞窟で行方不明事件が発生。唯一の生還者・サラが血まみれで発見されるが精神状態は不安定で、しびれを切らした刑事とレスキュー隊は救助に向うが…。

【感想】 ネタバレ
あの名作ホラー『ディセント』の続編ときたからにゃ~、嫌がおうにも期待は高まります!
続編の設定は、完全に前作の続きのお話です。前作を観ていないと理解できない部分も多いので、必ずパート1から順番に観る必要があります。

前作で生き残った主人公サラが、洞窟から逃げ切れたところからいきなり始まります。んでもって、この先どうするんだ?と思っていたら、なんと再度洞窟に入っていくんだもん、ちょっと無理やりな設定。彼女は、事件時の記憶が飛んでいるのですが、警察もこんなに衰弱している被害者の彼女を、当事者だからってまたまた洞窟に連れて行かないでしょうがよぉ~!

ということで、全く同じ洞窟でのお話になっております。
さて肝心の内容ですが、もしこの映画のタイトルが付いていなければ、合格点な映画なんですよ。しかし、前作が良すぎてしまいました。『ディセント』の恐怖といえば、やはり身がゾゾゾッっとなる程の暗くて狭い世界観の中で、得体の知れないものに襲われる恐怖なのですが、襲ってくるモンスターが分かってしまっていますし、洞窟の恐怖というものも表現しききれていないのです。

ディセント2

それでもグログロなシーンは健在♪
地底人をなかなかの面白い方法で次々とぶち殺していきますが、観ていてスカッとします。といっても、結構グロイシーン満載なので、その手の映像が苦手な人には厳しい内容かもしれません。この戦いは、まさに視覚VS聴覚の戦いともいえましょうか。

ジュノを再び登場させるところは個人的には好きでしたが、ラストのオチはちょっと意味不明です。てか、あのオヤジ誰よ???もしかして、続編作る気なの!?
もぅ、やめようよ~~~ o( ̄ー ̄;)ゞ

【満足度】


【関連記事】
ディセント

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| サバイバルパニック | 00:50 | comments:8 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

エルム街の悪夢

『エルム街の悪夢』
 A NIGHTMARE ON ELM STREET

【製作年度】1984年
【製作国】アメリカ
【監督】ウェス・クレイブン
【出演】ヘザー・ランゲンカンプ/ロバート・イングランド/アマンダ・ワイス/ジョン・サクソン/ロニー・ブレイクリー/アマンダ・ワイス



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
高校生のナンシーは、鋼鉄の爪を持った男・フレディに追われる夢に毎晩悩まされていた。ある夜彼女が悪夢から目覚めると、体には夢の中で負ったはずの傷が残っていて…。

【感想】
近じかリメイク版が上映されるということで、振り返り鑑賞!(楽しみですね~♪)
『エルム街の悪夢』シリーズといえば、なんといってもフレディ・クルーガーの存在!『13日の金曜日』シリーズのジェイソン・ボーヒーズと日本では2大アメリカホラー殺人鬼としてあまりにも有名。

夢の中で人を襲うフレディはたちが悪い。夢の中なんてひどいよねぇ。これは、防ぎようが無いもん。彼に会わないためには、眠らないことですから、絶望的です。この設定、他のホラー作品によくある単に殺人鬼が襲ってくるという恐怖にとどまらない、別種な恐怖を味わえるというところで、人気も出た作品です。

日本では、よくお笑いでパロディーとしてフレディを演じられることもありますが、赤と緑の横縞セーター、茶色帽子に武器は右手にはめられた鉄の爪という設定も良く、愛嬌もあるキャラとしても確立されていますね。そして、1作目では、泡風呂に入っている女性の股の部分から、こそっと爪の手が浮き出てくるシーンは、印象を残す場面になりました。
フレディ・クルーガー

後に続編として8作もの製作されているホラーシリーズになりますが、どれも1作目を超えることはできず、それどころかお笑いに走ったりと、フレディーの怖さが台無しになってしまってます。やっぱり、フレディーは邪悪な存在としてこそ価値があり、1作目のフレディーこそが一番ふさわしくあるのです。

監督のウェス・クレイブンは、一気に名を上げ、後には『スクリーム』とヒット作も出しました。そして、なんといってもヒロインのボーイフレンド役がジョーニー・デップなのです。なんとデビュー作となる記念すべき作品にもなりました。彼の若かりし演技を観れるだけでも、価値があるのではないでしょうか。

【満足度】


【関連記事】
エルム街の悪夢(リメイク)

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| スプラッター | 21:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |