2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マシニスト

『マシニスト』
 THE MACHINIST

【製作年度】2004年
【製作国】スペイン/アメリカ
【監督】ブラッド・アンダーソン
【出演】クリスチャン・ベール/ジェニファー・ジェイソン・リー/アイタナ・サンチェス・ギヨン/マイケル・アイアンサイド/アンナ・マッセイ/ジョン・シャリアン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
工場で平凡な機械工として働くトレバーは、極度の不眠症に陥り、すでに1年間もほとんど眠っていない状態だった。ある日、彼は自宅の冷蔵庫に不気味な張り紙を見つけ奇妙な不安に襲われる。それと前後して、彼の周囲では不可解な出来事が次々と起こり始める。その影には新入りの同僚アイバンの姿が。ところが、トレバー以外の誰もそのアイバンという男の存在を知らなかった…。

【感想】 ネタバレ
まず、映画の内容よりも驚愕するべき事実として、あの『ダークナイト』や『ターミネーター4』で有名な俳優クリスチャン・ベールの脅威のダイエットの姿である。この役のために4ヶ月の間、毎日りんご1つとツナ缶1つの生活で、体重はなんと54kgに落とした。見てください、このやせ細った骨と皮だけの姿を。

さらに凄いのは、わずか4ヵ月後には『バットマン・ビギンズ』の撮影を控えていた彼は、今度は45kgの増量をしたという、素晴らしい役者魂の持ち主です。ジャケ写の不気味な格好は、映画では一瞬しか出てきません。なのに、痩せているだけで、これほどまでに印象的で不気味な姿に・・・。

マシニスト クリスチャン・ベール

1年間眠れない謎、冷蔵庫の不気味な張り紙、誰も存在を知らないアイバンという男の存在。不思議な雰囲気で流れていく中、謎に苦悩し続ける男トレーバーの姿を描いた作品。苦しみながらも何とか解決策を見出そうとするトレーバーだが、実ることはなく精神崩壊へと突き進んでいく。なんとも痛々しく、薄暗い彼の精神状態の中身を表現することで、常に緊張して観ることができます。

勘のよい人は、トレーバーの苦しむ理由は大体分かると思いますが、分かったとしても不思議な世界に引き込まれて作品を見入ってしまいます。常人が人をあやめ、その場から逃げてしまった時、被害者だけではなく、加害者も苦しみと傷を残してしまう。ひき逃げしたことは許されませんが、これだけの苦しみを味わった彼は、余りにも大きい罰を受けてしまいました。

眠れない1年間、ことごとく分岐点で間違った方を選択したトレーバーが、最後の最後に警察に自首をするという正しい選択をし、苦しみから解放され、1年ぶりの睡眠を取れる彼には安らぎの顔が見えました。しかし、彼には今度は現実の重い罰が待っています。結局、人間罪を犯してしまうと、相応の罰は必ず受けることになってしまうんですよ・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ヒューマンドラマ | 22:30 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

REC2

『REC2』
 [REC]2

【製作年度】2009年
【製作国】スペイン
【監督】ジャウマ・バラゲロ
【出演】ジョナサン・メイヨール/ジョナサン・メヨール/オスカル・サンチェス・サフラ/アリエル・カサス/アレハンドロ・カサセカ/マヌエラ・ベラスコ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
謎の“感染”に侵され完全隔離されたアパートに、特命を受けた医師と警官が突入する。それぞれの頭にCCDカメラを装着した彼らは、感染者の襲撃に怯えながら最上階を目指す。

【感想】 ネタバレ
POV(Point of View Shot)ムービーとして1作目『REC』は大ヒット!続編になる、今作は時間軸も1作目の直後のお話になるので、いきなりパート2からの閲覧は厳しい。もちろん、POVですが、今回は1つのカメラ視点ではなく、複数のカメラ映像を使い臨場感満点の演出は健在!

褒めてばかりいられないのは、1作目と毛色をころっと変えてしまった。前作は、完全にゾンビ映画なのですが、行き着いた先は、オカルトでした・・・。

語られなかった謎が、神父やら悪魔やらを使うことで、あまりにも簡単に謎解きが終わってしまい、悪魔なら噛まなくても、体を乗っ取れないのか?とつっこんでしまいそぅ(汗)さらに、オカルトというジャンルになったおかげで、超常現象といっても過言ではない、物理的には不可能な状況をいとも簡単に映像にしてしまい、この展開が残念でしょうがないのです。(あの架空?の井戸に連れ込まれた人はどこ行ったのぉ!?)

前作で出てきた感染者も圧倒的にいなくなってない?一体どこに行ったんだよぉ~と思ってしまうほど、都合の良い時だけ感染者を登場させるという演出で、クオリティーの高かった1作目は一体なんだったんだろうか。
REC2感染

とはいっても、名作の続編は駄作しか産まれないジンクスの中、合格点の出来ではありました。イライラしないPOVの使い方と、緊張感ある感染者との戦いはすばらしいです。時間が85分で、冒頭から余計な説明無いことも手伝ってか終始のめりこむことができて良かったですね。

最も評価したいのは、同じマンションでの出来事にしたところ!
ホラー映画の王道は、狭い場所での追い詰められていく状況が一番怖いと個人的には思っているのですが、大体のホラー映画の続編は必ず広い場所へとステージが変わってしまい、失敗してしまうパターンが多いのです。この作品は広がる感染という誘惑に負けず、再び隔離されている狭い場所の中の出来事にしたところは、拍手!(パチパチ)

でも、パート3を作るのなら、広がる感染しかやりようがないラストですね・・・。
やっぱり、続編作っちゃう?やめない?(いつも言っている気がする)
ま、アンヘラちゃんが主役になりそうだからいいか♪(←アンヘラ好き)

【満足度】


【関連記事】
REC
REC3
REC4 ワールドエンド

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 22:20 | comments:8 | trackbacks:10 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ東海岸訪問記

先日UPした、『ミシガン州訪問記』の続きでございやす~。

ミシガンで仕事した後、ニューヨークに向かってデトロイトから車で往復してきました。
その様子を今回はご紹介!

デトロイトから1日でニューヨークは厳しいので、経由地としてピッツバーグに1泊しました!
ピッツバーグと言えば、ジョージ・A・ロメロ御大がほとんどのゾンビ作品を自主制作してきた場所。名前を聞くだけで心躍ります。しかも、と~っても景色が綺麗でも有名。
だけどだけど、観光する時間ナッシング(悲)なので、写真は車の中で苦し紛れに撮ったものばかり・・・。
東海岸1

私の好きなメジャー球場めぐりも・・・。
ピッツバーグ・パイレーツのPNCパークただ素通りなんて、かなしぃ~。
東海岸2

ピッツバーグをテーマにした映画といえば、『ピッツバーグの秘密の夏』や『アイアン・メイズ ピッツバーグの幻想』などがありますでしょうか。

ようやく着いたニューヨークマンハッタン!(以前のニューヨークの記事はこちら
相変わらず、イエローキャブのクラクションと人ごみとで、せわしい街です。
う~ん、どうも好きになれない・・・。
東海岸4

今回は、マンハッタン島とブルックリンをつなぐ2つの橋が綺麗に写真撮れました!
前にも写真UPしましたが、まずはブルックリンブリッジです。
東海岸5
この橋が出てくる映画はたくさんありますね。
『アイ・アム・レジェンド』『クローバーフィールド』、『サタデー・ナイト・フィーバー』、『ファンタスティックフォー』などなど。

そして、お隣の橋のマンハッタンブリッジです。(奥には、ブルックリンブリッジ)
東海岸6

ブルックリン方面にも訪問したのですが、遠めから見た、マンハッタンの景色です。
一番高いビルはもちろん、エンパイア・ステート・ビル。
東海岸7

その夜、ニュージャージーのホテルに宿泊したのですが、珍しいものを食べました。
東海岸3
ん?ただの寿司って!?右下の白いネタ何か分かりますか?
これは、ホワイトツナです!日本語名は、アブラソコムツ。
なんと、日本では食用禁止なんですよ~!脂が消化できないらしくお腹を壊すらしいですが、結構海外では平気で食べられているようです。んで、次の日・・・。
じぇ~んじぇん平気!

帰りは、バッファロー経由で。(以前のバッファローの記事はこちら
ナイヤガラに寄りましたが、珍しい景色が!分かります?虹がダブルです!
東海岸8

最後に、恒例のおみやDVD。いぇ~ぃ。
東海岸9
つか、またホラーだし・・・。
アカデミー作品賞の『ハート・ロッカー』も有ったのに見向きもせず(爆)

これにて、今回の訪問記はおしまい!

| 旅行記 | 01:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT