2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キャビン・フィーバー

『キャビン・フィーバー』
 Cabin Fever

【製作年度】2002年
【製作国】アメリカ
【監督】イーライ・ロス
【出演】ライダー・ストロング/ジェームズ・デ・ベロ/ジョーダン・ラッド/セリナ・ヴィンセント/ジョーイ・カーン/ジェームズ・デ・ベロ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
5人の若者は夏休み、森の奥のキャビンを借りて過ごすことに。酒とドラッグとセックス三昧で盛り上がる彼ら。そこへ、血だらけの男が突然乱入してくる。5人はパニックになりながらも男を追い払い、平静を取り戻す。しかし翌日、カレンの身体に異変が生じる。皮膚が膨れ上がり、やがて爛れて血があふれ出てきたのだ…。

【感想】 ネタバレ
『ホステル』で一躍有名になった監督、イーライ・ロスの初監督となるB級ホラー。
お決まりのバカ若者に山小屋にエロシーンとどこかで観た事あると言いたくなりますが、さらにお決まりパターンとしては異常殺人鬼が付きものでしょうが、あえて感染に持っていったところが面白い発想ですね~。さすが、タランティーノがB級監督として一目置いただけあります。ちなみに、監督自身チョイ役で出ていますが、全くストーリーには要らない人物。最後何故か内蔵垂らして死んでるし(爆)

感染といっても、確実に死に至るひどいもの。その死に方がグロイのなんのって・・・。時間がたつにつれ、皮膚が腐っていき、血を噴出してしまい、感染者はジワジワと死に至っていくというなんとも恐ろしい症状です。カレン役のあの美しいジョーダン・ラッドもガイコツ丸出しになるまで腐っちゃいました・・・。(しかも、生きたまま犬に食われているし。)

100年の恋も冷める瞬間(意外と豚っぱな)
ジョーダン・ラッドが無残

感染と言う恐怖は、愛情も友情もぶった切っちゃいます。仲間が感染してしまった瞬間から自分の命第一!お互いいがみ合い、感染しないように避けあう姿が、子供の喧嘩っぽくてなんとも惨めなんですね。こういったシーンは、単なるB級スプラッタとは違った心理的った一面を織り込んだ場面であるかもしれません。(←褒めすぎかも・・・)

ただし、冒頭の監督の出演でも述べましたが、この映画無駄なシーンが多い!
中でも一番無駄&謎のなのは、「パンケーキ!」と叫びそして、カンフーしながら噛むという全くもって意味不明な少年。観た瞬間、???となりハァ?と突っ込みたくなるほど、さぶいものがありました。監督の意図が全くつかめないのですよね(汗)

水による感染効果を生かして、ラストはお決まりの感染拡大!レモネードで、村人まで感染するのは良かった!美味しい水として、さらに全国発送ですか!んで、肝心の感染元は明かされず・・・。ま、いいか!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サバイバルパニック | 01:36 | comments:12 | trackbacks:2 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |