2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【特集】「死霊のはらわた」of 粘土

前回の特集では、クレイアニメのホラー作品を見てもらいました。
今回はあの、サム・ライミ監督の『死霊のはらわた』を、粘土でなんと1分のダイジェストにまとめた名作です。

粘土もすごいのですが、1分ですべて分かるという秀作です!
完璧に、要点をとらえています。お見事!



映画を観たことある人もない人もこれを見れば、びっくり!

【関連記事】
死霊のはらわた
【特集】クレイアニメホラー
【特集】CHAINSAW MAID
【特集】CLAYMATION

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| こわいもの特集 | 22:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェノミナ

『フェノミナ』
 PHENOMENA

【製作年度】1984年
【製作国】イタリア
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】ジェニファー・コネリー/ダリア・ニコロディ/ダリラ・ディ・ラザーロ/ドナルド・プレザンス/ダリラ・ディ・ラッツァーロ/パトリック・ボーショー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
スイス、チューリヒ郊外で少女の無残な死体が発見された。ウジがわき、ハエが飛び交う遺体から、警察は昆虫学者のマクレガ-と、虫と交信出来ると言う特殊な能力を持つジェニファーの力をかりて犯人の追跡を行う。

【感想】
まず語るべきことは、当時14歳のジェニファー・コネリーの無垢な綺麗さと演技力の凄さです。体当たりな演技は、衝撃の死体&蛆虫プールにドボンまでありますが、やってしまう度胸も凄い!恐らく、水飲んでるよね・・・。彼女なくしては、この映画は成り立たたず、ホラーながらも、彼女のおかげで妙に綺麗な雰囲気が出ているんですよね。
フェノミナ 蛆プール

次に語るべきは、ヘビメタ音楽でしょう。ダリオ作品では語らずして入れない、ゴブリンの音楽。内容に全く合わないところで、急に激しい音楽が流れます。唐突過ぎるのですが、何か見るものを殺気立たせ、不安にさせる要素十分です。画期的なミスマッチとでも言いましょうか!

さて、この映画で重要となってくる虫なのですが、色々な種類を登場させてくれます。通常の映画なら、虫に対しての嫌悪感が出てしまうところなのですが、妙にこの映画では虫が気持ち悪いと思えさせないところがあります。少女と虫の交信により虫君を味方につけるという、面白いアイデアによる神秘的な一面も出しています。

綺麗な要素ばかりでは有りませんよ!しっかり、グロイですしオゲレツシーンなんかもあります。作品が80年代と言うことを考えると、当時はかなりの衝撃な映像ではなかったでしょうか。しかし、他のダリオ作品を比べてしまうと、おとなしめではあります。ダリオ作品フリークならずとも一般的にも受け入れられやすい彼の作品の中では良心的な部類でしょうね。ま、ラストはやらかしちゃってますけど・・・ (゚ρ゚*)

美女をこれでもか!っといわんばかりに汚物で汚す、変態作品ですな(汗)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 23:10 | comments:9 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

【製作年度】2009年
【製作国】スウェーデン
【監督】ニールス・アルデン・オプレヴ
【出演】ノオミ・ラパス/ミカエル・ニュークヴィスト/スベン・バーティル・タウベ/レナ・エンドレ/ペーター・ハーバー/マーリカ・ラーゲルクランツ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
社会派月刊誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正を告発した記事で逆に名誉毀損の有罪判決を受けていた。そんな彼のもと、大財閥ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリックからある調査依頼が。それは、ヴァンゲル一族が暮らす孤島で40年前に起こった未解決の少女失踪事件を再調査してほしいというものだった…。

【感想】
スウェーデンの世界的ベストセラー『ミレニアム』3部作を映画化したミステリー。その第1弾に当たる作品です。

久々に見ごたえある、ミステリー映画!
超大作をよく2時間30分に収めれたなというのが率直な感想で、しっかりまとまりがあり、だらけるところも無く、ハンニバルシリーズ、ダ・ヴィンチ・コードシリーズに全く見劣りせず!

特筆すべきは、作品のミステリーとしての優秀さもそうですが、社会派ジャーナリスト ミカエルとハッカー リスベットの凸凹コンビの愛の行方がなんともいえず面白く引きこまれる。一見さえない中年おじさんのミカエル、一方暗い過去の傷を負ったリスベットは髪が短く、鼻と眉にピアス、背中にはドラゴンタトゥー。普通では絶対にかかわりを持つことが無い二人が一つの事件を追いかけることにより、心がつながっていきます。ほほえましいと思った直後、もどかしい~って思える関係がなんともいえない。(クゥ~ってなります。)

↓ 全く合わないちぐはぐな二人
ミレニアム_ミカエル
ミレニアム_リスベット

ミステリーもしっかり堪能。容疑者候補が多数という難題の中、リスベットの知能とミカエルの洞察力が見事にマッチして、どんどんと事件を追及していく。一方で猟奇的殺人事件の残酷さも見え隠れし、目覆いたくなる残酷なシーンや、見ごたえある逃走劇ありと、大満足の内容でした。 O(≧∇≦)O

ただし、女性に対する暴力シーンが数多く出てきます。恐らく女性からすると嫌な気持ちになるシーンが多いかもしれません。でも、リスベットの男性への復讐そして芯がしっかりした彼女の性格を見ていると、スカッとさせてくれますよ!

そしてDVDの特典映像も必見!
うへっ!?リスベット役の女優さんこんなにかわいらしいの!?役柄の外見や性格からは、全くかけ離れた姿でのインタビューシーンは驚かされます。

デビッド・フィンチャーによるハリウッド・リメイクも決まったそうですが、恐らく原版には勝てないでしょう。それより、続編観なきゃ♪

【満足度】


【関連記事】
ミレニアム2 火と戯れる女
ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
ドラゴン・タトゥーの女

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 00:53 | comments:4 | trackbacks:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT