2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八仙飯店之人肉饅頭

『八仙飯店之人肉饅頭』

【製作年度】1993年
【製作国】香港
【監督】ハーマン・ヤウ
【出演】アンソニー・ウォン/ダニー・リー/シン・フイウォン/ラウ・スーミン/パクマン・ウォン



【イントロダクション】 
中華料理屋の店主からマージャンで勝った金を取ろうとしたことから店主一家7人を殺してしまい、その死体を事もあろうに肉マンの具にしていた店員の狂気の行動を・・・。

【感想】
さて、今年もラストのレビューとなりました。1年あっという間ですね・・・。
毎年、ラストレビューは常人ではあまり見ないマニアな映画を紹介と決めており、今まで『食人族』『ドッグヴィル』と書きましたが、今年の締めくくりはとうとうこの作品を出すことをお許しください・・・。

マカオで実際に起きた、料理店の一家を惨殺しその人肉を饅頭にして客に出していたという、ゲロゲロな事件を元に作られた問題作。映画の触れ込みは、「女性子供には絶対見せないでください」ですが、もうひとつ付け加えておきましょう。
「これからも肉まんをおいしく食べたい人は、絶対見ないでください」

人肉ミンチ ( ̄□||||!!
人肉饅頭1

主演のアンソニー・ウォンはこれで香港アカデミーの主演賞を受賞したのだが、確かに猟奇的でものすごい演技は驚かされるものがある。しかし、この映画で映画賞を堂々と取れる香港の情勢にも驚かされます。

よく映画として作成し、放映する許可が出たなと思える過激な残酷シーンが目白押しである。目玉に伝票を刺す針をぶち込むは、女性をレイプしたあげく股に大量の割り箸でブスリだわ・・・。殺した肉を、ご丁寧に包丁で解体し、ミンチにして肉まんになるまでもしっかり映像化されてます。次の日おいしそうに客や刑事が食べる姿を見せられたら、肉まんトラウマになるのは当然かも(汗)
人肉饅頭3

え、何?こんなチョロい映像で引いちゃってるの!?って製作陣があざ笑うかのような、ラストの一家惨殺シーンは地獄です。
人肉饅頭2
両親を目の前で惨殺された子供達を次々に中華包丁で首をざっくり。一人の子なんか、テーブルにあげられ、チョンパされちゃうんですから、日本では考えられない映像が繰り広げられます。
人肉饅頭4

でもね、残酷シーンだけでとどまらないのがイカレ映画として評価される所以。犯人に一家惨殺を自白させたいがために行う、警察の拷問が半端無い。殴る蹴るは当たり前、トイレに顔を突っ込まされるは、しょうべんかけられるは、最終手段は三日三晩睡眠をとらせない。寝そうになったら、引っ叩きまぶしい光を浴びせる。挙句の果てには、背中に水を注射し、寝転べば激痛が走るという手段までとる。

さて、どうでしょうか?読んでるだけでも吐き気がしそうな内容でしょう。でも、警官たちのお馬鹿なコメディータッチの場面にも救われ、映画としては成り立っちゃっているのですなぁ、これが。といっても、はっきり言いまして全くお勧めできるような映画ではないのは確か。

こんなにも救いようが無い映画が平気で作られ公開される香港っていったい・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サイコ、スリラー | 04:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良いお年を!

少し早いですが、事情があり年末のご挨拶です。

今年も1年、あっという間に終わりました。
振り返ってみると、仕事で出向していたのが解除され本社に戻り、勤務地が家から近く、駅に映画館まで設置されるという好条件で、映画館にたくさん通った年でした。もちろんレンタルでもB級作品を中心に、古いものから新作までありとあらゆる作品に出会えて満足であります。

ブログも順調にアクセス数も増えて、こわい映画好きな人も多いんだなと思えました。下手くそな文章で申し訳ないですが、これからも少しでもこわい映画を紹介できればと思います。

今年のお正月は実家ですごします。実家は、今年『竜馬伝』でブレイクした土佐の高知であります。年末休暇をとって明日から、現住宅の関東から車での旅にしたいと思います!初挑戦です!

なので、この記事でしばらくコメントへの返事ができませんので、ご了承ください。
といっても、今年ラストの映画レビューは、とっておきの作品を予約投稿しますので、お楽しみに!

では、1年ありがとうございました。
良いお年を!

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| つぶやき | 22:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4匹の蠅

『4匹の蠅』
 FOUR FLIES ON GREY VELVET

【製作年度】1973年
【製作国】イタリア
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】マイケル・ブランドン/ミムジー・ファーマー/ジャン=ピエール・マリエール/バッド・スペンサー



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
自分を付け狙う謎の男ともみ合い、誤って相手を刺殺してしまったロック・ミュージシャンのロベルト。その夜を境に、彼の周囲で不可解な事件が続発し始めて…。

【感想】
イタリアンホラーの帝王ダリオ・アルジェントの幻のホラー解禁でございます~!!『歓びの毒牙』『わたしは目撃者』に続く、動物を謎解きに用いた動物三部作の最終作といわれています。この時代のアルジェンドは、イタリアのヒッチコックといわれていたほどなので、この作品は特にヒッチコックを思い出させるような展開でした。

といっても、はちゃめちゃは健在!
お手伝いさん殺されるシーンなんかは、なぜか現実と違う世界に入り込んだようなシーンになりますので、何が何やら分かりません。犠牲者の眼球を摘出して網膜を調べ映像化ってのも、とっても強引ですわね。映像が、4匹の蝿を思わせる影がってところから、タイトルが来ているのもちとありきたり・・・。(というか、蝿のペンダントってどういうこと・・・?)

犯人は誰なんだ?って最後まで分かりませんでしたよ。分かってしまえば、すべてはつながるのですが、強引すぎて逆に意外過ぎました。ドラムの音に混じっての犯人とのやりとりで、アルジェンド監督らしいと半ば強引に納得させられ。ラストも強引なスローモーション&刹那なミュージックはマニア生唾ものでしたよ(笑)

この監督の映画やっぱりグロいんでしょ?って方、心配ありません。グロシーン一切なしです。殺人シーンも遠慮がちな映像に、初期はおとなしかったんですね。あえて怖いを挙げれば、犯人の仮面が一番だったかも。
4匹の蠅1

さて、DVDの特典映像の渋谷シアターNで37年ぶり期間限定公開時の予告映像は偽りありでしたね。映画に無い映像が入ってるじゃないですか!しかも、仮面を壊していくシーンが怖いのなんのって。はっきりいって、本編より予告映像の方が、怖いって(爆)

どこかユーモアもある初期アルジェント監督のサイコスリラー、ファン必見ですぞ!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| サイコ、スリラー | 23:50 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT