2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

殺人の追憶

『殺人の追憶』
 MEMORIES OF MURDER

【製作年度】2003年
【製作国】韓国
【監督】ポン・ジュノ
【出演】ソン・ガンホ/キム・サンギョン/パク・ヘイル/キム・レハ/ソン・ジェホ/ピョン・ヒボン/チョン・ミソン/イ・ジェウン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ソウル南部の農村で手足を縛られた若い女性の無惨な変死体が発見される。数日後には、同様の手口で2人目の犠牲者が出た。刑事達の懸命な捜査も空しく、有力な手掛かりが掴めない。捜査は行き詰まり、犠牲者だけが増えていく。そんな中、ついに一人の有力な容疑者が浮上してくるのだが…。

【感想】
どしんと暗く、湿っぽく、どんよりした感覚が常につきまとう、観ていて嫌な胸騒ぎが止まらない映画。アジアサスペンス映画でここまでの雰囲気を作れた作品は、他にはないのではないか。しかも、殺害シーンは全く描かれていないのですよ。

なのに、何?このどんより感・・・。

実際に韓国で起きた華城連続殺人事件をモチーフに描かれた作品です。事件は、未解決につき犯人が分からないのは分かっているのですよ。でも、、、

犯人捕まって欲しかった・・・ il||li_| ̄|○il||li

これほどまで、犯人が捕まえられないくやしさ、にくさを覚えた作品はありません。殺された女性達の無念さだけではなく、刑事たちの絶望が痛いほど分かってしまう驚愕の結末。刑事たちの努力が一瞬で打ち消された瞬間は、怒りさえ覚えるほど・・・。

しかし闇を持っていたのは犯人だけではなかった。
刑事たちもどうしようもない闇の中生きていた。のどかな田舎の地元刑事パク達には事件が重過ぎました。証拠も無いのに犯人をでっち上げるためを拷問とも呼べる取調べで、事件を無理やり解決しようとする殺伐としたシーンが続きます。差別という言葉なんてお構いなし。

対して、ソウル市警から派遣されたソ・テユン刑事は頭脳派で冷静。
・・・のはずだった。でも、終いにはパク刑事とテユン刑事の仕事ぶりは逆転。冷静なテユン刑事を狂わせたのは、どんなに捜査しても見えてこない犯人。犯人の亡霊にうなされ彼をおかしくさせてしまいました。

圧倒的存在感でパクを演ずるはソン・ガンホ。冷静な都会刑事を演ずるはキム・サンギョン。なんとも適役過ぎる二人の存在感でしょうか。彼等の迫真の演技が、この映画に緊張感を与えます。
殺人の追憶1

さて、問題のエンディングシーン。
これまたエグイ(視覚的にという意味ではないですよ)ですわ・・・。パクが見つめる先には誰を想像していたんでしょうか・・・。

やっぱり、くやしいね~~~ (ノд・。)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 08:09 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ぼくのエリ 200歳の少女

『ぼくのエリ 200歳の少女』
 LET THE RIGHT ONE IN

【製作年度】2008年
【製作国】スウェーデン
【監督】トーマス・アルフレッドソン
【出演】カーレ・ヘーデブラント/リーナ・レアンデション/ペール・ラグナー/ペール・ラグナル/ヘンリック・ダール



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う。自分よりも大人びた彼女に次第に心惹かれていくオスカーだったが…。

【感想】 ネタバレ
人間とヴァンパイアの切ない恋。といえば、『トワイライト』を思い出しますが、それが足元に及ばない程の名作でした。ちなみに恋愛映画大嫌いの私なのですが、こういう恋愛は大好物!

スウェーデンの綺麗な雪化粧風景の中、静かに淡々と進む、幼い恋と残酷な殺戮。相反する2つが見事に融合し美しさすら感じてしまう。12歳の子供だからといって映画の質も一切落としておらず、2人の演技に完全に心をうたれてしまいました。

いじめられっこのオスカーに勇気をくれるエリ。エリのおかげで、オスカーはいじめられっこに仕返しをすることができました。暗い過去を持ったエリに好意を抱くオスカー。オスカーのおかげで、エリの心にも温かさがともった。徐々に近づいていく二人。でも、決して幸せになれない禁断の恋。
ぼくのエリ1

エリの父親と描かれていた男性。はっきりとした説明無いですが、彼もまたオスカーと同じくエリを愛してしまった一人でしょう。年齢が止まったままのヴァンパイアに対し、年齢を重ねていく人間にとって、一人衰えていくことは辛いこと。次第に年齢が近いオスカーに惹かれていくエリに、「今夜は会わないでくれ」の一言が印象的。命までかけてエリを守る彼もまた、エリに魅せられた人間。

オスカーも必ず同じ運命をたどるんだよね・・・・・・。

過酷なヴァンパイアのルール。日に当たれない、血を吸って生きるというのは当たり前でしたが、この映画で初めて知った(この映画だけか?)ルール。歓迎されないと部屋に入れない。へんてこなルールだが、守らないと血だらけになってしまう。個人的には、このエリの血だらけシーンがやけに印象的でした。
エリのルール

ラストのプールシーンでは無音の中、頭や腕が引きちぎられていく。残酷なシーンなのに、エリの美しい顔のアップとオスカーの微笑みのおかげで、一転綺麗なシーンになってしまった。モールス信号を送りながら、二人の恋はどこまで行くのだろうか。

見事な作品は、やはり数々の賞に輝いています。もちろんハリウッドリメイクも決定。でも、この雰囲気はスウェーデンであったからこそ作れたものでしょう。

最後にクレームを作品ではなく、日本の配給会社&映倫に出さないといけません。
まずは、タイトル。“200歳の少女”は余計でしょ!このタイトルのおかげで、すっかり観る前に先入観を持ってしまった。もう一つは、エリの着替えシーンでの股間のボカシ。これに関して調べてみると、本来は去勢された傷跡になっているようです。そうなんですエリは男性!オスカーはそれをみて驚くというシーンなのだが、ボカシを入れられているため、物語の重要なシーンで意図が全く伝わってこないのです。(私もネットで調べて初めて分かった)

フリーセックスで有名(性犯罪でも)なスウェーデンに対し、まったく卑猥ではない映像にまで股間ということだけでモザイクをかけてしまう、古い考えの日本のスタイルにあきれるばかり。

【満足度】


【関連記事】
モールス

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| ゴシック | 21:49 | comments:14 | trackbacks:10 | TOP↑

≫ EDIT

ゾンビランド

『ゾンビランド』
 ZOMBIELAND

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】ルーベン・フライシャー
【出演】ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/アンバー・ハード/ビル・マーレー



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ある時、謎の新型ウィルスの蔓延で世界はゾンビだらけに。そんな中、ひきこもりの大学生コロンバスは、独自のルールを実践して生き延びていた。やがて彼は、ゾンビ退治に執念を燃やすタフガイのタラハシー、元は詐欺師をしていた美人姉妹のウィチタとリトルロックと出会い、4人で旅を続けるのだが…。

【感想】 ネタバレ
前日に『ソーシャル・ネットワーク』を映画館で観た後に、全く無知でこの作品を観たら、ジェシー・アイゼンバーグが出演していてびっくり!全く違うジャンル映画の役柄の彼を続けて観るってのも変な感じ。
ゾンビランド2

ゾンビといっても、怖くもなんともなく悪乗り具合が激しいコメディー。世の評論は、高評価で多くの映画賞にも受賞&ノミネートされており、クエンティン・タランティーノも2009年のベスト5にも挙げている映画であります。

冒頭のスローモーションで、いきなりB級好きの心躍らされ♪
ゾンビランド3

ウイルスによってゾンビランドになってしまった地球でおりなす、ドタバタ劇は笑うしか無し。登場人物も、妙に愛着を持ってしまう男女4人。ゾンビの世界で生き残るための“32のルール”を自分に課しているオタクのコロンバス、お菓子のトゥインキー命でゾンビを殺すことに絶対の自信を持ったタラハシー、詐欺師の美人姉妹ウィチタ&リトル・ロックは男性陣を振り回す、と全く合わなそうだが良い笑いのバランスが取れた組み合わせ。
ゾンビランド

と、前半はいい感じだったのですが、中盤ちょっとダラケたね~ ε-(´・`) フー
ビル・マーレイ邸のくだりが長いんよ!本人登場も最初面白かったのに、長くいつわってしまうとシラけてしまうんです。ここはチョイ役に徹っしたほうがよっぽど良かったかと。豪邸のくだり全体的に観ていて疲れるので、替わりに格闘シーンをもう少し増やすとか、遊園地シーンをもっと長めに尺を取るとか、前半のテンポを最後まで引っ張って欲しかったなぁ。

ま、その分ラストの遊園地シーンは、ダラケを一瞬に吹き飛ばしてくれるゾンビとの死闘の数々。ゾンビと遊園地の組み合わせが奇抜で、完全にゲーム(特にジェットコースターのシーン)のような映像が繰り広げられます。フリーフォールで、ゾンビに襲われながら、上がり下がりするシーンなんて、アホか(良い意味で)と思いました(笑)
ゾンビランド4

ホラー嫌いでも、まったく苦にならないゾンビ映画ですので、万人に楽しめる作品。続編も手がけているようなので、楽しみ。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 12:31 | comments:13 | trackbacks:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT