2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウ ザ・ファイナル 3D

『ソウ ザ・ファイナル 3D』
 SAW 3D

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】ケヴィン・グルタート
【出演】トビン・ベル/ケアリー・エルウィズ/ショーン・パトリック・フラナリー/チャド・ドネッラ/ローレンス・アンソニー/ディーン・アームストロング/ナオミ・スニッカス



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ジグソウのゲームを生き残ったボビーは一躍マスコミの寵児となるが、彼の持つメディアの知らない過去が、呪われたゲームを引き寄せる…。

【感想】
おわった~ C= (-。- ) フゥー

いったいどこまで続くのかという興味と、ここまで観たんだからという義務感で観続けて早6年・・・。シリーズ7作目にしてようやくファイナル!いや~長かった。といっても、実は『SAW8』まで作る予定だったらしいのですが、『SAW6』の興行成績が振るわなかったため、一気にファイナル&3Dで完結しちゃったらしいです。

しかし、3Dで公開する意図が分かりません。私も、ラストなので映画館で観たかったのですが、3Dということで値段が高かったし、こういう系統の映画を3Dで観たいとも全く思わないので結局レンタル待ちに。制作費も3Dにしたために、余計に掛かってしまっているようで、何でもかんでも3D化はいかがなもんでしょう・・・。

今回の物語の軸は2つ。引っ張りに引っ張ったジグソウの後継者が誰?(本命:ホフマンで進みます)と、例のごとく罪深き男が捕まってしまい死のゲームを繰り広げていく2本の構成。2つの話や映像をうまく切り替えてくれるため、非常にスピーディーに進み、あっという間の90分でした。

中でも、今までジグソウ後継者としては頼りなかったホフマンが急成長!完全たるゲームと殺戮を繰り広げます。まさにジグソウの仕事ぶりを思わせる程なのですが、そこにはジグソウが持っている哲学やこだわりは無く、完全に自分のための殺戮なのでした。個人的には、ホフマン VS ジルでもっと楽しませてくれるのかとも期待しておりましたが、なんとも一方的だこと・・・。

その仕事っぷりっと言ったら、ファイナルにふさわしく冒頭からラストまでグロ描写出血大サービスしてくれちゃってます。死ぬ人も血の量もゲームもぶっ飛びでグログロ。おまけに今回のゲームは痛い場面が多くて、見ていて思わず、うぐぅ~っと体に力が入っちゃいます。
ソウ ファイナル1

もちろんラストなので、SAWシリーズの残された謎、ゲーム生死が不明な人達の行方が全て分かります。いつもならけなしてしまいそうなラストの展開も、ファイナルということで、やっぱり1作目に戻るのが妥当なのかなぁ~っと妙に納得してしまった。(全然衝撃のラストではないのですがね・・・)

ソウの歴史は、私のグロに対する、耐性が付いてきた歴史と言っても過言じゃないかもしれません。ラストと思うと寂しく感じてしまい、結局はSAWシリーズのファンだったということを強く認識してしまいました。

ここまで作ってきた製作者の方々お疲れ様でした!ならびに、長い間義務的に観てきたSAWシリーズファンの方々、これでようやく開放されますね!ラストということで、満足度も☆1つ多めにつけております~。

「Game Over!」

さよなら、ビリー
ソウ ファイナル2

【満足度】


【関連記事】
SAW
SAW2
SAW3
SAW4
SAW5
SAW6

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| サスペンス、ミステリー | 14:49 | comments:7 | trackbacks:4 | TOP↑

≫ EDIT

ビデオドローム

『ビデオドローム』
 VIDEODROME

【製作年度】1982年
【製作国】カナダ
【監督】デビッド・クローネンバーグ
【出演】デボラ・ハリー/ジェームズ・ウッズ/ソーニャ・スミッツ/レイ・カールソン/ピーター・ドゥヴォルスキー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
カナダのトロントにある地方TV局の社長が、奇妙なビデオテープを発見した。暴力と官能に溢れた映像に、彼とその恋人は次第に虜となっていく。やがてテープに秘められた恐るべき陥穽が明らかになる…。

【感想】 ネタバレ
『ザ・フライ』などが代表作のクローネンバーグ監督の異常さが丸ごと込められたといえる内容です。当時、あまりにも異様な内容にカルト映画扱いされ、興行収入はさえなかったものの、後にビデオ化されてから人気が出ました。

暴力とセックスを売りにしたテレビ局の社長マックスが、もっと刺激が強い映像を求めることで、偶然に拷問,殺戮が延々繰り返される「ビデオドローム」という海賊番組の存在を知ってしまう。なぜか、この「ビデオドローム」を観ることで、腫瘍ができ幻覚をみてしまうという、奇怪なストーリー。

映画を分かりにくくしているのは、現実と幻覚の境が全然つきません。クローネンバーグ監督自身、作品を作っていてその辺は認めているくらいですから。

幻覚の内容がすさまじすぎる。
べっとりした液体をまとい生き物のようにうごめくビデオテープ、マックスの腹に現れる大きな穴(これは女性器を表現しているのか?)、ピストルから触手が生えてきて腕にめりこむ、そのピストルは粘液べっとりでうごめく。
ビデオドローム2

そして異様な光景(というか映像がやばい)はブラウン管TV、生き物のように血管が浮き出たり、悶えるTVを鞭打ったり、しまいには女性の唇を映した画面が異常に膨らみ(まるで乳房のように)マックスの顔をうずめる。
ビデオドローム1

なによこれ?人間が考えた世界なの?
はい、クローネンバーグ監督狂ってます。頭の中は一体どうなっているんでしょう・・・。変態行為、エロス、グロをすべて包含した映像は、常人では理解できない。

腫瘍増殖してはこんなことに・・・。
ビデオドローム3

ラストももちろんTV絡み。エグイ終わりになんだか意味不明・・・。
というか、意味を求めるよりこの異様な雰囲気をとことん体験するに尽きます。

この作品を観ていてちょっと思ったことは、『リング』に通じるところが有ります。ビデオを観ると腫瘍ができ幻覚を見る≒ビデオを見ると呪われ1週間後に死ぬ、TV画面の女性が膨らむ≒TVから貞子というように類似点有り。鈴木光司は意外にも『ビデオドローム』中毒!?(笑)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 09:08 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【特集】海外著名人より地震被害の日本へ応援コメント

被災地の方々、最愛の人を失った方々、哀悼の意を申し上げると共に心よりお見舞い申し上げます。管理人は関東に住んでいますので、少なくとも節電&寄付という形でしか協力できませんが、一時も早く被災地の復興を望んでおります。

多くの海外著名人が、東北地方太平洋沖地震の被害を受けた日本に対して応援コメントを寄せていますので、記載したいと思います。

レオナルド・ディカプリオ
「僕の想いは日本の人々と共にあります。この悲劇的な出来事を乗り越えられることを願っています。」

ミラ・ジョヴォヴィッチ
「日本は私の人生の一部だと感じています。この大被害に、私の胸は張り裂けました。祈りと多くの愛を送りましょう。」

チャーリー・シーン
「日本の痛みと惨状について、我々は深く掘り下げ荒々しいくらいの愛を与えないといけない。極東の親愛なる友人たちが、早い復興をすることを願う。」

リー・ミシェル
「日本の巨大地震と津波を聞いて、大きな衝撃を受けています。私の心と祈りは日本の皆さんとともにあります。」

マライア・キャリー
「すべての愛と祈りが日本のみなさんに届きますように。この悲惨な状況からの復興を願って私たちの祈りはみなさんと共にあります。神のご加護を。アイシテマス」

ブリトニー・スピアーズ
「とても悲劇的。日本のことを思うと心が痛みます。」

パリス・ヒルトン
「ニュースで見た映像に心が痛みます。日本の皆さんが心配です。私の心は日本の皆さんとともにあります。神のご加護がありますように。」

リンジー・ローハン
「恐怖の中にある人々に神のご加護を。」

テイラー・スウィフト
「私の想い、祈り、そして愛を、被害を被っている日本の方々に送ります」

ジャスティン・ビーバー
「日本は世界で僕が1番好きな国の1つです。最高の人々がいて、信じられないくらい素晴らしい文化を持っています。僕は彼らのために祈っています。僕たち全員が助けないといけません」

ケイティ・ペリー
「日本で震災に遭われた人々皆に、私の祈りを捧げます。」
「想像して…もし私たちが赤十字に寄付すれば、60,000,000ドル(約49億円)以上の義援金が送れるのよ。」

ケリー・オズボーン
「どうか、日本のみんなを助けて。赤十字にメールすると $10 の寄付ができるのよ!」

非常に心強いメッセージですね。
他にも、トム・クルーズやレディー・ガガなど寄付を呼びかける行動を起こしているようです。彼らが働きかけることで、さらに世界が日本を救おうという気持ちに拍車がかかっているようです。ありがたいことですね。


最後に、海外著名人とは関係ないのですが、
YouTubeで話題となっている、被災おじいさんの笑顔と「また再建しましょう」の一言!このインタビュー映像を見た人たちから「感動した」、「勇気が出た」、「落ち込んでいられない」などのコメントが寄せられています。


私も見て、おじいさんに勇気をもらいました!
日本は強くて優しい国です。一丸となって再建しましょう!

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| こわいもの特集 | 21:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。