2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スティーブン・キングのランゴリアーズ

『スティーブン・キングのランゴリアーズ』
 Langoliers, The Steven Kings

【製作年度】1995年
【製作国】アメリカ
【監督】トム・ホランド
【主演】パトリシア・ウェティグディーン・ストックウェル

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
LAからボストンへ向かう旅客機。眠っていた10人の客を残し、乗員乗客全員が忽然と消えてしまった。偶然居合わせたブライアン機長によってなんとか最寄りの空港に着陸する事に。だが恐るべき事に、降り立った地上にも人影はまったくなかったのだ…。

【感想】 ネタバレ
急に観たくなる、古きスティーブン・キング作品。このランゴリアーズは、特に彼の作品では代表的な作品で、180分という長丁場が気ならないくらい面白い作品。監督は、『チャイルド・プレイ』で有名なトム・ホランド、しかし監督も180分までよくぞ伸ばしに伸ばしたたなと逆に関心しちゃいます。

冒頭30分で、虜になる面白さ。この先何が起こるのか、どんな展開になるのかと、出だしてすでにのめりこまされます。なんたって旅客機の中、眠っていた10人以外は忽然と姿を消し、消えた人間の身につけているものは、機内に残ったままという絶妙な状況ですから。

残った10人というのも、個性豊かでこれまた絶妙。
・元妻の死を知りかけつけようとしている機長
・極秘任務についている工作員
・謎を解き明かそうと努力する推理小説化
・目の手術をするために向かう盲目の少女
・父親の愛情を得られず精神異常の重役銀行員
・変わり映えの無い日常に嫌気がさしペンフレンドに会いに行く女教師
・酒、ドラックの矯正施設に入れられるため向かう女性
・おとなしいが勇敢な学生
・孫に会いに行くために乗り合わせた黒人男性
・最後まで眠って、常にお腹を空かせているのんびりやの中年男性

彼等はそれぞれの目的を持ってボストン行きの旅客機に偶然に乗り合わせた・・・。

しかし、選ばれるべきして残された10名としか言いようが無いほど、ストーリーに重要で1人として欠ける事が出来ない10人なのである。他人であった彼等が織り成す、展開が実に興味深く面白い。リーダーシップをとるもの、不信感を示すもの、嘆くだけのもの、徐々に恋愛が芽生えるもの、今までの人生に後悔を示すもの。

特記すべきは、盲目少女とダイナと精神異常者のトゥーミーとの関係。
トゥーミーを救いたいと声をかける彼女は、トゥーミーに胸をナイフで刺されてしまう。なのにダイナはトゥーミーのことを常に思い、彼のトラウマである父親という苦しみから解放させようとする。観ているものは、ダイナの心の優しさや清さに感動すら覚えるのだが、結末はみんなを救うため、トゥーミーを人喰いモンスター、ランゴリアーズの餌食にしただけだったのです・・・。

そう、この作品は人喰いモンスターはおまけで、同じ危機に置かれた人間達の生き様が描かれており、人間の本質が見え隠れします。人間のすばらしさだけではなく、人間の残酷さも表現されているのです。

ラスト生き残った6人の喜び方はちょっと異常なほど。数分前に、6人のために犠牲になった工作員そしてダイナのことなんて一瞬で忘れてしまったよう。特に女教師は、工作員と直前まで愛の約束までしてたのに・・・。所詮は、偶然に出会った10人、自分が助かることが一番と言いたげなラストであります。

こういう人間心理を描くことに関しては、スティーブン・キングは天才的とでもいえましょう。

さてさて、もう一つの見所(といっていいのか!?)は、人喰いモンスターランゴリアーズの姿です。足音は聞こえども姿は見えず。もぅ、とことん引っ張って、引っ張り続けて、引っ張りまくって期待させた挙句、登場したのはチープなCGで違和感有りまくりの、口だけモンスター!

えぇ~~~!ちゃっちぃ~~~~~!!!
ランゴリアーズ1
と叫んだ人はどれくらい居たのでしょうか(笑)
って、ランゴリアーズって一体何よ ヾ(・・ )ォィォィ

いや~、色んな意味で楽しませてくれる、名作です。
間違いなく、スティーブン・キングを語る上ではかかせない作品でしょう。
※キング本人も登場していますので、探してみてください。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| SF、エイリアン | 20:12 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【特集】最強に怖いホラー映画

とある海外サイトで、最強に怖いホラー映画トップ20を特集していたのでご紹介!納得と思える映画も、えぇ~って思える映画もランクイン。
※リンクしている映画は、当ブログの記事に飛びます。

1位 『シャインニング』 1980年・アメリカ

2位 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』 1999年・アメリカ

3位 『セッション9』 2001年・アメリカ

4位 『ザ・リング』 2002年・アメリカ

5位 『Lake Mungo』 2010年・オーストラリア

6位 『シックス・センス』 1999年・アメリカ

7位 『悪魔の棲む家』 1979年・アメリカ

8位 『チェンジリング』 1980年・カナダ

9位 『呪怨』 2003年・日本

10位 『アザーズ』 2001年・アメリカ/スペイン

11位 『Al Final del Espectro』 2006年・コロンビア

12位 『The EYE』 2002年・香港/シンガポール

13位 『ポルターガイスト』 1982年・アメリカ

14位 『永遠のこどもたち』 2007年・スペイン

15位 『たたり』 1963年・アメリカ

16位 『キャンディマン』 1992年・アメリカ

17位 『1408号室』 2007年・アメリカ

18位 『ホワット・ライズ・ビニース』 2000年・アメリカ

19位 『TATARI タタリ』 1999年・アメリカ

20位 『シャッター』 2004年・タイ


いかがでしょうか?
1位は良いですが、2位が『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』かよ!っとか、『リング』は日本のだろ!っとか、『エクソシスト』『死霊のはらわた』入ってないじゃないか!?などと納得いかないですが、色々な意見があるということで、面白いランキングでした。

【関連記事】
気がめいる陰うつな映画

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| こわいもの特集 | 21:45 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

エイリアン

『エイリアン』
 ALIEN

【製作年度】1979年
【製作国】アメリカ
【監督】リドリー・スコット
【出演】シガニー・ウィーバー/トム・スケリット/ジョン・ハート/ヤフェット・コットー/ハリー・ディーン・スタントン/ヴェロニカ・カートライト/イアン・ホルム


【イントロダクション】 
宇宙船ノストロモ号が、巧みな防衛機能をもつエイリアンに襲われた。金属を溶かしつくす「血液」をもつエイリアンは、人間に寄生して成長する。総勢7人の乗組員が、次から次へと犠牲になっていった…。

【感想】 
このシリーズは、子供の頃に親父に映画館に連れられて観た記憶があり、私を映画好きにしてくれた作品で個人的には思い入れあり。1作目に当たるこの作品のみ映画館ではなくTVで観たのですが、体をつきやぶって出てくるミニエイリアンと人間と思っていたが実はロボットだったシーンに子供心には衝撃的な映像で手に汗にぎり観た記憶がよみがえります。
エイリアン1-1

特にこの作品は、前半はエイリアンの姿がほとんど観ることができません。どこかに潜んでいるが見えない恐怖が非常に緊張感を出しています。視覚、聴覚を駆使しながら、エイリアンを探し戦う宇宙船の乗組員達、それをあざ笑うかのごとく、1人また1人と餌食にしていく・・・。限られた場所で、逃げることすら出来ない彼等にとって、絶望的な状況ですね。

そして、あらわになったエイリアンの造形は・・・。
このエイリアンをデザインした人は天才ですな。長い頭に、口の中からさらに口と想像もできない生物を生み出したものです。今ではお馴染みのエイリアンですが、当時はその外見には震え上がりました w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

リプリーを演ずるは、シガニー・ウィーバー。エイリアンシリーズに無くてはならない存在になってしまった彼女は、男勝りで自分の芯を変えない女性で強い女の象徴的存在になりました。1作目では序盤は控えめな出番で有りつつも、中盤から後半にかけての彼女の活躍は目を見張るほど。

今観ても色あせない、名作であります。

【満足度】


【関連記事】
エイリアン コヴェナント
エイリアン VS.プレデター

| SF、エイリアン | 22:09 | comments:15 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |