2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バイオレンス・レイク

『バイオレンス・レイク』
 EDEN LAKE

【製作年度】2008年
【製作国】イギリス
【監督】ジェームズ・ワトキンス
【主演】ケリー・ライリー

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
週末のキャンプに出かけた恋人同士のジェニーとスティーヴ。“エデン”という名の美しい湖は、2人にとってまさに理想の楽園だった。しかし、大音量でラジカセを鳴らし、傍若無人に振舞うティーンの集団をスティーヴが注意したことから楽園は地獄と化す。

【感想】 ネタバレ
製作は、『スラムドッグ$ミリオネア』のクリスチャン・コルソン。監督には、新人であるジェームズ・ワトキンスで、イギリスの映画賞にノミネート。

はぁ~、疲れるよこの映画。
かの『ファニー・ゲーム』にも似た、救いようが無い暴力の作品。単なる子供のいたずらから、どうしようもない殺戮まで発展してしまうのだから、観てるのが辛い。

楽しい週末のはずだった、婚約指輪を渡すはずだった、幸せまっ最中のジェニーとスティーヴ。EDEN LAKEに行くまでは・・・。

よせばいいのに、クソガキ連中の騒音と品の無い態度にスティーヴはプチキレ。早く帰ればいいのに、いつまでもクソガキの息の掛かった湖に居続けるし。スティーヴは、婚約指輪を渡す日、場所はここだって決めていたのね。かっこいいところ見せたかったんだね。でも、その見栄よってとんでもない事件に巻き込まれようとは・・・。

1つの腐ったみかんがあるだけで、すぐに他のみかんも腐ってしまうの代表的な例。1人のリーダー的存在の悪い子供と逆らえない周りの子供達、最初はいたずらのはずが、仲間ならお前も傷つけろと、スティーヴを縛り、次々と儀式のように体を切り刻む。

武器もナイフやカッターといった、子供ならでわで現実味があり一撃性も無いためジワジワといたぶることに。追いかけるのもチャリンコとかわいらしさすらあるのですが、子供だからこそ、加減も分からず、後戻りが出来ないところまで行ってしまいました・・・。
バイオレンス・レイク1

必死で、逃げるジョニーがと~っても健気です。彼女は終始まともなことを言い、何にも悪いところは無いのです。瀕死でボロボロのスティーヴを救うため頑張ります。
バイオレンス・レイク2

悲しいかな、頑張りも少し空回りで、鉄の棒を踏んでしまったり、味方と思っていた子供には裏切られるわと踏んだり蹴ったりで、とてもかわいそうになります。しまいには、腐って真っ黒なゴミ箱に隠れる姿は、ランボーか!?っと思えるほどの覚悟でした。
バイオレンス・レイク3

でも、彼女の我慢にも限界が・・・。
暴力から生まれるものは、結局は暴力。ついに開き直ったジョニーは、思わず子供を殺してしまうのです。最初は泣いた彼女。しかし、その感情はさらに追い詰められることで、思い知ったか!に変わりました。彼女にはもう子供ではなく、殺人鬼としか彼等を見れていないのですね。女の子を車でひき殺すシーンは、すでに鬼です。もう、泥沼化していく一方・・・。

結果は、どうしようもなく救われない衝撃的な結末です。
ラストのおかげで映画が一気にどっしりとした重い空気になりました。

どうでもよい些細なことからはじまった、無意味な暴力・・・。
両者余りにも大きい犠牲を払ってしまいました。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| バイオレンス | 22:56 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』

【製作年度】2010年
【製作国】日本
【監督】中田秀夫
【出演】藤原竜也/綾瀬はるか/石原さとみ/阿部力/武田真治/平山あや/石井正則/大野拓朗/片平なぎさ/北大路欣也



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
フリーターの結城ら10人の男女が時給11万2千円の高額バイトに参加するため、謎の施設“暗鬼館”を訪れる。

【感想】
なによ、このつまらなさ・・・。
しかも、セットが陳腐でやすっちぃし。これだけで観ていてゲンナリ。
日本の駄目な映画って感じだよなぁ~。ん?監督は『リング』の中田秀夫じゃんか!?なんでこんなつまらない映画撮ってるのよ!

時給11万2000円の高額バイト。
暗鬼館という謎の施設での実験。
一攫千金を夢見て集まった10人。

ルール1 22時から翌朝6時までは自分の部屋から出てはならない
ルール2 一人づつ異なる凶器が与えられる
ルール3 事件が起きたら、『探偵』が解決し多数決で決定する
ルール4 実験終了は7日目を迎えるか、『生存者』が2名になった時

心理戦のデスゲームが開始する!!!

って、歌い文句だけ観ると面白そうなんですがね。私は読んでいないですが原作なんかはとっても評判良いようで、やはり映像化は無理があったかな・・・。

まずね、デス・ゲームを繰り広げているのに、全然緊迫感が出ない!お金ほしさに集まってきているはずなのに、ガッツキ姿もほとんど感じられないと、場の雰囲気がつまらなすぎです。であれば謎解きでもっと盛り上げることも出来ただろうに、それもなしときてる・・・。豪勢なキャストも無意味ですよ。
インシテミル1

とね、もぅ藤原竜也が飽きたかな?
『カイジ』までは、まだ良かったんだけど、そろそろ彼の似たような演技はお腹一杯です。彼は映画より劇団って感じが強い気がする。映画なら、逆に悪役(しかも異常者系)なんかを演じさせたら良い味出すかも知れない。

なんだか、日本のミステリー小説からの映画化はことごとく失敗している気がします。最近のホラーも冴えないし。世界にジャパニーズホラーの名を広めた先駆者の監督が、こんな映画作っているんだもんな・・・。

寂しい限りです。はい。(もぅ、レビュー終わり!)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 13:26 | comments:8 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

アナコンダ2

『アナコンダ2』
 ANACONDAS:THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID

【製作年度】2004年
【製作国】アメリカ
【監督】ドゥワイト・リトル
【出演】ジョニー・メスナー/カディ・ストリックランド/マシュー・マースデン/モリス・チェスナット/ユージン・バード/ニコラス・ゴンザレス/アンディ・アンダーソン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
不老の秘薬を求め利権に群がる人間たちが密林に足を踏み込んだ。触れてはならない聖域を犯してしまった彼らに待ち受けていたのは、おびただしい数の邪悪な生き物たち。欲が渦巻きお互いが疑心暗鬼になる中、容赦なく人間を飲み込んでいくアナコンダたち。果たして生き残れるのは誰なのか?

【感想】
邦題は『アナコンダ2』なのですが、原題で分かるように“アナコンダズ”ということで、1作目の続きではなく、大量アナコンダというところでしょうか。

いや~、全然緊迫感無いのね・・・。

こういったモンスター物は、迫ってくる恐怖、逃げる恐怖というように緊迫感が命と思うのですが、アナコンダの見せ方も襲い方も動きも全然駄目。まず、1作目と違い、大量のアナコンダにしてしまったこと自体面白みが無く失敗。だってね、アナコンダ簡単に倒せちゃうんですもん!アナコンダ1匹の価値が下がってはいけません。

特に内容もこだわっているところもなく、なんとなくな展開。
なんですと!?7年に1回しか咲かない、不老不死の蘭を探して密林に行くですと!?トラブルが起きても隊長が蘭探しに夢中で一人暴走・・・。って、なんて子供だましなお話だこと。

1作目から比べ、俳優陣もかなりトーンダウンが残念ですが、悪役ジャックのマシュー・マースデンの腹立たしいっぷりは目立ってました。よっぽど、アナコンダより怖いしにくたらしい。結局は、怖いのは人間なのよと言いたげな展開。

俳優に予算を使わなかった分、CGにはお金をかけたみたいですが、いかんせん見せ方が全くうまくないので、迫力も恐怖も無く無駄に終わったんじゃない?
アナコンダ2-1

ラストなんか、蛇より人間同士の戦いメインだし・・・。
動物パニックものの難しさでしょうかね~。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| モンスター | 22:21 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。