2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

127時間

『127時間』
 127hours

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】ダニー・ボイル
【出演】ジェームズ・フランコ/アンバー・タンブリン/リジー・キャプラン/クレマンス・ポエジー/ケイト・バートン/トリート・ウィリアムズ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発した。だが、落石に右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野にむなしく呑み込まれ、持てる知恵と経験を総動員して岩を撤去しようとするが・・・。

【感想】  ネタバレ
アカデミー賞受賞作『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督による実話を元にした映画。本作品も、アカデミー賞6部門ノミネートされ、世界で数多くの映画賞を獲得した。ただ、物語はいたってシンプル。イントロダクションで書いた内容が全て。
127時間1

一人で気ままに生きてきた青年登山家アーロン・ラルストン。行き先も告げず誰からも見つからない場所での窮地。死のふちにさらされたとき、救ってくれたのは愛する家族、仲間、そして別れてしまった恋人。幻覚の中で、大切な人ともう一度会うために、諦めず必死で戦うのです。

言わずとも想像できる、手を挟まれた状況からの最後の決断・・・。ホラー体質でどんなにグロイ映像をみてもなんとも思わないんですが、これにはこたえた。あまりにもリアルすぎて直視できませんでした。自ら腕の骨を折り、皮膚を切り刻み、筋を切り裂く・・・。気絶するなと自らに言い聞かせ、切断されるまで地獄のような映像が続くのです。

救い出された瞬間は、感動すら覚える。すがすがしい気持ちにもなれる。地獄のような127時間を観たからこそ感じる感情でしょう。腕を切断するシーンも避けては通れないのです。

単純ともいえるストーリーをこれほどまでに生かしたのは、さすがダニー・ボイルの力。約90分を飽きることなく見せてくれます。映像の妙もすばらしい。美しい景色と孤独、幻覚の見せ方もすばらしい。後から思えば、冒頭の慌しい人々の姿に相反して物語は孤独と戦う1人の人間。こういうこだわりがあること、映画にのめりこめるのでしょう。

さて、現実にあった話を元にしていますが、ラストは本人登場です。別れた恋人とよりを戻し結婚し、子供が居る幸せな生活。こんなに辛い思いをしても冒険することはやめないのですね。

そして岩に手が挟まれた時の実際の本人映像もYouTubeで見れます。


辛いシーンありますが、1度は観る価値がある映画かもしれません。
生命の強さを知ることが出来ます。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| ヒューマンドラマ | 01:30 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

モールス

『モールス』
 LET ME IN

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】マット・リーヴス
【出演】クロエ・グレース・モレッツ/イライアス・コティーズ/リチャード・ジェンキンス/サーシャ・バレス/ディラン・ケニン/クリス・ブラウニング/ディラン・ミネット



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
母親とふたり暮らしの孤独な少年・オーウェンは、隣に引っ越してきた謎めいた少女・アビーと日に日に打ち解けていく。そんな中、町では残酷な連続猟奇殺人事件が発生し…。

【感想】  ネタバレ
スウェーデン産の名作『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイク(というか撮り直し)であります。主演は、『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ。監督は、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴスです。

余りにもオリジナルが良過ぎたことと、監督が監督だけに、この繊細で美しい映画は難しいだろうと予想、なので興味は、完全にアビ役のクロエちゃんに絞り込んでました~♪

が、意外と悪くなかった。やっぱり原作が良過ぎるんですよね。忠実に描きさえすれば、物語自体で心ひきつける名作でございました。

『ぼくのエリ 200歳の少女』との違い、それは曖昧さを残さないこと。
興奮した時はがっつりとヴァンパイアで、姿も完全に悪魔的。アビの父親と思われた男性の正体もはっきり表します。例のアビー着替えシーンでのオーウェン君の覗きシーンも何も描かず語らずで通り過ぎました。などなど曖昧さを止める事で、観る人も分かりやすく、純粋な愛をより深く感じることが出来たのではないでしょうか。

ただし、映像の美しさはオリジナルの足元にも及ばず。あえて製作陣も映像へのこだわりはなくしたみたいですが、やはりこの作品は、雪国の美しさとはかなさがあってこそと思えるので、残念なところです。

さて、注目のクロエちゃんはといいますと、可愛すぎ、綺麗すぎ!最初から魅力ぷんぷんでとっても子役とは思えないじゃないか!
モールス1

オリジナルでエリ(本作で言うアビー)演じたリーナ・レアンデションは、最初は可愛さも綺麗さも無いんです。しかし物語後半でヴァンパイアの正体があらわになってくると同時に、何故かとても魅力的に。だからこそ、彼女に感情移入できたのです。この感じ方の違いは撮影の違いと共に、メジャー俳優と無名?俳優との違いでしょうか。

物語を知っていても、切なさが伝わってくる禁断の純愛!?いや、悲しいかな好きになった男の負けですよ。オーウェン君は、アビーのために一生を捧げ、一生人殺しを続け、そして歳を取らないアビーにいつの日か捨てられていく運命・・・。男性としては分かる気もしてしまうところが心苦しい・・・。

男に頼っていき続けることしか出来ない一生12歳の少女ヴァンパイアと周りに合わす事が出来ない孤独の少年の切ないくて残酷な愛でございました。
モールス2


以下、おまけです。

クロエ・グレース・モレッツ只今14歳。
モールス4
なに?このベッピン度(汗)
ありえね~ (*゚o゚*)~゚ ボー

【満足度】


【関連記事】
ぼくのエリ 200歳の少女

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ゴシック | 00:27 | comments:10 | trackbacks:6 | TOP↑

≫ EDIT

スペイン一家監禁事件

『スペイン一家監禁事件』
 SECUESTRADOS/KIDNAPPED

【製作年度】2010年
【製作国】スペイン
【監督】ミゲル・アンヘル・ビバス
【出演】フェルナンド・カヨ/アナ・ワヘネル/マヌエラ・ベイェス/ギレルモ・バリエントス/ドリタン・ビーバ/マニュエラ・ヴェレ/アナ・ヴァジュネール



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
すれ違い始めた生活を修復しようと、郊外の新興住宅地へ移り住んだある一家。引越しも終わり初めて迎えた夜、突然覆面を被った3人組の男たちが押し入って来る。

【感想】  ネタバレ
2010年オースチン・ファンタスティック・フェス最優秀ホラー映画賞&最優秀ホラー監督賞ダブル受賞した作品でございます。一見『ファニーゲーム』を思い出すほどの、救いようが無い密室での監禁・暴力の数々。しかし、受賞したのには、別の理由があり。

衝撃的なではあるものの、目を見張るほどの物ではない。しかし、なんといってもこの作品の見所は、映像の見せ方が特徴的。長時間をワンシーン・ワンカットで撮影、さらには左右二分カット割という離れ業を見せているのです。

長時間のワンシーン・ワンカットは、撮りかたと共に俳優も大変だったんだろうなということが伺えます。ミスできない緊張感がよりリアルな演技を生み出したのではないでしょうか?実際、娘役のマヌエラ・ベイェスの演技はものすごいですよ。泣き叫び、嗚咽するシーンの連続ですが、良くぞ演じきったと思えます。
スペイン一家監禁事件1

そして左右二分カット割では、左右で別々の物語が進んでいきます。もぅ、どっち観ていいか分からないんです。私はDVDで観たので、巻き戻しして片方づつ観ましたが、映画館だとそれも行かないですしね。見事なのは、二分カット割が1つになる瞬間に2つの物語が合体するのです。ということは、左右の物語の時間軸は全く同じだったことになりますね。これは見事でした。

ヨーロッパでは10秒に1度、年間で300万件も発生している自宅への押し入り 強盗事件を題材にしたテーマ。冒頭では、顔にビニールをかぶせられ、最終的に車に引かれるシーン。結局、冒頭のシーンは本編に関係有りませんでした。ということは、いかに強盗事件が頻繁に起こっているかを表現するためのシーンだったということになるんでしょう。というか、ヨーロッパって怖い・・・。

ラストは救いようが無い結末でした。
一番怖い思いをして、一番頑張った娘イサだけは救ってあげたかったなぁ・・・。 (ノд-。)
スペイン一家監禁事件2

救いようの無い内容でも楽しめる方は、是非観ていただきたい作品ですね。映像の見せ方と緊張感を味わえる作品であります。たった1夜の出来事ですが、内容は濃ゆいですよ~。邦題が冴えないのが残念ですが・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| サイコ、スリラー | 21:31 | comments:13 | trackbacks:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。