2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TIME/タイム

『TIME/タイム』
 In Time

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】アンドリュー・ニコル
【出演】ジャスティン・ティンバーレイク/アマンダ・サイフリッド/キリアン・マーフィー/オリヴィア・ワイルド/マット・ボマー/アレックス・ペティファー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。貧しい青年のウィルは、時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、追われる身となってしまい…。

【感想】
例によって、映画館で観たときオンリーのこわくない映画レビューでございます。上映中につき、なるべくネタバレは避けて人物中心にレビューします~。

奇抜なアイデアと抜群の宣伝効果で大注目の映画。世界はまさに、
Time is Money!

25歳で成長が止まり、時間が通貨となり、人々は自分の時間で日常品から贅沢品まで支払う。命は限りがあるはずが、富裕層は寿命を気にしなくていい一方、貧しい人々は寿命を延ばすために一生懸命働き続ける毎日。人口過剰を防ぐため、スラムは物価もローンの利子も高騰し、そのため街はタイムを奪うギャングであふれかえり、タイムが切れた死体がいたるところに・・・。

いやー、面白い世界ですね。左から、母、妻、娘ですぞ!
タイム1
好きになったら、70歳だった!ってことも普通にありますね。母を好きになってしまうって事もあるんじゃ・・・(汗)

といっても、映画に出てくる人々、25歳の風貌に見えない人が多いんですが(爆)ま、それは愛嬌ということで。。。

貧しい青年のウィルがひょんなことから、117年のタイムを手に入れてしまうというところからストーリは動いていきます。母のタイム切れを境に、富裕層だけが生き残れる理不尽な世界に、一人飛び込み戦いを挑むのです!といっても、もぐりこんだ、富裕層の街で、速攻スラム出身とバレてしまいます。

その時、平和な生活に慣れきっていたシルヴィアと出会い、刺激ある世界へ導いていく(半ば誘拐ですが)という、ありきたりな展開でございます。

ウィルを演ずるは、ジャスティン・ティンバーレイク。
タイム2
なかなかのイケ面でありますが、悲しいかないくらスーツを着ても坊主頭のせいか見た目、裕福には見えない(笑) 彼は、アメリカのシンガーでグラミー賞とともにエミー賞まで受賞しており、本作品が俳優としては初主演。今後の俳優としての活躍も期待できる演技でありました。

大注目のシルヴィアを演ずるはアマンダ・サイフリッド。出演作には『マンマ・ミーア!』『ジェニファーズ・ボディ』『赤ずきん』と最近大活躍な彼女ですが、新たな魅力を見せてくれました!(個人的には、半分彼女見たさに映画館で行きました!)
タイム3
ミステリアスでスタイル抜群な風貌に、もーノックアウト!

秩序を守るため活躍するのは、時間監視局員。彼らのおかげで、スラムの貧民が時富裕層エリアまで紛れ込まず、タイムのバランスが保たれているんですね。といっても、富裕層のためのバランスなのですが。

時間監視局員演ずるは、キリアン・マーフィー。いや~、脇役なのに存在感抜群ですな。さすが名優でございます。ん?25歳なの・・・
タイム4
ラストまで自分の業務をまっとう続ける渋い役柄。だけに、彼の存在がラストで結構影響すると読んでたんですが、案外あっけないのね・・・。

物語は、彼ら3人を中心に、タイムのやり取り奪い合いばかり目だつ内容でありました。奇抜なアイデアはよかったが、ちょっとストーリーは、ありきたりで拍子抜け感があるので、残念(というか惜しい!)ですね。父親のくだりもなんだか中途半端ですし、タイムの理不尽なバランスの裏側もなんとなく中途半端。CGがほとんど無く体当たりなところは良かったのですがね~。

ま、シルヴィアがかわいかったからいいや!
結局、そこかい! ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| こわくない映画 | 16:06 | comments:6 | trackbacks:10 | TOP↑

≫ EDIT

ファイナル・デッドブリッジ

『ファイナル・デッドブリッジ』
 FINAL DESTINATION5

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブン・クォーレ
【出演】ニコラス・ダゴスト/エマ・ベル/マイルズ・フィッシャー/デヴィッド・ケックナー/トニー・トッド/エレン・ロー/ジャクリーン・マッキネス・ウッド



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
吊り橋の事故から生き残ったサムたちに、サムが見たビジョンと同じ順番で死のトラップが襲い掛かる。彼らの前に現れた謎の男は「死を他人に贈れば助かる」と話し…。

【感想】  ネタバレ
ホラーファンお馴染みの、『ファイナル・デスティネーション』シリーズは、ついに第5弾。今回は、邦題で分かるように橋の上で予知し助かったということです。

もう、展開はご存知といってもよいでしょうから、当ブログでの過去のこのシリーズのレビューと同じく、死に様おさらいいってみよーーー!

①キャンディス:器械体操中マット外へ落下し、全身複雑骨折により死亡
 →どやって死ぬん?って引っ張りに引っ張ったあげくのグチャり
ファイナル・デッドブリッジ1

②アイザック:鍼治療中に火災が発生し、落ちてきた仏像に頭部を潰され死亡
 →針が全部体に刺さってからの・・・、スケベヤローにはもってこい!?
ファイナル・デッドブリッジ3

③オリヴィア:視力回復手術中に大火傷を負い、パニック状態まま転落死
 →転落死にせず手術器具で最後まで押し切って欲しかったなぁ~
ファイナル・デッドブリッジ2

④デニス:機械に巻き込まれたスパナが飛んできて頭部にめり込み死亡
 →でたー、シリーズお馴染みの一瞬死!
ファイナル・デッドブリッジ4

⑤ピーター:サムによって背後から身体を刺され死亡
 →シリーズ初の仲間割れでござんす。

⑥⑦サム&モリー:最後まで生き残ったのだが、見覚えのある飛行機へ搭乗・・・
 →ここで1作目へつなげるのか~!

⑧ネイサン:飛行機のタイヤの下敷きになって死亡
 →はい、生き残りが居てはいけないのです!

というように、今回も凝った死に様を見せてくれました。
相変わらず、このシリーズ根強い人気ですが、個人的にはそろそろ飽きたかな~。仲間割れってのも、シリーズ初ですが、余計だったかもしれません。最後に行くにつれ、死に方も単純になってしまったのも、残念ですかね。

さて、このシリーズいつまで続くんでしょうか???

【満足度】


【関連記事】
ファイナル・デスティネーション
デッドコースター
ファイナル・デッドコースター
ファイナル・デッドサーキット

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| カルト、悪霊 | 22:41 | comments:10 | trackbacks:4 | TOP↑

≫ EDIT

インシディアス

『インシディアス』
 INSIDIOUS

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】ジェームズ・ワン
【出演】パトリック・ウィルソン/ローズ・バーン/リン・シェイ/バーバラ・ハーシー/アンガス・サンプソン/アンドリュー・アスター



【イントロダクション】
3人の子供たちとともに新居に引っ越してきたルネとジョシュ。しかし引越し直後から不思議な現象が続き息子が事故で昏睡状態に。すぐにまた引越したジョシュたちだったが、状況は変わらず…。

【感想】  ネタバレ
『SAW』の監督ジェームズ・ワン&『パラノーマル・アクティビティ』の監督オーレン・ペリがタッグを組み、わずか150万ドルという低予算で製作された作品。

巷の評判も上々みたいでしたので、結構期待してました。でも、う~ん、、、ちょっといまいちかなぁ・・・。個人的には、ジェームズ・ワンの作品って『SAW』以外は余りぐっと来るものが無いんだよなぁ。

オーソドックスな幽霊屋敷的ホラーにちょっぴりひとひねりした感じの映画。効果音の使い方により、びっくりはするのですが、いかんせん怖さが全くない・・・。日本ではG指定(年齢制限なし)のホラーですから、やはり子供だまし的な仕上がりは否めない。

無駄な前起きなく、引っ越してきた屋敷で次々と奇妙な現象が一家に起こる!というの屋敷物ホラーお決まりパターン。といっても、一家の長男が急に眠りから覚めない植物人間状態になっているというところが物語りとしてのミソになっております。
インシディアス2

次々と奇妙な現象は家が悪いと思いきや、引っ越しても終わらない。たまらず除霊師が悪魔払いをお願いし、そこで分かった真実は、霊は家ではなく息子が原因だと。幽体離脱癖のある息子が体に戻れなくなってしまい、魂が抜けた肉体を悪霊が奪い合っているという。なんとも奇妙な展開に仕上げてきました。

観ていての途中で思ったのが、この展開『ポルターガイスト』に似てるんだよなぁ。あちらは、母親が霊界に閉じ込められてしまった子供を助けるため異次元に入っていくのですが、本作は、父親が幽体離脱して異次元に入り息子を探すという展開なので、一緒なんだよね。

その異次元での出来事も中途半端で意味不明。ボスキャラてきな悪魔もなんだか分からなかったし。盛り上がりにかけるよなぁ~。ラストはとってつけた感じのハッピーからのどんでん返しですし。なんで、この映画評判いいのだろう???
インシディアス1

この映画について、ジェームス・ワンはこう語っています。「『SAW』以降、誰もが僕を流血や暴力を描く監督として分類している。だから今作で、僕がドラマ、ストーリーやキャラクターに気を配っていて、流血や暴力は避けていることを示すことだったんだ。」ってさ。つか、『SAW』のビリーを出演させているし・・・。

う~ん、ジェームズ・ワンはやっぱり、サスペンス系のほうが才能有るんじゃない?

【満足度】


【関連記事】
インシディアス 第2章

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| 幽霊、怨念 | 21:41 | comments:5 | trackbacks:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT