2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビー・デビル

『ビー・デビル』
 BEDEVIILLE

【製作年度】2010年
【製作国】韓国
【監督】チャン・チョルス
【出演】ソ・ヨンヒ/チ・ソンウォン/パク・チョンハク/ファン・ミノ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
独身女性ヘウォンは都会での生活に疲れ、幼い頃過ごした思い出の島へとやって来る。笑顔で出迎えてくれたのは幼なじみのボンナム。しかし、その笑顔の裏で地獄のような苦しみに耐えていた。やがて、そんなボンナムから助けを求められるヘウォンだったが…。

【感想】  ネタバレ
監督は、長編デビューとなるチャン・チョルス。カンヌ映画祭出品他、多数の映画祭で受賞した作品は、バイオレンスの傑作と言われるほど。原題は、『キム・ボンナム殺人事件の顛末』というタイトルになります。

ボンナムは何故悪魔になってしまったのか・・・。
一番の悪魔は誰なのか・・・。


たった9人の島。その中で、ボンナムは村中から奴隷のごとく使われ、旦那からは暴力の毎日。旦那は村に女を呼んでは情事にふけ、しまいには娘にまで手を出す始末・・・。ボンナムはどんなに村から出たいと思っても、お金はすべて旦那が管理しており、それも許さない。ただただ、子供のために健気に耐え続けるボンナム。あまりにも残酷で過酷な状況です。

一方、都会ソウルで仕事に疲れたヘウォン。たいへん綺麗な女性なのだが、相当性格がひねくれている様で・・・。都会のストレスから抜け出すため、休養がてらに、幼い頃過ごした島へ訪れる。

それが、悲惨な出来事の始まりになろうとは・・・。

大都会で育ったヘウォンと対比するかのように島でしか育ったことがないボンナム。ボンナムにとっては、ヘウォンは憧れの存在。絶対的な味方のはずだった・・・。
ビー・デビル1

子供が旦那に殺されてしまいました。
信じていたヘウォンから裏切られました。
ボンナムの中で何かが壊れました。
そして、悪魔になりました・・・。
ビー・デビル2

島に起こる残酷な殺戮の数々・・・。
ビー・デビル3

ヘウォンがボンナムにしたこと。それは無言だけ。事件を見ていたはずなのに知らぬ存じぬの態度。ボンナムを悪魔にしてしまったきっかけは、暴力や侮辱ではなく、真実を話さないヘウォンの罪なのでした。いじめは傍観するだけの周りが一番罪なんだと訴えられているかのようです。

最後は、ヘウォンとボンナムの一騎打ち。
でも、、、結末は二人の幼い頃に戻ったかのようです。
ビー・デビル4

なんとも、悲しく重たい作品でしたが見ごたえ十分でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| バイオレンス | 23:11 | comments:13 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ウォード 監禁病棟

『ザ・ウォード 監禁病棟』
 John Carpenter’s The Ward

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・カーペンター
【出演】アンバー・ハード/ダニエル・パナベイカー/ローラ=リー/ジャレッド・ハリス/メイミー・ガマー/リンジー・フォンセカ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
火災現場に居たところを放火容疑で逮捕されたクリステンは精神病院に送られる。監禁病棟で身の危険を察知したクリステンは、一緒に収容されている少女たちと脱走を試みるのだが…。

【感想】  ネタバレ
まってました!!!
『ハロウィン』『遊星からの物体X』で代表される、ジョン・カーペンター監督が10年ぶりに復活!いや~、嬉しいですね。

なんでも、『ドライブ・アングリー』でニコラス・ケイジや『The Rum Diary』ではジョニー・デップとも共演した今注目急上昇中の女優アンバー・ハードに魅了され製作に至ったというエピソードがあります。

確かに綺麗な女優さん。
ザ・ウォード 監禁病棟1

私は、完全に予備知識無しで観ました。

ん?何?精神物?幽霊物?怪物物?殺人鬼物?という具合に中盤までは疑問のまま進みます。アリスっていったい何者?という疑問が楽しませてくれます。幽霊と断定したいが、余りにも肉体的。その割には、神出鬼没ときたもんですから、存在自体が不明確。
ザ・ウォード 監禁病棟2

といっても、その不明確さがヒントでした。まぁ、勘のよい人は途中で気づきますね。何度も何度も逃亡を試みるクリステン。逃亡成功しそうな時に必ず登場するエミリーという状況がネタバレそのものでした。

はい、ずばり多重人格ですね。
う~む、カーペンターさん、ありきたりなネタでの復活だね・・・(汗)

ただ、カーペンターらしく見事と思わせる一面もあり。
多重人格を消すために取る方法が斬新で、“消す”=“殺す”なんですね。それにより、映画が見事にサスペンスかつホラーな作りに仕上げられたのでしょう。おかげで、ありきたりなネタでしたが、純粋に楽しめましたね。ラスト10分くらいで、もちろん完全ネタバレになりますが、うすうすネタが気づきながらも感心した程。

惜しいのは、多重人格になってしまった事件をもう少し明確にして欲しかったです。作品の途中途中で挟まれるフラッシュバックで判断する限り、非常に残酷な出来事。これを具体的に描くことによって、アリスに対する感情移入がもっと出来たのではないでしょうか?ちょっと、残念です。

ラストは、ずっと意地悪だった病院関係者が実はとっても親切でいい人達ばかりだった事が分かり、なにげに心温まりました。なので、このまま幸せな感じで終わっても良かったかな。無理やりに中途半端なバッドエンディング的な演出してしまいました。ここも残念な点でした。

ま、とにもかくにも、カーペンター復活の肩慣らし作品としては上々ではないでしょうか!?これからも期待してますよ~!!!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 20:34 | comments:12 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

コンテイジョン

『コンテイジョン』
 CONTAGION

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブン・ソダーバーグ
【出演】マリオン・コティヤール/マット・デイモン/ローレンス・フィッシュバーン/ジュード・ロウ/グウィネス・パルトロー/ケイト・ウィンスレット/ブライアン・クランストン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。

【感想】  ネタバレ
豪勢な俳優陣による、地球規模で新種のウィルスが感染拡大していく恐怖を描く、パンデミック映画でございます。ドキュメンタリー風ですすんでいきますので、非常に現実味があり。

香港出張から帰国したベスが謎のウイルスにより死に、そして世界各国でも謎の死が発生。べスの子供も容赦なく死んでしまい、感染力そして致死率強いウイルスの恐怖が思い知らされます。爆発的に広まる感染に、どう隔離してもなすすべなし・・・。世界保健機関(WHO)もたじたじでございます。
コンテイジョン1

贅沢なのは、俳優だけではありませんでした。105分の時間の中に、いろいろなテーマを描いており、あまりにテーマ多く描きすぎて、話題がすぐに切り替わるため、結構難しい仕上がりに。

ウイルス感染の恐怖を描き、ウイルス対応に苦悩するWHOの対応を描き、WHO代表の家族を優先してしまう様子を描き、ウイルス調査をするため感染源まで赴き死んでいくスタッフを描き、後進国スタッフが村のため人質を取り優先的に薬をまわさせる様子を描き、パニックになった国民が暴動化する様子を描き、パニックに乗じて詐欺行為での金儲けするジャーナリストを描き、特効薬開発に命を書ける研究員を描き、単純にベスの一家族の様子を描き、あるとあらゆるドラマをこれでもかと言わんばかりに入れ込みます。
コンテイジョン2
コンテイジョン3

う~む、多くを描きすぎじゃないですかね?ベスの不倫や人質の話題は要らなかった気がする。多くを描きすぎて、1つ1つがぶつぎれになったり、視点が変わりすぎたりと、観ているものは慌しすぎてついていくのが大変です。もうすこし、テーマを絞って深く描いてくれた方が良かったなぁっと。国民の暴徒化をもっと描いた方が恐怖としては伝わったかもですね。

というように、この色々なドラマを描くために俳優陣も豪華になったのね・・・。

映画は、2日目から開始。ラストで感染経路が鮮明となり1日目を再現し冒頭シーンへつなげって見せ方は面白い。でも、感染源はいまいち理解しずらいです。

ホラー映画ではないですが、身近に起こる可能性もあるウイルスがテーマにつき、リアリティーな恐怖を味わえる映画でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| サバイバルパニック | 21:18 | comments:1 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT