2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『穴』
 THE HOLE/AFTER THE HOLE

【製作年度】2001年
【製作国】イギリス
【監督】ニック・ハム
【出演】ソーラ・バーチ/エンベス・ダビッツ/デスモンド・ハリントン/キーラ・ナイトレイ/エンベス・デイビッツ/スティーヴン・ウォディントン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
男女高校生4人が行方不明になったが、ひとりの女生徒リズだけが傷だらけで戻った。3人のうちひとりはリズの片思いの男の子。あとのふたりはリズの親友とそのボーイフレンド。彼女は事件を回想していくが、そこには邪悪な罠が仕掛けられていた。

【感想】  ネタバレ
恋する溺れた人間ほど恐ろしいものはない。行き過ぎた愛は、時に自分を見失い、悪魔ににも変える。恋によるエゴ、妄想そして執念を描いた作品。

冒頭は、ボロボロになりながら歩くリズの姿。行方不明4人の生徒で一人生き残ったのである。冒頭がラストのような雰囲気から始まり、被害者のごとく話し出すリズによる、恐ろしい12日間の回想が始まる。
穴1

リズは、マイクに片思い。なんとかマイクに気を向かすために、穴で3日間を過ごす提案をする。そう、4人が12日間暮らしていたのは穴。遊び半分で入った穴だが、出口の扉が開かない。はたして、これは誰かによる陰謀なのか、事故なのか。

リズによる回想は、2つ存在する。

1つは、古くからの幼馴染マーティンの嫉妬による陰謀で穴に閉じ込められた回想。マーティンという犯人がいることで、4人が一致団結し、穴から見事ぬけだし、マイクがリズに感謝し抱きしめ、リズの思いが叶えられる。しかし、真実は生き残りはリズのみであるため、彼女の妄想でしかないのだが、そのためマーティンは犯人扱いされてしまう。

もう1つは、真実の回想。徐々に明かしていく真実は、彼女の身勝手な恋心による恐ろしもの。彼女自ら穴の鍵をかけたという真実。彼女の身勝手なエゴのため、マイクが自分に向けるため、友人までをも犠牲にし、穴で過ごすことを選んだのです。
穴2

密室という恐怖、飢えという苦悩で弱り、おかしくなっていく友人たち。マイクの精神も尽き果て麻痺し、ついにはリズに心を開いていくのである。大親友フランキーが弱り死んでいく中、リズはようやくマイクと愛を交わし、歓喜するのでした…。そうです、彼女の望みは、大親友を殺してようやく成し遂げたのです。

現実の彼女と、回想シーンの彼女がうまく絡み合い、最後に一致していきます。それは、彼女の性格までも。か弱い優等生な被害者のリズから、映画が進むにつれ、自分のためなら人の死をもなんとも思わない、悪魔のリズの姿へ変貌していきます。

すぐに真相はわかるのですが、人間心理をうまく描き、飽きさせない作りでありますが、ラストがスッキリいかないですね。あまりにも理不尽で、警察が無能だこと・・・。

人間の怖さとストーカーばりの人間の狂気だけ印象に残る作品でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ 

| サスペンス、ミステリー | 22:14 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

REC3

『REC3』
 [REC]3 GENESIS

【製作年度】2012年
【製作国】スペイン
【監督】パコ・プラサ
【出演】レティシア・ドレラ/ディエゴ・マルティン/イスマエル・マルティネス/アレックス・モネール/エミリオ・メンチェータ/クレア・バシェット



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
周囲から祝福され、結婚式を迎えた新婚夫婦・コルドとクララ。しかし和やかな披露宴の会場で、コルドの叔父が突如醜悪な姿に変貌し、参列者に襲い掛かり始め…。

【感想】  ネタバレ
RECじゃないじゃん!!!
期待のシリーズ3作目。監督が変わり嫌な予感してましたが、前作までと全く違う展開。なぜかコメディータッチな要素も入れて、緊張感も全く無くなってしまう始末・・・。そもそもね、録画してないじゃん!

冒頭しばらく、結婚式→披露宴の幸せそうな状況をカメラ撮影の映像が続きます。感染者も誰か真っ先に分かってしまうので、いいかげん式の状況なんて退屈だから早くゾンビ化しないかな~って首長くして待つはめに。でもって、待ってましたとばかりにゾンビ化するのですが、途端にいきなりわんさかわんさか感染者が出てくるんですな~、なんでよ???
REC3-1

この辺りからカメラ映像(POV)終わりです!ふつ~のゾンビ映画になっちゃいます。あれよあれよと、ほとんどの人が感染し、新郎、新婦が分かればなれ。お互い生存を信じながら探し合うという展開。

その様子がバカバカしいんですよねぇ・・・。新郎は鎧に盾に兜に剣と中世の騎士の間抜けなお姿で、新婦はチェーンソー片手になぜか裾を片側だけ切って脚見せスタイル、スポンジかぶったおじさんもいるし(着ぐるみの中がなぜ裸なのかが意味不明・・・)、やりたい放題、遊び放題、何でもありですね~。なんか、このシリーズの質が一気に落ちてしまった残念さを味わってしまいます。
REC3-2

ラストシーンは、花嫁花婿の悲しい最後。このシーンは個人的には好きかな。ま、このシーンを言いたいがために、それまでのシーンを作ったような気がしないでもないのですが・・・。そういった意味では、RECってタイトルつけないで、他のゾンビ1作品であれば、もっと楽しめたでしょう。

なんだか花嫁のゾンビ姿だけ綺麗やねぇ。
REC3-3

前作ではゾンビではなく悪魔的な存在ということにしたのですが、本作でもその傾向が見えました。神父さんがお祈りを読むと、ゾンビは停止してしまうし、鏡に映った姿は悪魔の容姿です。ただ、噛んだら感染というところは完全にゾンビなのですが、次作もあるようなので、さてさて正体不明の悪魔ゾンビを最後はどう決着つけるんでしょうか?

願わくば今作は無かったこと(番外編)にしてもらって、次作は、2作目の続きのお話から作っていただきたいところです。

【満足度】


【関連記事】
REC
REC2
REC4 ワールドエンド

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 21:48 | comments:12 | trackbacks:4 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |