2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロメテウス

『プロメテウス』
 PROMETHEUS

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】リドリー・スコット
【出演】ノオミ・ラパス/マイケル・ファスベンダー/シャーリーズ・セロン/イドリス・エルバ/ガイ・ピアース/ローガン・マーシャル=グリーン



【イントロダクション】 
未知の惑星にたどり着いたエリザベスは、地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにし…。

【感想】 
『エイリアン』のリドリー・スコット監督が、人類の起源、そしてエイリアンの原点(前日譚)を描いたSF大作!もちろん、あの奇怪な造形のエイリアン誕生シーンなんてのもしっかり描いてくれています。
プロメテウス1

古代遺跡で発見された共通するサインを地球外知的生命体からの招待状と分析、遥かかなたの惑星まで宇宙船プロメテウス号に乗り、希望をもって降り立ちます。空気もあり、見つかった惑星人のDNAは人間と一致、希望ばかりが先立っていたのだが、惑星は希望もなにもなく地獄の始まりだったのです。そして地球までも脅かす存在に。

人間と同じDNAを持つ惑星人、彼らはなぜ滅んだのか?
プロメテウス2

その答えは、アンドロイドのデヴィッドが解き明かしていくのです。はい、エイリアンシリーズファンならお馴染みのアンドロイドですね。感情を持たない、彼の行動、言動に振り回される人間たち。彼を動かす黒幕は…?

と、昔ながらのSFなつくりと、現代技術で描くモンスター達。壮大かつ懐かしさも見え隠れする作品でもありました。エイリアンシリーズとは異なる造形でしたが、おなかに植えつけるのは一緒でした。帝王切開までして取り出したその造形は気持ち悪い。この映画で一番ウワッって引いてしまった場面でした。
プロメテウス3

そのモンスターを生み出してしまった、ヒロイン役のエリザベスを演ずるは、ノオミ・ラパス。彼女の代表作といえばもちろん『ミレニアム』シリーズ。その強い女のイメージが強烈に残っていましたが、今作でも違った意味での強い女性を見事に演じていましたね。

続編もあるとのお話。賛否両論のこの映画ではありますが、個人的には楽しめましたし、続編も期待しています。なによりも、リドリースコットが描く、神をも飛び越した世界がもっと見てみたいですな。

【満足度】


【関連記事】
『エイリアン』

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| SF、エイリアン | 09:13 | comments:17 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

【予告】サイレントヒル:リベレーション 3D

2006年公開の『サイレントヒル』の続編がついに2013年6月に日本公開決定!
コナミのゲームの映画化の作品は根強いファンが居ますが、今作はゲーム3作目の映画化になります。私はゲームもやっているので、個人的には興味津々ですね~!

予告ご覧ください!


広告ポスターもなかなか渋いですぞ!
サイレントヒル:リベレーション ポスター1 サイレントヒル:リベレーション ポスター2
サイレントヒル:リベレーション ポスター3 サイレントヒル:リベレーション ポスター4
サイレントヒル:リベレーション ポスター5

さらに、動画ポスターもありました。
リンククリックで見れます→【リンク】

【関連記事】
サイレントヒル

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| Trailer(予告) | 10:13 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遊星からの物体X ファーストコンタクト

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』
 THE THING

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr
【出演】ジョエル・エドガードン/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ウルリク・トムセン/エリック・クリスチャン・オルセン/トロンド・エスペン・セイム



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
南極大陸で調査中のケイトが解き放った物体は、細胞に同化し突如人間から変形して襲い掛かる宇宙からの生命体だった。それはやがて人間を疑心暗鬼に陥れ…。

【感想】  ネタバレ
ジョン・W・キャンベル・Jrの傑作短編SF『影が行く』を1982年に映画化したのが、ジョン・カーペンター監督最高傑作と呼び声も高い『遊星からの物体X』。本作はその前日談を描いた作品で、カーペンター作品には出てこなかった女性が、主役として活躍。

作品の見せ場はなんといっても、エイリアンが人間に化けることができるという設定。そのため、誰がエイリアンなのか仲間同士で疑心暗鬼になるのです。誰を信じていいのか、いったい誰がエイリアンなのか、わからないのです。映画の面白さはこの絶妙な設定につきますね。

お互い疑いあっている中、あれよあれよと侵略されていく人間たち。ウイルス感染のごとくそのスピードは驚異的。終始危機感せまる状況が続くので、映画としては見ごたえ十分の作品で、あっという間にラストまで観きってしまうのです。

そして映画のスパイスは、もちろん人間に侵略したエイリアンの気持ち悪さ。カーペンター作品では、芸術的なクリーチャーデザインでホラーファンをうならせましたが、今回も負けず劣らない気持ち悪さ。最新技術で描くその物体は、ものすごい造形となったのです。
遊星からの物体X ファーストコンタクト1
遊星からの物体X ファーストコンタクト2

そして人間が形成される姿なんかも今回はバッチリグロくでてきます。
遊星からの物体X ファーストコンタクト3

毎回、姿が可変し、すべてが気持ち悪い変形で、もぅどうなっているか分からないくらいです。休む暇なく登場しますからね(汗)いやーホラーファンにはたまらない時間でしたね。

もちろん、伝説的なカーペンター作品とまですばらしいとはいえませんが、非常に面白い作品でした。ちゃんとカーペンター作品との整合性も考えて作られていますし、つながるようなラストで、意識し作ったんだなっというのも見えます。こりゃー、続編(カーペンター作品の本当のリメイク)も作ってもらいたいものですな~。

【満足度】


【関連記事】
遊星からの物体X

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| SF、エイリアン | 01:15 | comments:13 | trackbacks:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。