2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

死霊のはらわた(リメイク)

『死霊のはらわた』
 EVIL DEAD

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ
【監督】フェデ・アルバレス
【主演】ジェーン・レビ/シャイロー・フェルナンデス





【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
薬物依存症のミアは、リハビリのため兄や友人たちと5人で山奥の小屋を訪れるが、そこで禁断の「死者の書」を見つけて死霊を甦らせてしまう。姿なき死霊にとりつかれたミアは豹変し、次々と仲間たちを襲っていく。

【感想】
サム・ライミの監督デビュー作で、伝説のスプラッターホラー『死霊のはらわた』(1981年)をリメイクでございます。

いや~~~、実に楽しかった。もう、オープニングのEVIL DEADってタイトルが出た瞬間から、ニヤニヤですよ。そして、グログロの数々・・・。映画館でも全く怖いという感情は出ず、一人でニヤニヤ。だってね、オリジナルの大ファンですもん!もちろんオリジナルに勝ることはないのですが、あの雰囲気を現代版で観れるだけでも幸せじゃないですか!?こんな気持ち分かってくれる人居るのか分かりませんが、当ブログを楽しみにしていただいている方ならきっと・・・・・???

と前置きはさておき、さらにストーリーも言わずと知れていますのでさておいて、やはり悪霊にのっとられた姿がひとつの見所でしょう。ぐろーでぐちょーできちょーでしたよ(笑) ただ、オリジナルに見られた悪霊の憎たらしさが余りありません。いやーな声も控え気味でしたので、もう少しクローズアップしても良かったでしょう。
死霊のはらわたリメイク1
死霊のはらわたリメイク2

地下に閉じ込められても不気味な姿なんかはファンにはたまらない状況。
死霊のはらわたリメイク3

痛いシーンもたくさんあり。チョンパ当たり前、釘はささるは、ショットガンでドカンだわ、チェーンソーももちろん有り。人間と悪霊とのやりつやられつつの攻防は見もので、あっという間に90分の時間は過ぎていくのです。

ラストは、オリジナルと変えて来ています。貞子バリのシーンもありですが、賛否両論になりそうですね。個人的には、悪くは無かったですが、あえてオリジナルと変える必要も無かったかなとも思います。あっ、エンドロール後に、ファンならニンマリおまけもありますのでお見逃し無く!

あまり評判が良くないレビューを見ますが、冒頭でもいいましたが、大好きな映画でしたので生まれ変って現代版になっても、楽しさは同じでしたよ!

え?映画館でたったの3人だけでしたが何か?
終わった後の、3人での無言の一体感はすごいものありましたね。はい。

【満足度】


【関連記事】
死霊のはらわた
死霊のはらわた2
死霊のはらわたⅢ/キャプテン・スーパーマーケット
【予告】死霊のはらわたリメイク EVIL DEAD



※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| カルト、悪霊 | 23:31 | comments:19 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ドリームハウス

『ドリームハウス』
 DREAM HOUSE

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】ジム・シェリダン
【出演】ダニエル・クレイグ/ナオミ・ワッツ/レイチェル・ワイズ/マートン・ソーカス/イライアス・コティーズ/テイラー・ギア/クレア・アスティン・ギア



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
小説を書きながら、家族と過ごす時間を大事に生きていくことを決めたウィル・エイテンテン。しかし幸せな生活を築こうとした矢先、一家に不幸が訪れ…。

【感想】 ネタバレ
“007"シリーズ6代目ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞助演女優賞を受賞しダニエル・クレイグの妻でもあるレイチェル・ワイズ、『21グラム』でアカデミー賞主演女優賞にノミネート経験を持つナオミ・ワッツという超豪華な俳優が織り成す悲しきミステリー。ダニエル・グレイグの子煩悩な父親役にも注目の映画です。

前半では、ありきたりな屋敷の幽霊物と思わせる展開。引越し先の家では、過去に母子3人が虐殺、父親は重症という壮絶な事件が起こっていたのであった。幽霊らしきを見かけておびえる娘、自宅を覗き込む謎の男におびえる妻。
ドリームハウス1

しかし、中盤には早々と単純な幽霊映画ではないことを知らしめさせられるのです。ウィルが直面する事実は衝撃としかいえないもの。まさか、幸せで温かい家庭がそこに無いものとは・・・。あまりの急展開さに、観るものとしては少し内容についていくのが大変な部分もあり。

後半からは、この映画はホラーではなく、家族愛がテーマの悲しきストーリーになります。家族の絆、夫の家族を思う気持ち・・・。幽霊が味方し素敵な存在である映画はあまり無いでしょう。どういう形であっても家族の絆は深いものでありました。

ラストのオチとしては、残念な面もありましたが、一風変わったミステリー。子供二人の存在がかわいい分、切なさも倍です。(ジャケ写も妙に悲しい)

しかし、ダニエル・クレイグのさらさらヘアーが妙に合わなかったですねぇー(笑)
ドリームハウス2

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| サスペンス、ミステリー | 22:01 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |