2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

復讐の絆 Revenge:A Love Story

『復讐の絆 REVENGE: A LOVE STORY』
 復仇者之死/REVENGE: A LOVE STORY

【製作年度】2010年
【製作国】香港
【監督】ウォン・ジンポー
【出演】蒼井そら/ジュノ・マック/リュー・イェン/チン・シュウホウ/トニー・ホー/トニー・リュー



【イントロダクション】 
刑事と身重の妻の連続惨殺事件が発生。仲間を殺された刑事たちは、容疑者・キットを逮捕する。だが、キットの恋人で妊婦のウィンは、彼の無実を訴える。

【感想】 ネタバレ
切なく、救いようが無いストーリーが続く見ごたえあるお話でした。いやー、香港映画がんばっているじゃないですか!?期待していなかったですが、見事に見入ってしまいました。

妊婦を殺し胎児を取り出すという極悪非道な連続殺人のショッキング映像から物語は進むのです。犯人(キット)もあらわになり、観るものは彼に憎しみと怒りしか覚えないのだ。が、ここからがこの映画の凄いところ。あっさりとキットは捕まってしまうのです。
復讐の絆1

一方、蒼井そら演ずるキットの恋人で妊婦のウィンは、キットが囚われたやいなや、自ら腹を切り裂き赤ん坊を取り出すという衝撃的な行動を行うのであった・・・。

そう、これは過去の悲惨な事件への若い男女の復讐なのだ。

純粋な恋であった、自然と惹かれあう二人。だが、二人には幸せは来なかった。彼らの幸せを簡単にも奪ってしまったのは、刑事なのであった。刑事が行ったことは、純粋なウィンへのレイプという非道な行為。ひどい、あまりにもひどすぎる・・・。誰もが目を覆いたくなるような、レイプシーンは純粋な二人への悪魔の仕打ち。

以降、妊婦連続殺人の犯人という怒りから、完全に被害者としてのキットとしか見れないのであった。

ここからは泥沼の泥沼。なんとも嫌な気持ちしか残らない展開ばかりです。復讐の鬼と化したキットの執念の姿が痛々しい。
復讐の絆2

賛否両論となるだろうラストの悲惨な結末。悪徳刑事からの転換にはちょっと拍子抜けだが、復讐は復讐しか呼ばないを見せ付けるには、これでもかと言わんばかりの終わり方であった。ただ、それを言わんとしたかったためのラストという見方をしてしまうと、少し白けてしまう。

復讐は復讐しか呼ばない。では、復讐をやめて許すことが正しいのだろうか?二人の幸せそうなワンシーンが妙に対象的で心に残るのであった。

AV女優から見事に、映画女優への一歩となった蒼井そらのお色気封印した演技なんかも見もので、期待以上な作品でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| バイオレンス | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【予告】マニアック

6/1日本解禁の、『羊達の沈黙』をも超えると前評判高いスリラー。
製作・脚本にアレクサンドル・アジャ、主演はイライジャ・ウッド。
殺人鬼目線でのPOV作品ということで、殺人鬼の行動、感情を疑似体験できてしまうという作品。傷つけなくては愛せない、一人の男性の悲しみも伝わってくるとか。

イライジャ・ウッドの風貌に注目して予告ご覧ください。


ポスターもイライジャの凶器と哀愁がただよう。
マニアック予告

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| Trailer(予告) | 08:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロール・ハンター

『トロール・ハンター』
 TROLLJEGEREN

【製作年度】2011年
【製作国】ノルウェー
【監督】アンドレ・ウーヴレダル
【出演】 オットー・イェスパーセン/グレン・エルランド・トスタード/ヨハンナ・モールク/トーマス・アルフ・ラーセン/ハンス・モーテン・ハンセン



【イントロダクション】 
熊の密漁事件をテーマにドキュメンタリーを制作していた3人の学生は、謎の男・ハンスと出会う。森に入る彼を尾行した3人は、偶然にもトロールの撮影に成功するが…。

【感想】
世界には、いろいろ過酷な仕事がある。その中でもひときわ苦労が耐えないのが、トロール・ハンター!そうです、我らがトロール・ハンターです!

って、冗談を言いたくなるような、おふざけドキュメント風POVなのですが、なかなか笑えます。真剣に作っているのかお遊びなのかわからない、面白さがここにあり。

トロール・ハンターを追いかけた架空ドキュメンタリーで、いわゆるトロール退治のみがテーマ。ハンターのハンスの苦労が身にしみます。重装備で決闘に行き、涙ぐましい罠でのコツコツ退治作戦。戦いでは、光を当てて見事に退治したかと思えば、ボカンとひっぱたたかれダウンと、バカバカしいのに真面目なんです。

映画で分かったこと。
トロールは紫外線に弱く浴びた場合、若いトロールは血管にガスがたまり爆発、高齢のトロールは身体が骨化することで石のようになり死に至る。キリスト教徒のにおいに敏感。山トロールと森トロールの2種類が存在する。っとノルウェー政府が隠している情報があらわに!果たして、真相は?(嘘っぱちを真面目につくったというか・・・)

トロールの姿も唖然。顔が3つありーの、グチョグチョの臭そうな液体だしーの、極めつけは狂犬病にかかった巨大トロール。狂犬病ってありえなくない???しかし、我らがトロール・ハンターの前では、コテンパンですぞ!
トロール・ハンター1

ってな具合なノリの映画でございます。
なかなか奇抜で面白い映画でございました。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| モンスター | 22:55 | comments:9 | trackbacks:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT