2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【予告】アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2

リベンジ・バイオレンスの元祖『発情アニマル』をリメイクした『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』の続編の予告が届きました。

今回は、モデル志願の女性が撮影中に暴行され連れ去られ生き埋めにされたところからの、復讐劇でございます。

2つのトレーラーをご紹介。





今度はどんな凝った復讐が見れるかが楽しみですなぁ~。

【関連記事】
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| Trailer(予告) | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』
 TUCKER AND DALE VS EVIL

【製作年度】2010年
【製作国】カナダ
【監督】イーライ・クレイグ
【主演】アラン・テュディックタイラー・ラビーン

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp 
念願の別荘を手に入れ、休暇を自分たちの山小屋で過ごそうと森へやって来た。しかし2人は、同じ時にキャンプに来た生意気な名門私立の大学生グループに、人里離れた山に暮らす殺人鬼だと勘違いされる。

【感想】  ネタバレ
海外含めて上映も限られただけの低予算映画なのですが、いやーーーおもしろい!!!ブラックコメディーたっぷりで、グロイのに笑える映画なんです。

こーんな、グロイシーンあり~の。でも、笑える。そんな素敵な映画♪
タッカーとデイル2

勘違いってのは恐ろしいものです。心優しき、そして真面目なタッカーとデイルは念願の別荘を購入し心躍らせて休暇に向かいます。が、タッカーとデイルの風貌が怖すぎた・・・。同時に、キャンプに訪れた若者達。ひょんなことから、タッカーとデイルを恐ろしい殺人鬼と勘違いしたから、もうハチャメチャです。
タッカーとデイル1

タッカーとデイル側は、良かれと思い飛び切り美女の学生アリソンがおぼれているのを助け別荘で介抱する。学生陣は、殺害のためつかまったと勘違い。この時点ですでに展開が絶妙で面白い!

助けようと向かっても、デイルのチェーンソー攻撃に合う学生。その真相は、デイルは蜂の巣をつぶしてしまい、蜂に追われてもがいているだけ。学生は襲われたと勘違いで逃げ惑い、勝手に自分でとがった木にブサリ・・・。
タッカーとデイル4

ときには、攻撃しようと飛び込んだら、デイル気づかずしゃがんで、若者頭からゴリゴリグチャグチャ・・・。もうその間抜けっぷりは笑うしかなし。でもこの後、最初の写真のグロさ爆裂!
タッカーとデイル3

最終的に、悪役大逆転な展開に、美女アリソンは心やさしきタッカーと結ばれましたとさ!ってな、展開もイケメンがもてるのではないので、と~っても好感が持てるのです。男性諸君は、見た目じゃないんだ!て勇気つけられる瞬間でした。

とにもかくにも、グロイですが面白い作品です!あまり有名ではない映画ですが、他のレビュー評判も上々なので、是非お楽しみいただきたい作品でございます。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| スプラッター | 00:09 | comments:6 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ワールド・ウォーZ

『ワールド・ウォーZ』
 WORLD WAR Z

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ
【監督】マーク・フォースター
【出演】ブラッド・ピット/ミレイユ・イーノス/ダニエラ・ケルテス/ファナ・モコエナ/アビゲイル・ハーグローブ/スターリング・ジェリンズ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
元国連捜査官のジェリーは、人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける。

【感想】
マックス・ブルックスのベストセラー小説を映画化したパニック大作。ゾンビ映画を名優使ってお金かけて作りました!っという感じの映画。小説と異なるところは、登場するゾンビが俊敏に動けるといったところで、終始大迫力の作品でございました。

いや~、ここまで大群で素早いゾンビをいまだかつて見たことは無かった。もちろん過去には素早いゾンビありましたが、なんたってこの作品は飛んできますから。そして1体の恐怖より大量の恐怖で、大群で壁を登ってくる姿は、圧巻。ゾンビ映画でこのシーンをやろうとした、発想がすごい。イスラエルでのシーンですが、この映画の最大の見所ではないでしょうか。もう、蟻ですねこれは。。。
ワールド・ウォーZ1

映画としても、とてもテンポがよく、ブラピ演ずるジェリーが様々な国で活躍します。どこに行ってもゾンビだらけですから、1シーン1シーンに緊迫感あふれるのです。ゾンビに襲われる中で、感染にかかる時間を計測したり、解決への糸口と冷静に判断できる超優秀さが目を見張ります。ブラピの魅力も十二分に体感できる映画でもあります。(飛行機事故でも生きているなんて不死身すぎますが・・・)
ワールド・ウォーZ2

ただし、ちょっと結末があっけないというか、しっかり解決できているのか不安が残りました。ここまで大々的に広げてしまった代償は、やはりラストで納得いくものを作るには難しいものがあるんでしょう。突拍子も無い結末ではありましたが、非常に強引であります。

緊迫感はあるのですが、グロシーンは全くありません。そういった意味でも、ホラー嫌いな方でも問題なく観れるのではないでしょうか。興行収入もブラッド・ピット過去最高ということで、映画館で観て損は無い作品でした。ただし、ゾンビ映画を期待していくと肩透かし。パニックムービーとして観てくださいな~。

“Z(ゾンビ)デー”に備えよ!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 22:29 | comments:8 | trackbacks:7 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT