2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイナル・デッド・コール

『ファイナル・デッド・コール』
 Black Christmas

【製作年度】2006年
【製作国】カナダ/アメリカ
【監督】グレン・モーガン
【主演】ケイティ・キャシディ

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
かつて狂気の母親に監禁され育った男の子が、母親と愛人を殺したと噂される屋敷を改装した大学女子寮。ある日、精神病院からひとりの青年が脱走、女子寮は不気味な視線に監視されるようになり…。

【感想】
邦題に偽りあり。この映画は、『ファイナル・デスティネーション』『ファイナル・デッドコースター』で脚本、製作のグレン・モーガンが監督というだけで、シリーズとは全く異なります。1974年製作の『暗闇にベルが鳴る』のリメイク作品。

クリスマスの夜、女子寮で繰り広げられる惨殺の数々。犯人は誰で、どこから襲ってくるのか分からない恐怖がなかなか楽しませてくれます。この、殺人鬼の過去ってのが、また悲惨すぎで常人でない行為の数々に異質なもの。救いようがない状況で誕生した殺人鬼でした。

大注目の殺人の数々ですが、これがとてもグロイ。特に、眼に異様にこだわりがある殺人鬼のため、ほぼ死体は目がくりぬかれているという残忍さ。
ファイナル・デッド・コール1

しかも、目玉をくちゅって食べてしまうから気持ち悪いんです。血みどろの大惨劇に加え、母親の肉をオーブンで焼きクッキーとして食べるという行為と異常極まりないシーンが盛りだくさん。また、殺人鬼の強さとしつこさも超一流ときた・・・。
ファイナル・デッド・コール2

いったい誰が生き残れるのか?死亡フラグ立ちまくりキャラはもちろん居ますが、ファイナルシリーズでお馴染みのメアリー・エリザベス・ウィンステッド演ずる女学生など、残りそうなメンバーも居ますが、一人また一人と消えていくので、生き残りを予想するのも違った楽しみかもしれません。

ファイナルシリーズと間違ってみてしまうと痛い目にあいますが、全く異なるスプラッターと思えば楽しめるだけあって、邦題がもったいないと思うしだいです。グロ好きにはたまらない作品です。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| スプラッター | 00:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラー・ミー・ブラッド・レッド

『カラー・ミー・ブラッド・レッド』
 COLOR ME BLOOD RED

【製作年度】1965年
【製作国】アメリカ
【監督】ハーシェル・ゴードン・ルイス
【主演】ドン・ジョゼフ

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
スランプに陥った画家が、血を絵の具として使用するために、次々と美女を惨殺していく。

【感想】
スプラッター・ムービーの生みの親ハーシェル・ゴードン・ルイスの作品。スランプに陥った画家が血糊を絵の具の変わりにつかい、スランプを脱出し、“絵具”を求め殺人を繰り返すという作品。鮮烈な赤が印象的ですが、ハーシェル・ゴードン・ルイス作品の中では比較的おとなしめであります。

なんといっても、緊張感ないシーンが見所???湖で遊んだり、いちゃいちゃしたりとふわふわしたシーンが多いんです。画家の彼女もなぜかレオタード(水着?)姿がいろいろ変わったりと、なんともいえない無意味というかかゆいというかコントな場面が多いのです。そんでもって、画家はいつもイライラモードですし、できた作品の高評価にも、マジですか!?と突っ込みたくなる始末。
カラー・ミー・ブラッド・レッド1

よって映画全体としてはふわっとした作りなので、怖いという感じはないのですが、グロシーンは1965年製作というところを見ても、秀逸です。ジャケ写のシーンでは、絵具としての血が足りないと内蔵を搾り出す猟奇度、そして死体の顔からわミミズが這い出すという、なんどもオゲレツな描写が光ります。当時としては、相当過激なものだったのではないでしょうか。
カラー・ミー・ブラッド・レッド3
カラー・ミー・ブラッド・レッド2

今観ると、非常に眠くなるようなテンションで進みますが、スプラッター・ムービーのさきがけ的作品の一つという観点で観てもいいかもしれません。(ハーシェル・ゴードン・ルイスの代表3作品がDVD化されてます)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サイコ、スリラー | 22:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【予告2】キャリー(CARRIE) リメイク

半年くらい前にご紹介した、『キャリー』のリメイク版のTrailerですが、さらに詳細版も公開。この秋いよいよ上映開始です!キャリー役はあのクロエ・モレッツですから、大期待でございます。

キャリーファンなら、観るだけですべてが分かるくらいのTrailerご覧ください。



そして広告ポスターも!ってか、クロエたん血塗れてもかわいい!
キャリー・リメイク キャリー・リメイク2

今回はおまけとして、オリジナル『キャリー』のTrailerとの比較もどうぞ。


続きは、映画館ですな!

【関連記事】
キャリー
【予告】キャリー(CARRIE) リメイク

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| Trailer(予告) | 15:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。