2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【特集】短編ゾンビ映画 『Perished』

オーストラリア産の短編ゾンビ映画が公開されております。
ゾンビから逃げ、物置から出られなくなった男を描いた作品ですが、なかなか面白いです。

セリフほとんど無いので、言葉が分からなくても内容は分かります。
16分弱の映画ですので是非ご覧ください!



※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| こわいもの特集 | 22:09 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

悪魔の毒々モンスター

『悪魔の毒々モンスター』
 THE TOXIC AVENGER

【製作年度】1984年
【製作国】アメリカ
【監督】マイケル・ハーツ
【主演】ミッチェル・コーエン

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
スポーツジムで清掃員をしているいじめられっ子メルヴィンが、不良グループの悪ふざけから有毒廃棄物のドラム缶に飛び込み、醜く変身を遂げて“毒々モンスター”となってしまう。

【感想】
ついに伝説のこの作品も気軽に購入でき、しかもレンタルでも簡単に借りれるようになりました!ロイド・カウフマン率いるトロマ・チームが創り上げた大傑作、この作品を知らずしてトロマを語れない!!!

トロマ・スポーツジムで清掃員として働くいじめられっこメルヴィンが、不良グループからの仕打ちで有毒廃棄物の中へ・・・。こんな平穏な場所に有毒廃棄物を運んでいること自体ありえないのですが、見事に頭からドボン。はい、伝説の毒々モンスターの登場でございます!

顔は醜く晴れ上がり、片目が垂れ落ち、体中がただれたなんとも醜いモンスターですが、なぜか体が大きくなり、力も強くなり、心はメルヴィンそのもののため、世の悪物を蹴散らすヒーローへと変貌しました!
悪魔の毒々モンスター1

ここからが、面白い!悪者をコテンパンにやっつけるのですが、まぁグログロです。行き過ぎた残酷シーンにコメディ要素を加えた悪乗り具合が、この映画の持ち味でございます!
悪魔の毒々モンスター2

プラス面白い要素は、モンスターになる前のメルヴィンは全く持って女性に好かれなかったのですが、モンスターになったとたん、美女ゲット(ただし盲目の女性)ときたものですから、二人のつりあわないラブストーリーもなんだか笑えるのです。
悪魔の毒々モンスター3

とにかく、悪ノリエログロ&コメディー映画の傑作です!トロマチームは次々とシリーズを生み出していますが、この1作目が一番面白いですね。

久々に観ましたが、何度もおんなじシーンを繰り返した場面が結構あるんですね。しかもしつこいくらい(汗) 昔の作品って感じがしますが、そういったところも踏まえて、今見ても楽しめる作品でしょう。“悪魔の毒々モンスター”って邦題も映画に合っていて最高!

【満足度】


【関連記事】
悪魔の毒々モンスター2 東京へ行く

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| モンスター | 22:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LSD -ラッキースカイダイアモンド-

『LSD -ラッキースカイダイアモンド-』

【製作年度】1990年
【製作国】日本
【監督】橋本以蔵
【主演】佐野史郎

  かご



【イントロダクション】
病棟で恋人の片山から治療を受けていた洋子は、姉の桜子の看病もむなしく容態が悪化し、手術を受けることになった……。

【感想】
衝撃の映画、といいますか常人では理解不能のきち○い映画です。『ギニーピッグ』シリーズの7作目として制作されたが、発売直前に宮崎事件が発生し一時お蔵入りになったが、90年に『ギニーピッグ』の冠を外してようやく発売されたという経緯を持つ。

登場人物3人のみ。とにかく狂ってます。監禁患者のヨウコ、ヨウコの姉と名乗る女、そして飛びっきり狂人のド変態医師(佐野史郎)。狂人っぷりが、そこいらの映画とは別格なんです。

その、ほんの一例を挙げてみますと、、、

ヨウコの頭の手術シーン。脳みそあらわにされた状況で、変態医師と変態女がとづぜん曲に合わせてダンシング。とおもいきや、ヨウコの脳みそいじくりまわしながらの、フェラが始まり、なぜか脳みそからゴキブリ登場で、変態医師が絶頂とともに、パクリと喰っちゃいます・・・。

ラスト間際のシーンでは、逃げるヨウコに変態医師、変態女が容赦なく攻撃するのですが、はい、名物シーンの、佐野史郎ロボ登場です!もぅ、なんのこっちゃわかりません。ロボ追い詰める、攻撃と思いきやヨウコの真横に仰向けに転がり、刺されて飛び出ているヨウコの内臓をこねくりまわしながら、クール顔・・・。
LSD1
LSD2

一例と言ってますが、この映画はほとんどこういった理解不能なシーンだけなんです。もぅ、ホラー通り越してコメディなんですが、あまりの狂いっぷりと、終始ヨウコのノイズのような叫び声を聞かせ続けられ、なにかの宗教団体のようなカルト的は作品を観た思いです。
LSD3

LSD(非常に強烈な作用を有する半合成の幻覚剤)、まさにこの映画自体でした。

佐野史郎の俳優人生は、これが原点!!!???

【満足度】


【関連記事】
ギニーピッグ 悪魔の実験

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| カルト、悪霊 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。