2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

死霊館

『死霊館』
 THE CONJURING

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ
【監督】ジェームズ・ワン
【主演】ベラ・ファーミガパトリック・ウィルソン

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
1971年、ロードアイランド州ハリスヴィル。野中にポツンと建つ古びた一軒家に、ロジャーとキャロリンのペロン夫妻と5人の娘たちが引っ越して来た。一家は新しい生活に胸を躍らせるが、翌朝から様々な異変が一家を襲い始め…。

【感想】  ネタバレ
いわくつきと知らず、幽霊屋敷に引っ越してきた一家、ときくと古典ホラーといったイメージしかないのですが、どこか懐かしさの中にも、しっかりと現代アレンジもしてきているところが、さすがジェームス・ワンといえます。『インシディアス』のヒットにもいえますが、原点回帰して王道ホラーを進んでいっている感じですね。

冒頭、いきなり人形に乗り移った悪魔のお話から入り、この話で進むのかと思いきや、悪魔祓いハンターといいましょうか、ウォーレン夫妻の仕事遍歴紹介でした。とはいっても、その人形も後々、本編には直接関係内にしろ、ちょいちょい登場してきます。(この人形が怖い・・・)
死霊館1

話の本編は、悪魔が住む屋敷に引っ越した、こく一般の幸せな一家。彼らが、悪魔に平和を邪魔され、挙句の果てには、母親に取り付いてしまうという、厄介な展開。わらをもすがる気持ちで、ウォーレン夫妻に助けを呼びます。といっても、夫婦(特に妻)は過去の悪魔祓いにトラウマを持ち、仕事を引き受けるたびに寿命まで縮めている始末。だだ、一家の家族愛のために、夫婦は立ち上がるのでした。

前半の静かながらも、ちゃくちゃくと一家を苦しめていく様子、そして後半の爆発的な悪魔の暴走と非常に恐ろしいものがあります。グロイシーンなんて全くないのですが、雰囲気だけでくる恐怖は、さすがとしかいえません。

悪魔祓いの様子が、様々なアイテムを使い、まるでドキュメンタリーのような感じもします。信じていない、刑事なんかも居たりして。一家の母親にとりついた悪魔を、追い払うシーンは、圧巻でした。
死霊館2
死霊館3

まさに、子供を思う母親の愛が悪魔を追い払ったのです。はい、この映画は、ホラーをも越えた家族の愛、夫婦の愛も描かれていました。

ジェームス・ワンの今後の活躍にも期待できる作品でもありました。さすがだな~。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| カルト、悪霊 | 22:42 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

【予告】Sin City: A Dame To Kill For

ついにきました!Sin Cityの続編。
個人的には、前作が好きなので待ちに待っておりました。



ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバのメインどころも続投のようで、どういった内容になるか今から楽しみです。しっかりグロいシーンもありそうな予感!!!待ち遠しい!

【関連記事】
シン・シティー

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| Trailer(予告) | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルホランド ドライブ

『マルホランド ドライブ』
 MULHOLLAND DR.

【製作年度】2001年
【製作国】アメリカ
【監督】デヴィッド・リンチ
【主演】ナオミ・ワッツローラ・エレナ・ハリング

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
濃厚な闇に覆われた真夜中の山道を走る1台の車。やがてぼんやりとしたヘッドライトに浮かび上がる“マルホランド・ドライブ”の標識。それは一度知ると何度でも味わいたくなる、美しくも妖しいワンダーミステリーへの入り口だった…。

【感想】  ネタバレ
この映画の初見の感想、、、

??????????

正直、何がなにやら分からなくて、モヤモヤモヤモヤしてしまいます。
まさに、デヴィッド・リンチ ワールド炸裂です!

この映画の解釈は、ネットで調べるとたくさん出てきますので、当ブログでは詳しくは語りませんが、デヴィッド・リンチ監督いわく観る人それぞれの感覚で感じ取れば良いといった具合です。

はっきり言えるのは(といっても1回目観るだけでは分からないですが)、前半部分は妄想や夢の世界、後半部分が現実世界ということです。

現実世界、映画女優としてスターを目指すがうまくいかないダイアン(ベティ)、同じく無名であったカミ―ラ(リタ)、二人はオーディションで一緒になりましたが、女優として成功したのはカミーラ。二人は再会を機に、愛し合う仲となりました。しかし関係は長くは続かず、カミーラは映画監督アダムとの婚約を発表したのでした。ダイアンはショックとともに非常に傷つき、カミーラを殺害する依頼をするのです。ダイアンの部屋に置かれた青い鍵、それはカミーラの死を意味するのでした。

妄想世界、カミーラの殺害した後悔とかなわなかったスターへの道。様々な自責の念から現実から逃避をはじめます。何かに逃げ惑い記憶喪失になったリタ(カミーラ)、彼女をかくまい記憶を取り戻すために奮闘するダイアン(ベティ)。そんな仲、ダイアンは女優としての成功への道を歩みだし、同時に二人の愛も生まれます。ただし、妄想世界につき現実ではありえない出来事、理解できない状況が続いていきます。青い箱を青い鍵で開けたとき妄想が終わっていきます。

現実はダイアンの自殺で終わります。。。

ものすごく簡単に状況を書きましたが、正直いろいろ不明なことが多すぎて、謎解き状態です。デヴィッド・リンチ監督はこの映画について10個のヒントをコメントしています。 ※Wikipediaから転記

①映画の冒頭に、特に注意を払うように。少なくとも2つの手がかりが、クレジットの前に現れている。
②赤いランプに注目せよ。
③アダム・ケシャーがオーディションを行っている映画のタイトルは?そのタイトルは再度誰かが言及するか?
④事故はひどいものだった。その事故が起きた場所に注目せよ。
⑤誰が鍵をくれたのか?なぜ?
⑥バスローブ、灰皿、コーヒーカップに注目せよ。
⑦クラブ・シレンシオで、彼女たちが感じたこと、気づいたこと、下した結論は?
⑧カミーラは才能のみで成功を勝ち取ったのか?
⑨Winkiesの裏にいる男の周囲で起きていることに注目せよ。
⑩ルース叔母さんはどこにいる?

さて、あなたもこの謎を解くことができるでしょうか?
ちなみに、私は黒い男など含めぜんぜんわからなかったです~~~(涙)
マルホランド ドライブ1

終始、混乱する映画で内容がつかめないのですが、1つ1つのシーンの演出のすばらしさと映像の良さ、さらには主人公二人の女優ナオミ・ワッツ&ローラ・エレナ・ハリングの美しさで退屈せずにのめりこむことができます。そういった意味でも何度も何度も見直したくなる映画ではないでしょうか。
マルホランド ドライブ2

こんなものすごい映画を作れるのは、世界どこ探してもデヴィッド・リンチしか居ないでしょうね。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ヒューマンドラマ | 18:01 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT