2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

バスケットケース

『バスケットケース』
 BASKET CASE

【製作年度】1982年
【製作国】アメリカ
【監督】フランク・ヘネンロッター
【主演】ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
シャム双生児として生まれてきた兄弟が無理やりに切り離され、弟・ドゥエインは普通の身体として、兄・ベリアルは肉塊となる。ある日、ドゥエインが若い女性と恋に落ちたことから、兄弟の間に溝が生まれ始め…。

【感想】  ネタバレ
シャム双生児といえば、ブラックジャックのピノコを思い出しますが、物語はシャム双生児の兄弟が切り離され、肉塊となった兄の復讐に付き合う、正常な体となった弟というなんとも痛ましい状況。
バスケットケース1

弟は兄を隠すため、バスケットケースにいつも持ち歩く。今となっては、差別という壁がありますが、当時はこういった作品が娯楽映画として作られていたんですよね。

肉塊の兄ベリアルの容姿はやはり衝撃的なもの。最初はバスケットに隠されなかなか姿を現さないですが、登場したとたんに異様な姿が見えます。地面を這うコマ送りなシーンや切り離された手術に立ち会った医師達を次々に殺していく怪力は驚くものがあります。
バスケットケース2

ただ、ベリアルは味方に対してもやさしくはなかったのです・・・。意識を持ち、恨みを持ち、嫉妬をします。そして異常な性欲もあるからたちが悪いのです。非常に自分勝手な性格であるとも言えるでしょう。

兄のために危険な道を進む弟ドゥエインに対し、兄ベリアルは恋をした弟を許さないのでした。ベリアルの異常なまでの嫉妬は、破壊という行為に変えます。弟の彼女を殺める暴挙にまで・・・。死んだ彼女と性交まがいの行為をしている兄の姿には、観ている者としてもうらみさえ覚える行為・・・。ラストは兄弟愛?を見せた悲しいラストという形ですが、ベリアルの暴挙を見てしまうと同情すら覚えない結末でした。

この作品、衝撃的な作品でもあるのですが、どこかコメディー要素もあります。兄弟のやりとりもしかり、アパートのような宿泊施設での住民の騒ぎもなんだかコミカルです。テーマは非常に重いですが、この軽いノリがあるから気楽に観る事ができるのも事実ではあります。

一部のカルトマニアに支持されている作品。低予算ですがアイデアでカバーして怪作とまで言われた作品で、コミカルさや兄弟や登場人物の人間関係や兄の容姿などは、なぜか愛着すらわいてしまうのでした。(便座に乗っている姿なんて、ちとかわいらしい???)
バスケットケース3

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ヒューマンドラマ | 22:58 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

【予告】REC4 APOCALYPSE

ようやくきました!REC最新作!
3作目がちょっと亜流な感じで拍子抜けしましたが、今回はちゃんとアンヘラちゃん(でも少し老けた気が・・・)も登場で正式な続きといえそうです。

ただ、Trailerを見る限り、この映画特有のPOVではなさそうなんですが、その辺はどうなんでしょうか???
とにもかくにも、楽しみな続編で、どうオチをつけるのかが気になります。



ポスターはこちら!
REC4 APOCALYPSE

【関連記事】
REC
REC2
REC3

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| Trailer(予告) | 23:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |