2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人肉レストラン

『人肉レストラン』
 OMNIVORES

【製作年度】2013年
【製作国】スペイン
【監督】オスカル・ロホ
【主演】マリオ・デ・ラ・ロサ

  かご



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
料理評論家のマルコスは、世界の珍味の会食でエバという女性に出会う。後日、エバは人食いを行っているレストランの招待状を持ってマルコスの下を訪れ…。

【感想】
邦題がちょっと野蛮な感じで引きますし、ふれこみも『ホステル』『ムカデ人間』などを取り出してますが、意外と真面目に、そして映像が綺麗に作られており、グロシーンもほぼなし、題材の割には好印象でした。ちなみに、原題は“雑食レストラン”です。(ま、人肉のタイトルの方が、マニア心はくすぐるのは分かりますがね。。。)

冒頭が一番衝撃でした。死んだ母を食べる少年。食べ後の母の残酷な姿に、この先どうなるのかっと心配となります。が、以降はオエーな想像ができるシーンはたくさん出てきますが、直接な描写はあまりなく、最初で最後のグロどころでした。
人肉レストラン1

物語は至って簡単。料理評論家のマルコスが本を書くために、いろいろな秘密な食事会に参加しているうちに、ついに人肉を食べる会へ参加する。マルコスはあくまでも記事をかくためなのだが・・・。
人肉レストラン3

肉は新鮮が一番、はいということは死体の肉ではなく、おいしそうな?人間を誘拐しては殺し料理にするのです。食事前のおいしい部位のオークション。金持ちで若い男を従える、ばあさんが落札。展示される数々の肉には、殺された人間の顔がおかれ、なんともいえない、光景です。
人肉レストラン2

さて、どう話を終わらすのかと思いましたが、まさかのすっきりしたラストです。こういう映画ってなんだかモヤモヤするものが残るのですが、あるいみスカッともします。ただし、謎多きシェフが残り、なにやら続編も可能な終わらせ方です。

タイトル敬遠多いでしょうが、しっかり作られた映画ですし、尺が短くさらっと終わりまで飽きることなく観れました。案外めっけものの映画かもしれません。

現実世界のどこかでは、こういうのってあるのかな・・・(ありえそうですね)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| サイコ、スリラー | 23:56 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

インシディアス 第2章

『インシディアス 第2章』
 Insidious: Chapter2

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ
【監督】ジェームズ・ワン
【主演】パトリック・ウィルソン

  かご 



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
危機を脱したかに見えたランバート一家。しかし、息子を救うべく霊界へ向かった父親・ジョシュは、そこから招かざる“何か”を連れ帰ってしまう。

【感想】
『パラノーマル・アクティビティ』製作陣とジェームズ・ワン監督が、再び組み、前作『インシディアス』の直後から始まる、物語がリンクした続編。絶賛の声が多い前作でしたが、個人的には乗り切れずイマイチ楽しめなかったのですが、本作は見ごたえ十分でした。

前半は、効果音での驚かせが続きましたが、中盤~後半に書け、さすがと思える物語の展開です。伏線がいたるところに散りばめられ、徐々につながっていき、怖さだけではなくミステリー要素も加え、徐々に分かっていく謎が非常に面白く感じました。怖さも音だけではなく、廃病院や廃家屋での探索など緊張感もあふれます。
インシディアス 第2章1

それでもって、ゴーストバスターズ的な要素も有りコミカルな部分もあり。前作の登場人物もしっかりと残って脇役ではなく活躍するので、非常に好感も持てるのではないでしょうか。

前作ではあまり語られなかった、裏の世界も非常に効果的に使われており、前作ではパパが子供を助けに行くのが、逆転してパパを子供が助けに行く展開もなかなかです。ラストに分かる、下手なピアノの謎なんかも、納得の結論でした。

第2章で加えられたミステリー要素もしっかりストーリーの核となっています。家に出てくる霊の謎から徐々に明らかになっていく、驚愕の事実。悲しき少年(少女)とその母による残虐な過去。と、前半戦では思いもよらぬ展開となっていきます。その悲しき過去と戦う主人公一家の家族愛とでもいいましょうか、愛がすべてを救うのでした。
インシディアス 第2章2

さて、完全に続編ありきのラストとなっていますが、やはりすでに続編も決定しているようです。ただし、ジェームズ・ワンは監督から退くようですが、しりつぼみしないようにお願いしたいものです。

【満足度】


【関連記事】
インシディアス



※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| 幽霊、怨念 | 23:07 | comments:4 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

マウス・オブ・マッドネス

『マウス・オブ・マッドネス』
 IN THE MOUTH OF MADNESS

【製作年度】1994年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・カーペンター
【主演】サム・ニール

  かご



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
突然斧を持った男に襲われたトレント。その夜、彼は作家、サター・ケインの熱狂的な愛読者たちが各地で暴動を起こしたことを知る。

【感想】
鬼才ジョン・カーペンター監督が描く、カルトホラーの名作でH・P・ラヴクラフトの“クトゥルー神話”を元に現実と妄想の狂気に翻弄される主人公トレントを中心に、異様な世界観を見せ付けてくれる作品。

単なる保険調査員のトレントが失踪したホラー小説の作者サター・ケインを追跡するうちに、徐々にはまり込んでいく世界は無限ループに陥っているとでもいえるような異様なもの。異界へにでも入り込んでいる状況は、観ているこちらを終始不安な気持ちにさせる。

いたるところに伏線が散りばめられているだけでも、さすがカーペンターと唸らせるすばらしいのだが、つながりそうでなかなかつながらない、理解できそうで、全く理解できない展開は奇才といえる才能のたまものなんでしょう。正直、私には???が付きまといました。ただ、全く理解できないわけではなく、物語が進むにつれ自分なりの解釈もできる映画なんです。観る人によって、解釈はぜんぜん異なるのでしょうが・・・。

ものすごいストーリに負けじと、登場するクリーチャーはまさにカーペンターらしい造形も注目です。
マウス・オブ・マッドネス1
マウス・オブ・マッドネス2

追い続けたホラー小説が映画化され、映画館に入ったトレントは、誰もいない客席で、彼自身が主人公の映画を見て一人、狂気の笑い声をあげ続けるのでした・・・。
マウス・オブ・マッドネス3

迷宮に入ったかのような、この映画は賛否両論ですが、ホラーファンとしては抑えておきたい作品であります。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サイコ、スリラー | 23:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。