2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

父の秘密

『父の秘密』
 After Lucia

【製作年度】2012年
【製作国】メキシコ
【監督】マイケル・フランコ
【主演】テッサ・イア

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
事故で妻を失ったロベルトと娘のアレハンドラは、メキシコシティに移住する。ある日、アレハンドラは男子生徒と関係を持ってしまうが…。

【感想】  ネタバレ
メキシコの新生監督作で2012年カンヌ国際映画祭「ある視点部門」グランプリを受賞した作品。終始、静かにたたずむ様に進んでいく映像だが、その中身は激しく目を背けたくなるような描写が繰り広げられる。

みているのがつらい・・・。
終始そういう感情を持つ映画。

妻(母)を亡くし、傷心したまま新天地に引越し新たなスタートを開始した父ロベルトと娘アレハンドラ。2人はとても仲良し親子、しかしお互いに本音を話すことは無いのです。
父の秘密1

ロベルトは新しい職場で思うように行かず、感情のまま仕事をやめたり苛立ちのなか喧嘩してしまったりと、新天地になかなかなじめずにいる。しかし、娘の前では順調に行っているそぶりを見せる。

娘は、新しい学校に順調に溶け込んだように見えた。しかし、ある事件から彼女を正反対の人生に変える。新しい友達(悪友)と夜パーティーをしてよった勢いで、男性とセックスをした様子を動画に撮られ、流出させられる。ここから、アレハンドラ彼女に対する学校生徒による壮絶なイジメが始まるのです。

イジメってのは、いつみても残酷で腹立たしいですね。この映画に描かれるイジメも常人がやるようなことではないです。どんどんエスカレートし、イジメる人も増えていき、卑劣極まりない状態。見るに耐えない光景が繰り広げられます・・・。
父の秘密2

こんな中でも、アレハンドラは父にはうまく行っているそぶりをみせ、耐え続けます。もうその姿が痛ましく、なぜ父に話さないのか?と思わせますが、実際イジメられている方は、心配させまいと隠し耐えるのが多くの現実なんでしょうね・・・。

悲惨な状況になると分かっているのに、父を心配させまいと行く修学旅行。アレハンドラはトイレに閉じ込められ、レイプをされ、酒を無理やりのまされ、挙句の果てには小便までかけられる。そんな中、海で行方不明になったアレハンドラが帰った先は、母が居るころの生活なのでした・・・。

心配する父は、警察にも理不尽な質問を受け、未成年だからということでお咎めなしのいじめっ子達。
ようやく気づいた娘がイジメられていた事実。
そのとき、父がとった行動は・・・・・。

まったく躊躇も無い報復。
父の秘密3

メキシコ版ハネケとの呼び声も高い作品でした。
子供を持つ親としては、心が痛くなりますな。
あ~、しばらく凹むわ・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ヒューマンドラマ | 00:37 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

バイロケーション

『バイロケーション』

【製作年度】2013年
【製作国】日本
【監督】安里麻里
【主演】水川あさみ

  かご



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ある日、スーパーでニセ札の使用容疑をかけられた忍。10分前の防犯カメラには、いるはずのない自分が映し出されていた。連行された忍は、刑事の加納から想像を絶する真実を聞かされる…。

【感想】
第17回日本ホラー大賞受賞作、法条遥原作の小説の映画化。自分と全く同じ容姿のもう一人の自分と人生を奪い合うという作品。この怪奇現象「バイロケーション」と呼ぶ。瓜二つでもない、全く同じ偽物自分。都合よく消えたり表れたりし、さらには本物の命を狙ったりなど困らせる行動をとるから厄介。バイロケが登場するときに、目がさらに怖いです。
バイロケーション1

バイロケ現象に困る人たちで集まる会があり、その会にはルールがある。そのルールが物語のミソであったりして、途中でん?って思うこともありますが、最後にその謎が分かっていきます。もちろん、同一人物が2人いるわけなので、ひと悶着あったときには、どっちが本物でどっちが偽物かが分からないのです。

この映画(小説)は、どっちが本物か偽者か分からないという展開を十二分に生かしているので、非常に悩ましくも物語りに引き込まれていきます。物語が進んでいくにつれ、わかっていく真実。バイロケの会の結成秘話や裏など、意外性ありで、なかなか、楽しめる作品でありました。

映画公開時には『シックス・センス』を超える結末とキャッチフレーズがついたようですが、さすがにそこまでは・・・とは思いますが、なかなか重みがあるラスト。いわゆるバットエンドなのですが、そちらにならないで欲しかったっと切に願ってしまうような、悲しい結末でした。

っと思っていたら、この作品「表」と「裏」があり、「裏」ではラストに2分ほど付け加えられており、そちらは良い終わりかただとか・・・。

バイロケで悩まされる人々を演じる俳優さんたちは、もちろん一人二役(同一人物扱いなので役と言ってよいか???)で、なかなかの怪演でした。主演の水川あさみもそうですが、滝藤賢一のキレた役がものすごかったですね。さらには、久しぶり登場の酒井若菜もがんばっていた。でも、ジャニーズ陣は・・・・・・。
バイロケーション2

ところで、かがみのマフラーの下の怪我はなんだったのでしょうか???
これも、本物と偽物に差をつけるために示したのか???

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| サスペンス、ミステリー | 22:47 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

タクシードライバー

『タクシードライバー』
 TAXI DRIVER

【製作年度】1976年
【製作国】イギリス
【監督】マーティン・スコセッシ
【主演】ロバート・デ・ニーロ

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
汚れた世界に怒りを感じながら生きるタクシー運転手・トラヴィスは、ある日ニューヨークの街角で14歳の売春婦と出会い…。

【感想】  ネタバレ
カンヌ国際映画祭のパルム・ドールを筆頭に多くの賞をとった映画。ロバート・デ・ニーロ主演で、14歳の売春婦役にジョディ・フォスターという、今では大スターの若かりし作品でも有ります。

正直、非常に内容が難しいです。
ベトナム帰りの青年トラヴィス・ビックルは、夜な夜なタクシードライバーで金を稼ぐ。彼は、孤独を感じ続け、腐った世の中に嫌気をさし、仲良くなりかけた女性をポルノ映画に連れて行き失恋する。べトナムで戦争漬けになった青年帰還兵達が生活に適合できず、悩み苦しんでいる姿に映ります。

トラヴィスは決して悪ではないのです。しかし彼の正義は少々危険すぎました。正義のため、闇ルートから銃を手に入れ鍛錬するトラヴィス。理想と現実に挟まれながら、偶然出くわしたコンビニ強盗を射殺したとき、歯車は外れたのでしょう。14歳の売春婦アイリスに合うことでさらに彼の中の危険な正義があふれていくのです。
タクシードライバー1

次期大統領候補であるパランタインを射殺するため、現れたトラヴィスのモヒカン姿はその異常さを物語っています。まぁ、余計目立つというか、案の定シークレット・サービスに見つかり未遂に終わる。

その晩、うまくいかなかった腹いせとでも思える行動。アイリスを救うため正義がついに振り下ろされます。関係者全員射殺という結果で・・・。

なにかこの物語は宗教的なイメージを感じてしまい理解することが難しい。惨殺した事件の後トラヴィスが英雄となっていることも、トラヴィスを振った女性が最後でタクシーにのり未練あるようなそぶりも、なんだか違和感あり。でも、このなんともいえない後味があるからこそ、考えさせられる名作であることもいえるのでしょう。

ちなみに、当時のジョディ・フォスターは13歳。なんともかわいらしい姿ですが、デ・ニーロとの共演で演技に開眼したと語っております。この映画あってこそ、後のアカデミー女優につながっていったんですね。
タクシードライバー2

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ヒューマンドラマ | 08:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT